24126319 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

みーこ@ Re[2]:実数はCDC発表データの100倍(04/12) みーこさんへ(04/12) New! ma-windさんへ 齋藤新緑さんが5年で死ぬ…
tt555@ ma-windさん >特に医者の娘だった母には話が通じない…
ma-wind@ Re[1]:実数はCDC発表データの100倍(04/12) みーこさんへ みーこさんへ ワクチンを打った人だけが…
ma-wind@ Re:みーこさん(04/12) tt555さんへ 引用してくださり、ありがと…
tt555@ みーこさん こちらでも、解説しています、(参考情報…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年02月08日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​Update2
1500個のコロナ陽性検体を調べてもコロナはなかった、​


​https://twitter.com/HenryMakow/status/1358133232299102211​

Explosive If True: “I’m a Clinical Lab Scientist, C19 Is Fake, Wake up America”  01/15/2021 By Stillness in the Storm  翻訳抜粋

​私はウイルス学と免疫学の博士号を取得した臨床検査室の科学者です。ここカリフォルニア州で収集された1500の「想定される」陽性のCovid19サンプルをテストしました。

私のラボチームと私がコッホの仮定とSEM(走査型電子顕微鏡)での観察を通じてテストを行ったところ、1500のサンプルのいずれにもCovidは見つかりませんでした。

私たちが見つけたのは、1500のサンプルすべてがほとんどインフルエンザAであり、一部はインフルエンザBでした。

お馴染みの展開なわけだが、
1500のチェックをした他の機関も同じ結果で訴訟騒ぎに、

サンプルをスタンフォード、コーネル、およびカリフォルニア大学のいくつかのラボにも送りましたが、COVID非検出の同じ結果が得られました。彼らが見つけたのはインフルエンザAとBでした。

私たちはCDCに、COVID検証のための実行可能なサンプルを求めましたが、CDCは、サンプルがないので提供できない、と回答しました。

1500のサンプルでラボテストを行った7つの大学で現在、Covid19詐欺のCDCを訴えています

​CDCも大変だな、
相手が大学の研究機関だと手ごわいんじゃない、

*日本もやればいいのにと思ったが、
 文部省から処分されるから無理だな、

でこの箇所、

私たちが目にしているのは、毎年出てくるインフルエンザ株です。

​このインフルエンザ株(ウイルス)はどこから来るのか?

と言うことで、以前、参照したこちらから復習で抜粋、

​​*原文(英文)は昨年3月にUpし、先月Updateされている、
-->
最新ホームページを訳す

​​+細菌論に反対する医師/科学者/研究者/栄養士は、ウイルスを捕らえる
ことはできず、ウイルスは我々の体によって作られ、体内の毒性を取り除くのだと。
​​
病気の原因は1つだけです。それは、医薬品、食品、空気、土壌、水における産業汚染です。体質とリンパ系を強化することは、病気を元に戻す/治すための最初のステップです。 ​
​​
+ウイルスは単に有毒な細胞の排泄物です。ウイルスは、他のいくつかのタンパク質を含むDNAまたはRNAの断片です。彼らは細胞から突き出てきます。それらは細胞が毒されたときに起こります。それらは何の原因でもありません。
​​
+ウイルスには核がありません。呼吸器系はありません。循環器系はありません。消化器系はありません。ウイルスは生きていません。それは石鹸が生きていると言っているようなものです。彼らは生きていません。それらは溶剤です。石鹸です。しかし、より正確には、それらは老廃物を除去するために組織を分割(
fractionate)する酵素です。
​​
+細菌は結核を引き起こしません。病原菌は病気を引き起こしません。細菌自体よりも細菌への恐れの方が害があります
​​
+あなたが癒しを要する危機に陥り、あなたの体が毒素を排出している時、これらの「細菌」はあなたの中から現れ、体内の毒素を排除し、処理し、分解するのを助けます。病原菌は病気とは全く因果関係がありません。簡単に言えば、あなたの病気はあなたの治療手段なのです細菌はあなたがきれいになるのを助けます。
​​
​*この表現「病気はあなたの治療手段です」​はGood!
​​
+環境論(べシャン)から、
- 微生物は体内に自然に存在します。
- 病気は、体の細胞内の微生物から発生します。
- 微生物が宿主の環境に応じて形態、機能、および毒性を変化させると、病気が発生します。したがって、宿主生物の状態が主要な原因物質です
- 病気は不健康な状態によって構築されます
- 病気を予防するために、私たちは健康を作らなければなりません。
​​
+「細菌は病気を引き起こしますか?」-->1911年にトロントで行われた実験では、病原菌が病気の発症後にのみ現れることが確認され、
病原菌が単に病気の副産物であることが証明されました。
​​
何百万もの細菌が患者の食物として与えられたり、扁桃腺や軟口蓋の上、舌の下や鼻孔で拭かれたりしましたが、病気の証拠が識別できませんでした
実験で使用された細菌には、ジフテリア、肺炎、腸チフス、髄膜炎、結核の細菌が含まれており、この病気の証拠は5年近くも発生していません。
​​
+第二次世界大戦中、マサチューセッツ州ギャロップス島で実験が行われ、公立病院の100人以上の男性に数百万のインフルエンザ菌が注入されましたが、誰もインフルエンザにかかりませんでした。細菌はスカベンジャー(腐肉を食う動物/清掃人)です。
​​
+性感染症も伝染性であると考えられていますが、いわゆる伝染性因子(細菌)は病気のゆえに存在し、状態(病気)の原因ではありません

+米海軍は、いわゆる「感染者」が健康と呼ばれる人に感染できないことを示す実験を行った。日本で、「感染した」売春婦は数十人のGI(米兵)を抱えていたが、誰もこの病気にかかっていなかった
​​

+ドイツの偉大な科学者であるルドルフ・ヴィルヒョウは、病原菌の病気の理論を否定しました。彼は、病原菌が病気を引き起こすのではなく、病気が病原菌をもたらすと言った。(中略)
特定の細菌によって引き起こされたと思われる多くの病気では、その細菌は(体外に)存在しません。逆に、特定の病気を引き起こすと言われている特定の細菌は、特定の病気が現れることなく、非常に多く(体内に)存在します。
​​
+風邪は主にバクテリアです。損傷した有毒な組織を食べます。私(の体内)だけでは十分に食べられず、すべてを生で食べないため、毒性が蓄積されます。ですから、私だけではすべての廃棄物に追いつくことができないので、バクテリアが入ってその廃棄物を食べなければなりません。それは風邪です。

​​
+インフルエンザは主にウイルス性です。私たちが、非常に有毒な化学物質によって中毒される場合、私たちは溶媒を作らなければなりません。各セルは溶媒を作ります。各セルは、それ自体をきれいにするのを助けるために石鹸を作ります。それは工場のようなものです。すべての特定の細胞が集まって、「自分自身をきれいにするのを助けるためにこれを作りましょう」と言います。それで彼らは私達がそれをするために石鹸と呼ぶ酵素を作ります産業汚染された廃棄物の蓄積が非常に多く、微生物を使用できない場合、細胞は溶媒、つまりインフルエンザと呼ばれるウイルスを生成します
​​
+病原菌は健康な体にも見られるので、病原菌が病気の原因になることはありません。
​​
+犯人は微生物ではありません。それはあなたがあなた自身の血流に持っている毒性のレベル(いかに毒されているか)です。(以下略)
​​
*原文にはNext記事でワクチンの弊害話題もあるが、
 外部ウイルスが存在しないのが明白ゆえ、
無意味なので省略、
原文に関連リンクがあるので興味あれば参照を、)
​​
風邪といえば、アデノウイルスとか有名だけど、
​​
個人的にインフルとの違いがよくわからなかった、
​​
つまるところ、体内の毒化(by環境因子)のひどさにより、
登場するお助けマン(ウィルス/バクテリア)が異なるわけだ、
​​
ナルホドね、
​​
病原菌(ウイルス)は病気(風邪/インフル)をもたらさない、
病気(の状態)が病原菌を(回復のために)もたらす!
​​
しかし、真実を知ることは大事、
​​
恐れがなくなったせいか、or電磁波を避けているせいか、
今冬
、暖房をつけたことが皆無にも拘らず、(団地の2F!)
一度も風邪を引いていない、(もちろんノーマスクよ、)
​​
参考)
コロナに付け替えられたインフルエンザウイルスの状況を、
インフルエンザウイルス分離・検出状況速報 2020/21シーズン(随時更新)→click!
でチェックすると、
感染研のホームページは出てくるが、
​​

​​
クリックが出来なくなっていた!

アララー、
​​
メーソニックウイルス虚偽論文といい
​​
​​
インフルデータといい、
感染研はいよいよ末期症状
へ、
​​
参考2)
先ほどのジオエンジニアリング(動画)から、

Geoengineering Watch Global Alert News, February 6 2021
​​
​多くの人がCV-19の起源を疑問視していますが、その答えはずっと前から知られていました。CV-19は自然界の出来事ではありません。が国民の何%が、実際にアジェンダを理解しているのでしょうか?現在、気候技術者達は、今後7-14日の間、米国の大部分に大規模な地表冷却を予定しています。そのような作戦を実行するために、私達の空に吹き付けられている有毒元素の実際の規模はどれくらいでしょうか?​​​​​​
​​
結構な寒波が米国を襲おうとしている、


問題は、異常寒波操作で、空に撒かれるケミカル・金属で、
これは日本も同様、異常気象時は汚染がひどくなるので要注意、
(当然、呼吸器系の疾患(風邪など)に結びつく、)
​​
と言っても微粒子ゆえ、吸い込みは
​防ぎようがない、
ここは、肺を守るためにも、デトックスに徹するのが正解か、
(アルミ吸着排出はシリカが効く、)​
​​
それと、最近始まったこの変な予報、
​​
​​​​
電磁波/ケム散布の影響のカムフラージュ用!?
(予報士は気圧の変化です!とかケムに巻くけど、)
​​
異常気象(寒波/嵐)が始まって、(or 天気痛予報が出て、)
体調がおかしくなったら、電波の影響を疑うべし、
​​
呼吸器系(喉痛、咳)はビタミンC(*)、
*電波の酸化ダメージに抗酸化作用がある、
体のだるさ/倦怠感は、体の回復反応と思われ、放置で、
​​
追記)
これは間違えないように、
​​
​インフルワクチン打ったのでインフルになったではない​

インフルワクチンを打ったのでインフルになった、
と言う人がいたら、それは間違っています、
正しくは​その人は毒化されたのです

毒化された時の体の反応は、毒出しのため、病になることです
なぜなら、あなたは毒を注入されたからです、

ワクチンのおさらい

アルミニウムホルムアルデヒド水銀グルタミン酸ナトリウム卵たんぱく質が含まれ、脳及び神経系統に悪影響を及ぼす、

アルミはワクチン効果の促進剤で、アルツハイマーの発症要因、
ホルムアルデヒドは殺菌/防腐剤で使用され、神経毒となる、
水銀(チメロサールに含有)は防腐剤で、水銀は脳に入りやすく、疲労、脱力感、過敏性、記憶喪失、うつ病、脳損傷、難聴、視力障害など、多くの神経学的問題を引き起こす、
​+ グルタミン酸Naはワクチンの安定剤で脳の頭痛、片頭痛、筋緊張、しびれ、刺痛、全般的な衰弱、潮紅、動脈拡張、記憶の劣化、
MCR5も追加、胎児の細胞、他動物の細胞も、
​​
確かに、毒以外の何物でもない、

*同じ理屈で、コロナワクチン接種後に、
陽性が出たり、死者続出しているのも毒化されているから、
(コロナ菌で亡くなるのでなく、ワクチン(毒)による、)

​参考)​​
​インフル予防注射だけはやめた方がいい4つの理由​​

​​​​​​

1)そもそもワクチン打って、インフルが治った事例がない!?
2)数あるワクチンの中で、インフルワクチンほど危険なものはない、

ワクチン後遺症の7割はインフルワクチンである、
3)ワクチンには約51ppbの水銀(防腐剤)を含む-->これは飲料水許容量の25000倍
4)副作用がひどい:ギラン・バレー症候群(*)、関節炎、胸痛、めまい、脳卒中、脳腫脹、麻痺(中風)、
​*ギラン・バレー症候群(Guillain-Barré syndrome)は、急性/多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が侵され、四肢に力が入らなくなる病気。
​​

インフルライクな症状は電磁波からも出る、​​

電磁波の生体への影響を考える(3)インフルエンザの症状は起きる​​​​​

​電磁波と化学物質と乾燥空気​

​​3.呼吸器上部の乾き、呼吸困難
4.目の乾きと炎症
6.粘膜が膨張し(感染性ではない)、鼻、のど、副鼻腔、 耳が腫れる
7.インフルエンザに感染していないのに、症状が始まったかのような感覚

​追記2)
ワクチン成分の記述が重なるが、確認で、

​アストラゼネカ再び重症者​​

​ワクチン接種に関する意見書(抜粋)から、

ワクチンは以下のような成分でできています。それは公式文書(添付文書といいます)にも記載されている初歩的なことです。

・水銀
水銀は重要な神経であり、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。あらゆる金属の中でもっとも有害性の高いものが水銀であり、水俣病でその怖さはご存じの方もいるでしょう。この水銀は食べるのとわけが違い、食べるより格段に吸収されることになり、免疫の異常をもたらすこと、一番は脳に溜まり脳の異常をもたらすことがわかっています。

・アルミニウム
アルミニウムは骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のあるです。子宮頸がんワクチンをはじめとする最近のワクチンには、アルミニウムアジュバントが添加されています。アジュバントの代表格が水酸化アルミニウムであり、脳の運動ニューロン死滅作用が強いことがわかっています。

・グルタミン酸ナトリウム(MSG)
グルタミン酸ナトリウム(MSG)いわゆる調味料などに入っている成分ですが、各国で規制対象や自主規制の対象となっており、ワクチンに入っていると容易に脳関門を通り越し、脳に影響を与え、てんかんやけいれんや食欲中枢の破壊をもたらします。

・ホルムアルデヒド(防腐液)
ホルムアルデヒド(防腐液)はいわゆるホルマリンであり、発ガン性物質として有名な物質であり、シックハウス症候群などを起こす物質としても有名です。

・ポリソルベート80、ツイーン20など
ポリソルベート80、ツイーン20など、これは合成界面活性剤という物質です。水と油を混ぜるために使うのが合成界面活性剤の基本用途ですが、これは種々の場所で体のバリアを壊します。ポリソルベート80はメスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮を引き起こすことがわかっています。ネズミにおける注射部位のガンを発症することもわかっています。

・猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の胎児細胞や遺伝子、それから豚や牛から作ったゼラチンなど
細胞や遺伝子が入っているのはウイルスを培養するときに、このような動物性の細胞を使い、それがそのまま注射の中に入っています。本来私たちは肉や魚を食べますが、口から胃腸を通って吸収されるものはそんなに害はありません。しかしこれが注射として入ってくると本来の経路と違いますので弊害を起こします。

ワクチンは基本的に劇薬指定されています。

ワクチンは劇薬!!

ウイルス詐欺は長い歴史(100年以上)があるので、


​​https://1.bp.blogspot.com/-_jB339Hww38/X27QXygB43I/AAAAAAAEFtA/65XIwtEBMGYHktFDJMa6MLrBUfHKTPy1ACNcBGAsYHQ/s878/VIRUS%2BMASKS%2B%252813%2529.jpg

心して臨まれたく、







最終更新日  2021年02月09日 00時26分13秒
コメント(15) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   みなるん さん
追記も含めて、今回もとても貴重な情報ありがとうございます。

自分はコーワン博士やアンドリュー博士という生涯初めてというくらい得た真のホームドクターのおかげで感染の病気といわれるものを根本から見直すことを受け入れることが出来ましたが、「改正特措法」のような進展に対し、コロナやインフルを目に見えない恐怖として利用するかのようなこの現実で今回のttさんの記事で1人でも多くの方が根本から希望を追究してくれることを願っています。 (2021年02月08日 12時32分47秒)

Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   市民D さん
綺麗にまとめておられる素晴らしい (2021年02月09日 10時31分54秒)

Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   V2ANA さん
大変参考になりました。ツイッターにてシェアさせていただきました。これからもちょくちょくブログを拝見させていただきますね。
情報ありがとうございました。 (2021年02月10日 14時59分20秒)

Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   トオル さん
目から鱗とはまさにこのことで、そんな理論があったのかと感動すらしていたのですが、幾つかの疑問が。調べても答えに辿り着けないので、どなたかお分かりでしたら教えてください。

1.なぜ、毎年季節性の風邪やインフルが起きるのだろうか?
インフルはワクチンかとも思うのですが、夏風邪はどうなんだろうか。

2.環境理論の場合、ADE抗体依存性感染増強は、どう解釈すれば良いのだろうか?

3.実体験として、風俗に行った数日後に淋病クラミジアを発症したのだが、体調は悪くなかったことや発症のタイミングから、どうも腑に落ちない。 (2021年02月23日 03時49分47秒)

Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   ホジュン さん
以前質問したものです。また疑問が出て来たので質問させてください。こちらのサイトで初めてウイルスがエクソソームだという記事を見てビックリしたしたが、今では本当にそうだと思う様になりました。そして、インフルエンザにおいても、国から検査しない様指示が出ている事もわかりました。だからインフルエンザがないのだと。ここまでは、理解出来ました。
しかし毎年のインフルエンザは高熱や咳が酷く周りで見ている人でさえ気の毒な気持ちになります。インフルエンザも電磁波や気温が関係していると思っておりましたが、コロナ以降も冬の過ごし方は変わっていませんが、この高熱や咳をする者を見かけません。小生は特に教育現場におりますので、毎年の高熱や学級閉鎖ですが、コロナ以降高熱の者を見かけないのです。もしかして毎年ケムトレイルとかでインフルエンザになる何かを撒いているのか?とも考えました。この説も言う人がいますが、現実的にはどうかと思っておりました。
インフルエンザ症状を見ない理由が分かれば教えてください。 (2021年02月23日 07時46分33秒)

トオルさん   tt555 さん
私見ですが、(と断って、)

1)冬は冷えて体の免疫(抵抗力)が下がるからでは、
加えて、ワクチン(毒)の接種で、体が排毒で風邪の症状を出すと、
*夏風邪も排毒ですので、環境(ケムとか冷房とか食べ物など)が要因では、

2) https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/30/06749/
ワクチンの接種などにより起こりうる「抗体依存性感染増強(ADE)」と呼ばれる現象。本来、ウイルスなどから体を守るはずの抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進。その後、ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、あろうことか症状を悪化させてしまうという現象。

そもそもウイルスが存在しないのに、偽ウイルスで免疫を作ろうとする発想が間違いかと、

ワクチンを打つと、症状が悪化する、これをADEと(学術的な名前で)呼んでいる!?

3)淋病クラミジアが出たことで、体が守られたのでは、

(2021年02月23日 10時55分37秒)

ホジュンさん   tt555 さん
私見ですが、(と断って、)

ワクチンの接種が減っているからでは、

*但し、今シーズンのワクチンの使用量(供給量ではない)はどこを探しても見つからない!?

(2021年02月23日 11時06分06秒)

tt555さんへ お返事ありがとうございます。   トオル さん
1.納得です。夏の原因は何なのかな~って考えていたんですけど、冷房効かせすぎとか冷たい物を沢山食べて腹壊すとかありますし、内部に起因は頷けます。ありがとうございます。

2.確かに。ウィルスが居ない前提で考えれば、最初のワクチンでへたっている状態に追い打ちをかけるように何らかの毒が入ってしまった為に対処できなかった。ファイザーで1度目より2度目がきついという話も頷けます。ありがとうございます。

3.体内の毒を吐き出すため=正常な状態にするために、発症したのは理解できるのですが、一体どんな毒を溜め込んだら、アソコからあんな量の緑色の液体がずっと出てくるのかが、実体験だけにどうも理解できないんですよね。
 ゴム無し口淫だったのですが、膝擦りむいて腫れあがって膿が出るのと同じことなのかなとか、色々考えているのですが。
この理論に出会ってからの最大の謎です。これさえクリア出来れば、すっきりするのに。といった次第です。

すいません。タラタラと。

tt555さんの記事で色々と学ぶことが出来てます。
内容も日頃、私自身が興味を持っているものなので、尚更です。あらためて、御礼申し上げます。ありがとうございます。 (2021年02月23日 12時51分25秒)

トオルさん   tt555 さん
>これさえクリア出来れば、すっきりするのに。といった次第です。

病とは体の浄化反応ですが、その病の根本要因は、必ずしも物理的要因とは限らないようです、

病は気からのことわざ通り、病はスピリチュアルな側面を持ちます、

恐怖は体を壊しますし、怒りの継続は腰痛や背中の痛みをもたらします、

体が嫌がっているのですね、そのような状況を、

あのエイズは、ウイルス要因ではなく、その行為(同性愛)そのものから来ていると言われてます、
*製薬メーカーは盛んにワクチン接種を勧めていますけど、

旧約聖書のレビ記には、神の呪いの一覧があります、
「引き寄せの法則、罪の性質は悪(災い)をひきつける、申命記28章から」
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201308290002/
罪の性質(神から離れていること)は、悪(災い)を引き付ける(呼び寄せる)、
罪の性質のままでいることは、悪(災い)に対して、ドーぞ私に入ってきて下さい、と言っていること、

ソー言う意味で、自分の普段の行為を、一度、振り返って見るといいかもしれません、

ちなみに、日本人は清めが好きですが、
「呪い・祟りの解決、初詣もいいけど」
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201712210001/
効果がいまいちなのが玉に瑕、

参考まで、

(2021年02月23日 15時15分52秒)

tt555さんへ   トオル さん
環境理論を知ったそばから、真逆のことをしてました。
すぐ人のせいにして楽になろうとするこの性分。
tt555さんを通して父なる神様から御言葉を頂いた気分です。
お話できて良かったです。別の面ですっきりしました。
外ばっかり見ておりました。 (2021年02月23日 16時05分38秒)

Re[7]:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   ホジュン さん
なるほど!ありがとうございます。確かにそうかも知れませんね。既に始まっている枠珍により毎年毎年インフルや567と騒ぎ出すのでしょうね。 (2021年02月24日 07時30分28秒)

Re:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   ホジュン さん
先日質問させていただきました。確かに枠珍打たないからだなーと思っていたのですが、小さな子供を持つお母さんに話を聞いたら、結構な人がインフルエンザ枠珍を打っているという話でした。しかも2回から3回くらいと…
私も調べたわけではなかったので、今年度は枠珍等打たない人だらけだからインフルエンザの症状が出ていないと鵜呑みにしておりました。

その場では、
嘘〜と言いましたが、現場の声ですので、嘘ではなさそうです。

結構な人がうっているとすれば、やはりインフルエンザ症状が余りにも少ないのが疑問です… (2021年03月04日 10時49分09秒)

ホジュンさん   tt555 さん
今年の供給数は3340万本で
https://www.mhlw.go.jp/content/000703230.pdf
史上3番目の多さ、
https://gemmed.ghc-j.com/?p=36036

使用回数も比例しているとすれば、
あと、考えられるのは、例年以上に体調に気を使ったことの結果とか、
*マジョリティーは非ワクチンの人たちですので、

(2021年03月04日 13時40分47秒)

Re[13]:インフルエンザウイルスはどこから来るのか(02/08)   ホジュン さん
うーん…
マジョリティが非ワクチンなんですか⁉️
えー!逆だとばかり思っていました。私の認識違いですかね。
(2021年03月04日 22時33分48秒)

ホジュンさん   tt555 さん
+環境論(べシャン)から、
 - 微生物は体内に自然に存在します。
 - 病気は、体の細胞内の微生物から発生します。
 - 微生物が宿主の環境に応じて形態、機能、および毒性を変化させると、病気が発生します。したがって、宿主生物の状態が主要な原因物質です。
 - 病気は不健康な状態によって構築されます。

+病気の原因は1つだけです。それは、医薬品・食品・空気・土壌・水における「産業汚染」です。体質とリンパ系を強化することは、病気を元に戻す/治すための最初のステップです。 ​

*自分の不摂生(暴飲暴食、悪姿勢、睡眠不足、寝冷えなど)による不調もありますが、ウイルスの状態に限定して、

ワクチン(医薬品)は、数ある要因の一つです、
ワクチンを打つ人は2-3回打つ(らしい)ので、使用回数3千万回として、実数は1.5-2千万人ぐらいでしょうか、
あとの一億人の健康状態がキーとなるのでは、

参考)
「肺の病気が死亡の最大要因」
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202101300000/
これまで何度も説明してきましたがここでもう一度説明します。
(ウイルス説を取る人はウイルスオンリーが原因とします。-->「コロナ」で亡くなったと主張!?)
私たちが対処している病気の最大の原因は、肺の病気です。
様々な種類の肺炎、インフルエンザやインフルエンザに似た病気、結核、その他の無名の肺や呼吸器の問題です。
これらは巷で、現在、「COVID」(コロナ)と呼ばれています。ネーミングの再包装(偽装)です。
人々は伝統的な理由で死にますが、その死は "COVID"(コロナ)が原因とされています。

(2021年03月04日 23時59分10秒)


© Rakuten Group, Inc.