24872561 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ piyoyonさん この日記は、オオマニさんがUpしたさては…
piyoyon@ Re:コロナ詐欺の対処法(07/28) 確かに、この全世界HOAX騒動への対処とし…
鎌ヶ谷大仏@ リメンバー発掘あるある大事典?2 追加でコメントすいません。スパイクタン…
鎌ヶ谷大仏@ リメンバー発掘あるある大事典? CDCがPCRテストにリコールを掛けたニュー…
リーモス@ Re:リーモスさん(07/25) tt555さんへ 内装も薄気味悪いモノばかり…
Guyshar@ Re:グラフェンはスパイクタンパク質の一成分である!?(07/23) Wikiは、使える情報もたくさんありますが…
tt555@ リーモスさん ビフォー <small> <a href="http://www.m…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年05月31日
XML
カテゴリ:健康
Update
よいものは隠されている、

スラミンや松葉茶はCOVIDワクチン効果の解毒剤となるか?
by James Herer 2日前


​https://www.weblyf.com/2021/05/is-suramin-or-pine-needle-tea-antidote-to-covid-vaccine-effects/​

ここ数ヶ月の間に、多くの医療従事者や個人から、いわゆるワクチンの「シェディング」の事例が報告されています。

シェディングとは、ワクチンを接種した人から接種していない人への感染のことで、医師は「軽い血栓、頭痛、脳塞栓(脳卒中)、母乳の減少、流産、心臓発作、肺塞栓(肺病)、異常に重い月経周期、子宮の脱落、重いあざ」などの症状があると説明しています。

しかし、この現象は未だに多くの人にとって謎であり、専門家が理解したり説明したりすることは難しく、したがって治療も困難です。

一方、コビット注射を打った後に死亡した不幸な人たちは、過剰な凝固作用により臓器が機能しなくなったと報告されています。これは、主に注射の血清が原因だと言われています。

ありがたいことに、これらのケースを注意深く観察し、解決策を考えている人たちがいます。その方法とは、松葉から抽出した「スラミン」と呼ばれる化合物です。

これについては、ジュディ・ミコビッツ博士という有名な科学者が、あるインタビューで語っています。


​​https://www.youtube.com/watch?v=JYHrmmmoX30​
つい先日、「The Academy of Divine Knowledge」でジュディ・ミコビッツ博士にインタビューさせて頂きました。
スラミンという言葉を聞いたことがありますか?もし聞いたことがなければ、調べてみてください。
そして、カリフォルニア大学が発表した「スラミンと自閉症」というリンクを読むことをお勧めします。
アメリカでは、治療目的で「スラミン」を使用することは違法であることをご存知ですか
ふむふむ。なぜだろう?
このインタビューの中で、ミコヴィッツ博士は、
"you know what "の悪影響に対処するためのさまざまな解毒剤についての洞察を語っています。
また、過去に起きたスラミンの誤用(不適切な服用)についても語り、
この腐敗の病を終わらせるための手段についても語っています。

そのビデオの中で、彼女は、医学界がこの解毒剤を100年以上前から知っていたにもかかわらず、世間から隠していたことを明らかにしました

スラミンは松葉油から抽出したもので、静脈注射に使用できる合成濃縮液です。蒸留法で抽出できます。

スラミンには、「凝固カスケードの抑制効果、RNAやDNAの不適切な複製の抑制効果」があります。

しかし、もう一つの朗報は、この化合物を買わなくても、松葉茶を1日3回飲むだけでも同じ効果が得られるということです。

ある説明によると  

松葉茶は人間が知っている中で最も強力な抗酸化物質の1つであり、スーパーフードである。木からすぐに摘み取ることができ、パイン、スプルース、ファー、シダーの先端部分を食べることができます。

松葉油は、癌、炎症、ストレス、鬱、痛み、肺炎、インフルエンザ、COVID-19などの呼吸器感染症を治療することが知られています。また、松葉茶は寄生虫を殺します。」

​さらに、thefreedomarticles.comもこう書いています。​

「この問題(血栓)は、アストラゼネカ社とジョンソン・エンド・ジョンソン社のCOVIDワクチンを当局が警戒し、ヨーロッパの多くの国が禁止し、アメリカのCDCが一時中止した原因でもあります。

血液凝固は、ワクチンが登場する前からCOVID自体のテーマでもあります。

また、非常に興味深いのは、スラミンにはDNAやRNAの合成に関わる酵素の活性を低下させる作用があると報告されていることです。これは、COVIDの他の2つのワクチン(Moderna社とPfizer社製)が推進しようとしていることと同じです。

つまり、わかりやすく言えば、

この物質は、人々が苦しんでいる恐ろしい血栓を遅らせたり、止めたりする可能性があり、さらに、mRNAデバイスが生み出そうとしている不適切なRNAやDNAの複製をブロックする可能性があるのです。」

そのため、スラミンはアフリカ睡眠病や河川盲目症にも使われていたと言われています。

また、カリフォルニア大学サンディエゴ校で小規模な無作為化臨床試験が行われました。その試験では、「スラミンの単回静脈内投与により、自閉症または自閉症スペクトラム障害(ASD)の症状が劇的に改善した」という結果が出ています。

なぜこのような話が聞かれないかというと、大手製薬会社は、特許を取得した後、通常、科学雑誌や主流メディアを使って、薬効がないと主張して世間を欺き、隠蔽しようと努力するからです

これは、人々の不必要な苦しみから莫大な利益を得ながら、独占を確保するための彼らのいつものやり方です。

松葉茶は、「ハーブ全体から直接マイルドに抽出したもので、蒸留時の過度の熱や多くの栄養成分の分解によって破壊される可能性のある多くの特性をそのまま残している」という理由で、同じ、あるいはそれ以上の効果があると考えられています。

研究によると、松葉にはビタミンC、ビタミンA、その他多くの有益な成分が多く含まれています。

自然療法医であり、調査ジャーナリストでもあるアリヤナ・ラブ氏は記事​PINE TEA: Possible Antidote for Spike Protein Transmission​で、次のように述べています。

「2011年に韓国で行われた研究では、松葉の抗酸化作用を利用するには、松葉をお茶にして飲むのが最も効果的であることが示されました。

この研究では、松葉のプロアントシアニジンとカテキンの熱水抽出物が、化学的な抽出方法と比較して、最高レベルの抗酸化作用を発揮することが実証されました。

松葉茶と他の針葉樹から作られたお茶には、他にも鎮痛、抗菌、抗真菌、抗炎症、抗酸化、防腐、抗腫瘍、鎮咳などの効果があることが知られています。」

ですから、もしこれが現在の健康危機、特に実験的なコビット・ワクチンによって引き起こされた健康危機に対する答えであるならば、このことは全世界に知られるべきです。なぜなら、大衆が知らないうちに、目の前で世界的な大虐殺を目撃しているように見えるからです。

ある人は突然、ある人はユックリと死に至ります。

例えば、数日前、ヨーロッパのEudraVigilanceと呼ばれる薬物反応報告のデータベースは、Covidワクチンによる負傷者や死亡者の報告も追跡していますが、すでに12,184件の死亡者と1,196,190件の負傷者が出ていると発表しました。


​12,184 死亡 1,196,190 傷害: 欧州データベース​

これは非常に憂慮すべきことであり、私たちのような人間は、スラミン/松葉茶とその効果についてもっと知り、できるだけ多くの人に教えていくべきだと思います。

​既に、​

​イベルメクチンと松葉茶​ / スパイクタンパク質に松葉茶 / 松葉茶が届く

​で、紹介したが、改めて、その効用を確認、

松葉茶が血栓や、DNAの複製/改編を防ぐとは、まるで、
mRNAワクチン対策用に初めから準備されていたような!?

しかも松葉茶は人間が知っている中で、
最も強力な抗酸化物質の1つであり、
スーパーフードであるとは、今回初めて知った、

松葉茶はコロナ禍の副産物のひとつで、
コロナがなければ、隠されたままで出てこなかっただろう、

それと、松葉だけではない、


​https://twitter.com/yuko_candida/status/1398884499920875523
針葉樹の新芽(スプルースティップ・ファーティップ)の採取と効能

​他の針葉樹でも行けソーなので、
叉、機会があれば、取り上げよう、

更新日  2021年05月31日 04時16分59秒

追記)
Drミコビッツの動画内容を紹介、

新型コロナウイルスワクチンの解毒剤「スラミン」は松の葉の抽出物
​2021.06.03 baby-skin-rash.com​







最終更新日  2021年06月03日 18時35分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[健康] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.