24872377 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ piyoyonさん この日記は、オオマニさんがUpしたさては…
piyoyon@ Re:コロナ詐欺の対処法(07/28) 確かに、この全世界HOAX騒動への対処とし…
鎌ヶ谷大仏@ リメンバー発掘あるある大事典?2 追加でコメントすいません。スパイクタン…
鎌ヶ谷大仏@ リメンバー発掘あるある大事典? CDCがPCRテストにリコールを掛けたニュー…
リーモス@ Re:リーモスさん(07/25) tt555さんへ 内装も薄気味悪いモノばかり…
Guyshar@ Re:グラフェンはスパイクタンパク質の一成分である!?(07/23) Wikiは、使える情報もたくさんありますが…
tt555@ リーモスさん ビフォー <small> <a href="http://www.m…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年06月16日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​ラポポートから、​

COVIDワクチンは人口削減のために設計された?
2021/06/15 (火) 22:18 Jon Rappoport

AP, Boston Globe, October 10, 1992,
"Birth-control vaccine is reported in India":
92年10月ボストングローブ誌でのインドの避妊ワクチン記事から、

「科学者たちは昨日、女性のための初の避妊用注射を作ったと発表した。1年間有効だが...[その後]ブースター注射が必要だ。
​​
ゲルフ大学ウイルス免疫学准教授のバイラム・ブライドル博士いわく。
「私たちは大きな間違いを犯しました。今まで気づかなかったのですが、スパイクタンパクは優れた標的抗原だと思っていたのですが、スパイクタンパク自体が毒素であり、病原性のあるタンパクであることを知りませんでした。」

つまり、ワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうことになります。(人によっては)これが循環器系に入ってしまうと、特に心臓血管系にダメージを与えることになります。

このワクチンの長期的な安全性については、他にもさまざまな疑問があります。

例えば、卵巣に蓄積されるということは、若い人たちを不妊にしてしまうのではないかという疑問があります。(大事な点です!)

昨日の記事では、出血、月経不順、流産、早産の原因となっている人口削減ワクチンと、現在のCOVIDワクチンの類似性について説明しました。

ワクチンを含むエリートの人口削減研究は、今日に至るまで長い歴史を持っています。

1973年、世界保健機関(WHO)に「不妊治療のためのワクチンに関するタスクフォース」が設置されました。

Ute Sprenger氏は、「Biotechnology and Development Monitor」(1995年12月号)の中で、このタスクフォースについて次のように述べています。

「抗精子ワクチンや抗卵子ワクチンなど、不妊治療用ワクチンの研究開発のための世界的な調整機関である」。

​スプレンガー氏によると、1995年の時点で、これらのワクチンを研究している大規模なグループがいくつかあり、その中にはWHO/HRPがありました。​

HRPは、スイスにある「ヒト生殖に関する研究・開発・研究トレーニングの特別プログラム」です。

HRPの資金源は、「スウェーデン、イギリス、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、カナダの各政府と、UNFPA、世界銀行」です。

Population Council(人口評議会)は、ロックフェラー財団、国立衛生研究所(米国連邦機関)、米国国際開発庁(CIAとの協力関係で有名)から資金提供を受けている米国の団体です。

National Institute of Immunology(国立免疫学研究所)。これはインドにあり、主な資金提供者は、「インド政府、カナダ国際開発研究センター、[お馴染みの]ロックフェラー財団」です。

人口研究センターは、米国国立衛生研究所の一部である米国国立小児保健・発達研究所の傘下で運営されています。

時が経つにつれ、これらのグループの名前は変わりますが、その目的は変わりません。ワクチン接種による人口削減です。

そしてもちろん、資金源としてビル・ゲイツという名前を見つけるのに時間はかかりません。

この長期的な活動の背景には、グローバリストや過激な環境保護主義者のビジョンを理解する必要があります。

もしもあなたが、最先端の廃棄物焼却炉を使えば、世界中の埋め立て地や海に溜まっている有機・無機のゴミ(プラスチックも含む)をすべて燃やすことができ、焼却炉から排出される有害化合物は、埋め立て地や海のプラスチック廃棄物よりもはるかに被害が少ないことを実証したとしたら...。

また、たとえあなたが焼却炉を、より良い答えが見つかるまでの一時的な解決策として提唱したとしても...。

過激な環境保護主義者は、あなたの提案や技術的な解決策を真っ向から否定するでしょう。

彼は、地球全体に森林を再生し、人類の人口を現在の数分の1に減らし、これらの目標を達成するための警察権を世界的な統治機関に譲ろうとしています。

エリート・グローバリストは、過激な環境保護主義を支持しているが、それにはちょっとした工夫が必要です。

彼らが望んでいるのは、テクノクラティックな「ブレイブ・ニュー・ワールド」であり、そこでは生き延びることを許された人間は、自由という名の危険なアイテムを行使しないように、遺伝子を「改良」し、コントロールされることになります。

グローバリスト過激な環境保護主義者は、地球上には人が多すぎるという点で一致しており、現在の(過剰な)人口では人類の問題を解決することはできません。70億人の代わりに、10億人か5億人の人類を望んでいます。

両グループとも、気候変動という偽科学を極限まで推し進め、全人類にエネルギー使用量の割り当てを課すべきだという点でも一致しています。

このプログラムは、実際には世界中のエネルギー使用量と生産量を低下させ、大規模な貧困と大規模な死滅を引き起こすでしょう

何十年もの間、エリート・グローバリストたちは自分自身に問いかけてきました。どうすれば何十億人もの人々を殺しても逃げられるのか?

その答えの一つが「パンデミック」でした。

もちろん、真のパンデミックは、偽のパンデミックに対する対応策である「ワクチン」です。

もし、長期的に見て、ワクチンが子供を産めない原因になるとしたら、その虐殺形態は目に見えないでしょう

現在進行中の研究や報道として発表される、真実と嘘の組み合わせが、出生率の低下を「説明」することになります

例えば、気候変動、異常気象、農薬、女性がキャリアのために母親を辞めたこと、景気の悪化、危険が増す世界で子供を育てることへの恐れ、などです。

しかし、その背後には、ワクチンがあるのです。

COVID RNA技術を用いた動物実験の結果、スパイクタンパクは予想をはるかに超えて体内を移動することが報告されています。

これを人間に当てはめると、免疫システムがこのタンパク質に対して完全に攻撃モードに入っていることになります。

そうなると、免疫システムの拒絶反応が大規模に発生する可能性が出てきます。この攻撃対象には、子宮や胎児の組織も含まれる可能性があります。

COVIDの継続的なブースターショットが必要であるという現在の主張は、このシナリオを補強するものです。

医学、心理学、社会学の文献では、「優生学」という不快な直接的用語は、「家族計画」という柔らかい曖昧な用語に置き換えられています。

この新しい言葉は、真のアジェンダを隠すためのものです

グローバリストや過激な環境保護主義者にとって、「COVID」と呼ばれるプロパガンダ作戦の比類なき成功は、かつてない規模のワクチン接種を保証するものです。

また、RNA技術の拡大も保証されています。新しいワクチンや薬剤は、体に不自然なタンパク質を作らせるように設計された遺伝子治療です。

人間が受ける遺伝子操作には終わりがありません。

人口削減ワクチンの研究の歴史を見れば、それらの改変の中には、子孫を残す能力を絶つことを目的としたものがあるのは当然のことでしょう。
​​
​現在、人類に対し様々な攻撃(削減策)が成されているが、
(戦争、ケム、電磁波、食品添加物、対処療法医学、
そしてお馴染みのコロナパンデミックとか、)
​不妊にしてしまうことほど、確実な削減策はない、​

mRNA遺伝子ワクチンの正体は、
遺伝子とは関係ないスパイクプロテインSP(血栓発症)と
グラフェン(GRAPHENE)
​(脳支配用)の2つに絞られている

*上の記事では、まだ、遺伝子治療と言う表現が出てくるが、
この用語も廃れていくと思われ、

参考)​​​続)DNA/RNAは存在しない​

SPは卵巣にたまりやすいことから、
まさに不妊化爆弾、

しかも、目に見えないので、気づかれない、

巷で起きている事象を、
優生学』と言う
視点で見直してみると、
(要は間引きと
トランスヒューマニズム、

現在のワクチンを含め、
彼らの施策(削減/支配)が理解しやすくなる(と思う)、







最終更新日  2021年06月16日 01時51分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.