26089098 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) New! まあ、明治維新以降の皇族なんて、全部偽…
鎌ヶ谷大仏@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) New! この愛子様別人にしか見えませんけどねw
Santoshi Maharaji@ Re:現場のチラシは語る(12/01) New! 水酸化グラフェンのナノのカミソリが原因…
鎌ヶ谷大仏@ Re[1]:メディア信仰から卒業すべし(11/28) +ロイ+さんへ 結局、こういうことです。 …
tt555@ 暖簾に腕押しさん Dアイクを推すのであれば、それはそれでい…
tt555@ 暖簾に腕押さん これに限ったことではありませんが、最後…
暖簾に腕押し@ Re:メーソンは両陣営にコマを置く(反Vaxerたち)(11/07) >これを覆す唯一のケースは、 >チャイル…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月05日
XML
カテゴリ:健康
ラポポートがセリアファーバーの記事を紹介、


​https://gab.com/jonrappoport/posts/106523774655942397


HIVからCovid-19までのディープな偽ウイルスアジェンダの調査史家、
あらゆる形態の独裁政治に反対する、
The Epoch Times、UnCoverDCへの寄稿者、

彼女の記事、

スペインの研究者:コビットの注射は99%が酸化グラフェン。GOはCovidの症状と注射の毒性を自ら説明できるか?
研究論文は「遺伝子ワクチン」と呼ばれる注射の毒性結果を映し出すが、それらは本当にGO(グラフェンオキサイド)兵器なのか?
2021/7/4 セリア・ファーバー 抜粋


​https://celiafarber.substack.com/p/spanish-researchers-covid-shots-are​

去年の12月からずっと疑問に思っていたのですが、コビットの注射による「DNAの変化」や「スパイクタンパク」の損傷について、警鐘を鳴らしている人たちはどのような証拠を持っているのでしょうか?その証拠となるモデルはどこにあるのか?(彼らが持っていないと言っているのではなく、持っているか持っていないかがわからないだけです。)

DNAの「再プログラミング」は、「生物学的戦争」を成功させることを意味し、私には試行錯誤されていると思われる戦争、すなわち毒物学的戦争とは対照的である。私は「生物兵器」を信じているわけではありません。

生物学は生命です。彼ら(テクノクラート)がやっていることは何であれ、死んでいる合成のものにつながっているのです。

ですから、「生物兵器」に関する用語は、よく言えば曖昧で、悪く言えば全くの的外れです。私はすべてを単純化していますが、これは理解して伝えるための唯一の方法であり、極端に単純化しています。

今日、私はFBでこんなことを見ました。

『スペインの研究者がファイザー社のワクチンを電子顕微鏡で観察したところ、99%の酸化グラフェンが含まれており、他のものはほとんど含まれていないことがわかりました。

この「ワクチン」が遺伝子治療であるという証拠はほとんどありません。mRNAやDNA、スパイク状のタンパク質などの遺伝物質が全くないのです。この「ワクチン」は、いわゆるウイルスとは何の関係もないということです。

この製品は、ウイルスによる感染症を回避するために開発されたものではありません。この製品の真の目的は隠されたままです。政府や医療機関からの公式声明は出ていない。酸化グラフェンの毒性は、世界的な予防接種プログラムを中止するのに十分な理由です。』

La Quinta Columnaというスペインの研究者チームは、ワクチンに酸化グラフェンが含まれていることを発見しました。これは5Gの周波数に対応したアボザイムバンドを持っており、磁気現象の原因にもなっているかもしれません。

リカルド・デルガド
「ナノテクノロジーは小瓶の中に導入されています。COVID-19に限らず、インフルエンザ・ワクチンにも。実際、抗インフルエンザワクチンにこそ、COVID-19の病気を引き起こした原因があると私たちは考えています。

磁石や金属物の磁化の問題だけでなく、ガウスメーターやマルチメーターなどの測定器を使ったときに体内に変動する電磁場を発生させる電磁誘導現象、ミリボルトスケールの変動電場を発生させるが、人によっては特に額に180mVから200-350mVのオーダーという非常に異常なものを発生させる電磁現象など、世界中で磁気現象(引用符をつけて「磁気」と呼ぶ)の証拠がたくさんあるのです。」

グラフェンの広範な毒性破壊については、2016年に『Particle and Fibre Toxicology』に掲載されたこの記事に、非常に明確かつ憂慮すべきことが書かれています。いくつか抜粋してご紹介します。

「グラフェンは、そのユニークな物理化学的特性から、多くの分野、特にバイオメディカル分野で広く使用されている。現在、多くの研究がGFNの生体適合性と毒性をin vivoおよびin introで調査している。

一般的に、GFNは動物や細胞モデルにおいて、異なる投与経路をたどり、生理的障壁を透過し、その後、組織に分布したり、細胞内に配置され、最終的には体外に排泄されることで、異なる程度の毒性を示す可能性があります。」

「GFNは、血液-空気関門、血液-精巣関門、血液-脳関門、血液-胎盤関門などを透過し、肺、肝臓、脾臓などに蓄積することで、組織に急性および慢性の傷害を誘発する。」(以下略)

急速に情報が拡大しているグラフェン、

とりあえず、対策として、
La Quinta Columna: 'N-Acetylcysteine, precursor of glutathione, reduces and oxidizes graphene oxide'(2021/7/4)を参考に

(グラフェンの)抗酸化剤Nアセチルシステインを購入トライ、

ところが、アマゾン・楽天は購入不可で、
iherbあたりが無難なのだが、
携帯電話の認証を求められたので、他のサイトで発注、
1.(*(ホーム )https://www.almajapan.comで検索、)
2.(個人輸入代行大阪堂

そもそも、米FDAの指導で、今年5月、
アマゾンは製品を削除していたとか、


​コロナ症状はグラフェンが起こす​

​​​​FDAはAmazonでのN-アセチルシステイン(NAC)の販売を禁止
+2021年5月6日、NACが合法的に販売できないことを示すFDAからの警告書に続いて、AmazonがNACを含むすべての製品をウェブサイトから削除すると発表。
+NACサプリメントは57年間販売されており、FDAはそれらに対して行動を起こしたことがありません。

+NACには強力な血栓溶解効果があることもわかりました。つまり、血栓が形成されると、血栓が破壊されます。これは主にNACの硫黄(システインから)によるものです。

この販売禁止の措置こそ、
コロナ症状=グラフェン説を決定的にしているんじゃない?​

参考)
ワクチンにも、マスクにも、PCR検査にも酸化グラフェンが…それはCovid19の症状を引き起こす 2021-07-05 11:38:39 ma-wind​







最終更新日  2021年07月05日 23時59分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[健康] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.