25714639 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない(10/20) 九州はやばい火山が多いです。 世界的にも…
tt555@ リーモスさん 「覚醒」って結構込み入っていて、 (個人…
リーモス@ Re:「虚偽はあなたたちを破壊する」(10/20) 「9:11」から始めないと、コロナワクチン…
ソラノアオ@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) いつも拝読させていただいてます。 6歳…
miyako@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) 貴重な情報をありがとうございます。  コロ…
tt555@ 暖簾に腕押しさん DIの記事はウイルスありきで書かれていま…
tt555@ 暖簾に腕押さん 長編ですね、ご苦労様です、 直リンを貼っ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月12日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​病原菌が存在するとかは論外だが、

個人的な転機は、
Drマーチンの「DNAは存在しない、」だった、

続)DNA/RNAは存在しない

以降、スパイクタンパク質も消え、

​*スパイクタンパク質は存在しない
グラフェンは軍事分野の技術

現在、グラフェンと5Gに集中している、

今日は、​原点「ノーウイルス」に帰って、
現状の諸説を整理しておこう、​

https://twitter.com/yuko_candida/status/1414058425361735680
​​

​​「WHAT REALLY MAKES YOU ILL?」の​著者ドーンレスター、


​​ケイ素がカルシウムに転換 by ケルブラン​​​

​​COVID: The Plot Thickens
​(コロナ: 話がいよいよ込み入ってくる)
https://whatreallymakesyouill.com/covid-the-plot-thickens/

10th May 2021 DeepL訳で

世界は致命的なパンデミックに見舞われていると言われています。

しかし、人類は純粋に苦しんでいるが、その本当の理由は、危険なウイルスによる感染症ではないことは、前回の記事「COVID:概要」や、著書「What Really Makes You Ill?  Why Why Thought You Thought Like Disease Is Wrong」で紹介しました。

それどころか、世界は主流メディアによって日々流布されている誤報、欺瞞、真っ赤な嘘のパンデミックに苦しんでいるのです。

この本当のパンデミックの症状には、「権威」への盲従や、いわゆる「専門家」の言葉を信じることも含まれます。

残念ながら、「オルタナティブ」メディアにも全く非がないわけではありません。彼らもまた、MSMとは異なる性質の誤った情報を広めることで、苦しみを悪化させる責任を負っていますが、それにもかかわらず、一般の人々の混乱を煽り、恐怖心を増大させています。

欺瞞の層は実に深く、浸透しているのです

前回の記事では、「COVID」ワクチンに関する誤解を招くような主張について簡単に触れましたが、最近、さらに誤解を招くような主張が出てきました。

そこで、このような主張については、その根拠となっている考え方の誤りを説明し、人々の不安を解消するために、より詳細な議論を行うことにしました。

まだお読みになっていない方は、この記事を読み進める前に、前回の記事をお読みになることをお勧めします。

COVID-19という実在の病気が、コロナウイルスの仲間とされるSARS-CoV-2という実在の「ウイルス」によって引き起こされるという考え方が、根本的に間違っていることが説明されています。

2020年初頭に、監禁、マスク着用、社会的距離を置くといった強硬な措置がとられたことで、さまざまな科学者が「声を上げ」、これらの措置は過剰であり不適切であると述べました。

しかし、これらの科学者の中には、例えばドロレス・ケーヒル教授ジュディ・ミコビッツ博士のように、「COVID-19」に適した治療法としてヒドロキシクロロキンの使用を推進した者もいました。

オルタナティブ・メディアの様々なチャンネルを通じてこのメッセージを発信した科学者は彼らだけではなかったが、彼らはより顕著な声の持ち主であったようです。

ヒドロキシクロロキンは、マラリアの原因とされる寄生虫を殺すことを前提に、マラリアの治療薬として使用されていることに留意すべきです。

嘔吐や下痢などの副作用が報告されていることからもわかるように、ヒドロキシクロロキンはその性質上だけでなく、意図的に毒性を持っているということです。

ヒドロキシクロロキンのより深刻な「副作用」としては、特に大量に服用した場合、不整脈や突然の心停止などが挙げられます。

COVID-19の予防接種プログラムが世界各地で実施され始めた2020年12月以降、状況は悪化しました。当然のことながら、これらのプログラムは、COVIDに対する「解決策」としてMSMが支援・推進しました。

オルタナティブ」メディアでは、主にワクチンが有害であることが知られていることを根拠に、ワクチンに対する真の懸念が示されていました。

また、新しいワクチンには「ウイルス」は含まれていないが、代わりに「ウイルス」に特有の遺伝物質が含まれているだけであり、これらの注射は通常の意味でのワクチンではないという主張もありました。

そのため、多くの人はこれらの注射を「遺伝子治療」と呼んでいますが、他の人は「治療」として考えてはいけないと言っています。

現在使用されているCOVIDの「ワクチン」は、すべてが同じ方法で作られているわけではありません。

しかし、主に注目されているのは、遺伝子操作されたmRNAを含むとされるmRNA「ワクチン」で、これを体内に注射すると、細胞にウイルスの「スパイクタンパク質」を作るように指示するとされています。

ワクチンメーカーによれば、これによって体内でスパイクタンパク質に対する抗体が作られ、今後のSARS-CoV-2コロナウイルスの「感染」から人々を守ることができるといいます。

残念なことに、これらのワクチンが外来の遺伝子物質を体内に注入するという事実は、これらのワクチンを接種した人が「遺伝子組み換え」されるということを示唆する多くの報道を促しました(他の報道よりも強調されています)。

ワクチンに含まれるmRNAが、体内のゲノム全体を完全に掌握して「遺伝子組み換え」を行う能力を持っているという証拠はありません

このようなことが起こるという考えは、純粋な推測であり、証明されたことはありません。

また、先の記事で述べたように、これらのワクチンは実験的なものであり、まだ臨床試験中であること、つまり、短期的にも長期的にもその効果は未知数であることを忘れてはなりません。

しかし、ワクチンには毒性の強い物質が含まれており、人体に深刻な悪影響を及ぼすことは、前回の記事で紹介したように、ワクチンによる有害事象が増加していることで証明されています。

しかし、これらの有害事象は、人々が毒を盛られたことを示すものであり、人々が遺伝子組み換えされたことを示すものではありません

この問題をさらに悪化させ、混乱を招いたのが、2021年3月に公開されたあるインタビュー映像です。

ワクチン開発者のバンデン・ボシュ氏は、WHOをはじめとする保健当局に公開書簡を送り、大量のワクチン接種に懸念を表明していました。

この手紙では、ワクチン開発者としては異例の大量接種の即時中止を求めていますが、彼が懸念しているのは「免疫の逃避」であるという

彼が心配している理由は、ワクチンが免疫システムに、ワクチンに使われたウイルスの株だけを攻撃するように「教える」ことになり、他のウイルスを認識するようにはならないという考えに基づいています。

バンデン・ボシュ氏によれば、問題は、ワクチンで注入されたウイルスが体内で突然変異し、免疫システムの攻撃命令を回避できるようになることです。

そうなると、元々のウイルスよりも毒性が強いとされる「変異ウイルス」が、「シェディング」と呼ばれるプロセスで体内から抜け出し、他の人々に「感染」することになり、さらに深刻な病気の発生やパンデミックにつながるというのです。

残念なことに、ヴァンデン・ボッシェの考えは、すぐに多くの「オルタナティブメディア」のコンテンツ制作者たちに取り上げられました。

彼らは、ヴァンデン・ボシュの説を語ったビデオを、自分たちが作ったビデオの中で最も重要なものとして宣伝し、この情報を広く共有すべきだと主張しました。

コールマン博士とデル・ビグリーが、大量のワクチン接種をやめるべきだという考えを支持したことは、彼らのワクチンに対するスタンスを考えれば当然のことでした。

しかし、彼らはワクチンの危険性について正しい情報を伝える一方で、「ウイルス」の存在とそれが病原体であるという主張、ウイルスが「突然変異」してさらに致命的な病気を引き起こすという考え、「無症候性キャリア」という概念などの誤った情報も伝えていました。

しかし、これらのオルタナティブメディアのコンテンツ制作者たち、特に上記の2人は、この疑惑の「パンデミック」が始まってから十分な時間があったので、必要な調査を行い、いかなるウイルスがいかなる病気の原因であるという証拠もないことを発見することができたはずです。(実際はしていない)

また、「無症候性キャリア」という概念は、「ウイルス」が病気の原因であるという主張を否定するものであることにも気づくべきでした。

なぜなら、コッホの第一法(病原体は、それが原因であると主張される病気にかかっている人の中に必ず見つかり、その病気にかかっていない人の中には決して見つからない、という主張)に反するからです。

これは、病原体は必ずその病原体が原因とされる病気の人から発見されなければならず、病気ではない人からは決して発見されないというものです。

症状のない人の体内で発見された「細菌」は、病原体ではあり得ないのです。

細菌」に関する考え方の問題点や、「病気」と呼ばれるものの本質については、拙著で詳しく説明しています。


しかし、最近、人々が経験した様々な健康問題についての報道が相次ぎ、事態はまた新たな展開を見せています。

COVIDワクチンを1回以上接種した方に多くの健康被害が報告されていますが、未接種の方にも一定の健康被害が報告されています。

女性からの報告では、経血量の多さや流産など、月経周期に関するものが多いのですが、男性からも、生殖器系に関するものを含め、さまざまな健康被害が報告されています。

懸念されるのは、ワクチン未接種者の健康問題が、ワクチンを接種した人との密接な接触によるものだとされていることです。

そのため、ワクチンを接種した人が自分の体から何かを「感染」させて、未接種の人にこのような健康問題を引き起こすという様々な理論が提唱されています。

一つの説は、ワクチンがウイルスを排出し、そのウイルスが近くにいる他の人に感染するというものです。

しかし、これまで述べてきたように、COVIDワクチンにはいわゆる「ウイルス」は含まれていないので、ウイルスを排出することはできません。

それにもかかわらず、病原性ウイルスに対する信念を持ち続けている「オルタナティブ・ヘルス」コミュニティの多くの人々がこの考えを推進してきた。

また、この現象を説明する理論の普及と議論に大きく貢献したのが、シェリー・テンペニー博士を含む5人の医師による座談会です。

テンペニー博士はこのビデオの中で、COVIDワクチンはポリオや水疱瘡などのウイルス性疾患のワクチンとは全く異なるものであり、これらのワクチンには排出される可能性のある「生きたウイルス」が含まれていると述べています。

このことは、彼女が病原性ウイルスに対する信念を持ち続けていることを明確に示しています。

しかし、彼女は、COVIDの注射にはウイルスが含まれていないので、何か他のものが感染しているはずだと述べていますが、その段階では、その「何か」が何であるかを特定できていないことを認めています。

「何か」が実際に人の間で感染しているという証拠がない限り、ある現象がどのように起こっているかを主張することは無責任であるということです。

人は見かけによらないというのは真実です。

また、座談会のメンバーの一人であるキャリー・マデージ博士は、「ワクチンが人を遺伝子操作する」と主張している医師の一人です

これは証明されていない主張です。

この主張は、「有害物質」を認識し、それを排除するためにあらゆる努力をするという身体のメカニズムを否定するものであり、根本的な欠陥があります。

ワクチンには、ワクチン成分が排出されるべき「異物」ではないと体に信じ込ませる「トリック」機能があると主張されていますが、この主張は証明されていません。

最近のインタビューでテンペニー博士は、ワクチンを受けていない人がワクチンを受けた人から影響を受けるメカニズムには、ウイルスの「スパイクタンパク」の伝達が関与していると主張しています

これは、前回の記事や私たちの本で述べた理由から、明らかにありえないことです。

残念ながら、テンペニー博士は、「安全」だと主張するイベルメクチンの服用も勧めています。

イベルメクチンは抗寄生虫治療薬と呼ばれていますが、これはヒドロキシクロロキンと同様に、本質的にも意図的にも有毒であることを意味していることに留意すべきです

このことは、報告されている「副作用」の中に嘔吐や下痢が含まれていることからもわかりますが、これらは明らかにその毒性と体がそれを排出しようとする働きを示しています。

このような報告や、ワクチンを受けていない人の健康問題の原因となるものについての推測には、明らかに多くの問題があります。

問題点の一つは、恐怖心を煽っていることです。

もう一つは、報告されている健康問題が全く新しいものではないため、状況の実際の規模についての情報が収集・照合されていないことです。

必ずしも一般的ではありませんが、発生しています。

深刻な健康被害が発生していることを否定しているわけではありませんが、その発生原因として提示されている説明が、特に欠陥のある理論に基づいている場合には、それを疑うことが重要です。

1つの可能性としては、実際の発生率が上がっているのではなく、そのような事象の報告が増えていることが挙げられます。

報告の増加が実際に起こっていることなのかどうかは、適切なデータが収集・分析されていないためわかりません。

もう一つの可能性は、ワクチンを接種していない人々が、化学物質や電磁波などの新たな有害物質や既存の有害物質の増加にさらされていることです。

この本で詳しく説明していますが、このような曝露は、病気を引き起こす4つの要因のうち2つを構成しています。

ここで強調しておきたいのは、人が自分の体から排出した毒素を他の人に伝えて病気になることを証明する証拠はないということです

もしそうだとしたら、私たちは何十年も前からお互いに毒を出し合っていたでしょう。

​​本著で紹介する4つの要因のうち、もう1つの要因は「長期にわたる精神的ストレス」です。

ストレスは、ある種のホルモンを分泌させて体に害を及ぼすことはよく知られています。

しかし、体に害を及ぼす可能性のあるものに対する恐怖心が体に害を及ぼすこともあります。

これは、国民の圧倒的多数が1年以上も経験している心の状態に当てはまります。

恐怖が身体に悪影響を及ぼすという考えは、「ノセボ効果」と呼ばれる既知の現象であり、反対のプラシーボ効果と同様に、心の力を強く示すものです。

プラシーボ効果やノセボ効果は、通常、個人が体験するものと考えられていますが、リッサ・ランキン博士は著書『Mind Over Medicine』の中で、ノセボ効果は個人に限らず、集団で体験することも可能であり、これは「集団心因性疾患」とも呼ばれていると説明しています。

世界の人々が確かに1年以上にわたって集団恐怖政治にさらされていることは明らかであり、常に恐怖を感じながら生活することの弊害については十分すぎるほどの証拠があります。

したがって、集団ノセボ効果の要素がある可能性は否定できません。

これらの症状には他の理由があるかもしれないし、後になってそれが見つかるかもしれません。

しかし、根本的に重要なことは、これらの現象の理由を、根拠のない考え、特に、根本的に欠陥のある「細菌説」に基づいて提案してはならないということです。

根拠のない理論に基づいた考えでは、どんな現象も本当の意味では説明できないことは明らかでしょう。

ウイルスという誤ったレッテルを貼られた粒子が健康に害を及ぼすことが証明された証拠はないし、これまでもなかったということを人々に理解してもらうことが重要です。

このような理解があれば、人々は証明されていない考えや憶測を見分けることができ、これ以上、健康に害を及ぼす恐怖状態に引き込まれることはないでしょう。(以上)

グラフェンと5Gについてはまだノータッチだが、
そのうち出てくると思われ、







最終更新日  2021年07月12日 03時26分13秒
コメント(11) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.