26093727 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) New! まあ、明治維新以降の皇族なんて、全部偽…
鎌ヶ谷大仏@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) この愛子様別人にしか見えませんけどねw
Santoshi Maharaji@ Re:現場のチラシは語る(12/01) 水酸化グラフェンのナノのカミソリが原因…
鎌ヶ谷大仏@ Re[1]:メディア信仰から卒業すべし(11/28) +ロイ+さんへ 結局、こういうことです。 …
tt555@ 暖簾に腕押しさん Dアイクを推すのであれば、それはそれでい…
tt555@ 暖簾に腕押さん これに限ったことではありませんが、最後…
暖簾に腕押し@ Re:メーソンは両陣営にコマを置く(反Vaxerたち)(11/07) >これを覆す唯一のケースは、 >チャイル…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月15日
XML
カテゴリ:ミニストリー
先週からNアセチルシステインを摂り始めた、

最先端を行っているという気持ちだけで、調子がいい(笑、

ラキンタコルムナ:亜鉛はグルタチオンレベルを上げるのに役立ち、グルタチオンは酸化グラフェンを分解するのに役立つ
​2021年7月14日 ORWELL CITYHP翻訳​​

ラ・キンタ・コルムナはプログラム#81で、体内のグラフェンを解毒する方法についての研究を続けています。

チームは、N-アセチルシステイン(NAS)とグルタチオンがグラフェンの分解に確実に作用することをすでに述べましたが、今日は非常に簡単に入手できるサプリメントである亜鉛について話しました。


​laquintacolumnaのHP翻訳​​

亜鉛はグルタチオンと相互作用があり、血中の亜鉛濃度が高ければ高いほど、体内で生成されるグルタチオンの量が増えるということです。

このことは、「亜鉛の欠乏が血中グルタチオン濃度に及ぼす影響」という研究で証明されています。

また、『亜鉛の利用可能性の低下は、神経細胞および発達中の脳におけるグルタチオン代謝に影響を及ぼす』と題した興味深い研究も紹介されました。

この研究では、亜鉛の欠乏が細胞内の酸化物質の増加につながることが強調されています。

亜鉛濃度が低くなると、脳内のグルタチオン代謝が変化し、神経細胞の劣化につながります

同じ研究から、亜鉛はおそらくグルタチオンを合成するためにγ-グルタミルシステイン合成酵素(GCL)を必要とするので、最適なグルタチオンの蓄えを刺激し保証するためにも、各人が最適な亜鉛レベルを持つことが重要であると結論づけています。

もちろん、ウイルスではない何か(グラフェン)によって引き起こされる流行の病気について話しているので、La Quinta Columnaは、亜鉛の補給が死亡率と回復時間を減少させるので、患者の予後を改善することを示す医学的証拠も見つけました。

スペインの研究者たちは、今後も調査を続け、亜鉛と酸化グラフェンのさらなる関係を探っていくという。

ラキンタコルムナが生放送中に紹介した研究を補完するために、オーウェルシティでは、番組から抜粋して、読んだ後の結論をまとめています。同じ抜粋ですが、元論文のテーマをより実践的・教訓的にカバーしています。


La Quinta Columna: Zinc helps raise glutathione levels and glutathione helps degrade graphene oxide

ホセ・ルイス・セビラノ博士
教訓としては、これ(NAS&亜鉛)はアジュバント(補助)またはコアジュバント治療になるということです。つまり、グラフェンがそれ(炎症)を生み出すものであることが事実であれば、中毒に対する治療を行う際の背景となる治療法となります。
The lesson is that this would be an adjuvant or coadjuvant treatment, which means it would be a background treatment when treating against intoxication if it is true that graphene is what produces it.

いずれは、グラフェンがどのようにして活性化されるのか、どのようにして波動を受けて超酸化力を発揮するのか、といった論文で仮説を証明することになるでしょう。

そのような論文が見つかれば、すべての鍵を見つけたことになります。私たちが入手していないのはそれだけです。果たしてそれが見つかるかどうか。

しかし、私たちは、グラフェンがある特定の波動にさらされると、(この番組を見ていない人のために言っておきますが)グラフェンがある特定の周波数や波動の影響を受けると、攻撃的になるのではないかと考えています。

体に害を及ぼすのです。グラフェンを持っている限り、血栓などの悪影響があり、そのエネルギー状態がどうであれ、避けることはできません。

しかし、それに加えてグラフェンが励起されると、グラフェンはその化学的性質を変えてしまいます。

グラフェンは、おそらく中性物質ではなくなり、超酸化物質となり、それが残りのすべての病気、すなわちサイトカインストームなどの引き金となるのです。

リカルド・デルガド
酸化ストレスを変化させます。

グルタチオンレベルとのバランスがとれていない状態で酸化ストレスを急激に増加させるので、免疫系の混乱、クラッシュ、サイトカインストームなど、私たちが知っているすべてのことが起こります。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
体内のすべての還元剤を消費します。

還元剤が消費されると、バリアーがなくなったので、すべてを「食い尽くす」ようになります。

この反応には歯がありませんが、あらゆるものと結合し、結合したものを破壊し、不活性化し、もはや役に立たなくなるからです。

もちろん、体の中ではそんなことはできません。分子に触れて中和してしまうと、すべてがトランプの家のようになってしまうからです。あちこちで崩壊が始まるのです。

リカルド・デルガド
私には一つの逸話があります。セビリアで会議をしたとき、私は2人の看護師に声をかけられました。

彼女たちは無理やりワクチンを接種させられたのですが、私は彼女たちに尋ねました。

「あなたは磁気を持っていますか」と聞くと、彼女らはすでにN-アセチルシステインやグルタチオンなどを知っていました。そのうちの一人はすでに服用していました。

彼らは若かった。私の目から見て30歳から35歳くらいの人たちでした。そして一人が私にこう言ったのです。

「秘訣の一つは亜鉛を摂っていることです。また、抗生物質として有名な黒ニンニクには抗酸化作用があり、また私はアスリートでもあるので、亜鉛を大量に摂取しています」。

それがマグネシウムと一緒に彼女を助けていたのです。そして、それを服用してから、4、5日で磁気が消えたと言っていました

逸話ではありますが、論理的には確実に影響を与えることができるので、今回の話に加えて紹介しておきたいと思います。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
グルタチオンは、分子に直接影響を与えることもあります。ここでは、グルタチオンの合成を介していると思われますが、おそらく分解されると...。

リカルド・デルガド
酸化グラフェンに切り替ります。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
あるいは、酸化グラフェンと結合して中和します。無力化される。奇妙な結合を形成するかもしれませんが、どんな結合を形成するかは誰にもわかりません。

あの小さな六角形や小さな結晶に亜鉛を入れると、もう機能しなくなり、超電導性を失ってしまうのです。

ホセ・ルイス・セビリャーノ博士
グラフェンは特定の温度下でその特性を獲得しましたが、確か脱酸素したときに獲得したような気がします。しかし、どのようなメカニズムで導電性を得たり失ったりしたのかは覚えていません。

原子の組み合わせの問題だったと思います。酸素原子との結合だったかどうかは分からない。思い出せない。

超電導になる組み合わせと、非電導になる組み合わせがあった。そして、それらの分子は、何かを入れるとすぐに絵を変えてしまう。これは純粋な化学反応です。

この種の材料は錬金術に近い。つまり、得られるものが全く変わってしまうのです。もともとあったものとは何の関係もありません。

これは有名な「創発特性」の話です。

素材を操作すると、ベースとなったものに比べて予想もしなかったものが得られるのです。

リカルド・デルガド
このような状況で、亜鉛のような単純なサプリメントで、人の生死が決まることがあるのでしょうか?と思っていたら、実はいろいろな研究があるようです。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
最終的には、多少なりとも限界に達している人が、その人のダメージに立ち向かう手助けをすることで、命を救うことができるのです。

何もしなければ、有名なサイトカイン・ストームと呼ばれる現象が起こります。ストームが発生すると、修復されますが、細かい反応をしないことで修復されることを覚えておいてください。

それは、トマホークミサイルのように、標的に照準を合わせてすぐに突っ込み、衝撃を与えるようなものです。あの映画でテロリストの車にミサイルが当たったようにね、どの映画かわかるでしょ?

いや、違うか。これは、免疫反応が引き起こされると、悪い細胞を殺し、周りにいる他の細胞にも容赦しません。周りにいる他の人たちも容赦なく倒れてしまいます。

なぜなら、すべてのものが同じ袋に入れられ、すべてが洗い流されるからです。

この人が病気でも、その隣の人が病気でなくても、それは問題ではありません。みんな倒れてしまう。

だからこそ、一度嵐が起きてしまうと取り返しのつかないことになってしまうのです。

強力な抗炎症剤を投与しないと、止めようがないからです。

だからこそ、副腎皮質ホルモンであるステロイド系抗炎症剤が、患部の治療に効くのです。

しかし、当然のことながら、解毒剤があることは知りませんでした。私たちは、先ほどお話したことを考えていたのです。

リカルド・デルガド
炎症の神話ですね。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
もちろん、私たちは、治療の対象となるメカニズムとして、炎症を常に考えていました

しかし、私の友人は、以前は考えもしなかった原因があることを知っています。すべては、炎症を誘発するメカニズム、つまり免疫反応から来ているということです

私たちがこれまでどれだけの時間を失ったかわかりますか?

しかし、ダメージが化学的なものだとわかった時点で、その化学物質のダメージ力を解毒剤で中和することができます。そうすれば、後から来るダメージは少なくなります。

ダメージは常にありますから、まだあるでしょう。炎症反応はあるでしょうが、毒物を攻撃すれば問題は解決するので、最小限に抑えることができます。

リカルド・デルガド
確かに、免疫系が何かを攻撃する自然なプロセスでは、炎症現象を引き起こし、発熱を引き起こし、死に至ることもあります。

ホセ・ルイス・セビラノ博士
そうなんです。炎症を起こしたら止まらないのです。人が倒れ始めても止まらない。(以上)

若い看護師の話で、
Nアセチルシステインと亜鉛で磁気が消えたのは注目、

一般的な炎症の対処は、
強力な
​抗炎症剤を投与すること、

ところが、(これは知られていなかったが、)
​​炎症を起こす毒自身(GO)に解毒剤(NAS)を与えれば収まる、
ー>炎症の神話の崩壊、

さらに、亜鉛はNASを補完する、

アトで、亜鉛を買ってこよう、
*さすがにこれは販売停止にはできんだろう、

参考)
グラフェン関係日記:

​グラフェンマスクのチョー危険性​

​諸説の整理

デルタ株はなぜ出てきた?

​GBH(グラフェンベースハイドロジェル)の脅威​

グラフェンは軍事分野の技術

未接種あるいはプラセボ接種者を識別する方法

グラフェンのふりかけなんかドーだ?​

N-アセチルシステインが酸化グラフェンを排除する

米FDAはNアセチルシステインの販売を禁止

自給自足に近づける

スパイクタンパク質は存在しない

コロナ症状はグラフェンが起こす

時代は染色体

スペイン(第5列)サイト:
laquintacolumna
翻訳

​上記サイトの英語での紹介サイト:
ORWELL CITY
翻訳​​







最終更新日  2021年07月15日 14時47分47秒
コメント(4) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.