25332897 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ ロイ。。さん New! 情報ドーもです、 他もぼちぼち出てきた…
ロイ。。@ Re:打つことに変りはないけれど(09/14) New! NACが在庫補充されましたよ。お早めにどう…
tt555@ ViDさん 情報ドーもです、 なるほど、 だから、ス…
ViD@ Re:イタリアケーブルカー事故唯一の生存者がイスラエルへ(09/15) 国際結婚ではなく両親ともイスラエル人で…
tt555@ Jay Dee さん 「考えすぎ」から抜け出す9つの習慣 <sma…
Jay Dee@ Re:世の支配構造(09/13) ほうほう。社会革命運動が展開されるのを…
リーモス@ Re:世の支配構造(09/13) 最近知ったんですがこれもかなりヤバいで…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月22日
XML
カテゴリ:ミニストリー
如何にエリートが人間をつまらない存在にしてきているか、

その手段は、

映画/DARPAマインドコントロール/医療用医薬品/ワクチン、
麻薬/教育システム/メディア/品行方正のドグマetc etc

これで、人にある創造性と破壊性を消し去ってきた、

人の中にある創造性に気づくことこそ復活再生のキー、

(以下、​長いので、斜め読みで、)

個人の中の大きな力
2021/07/20 (火) 22:09 by Jon Rappoport
The Great Forces within the Individual
https://blog.nomorefakenews.com/2021/07/20/the-great-forces-within-the-individual/

「The Underground」のノートより、

「個人の問題の核心が何であれ、DATAは答えではありません。
システムは答えではありません。
中性的に整理された言語は答えになりません。
これらの現代的な感情は、魂の電気的な力を蝕んでいます。」

「個人の力、それは現代のいかなる記述をも超えています」

これは以前に存在しなかった力ではありません。これは個人にとって新しいものではありません。これは、今まで脇道にそれることなく、失われ、忘れられ、水面下に埋もれていたものです。

私が言っているのは、「ドイリーパワー」や「イースターエッグデコレーションパワー」ではなく、圧倒的な創造力のことです。

ジョナサン・スウィフトの小説『ガリバー旅行記』では、ガリバーはリリピュティアンという小人族に捕らえられます。

現代社会では、ガリバーは自ら進んでリリピュティアンのサイズ(小ささ)に縮こまっています。

現代心理学の弱々しい弛緩と狂気の原理に反して、アクチュアルな心理学は個人の中にそびえ立つ二つの衝動を扱うでしょう。

創造と破壊です
創造への衝動、及び破壊への衝動です。

現代文明は、この2つの衝動を消し去ることを隠れた目標としています

そのためにトップダウンのコントロールを導入しています。そう、コントロールです。

今日、個人は、プロファイリングされ、グループ分けされ、突っつかれ、テストされ、実験室の犬のように刺激を受け、再構築されるべき社会的構成要素として、操作されています。

実際、多くの見捨てられた人々は、自分を社会装置の歯車と見なし、その配置を承認しているのです。

支配を埋め込むための100年以上のプログラムの中で、最も成功しているのが医学です。

私は過去40年間、このプログラムの詳細を明らかにしてきました。

毒殺鎮静化、そして身体と脳を技術的に鎖で縛ることに集約できます

コントロールは、創造と破壊という2つの衝動に対するエリートのソリューションです。

両者を一掃、埋めてしまうのです

「彼らは組織に抵抗する。彼らはワイルドカードだ。社会のあらゆるルールや規則を切り裂く」。消せ!

普通の文明のレベルを超えた創造と破壊の活動の写真を見たいなら、宗教に共同利用された物語を見てください。古代ギリシャの神々、エジプトの神々、北欧の神々などの戦いです。

https://aro30fuan.com/shinwa

これは、創造力と破壊力が壮大なスケールで解き放たれたものであり、ある時点でそれが受け入れられなくなったのです。

その代わり、現代文明が発展しました。
現代社会。現代文化。現代行動。現代組織。

服従。
政府によって「自由」として与えられた自由は、「国民の代表」によって制定された文脈と制約の中での限定された自由を意味します。

虚構の数々が生まれました。
「我々の言う神を崇拝せよ」
「どこかに存在する力だけを信じなさい」

意識は穏やかな湖のようなものだと主張する理論家もいます。

仰向けに寝て、無限の集合体の中に浮かんでいます。
まるでそれが、個人の精神にある創造と破壊のツインタワーを消し去るかのように。全く哀れですね。

今、全世界で2つのことが起こっています。

トップダウンの残忍な支配の拡大と、衝動の破壊が共通の通貨のように前面に出てきていることです。

創造的な衝動は、ほとんどの人の心の奥底に埋もれていて、お皿に盛って夕食に出してもわからない。何を言っているのか分からないでしょう。

今、世界で起こっていることを打ち消すためには、創造的なルネッサンスが絶対に必要だということも理解できないでしょう。

ミケランジェロやダ・ヴィンチ、ベートーヴェン、マーラー、メルヴィル、ホイットマン、ゴヤ、ストラヴィンスキー、チャーリー・パーカーなどの巨人に言及したとしても、彼らはあなたが他の惑星の生物の名前を唱えていると思うでしょう。

また、あなたは彼らにの座を奪おうとしているのではないかと疑われるかもしれません(組織的宗教が真の神であると教えているです)。

ここにヒントがあります。

世界で最も成功しているエンターテイメント組織であるディズニー/マーベルは、神話上のキャラクターがスーパーヒーローや悪役として命を吹き込まれ、惑星や銀河系で創造と破壊の戦いを繰り広げる大作を次々と制作しています。

何百万人もの人々がこれらの特撮物語をスクリーンで見て、そのスケールの大きさに魅了され、エネルギーを得ています(まさにオリンピックの神々が互いに戦っているように)。

人間がこれらの映画を欲するのは偶然ではありません。

創造と破壊の衝動という、人間の精神に起こっていることを、映画は(たとえ漫画的であっても)反映しています

映画は、埋もれていたものを掘り起こすのです。

何百層もの条件付けの下で、個人の本当の心理は、この2つの巨大な衝動を個人自身がどのように処理するかにすべて関係しているのです

「私はそのような衝動とは無縁です。私は社会の一員だ。何を言っているのかわかりませんね。私は小さくて、社会に溶け込もうとしています。ただし、社会に溶け込むことに反対の場合は、メイン通りとブロードウェイ通りの角に信号機を設置するという提案を拒否することに専念しています...」。

「スモールネス/小ささ」が最大の命題です。

すべての問題と解決策は、縮小された窮屈な状況の中で定義され、解決されなければなりません(彼らの策略)。

そのため、無意識のうちに個人の創造的・破壊的な衝動がなくなるような、さまざまなグロテスクなメロドラマが展開されているのです

安いガラクタを売って生計を立てているおしゃべりなビジネスマンは、あたかも自分が地域社会の生きた慈善の柱であるかのように見せびらかしながら、従業員に生活費をほとんど払わずに、ねじ伏せ、内心では従業員の不幸を喜んでいるのです。創造と破壊の寂しい小さな舞台劇です。

国民の向上のために作った団体に献身を誓うペテン師の政治家も同様です。

その原因がさらなる貧困と犯罪、そして最終的には服従と降伏につながることを知っています。

個人の中にある創造と破壊の衝動を仲介しようとする小さな宿泊施設や表現を、私は何百も挙げて説明することができます。

その小ささスモールネスは、これらの衝動が実際に体現しているナイアガラの力を覆い隠しているに過ぎません。

「自分を縮めれば、衝動も縮む。」

が、そのようにはいきません。
(自己の)衝動は決して縮小しません。

これが問題なのです(本来)巨大なものが小さなものになろうとしている。

創造と破壊は、個人とその精神の中でリアルな状況を構成しています。

彼はこの状況にどのようにアプローチするのでしょう?

簡単な答えではないことは確かです。

現代人が大好きな10分で治る薬ではありません。
錠剤でもない。
グラスフェッドビーフ(草食系ビーフ)でもない。
医療用マスクでもない。
細菌を恐れることでもない。
瞑想でもない。
集団でもない。
アルゴリズムでもない。

コンピュータでもない。
ブレイン・マシン・インターフェースでも、ナノ粒子でも、21世紀の組織化された人間の蟻地獄でもない。
教会でもない。

CONTROLが新たな形で主役となり、進化を遂げている今、最初の大事業は、創造力は常に個人の中に存在していることを認識することです

そして、その力は表現を必要としています、その大きさを反映した規模で。

不可能ですか?

幸いなことに、先に挙げたアーティストの作品や、同じ規模の他の多くのアーティストの作品には、探求すべき世界があります。彼らは死んでいない。彼らの作品は死んでいない...。

始まりを知りたいですか?

(以下創造と破壊のサンプル)
あなたは草原の山の上に座っている。
谷間に街を作ることができると知っていて
谷間の街を壊すこともできる。
両方とも可能だよ。
あなたはそれを知っている...心の中で煮えたぎる唐辛子のように、肝臓の中の氷のように、スチームローラーのように、裁判中の裏切り者、洞窟の中の聖人、剣を持った神、檻の中を歩き回る虎のように。
あなたは自分の中にあるこの2つの力に近づくことになる。
あなたは彼らの周りを歩き、彼らの中を通り抜け、タイタニックの波を嗅ぎ、失われた船の底に沈み、泡の中から上がってくるのです。
小さな箱の中に逃げ込んで、今後千年に渡って法律を読み、薄い唇をした従順なお喋りの馬鹿者の社会に加わるのではなく。
自分の首を絞めるような偽物を焼き払おうとするでしょう。
街を作ることも壊すこともできると知ることになるでしょう。
そのことを理解するようになるでしょう。
自分は王国の市民だと勝手に決めつけないように。
壊したいものは何もないとは言わないでしょ。
この先千年、二次元のままでいるのではなくーー。

自分の中にある「壊したい」という衝動を理解することと、その衝動に身を任せること、実行することは全く違います

壊してばかりいる人は、何もわかっていません。

一方で、誰も見たことのないような建物を設計している革新的な建築家がいるとします。

彼は、スケッチや計画の中で、創造と破壊を繰り返しています

進行中の作品を見て、自分のビジョンや本能に合わない部分は思い切って消してしまうのです。

建物の新しい翼をドローイングで作り、その一部を消してしまう。創造と破壊を繰り返すことで、自分が世界に実現したいものにたどり着くのです

私は多くの芸術家志望者を知っていますが、彼らは、ページに言葉を書き、キャンバスに形を描くと、その言葉や形は永遠にそこにあり続けなければならないのではないかと恐れ、門前払いされてしまい、地面に降りることができません。

言い換えれば、作ったものを壊すということが考えられないのです
「破壊は悪いことだ」と思っている。だから、何も作らないのです。

私が知っている画家は、キャンバスに描いたものを何日も何ヶ月も見続け、満足しないまま、一部分を消してしまうことを恐れています。

彼らが恐れているのは、自分たちが無限に創造できることに気付いていないからです。絵の半分を壊すことで、新しい絵が生まれることを知らないのです。(中略)

ニコラ・テスラの例を見てみましょう。

一般的に知られている話では、テスラは自分が発明したエネルギー装置の複雑な可動部を、下絵はおろか実用的な試作品さえも作らないうちに、想像の中ですべて見ることができたそうです。

彼の頭の中にはすべてがあったのです。それは魔法です。天才です。

しかし、それだけではありません。頭の中でも、紙の上でも、試作品でも、彼は多くのモデルを作っては壊し、膨大な量の力とエネルギーを解き放ち、利用することができると信じるものにたどり着きました。

使えないものを壊すことには一片の不安もなかった。

一歩一歩前進するたびに、説明できないような洞察が自然に生まれ、彼は前進することができました。

彼のビジョンはプロメテウス的でした。


火を人類に運ぶプロメテウス

彼は、論文を発表して仕事を確保するために、すでに知られていることのほんの少しの延長的な考えを絞り出そうとしている機械音痴の小さな研究者のように、「中立」でも「客観的に科学的」でもありませんでした。

皮肉なことに、もしテスラが地球の力を利用して、地球上のすべての人にエネルギーをもたらす実用的な試作品を作っていたとしたら、どれだけの人が「テスラのように、自分が持っている大きな力を操作して表現したい」と言ったでしょうか。

「ニコラ、無料でエネルギーを与えてくれてありがとう。今、私はこれらの贈り物を受け取り、座って楽しむことができます...自分の内側を見て、そこに何があるかを確認する必要はありません...」。

「私はリリピュティアン(小人族)になることを選んだガリバーです。」

「誰か、自分の本当の姿を忘れるための薬を持っていないだろうか?
アリスが不思議の国の小さな扉の外で縮こまっていたような薬を?」

はい、その薬は「現代文明」と呼ばれるものです。

「時計じかけのオレンジ」(映画)のドアを開けるのです。
DARPAマインドコントロールのドアを、
医療用医薬品とワクチンのドア、
ストリートドラッグ(麻薬)のドア、
教育システムのドア、
メディアのドア、
黒板に書かれた数々の成すべき善行のドアを、







最終更新日  2021年07月22日 03時01分25秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.