25454843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

鎌ヶ谷大仏@ Re:私は2回完了しました(09/26) New! 今シェディング回避の方法色々考えてるの…
桃の木@ Re:ブルートゥース読取コードは接種部位にある(09/14) モンタニエ氏の避難先はゲイツの別荘(軽…
miyako@ Re:崩壊街道まっしぐらのキリスト教界(09/21) つい先日ファイザー社の社長が「イスラエ…
鎌ヶ谷大仏@ Re:GO対策でフミン酸(09/21) ヨモギに含まれるアルテミシニンや納豆菌…
ふーみん@ Re:GO対策でフミン酸(09/21) ご参考記事^^ <small> <a href="https://…
ベポレッソ@ Re:人生に疲れたら(09/19) 「人生に疲れたら、お墓に行くといい。」 …
堀内健一@ Re:ブルートゥースが読取る受信体はどこから入れたのか?(09/17) ブルートゥースは主に携帯と周辺機器をつ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月25日
XML
カテゴリ:ミニストリー
段々、佳境に入ってきた、

グラフェンを含んだ生理食塩水
2021年7月24日 Orwellcity 翻訳抜粋


​https://www.orwell.city/2021/07/physiological-saline-containing-graphene.html​

予防接種もマスクもしていない、PCR検査も受けていないのに、なぜ磁気を帯びる人がいるのか?

その答えは、すでに出ています。

ワクチンに酸化グラフェンが含まれていることが確認されたことは、すでに憂慮すべきことだと思っていたところに、私たちの心を揺さぶるような新しい情報が現れました。

2週間前から、テレグラムチャンネル「Info Vacunas」が「La Quinta Columna」と並行して調査を行っており、2012年から生理食塩水に酸化グラフェンを含有させる特許が存在することを発見しました。

これは、人類が10年近くも知らずに毒物の犠牲になっていたことを意味するので、憂慮すべきことです。

数日前にアルゼンチンの番組「Palabras y Verdades」でホセ・ルイス・セビラノ博士が説明したように、4Gと4Gプラスの電磁波がグラフェンを刺激したために、酸化グラフェンがここ数年のインフルエンザの流行に関与している可能性があります。

オーウェルシティでは、このグラフェンに関する計画をよりよく理解するために、ラ・キンタ・コルムナが本日チリのラジオ番組で行ったインタビューの一部を以下に紹介します。

特許コードはKR20210028062Aです。

先ほど申し上げたように、この情報はInfo Vacunasチャンネルから管理人のDani Díaz氏を通じて提供されたもので、彼はより詳細な調査を行っています。

そして、その通りです。この特許は、スペイン政府の産業・貿易・観光省のウェブサイトに掲載されているとのことです。

出典はこちら。欧州特許登録簿:

この特許は何でしょうか?

それは、グラフェンを含む生理食塩水です

したがって、ファクトチェッカーが何と言おうと、テレビが何と言おうと、彼らはもはやこれを一切否定することはできません。審査員が何と言おうとね。

この情報は、審査員に提示されることになります。問題のウェブサイトのスクリーンショットも一緒に。

それによると、『本発明は、病気を治す目的で人体の血管や皮下組織に入れる注射液、生理食塩水、ブドウ糖液、リンゲル液などに関するものである』とあります。

つまり、ワクチンだけに応用されている技術(この場合はナノテクノロジー)ではなく、グラフェンを含む生理食塩水にも導入されている可能性が高いのです。

さらに、Info Vacunasチャンネルの方から送られてきた研究内容を詳しく見てみると、最後に中国国籍の方の名前が出てきて、2012年4月12日の出願日でこの特許を取得した方の名前が出てきました

この人物は事実上のテロリストのようですね。まだまだ調査しなければならないことがたくさんあります。


セウォル号運航会社のCEO、キム・ハンシクに懲役10年の判決

要するに、これは以前から特定の医療行為にその場しのぎで使われていたもので、最も可能性が高いのは、私が言うように、2019年の抗インフルエンザキャンペーンで侵略的に使われたものです。

さて、なぜ抗インフルエンザキャンペーンで使われたと言うのでしょうか?

ここでは「本発明で解決すべき問題は、0.2nmという非常に小さなものを分散させることであり、それはグラフェンの大きさと正確に一致する」と書かれています。

つまり、カンプラ博士の予備分析で説明されているように、「200μmのグラフェンを生理食塩水やリンゲル液に分散させて、人体に注射として供給し、病気の治療薬として使用することである」とあります。

 これにより、抗COVIDワクチンや抗インフルエンザワクチンだけでなく、おそらく破傷風、ジフテリア、髄膜炎などの可能性も出てきます。

さらに、抗インフルエンザワクチンも抗COVIDワクチンも接種せずに、通常のカレンダー(定期接種)のワクチンだけを接種したにもかかわらず、磁気を発現した子供(赤ちゃんも含む)がいることも説明がつきます。これは非常に心配なことです。

先ほども言ったように、この病気の起源と病因は、このナノ物質の導入、この場合はバイアルでの導入であると認識しているからです。

しかし、特定の投与経路でもあります。また、予防接種を受けず、PCR検査を受けず、スクリーニング(綿棒での検査)を受けず、マスクを使用せずに磁気を発現する人がいる理由も説明できます。

吸入して感染した可能性があるゆえ、私たちは、生産されたすべてのグラフェン(どこにあるのかと思われていた)がまさに人々の体内にあるという、多因子攻撃に直面している可能性が高いのです。

先ほどの特許(特許番号:KR20210028062A)について、Info Vacunasチャンネルの調査結果によると、最終的に中国人の男が特定されたので、これから調査しなければなりません。

しかし、彼がこれまでに何をしてきたかを少し見てみると、事実上のテロリストであることがわかります。彼は船に過積載をして、数百人の死者を出しました。

そして、これは2012年4月12日の特許についての話です。その時点から、このナノマテリアルが使われ始めたと推測されます。

密かに人々に紹介し、最後には『もっと侵襲的にして、今度は2018年のインフルエンザワクチンに入れる』と言いました。

インフルエンザワクチン接種キャンペーンの後、約100万人が亡くなったことを思い出しましょう。

非常に毒性の強いインフルエンザだったそうです。世界の平均死亡率が年間60万人程度のときに。

その後、肺炎の最初の両側症例が現れました。数は少ないですが、現れました。

また、一方では、4Gプラスが起動していました。つまり、すでにミリメートル単位で拡張性のある技術を持っていたということです。

しかし、それにはちょっとしたパワーが足りなかったので、今回、彼らがそれを与えたのです。この人たちは2012年から試験をしています。

つまり、A型インフルエンザに見舞われて、同じようなことをやりたいと思ったのか、あるいはその前段階だったのでしょう。4Gはその頃に発動しました。

ワクチン接種の時期が、何よりも技術的な飛躍と結びついていることに注目してください。

A型インフルエンザでは4G、100万人の死者を出したあのインフルエンザでは4Gプラス、そして今回のCOVIDでは5Gです。

繰り返しになりますが、5GだけがCOVIDを引き起こすと言っているのではなく5Gだけが人間の生物学的に有害であると言っているのです

確かにそうですね。しかし、もし人々が今、導火線を持っているなら、(そう導火線です、爆発するダイナマイト棒です、)なぜなら、それが今起こっているからです。

グラフェン酸化物のナノテクノロジーによる物質を接種した人は皆、導火線、ダイナマイト、時限爆弾を持っていて、電子レンジを作動させるだけで爆発するようになっているのです。  それほど簡単なのです。

私が言いたかったのは、これはもうすぐだということです。

だからこそ、あえて「今度はデルタ・バリアント、デルタ・プラス・バリアントだ」と言っているのです。

あたかもウイルスが正式なバージョンに変異し、別のヌクレオチド配列を持つようになり、より感染力が強くなったかのように。

そして、残念ながら、それを信じてしまう人もいるのです。これが問題なのです。それを信じてしまう人がいるのです。

しかし、すべてが簡単でした。これは受動的な毒殺であり、最初は能動的で、宿主が知らないうちに5Gのマイクロ波技術で照射されていたのです。

5Gは携帯電話のためのものではありませんでした。まさにワクチンを接種した人のためのものだったのです。

​-リカルド・デルガド(生物統計学者、ラ・キンタ・コルムナのディレクター)(ここまで)

生理食塩水​/ブドウ糖液/リンゲル液まで、
グラフェンが入っていた!

その特許を出したのは、
あのセウォル号CEOのキムハンシク、

コロナ劇場は2010年にロックフェラー財団により、
シナリオが出来ていた、


ロックフェラー財団のプラン

それに沿うように、
グラフェンの開発特許が中国で続出、

​グラフェンマスクのチョー危険性​

+2011年以降、中国が発表したグラフェンの論文は世界の首位を占め、現在までに、中国人学者が発表した論文の総数は米国の3倍、日本の10倍以上に達している。

​人の体内に如何にグラフェンを入れるかで、しのぎを削る、



並行して出てきたのが4G、

4Gの開始で始まったインフル増大

​​https://twitter.com/alfredwebre/status/1247358170843889664​
電磁波のUpdateごとに人の免疫が弱められていった、
1914-1918 WW1(ラジオ無線開始) スペイン風邪
1979 1G インフルエンザ
1991 2G コレラ
1998 3G インフルエンザ
2009 4G 豚インフル
2019
 5G コロナ(*)
*クルーズ船に5G/病院(武漢)に5G/主要都市に5G/空港に5G

ワクチン開発と電磁波(4G-5G)は、密接に関係している

が起爆剤となるのはコロナワクチン接種者だけではない、

​5GがONになる時、それは明らかになる、​







最終更新日  2021年07月25日 15時38分06秒
コメント(3) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.