25377353 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ベポレッソ@ Re:人生に疲れたら(09/19) 「人生に疲れたら、お墓に行くといい。」 …
堀内健一@ Re:ブルートゥースが読取る受信体はどこから入れたのか?(09/17) ブルートゥースは主に携帯と周辺機器をつ…
mari@ Re:世の支配構造(09/13) 初めまして コロナについて調べているうち…
tt555@ ロイ。。さん 情報ドーもです、 他もぼちぼち出てきた…
ロイ。。@ Re:打つことに変りはないけれど(09/14) NACが在庫補充されましたよ。お早めにどう…
tt555@ ViDさん 情報ドーもです、 なるほど、 だから、ス…
ViD@ Re:イタリアケーブルカー事故唯一の生存者がイスラエルへ(09/15) 国際結婚ではなく両親ともイスラエル人で…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年07月31日
XML
カテゴリ:ミニストリー
今さらだけど、


https://twitter.com/yuko_candida/status/1420826691094532096

​”私のインタビューが出た後、誰かが「スラミンは松葉に含まれる」と言いました。

私は松葉とは言っていません

私はバイエルーモンサントが合成した主要医薬品のスラミンの話をしました。

この合成スラミンは、レトロウイルスの増殖を止めます。

松葉はスラミンを含みませんが、テレピン油(松脂を水蒸気蒸留することによって得られる精油)を含みます。

この油には毒性もありますが、解毒剤としても働きます。”
byジュディ・ミコヴィッツ博士​

SP説が無くなったので、
買い込んだ松葉茶をドーしようかと​思っていた、

がスラミン成分が有効と聞き、健康茶で飲み続けていたけど、

松葉に含有されているのではなく、
バイエル・モンサントが合成した医薬品のスラミンと聞いて、
モー、続ける理由がーー、

すべては、自己責任、

あふれる情報時代、イロイロ勉強になる、

​参考)​

​​諸説の整理

​参考2)​
​Fake Science: XMRV, COVID-19, and the Toxic Legacy of Dr. Judy Mikovits  :2 Jul 2020 (https://doi.org/10.1089/aid.2020.0095)​ 抜粋

現在、ソーシャルメディアを見ていると、COVID-19パンデミックの原因となったコロナウイルスであるSARS-CoV2の起源に関する陰謀論などのリンクを見つけることができます。

ウイルスが生物兵器として意図的に放出されたというものから、製薬会社が自社の危険な医薬品やワクチンを増強するために自然療法の試験を妨害しているというものまで、インターネット上には奇想天外な噂があふれています。

そして予想通り、最初の予防接種試験が開始された今、反ワクチンロビーはそのほとんどに引っかかっています。

先週は、新しい「爆弾ドキュメンタリー」Plandemicの予告編が、YouTubeやFacebookから何度も削除されたことで有名になりました。

普段はあまり気にしないのですが、私たちのようなレトロビロロジストにとって、この主張に関連する名前は残念ながらあまりにも身近なものです。それはジュディ・ミコビッツ博士です。

5月は、私たちとレトロウイルス研究者の親密な家族の同僚たちが、ロングアイランドにあるコールド・スプリング・ハーバー研究所に集まり、1週間にわたって仲間意識と熱心な科学的議論を行う月です。

ジュディ・ミコビッツの詐欺と不正行為の全容が研究コミュニティに明らかになったのは、この会議やその他の会議でのことでしたが、あまりにも明らかだったため、私たちは彼女の名前を二度と聞かないことを期待していました。

しかし、彼女は右派系ニュースのあちこちに登場し、COVID-19がワクチン開発における動物実験の結果であり、ワクチン自体がネズミのレトロウイルスに汚染されていて、計り知れない病気を引き起こしているという話をまくしたてていました。

当然のことながら、これらの情報、特に彼女の研究は、大手製薬会社と彼らに雇われた「堕落した主流派科学者」によって弾圧されていた。

そして、この作品の悪役は、国立アレルギー・感染症研究所の所長であり、トランプ大統領の「COVID-19タスクフォース」の長年にわたる臨床顧問であるアンソニー・ファウチ博士にほかなりません。

この陰謀論の問題点は、明らかに真実ではないだけでなく、その多くが2009年にミコビッツと同僚が行った科学的詐欺に由来していることです。(以下長いので略)

参考3)
上と同じスチュー・ピーターズ・ショー番組から、


7/30その2ファイザー社元研究者がワクチンにグラフェンオキサイドが含まれていることを暴露

​ファイザー社とモデルナ社のmRNAワクチンにグラフェン・オキサイドが含まれているという情報は100%真実です。

しかしグラフェン・オキサイドはmRNAワクチンの成分表に表示されていません。なぜなら、グラフェン・オキサイドは人体に有毒であり、人体に使用してはならない毒物だからです。

また、グラフェン・オキサイドはビル・ゲイツが主張する「企業秘密」であるため、成分表に表示されておらず、もちろん特許も取得していません。
(以下略)​

こちらは、Drイェードンの例があるので、
チョッと、距離を置きながら、

と言いつつ、Makow氏でも同様のまとめが出てきた、

ファイザー内部告発者がCOVIDワクチンの有毒性を告発
2021年7月29日 HM 抜粋

+これはテストランであり、被験者を殺すか制御するために一定のブースター(追加)ショットが必要です。

+4つのPEG(ポリエチレングリコール)化脂質ナノ粒子があります。

1)コレステロール脂質はワクチン成分の輸送を可能にします
2)リン脂質が細胞膜に付着して透過性になります
3)イオン化可能な脂質が正のイオン電荷を提供するため、mRNAが細胞に   侵入できます
4)中国企業SINOPEG製のPEG化脂質

+ mRNAは非常に不安定であるため、細胞に入るまで保護するために「生物圏」が必要です。これは脂質ナノ粒子によって提供され、酸化グラフェンはチタンの4,000倍の強度があり、1,700Fの温度に耐えることができます。優れた電気伝導体であり、磁場をホストすることができます。

注)この記載はあやふやだが、
以前のOrwellCityのまとめから、
ー>
N-アセチルシステインが酸化グラフェンを排除する

mRNAとは酸化グラフェンをさし、これを包むPEGの意か、
ー>(アルコールがPEGを溶かすので、酒類の提供を禁止、)

+酸化グラフェンは特許出願に記載されていません。 
a)それは人間に有毒であり、
b)それは、ブレイン・コンピューター・インターフェースとドラッグデリバリー・システムを作成するために使用できるヒドロゲルの主成分です。

+ワクチン中の酸化グラフェンは中性に帯電しています(非アクティブ)が、電磁放射(無線デバイスなどの無線周波数、5Gなどの無線ネットワークなど)などによって正に帯電すると、それが体内にどれだけ存在し、どこにあるかによっては、大きな損傷と死を引き起こす可能性があります。

+COVID-19ワクチンのマウスを使った研究中に、80%が24時間以内に死亡し、残りが次の数日以内に死亡しました。(以下略)







最終更新日  2021年07月31日 02時20分20秒
コメント(5) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.