25685286 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ソラノアオ@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) New! いつも拝読させていただいてます。 6歳…
miyako@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) New! 貴重な情報をありがとうございます。  コロ…
tt555@ 暖簾に腕押しさん DIの記事はウイルスありきで書かれていま…
tt555@ 暖簾に腕押さん 長編ですね、ご苦労様です、 直リンを貼っ…
暖簾に腕押し@ 何かが実際に伝播している説 vs 伝播しているように見えるだけ説 「排出(Shedding)」なる現象は10年以上…
ららら@ Re:続)葉っぱ療法、ロンリネスとソリチュード(10/13) 取り上げて頂いたのですね。有難うござい…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年08月23日
XML
カテゴリ:ミニストリー
乳製品とかヨーグルトと言うと、

体によくないと言う人もいるのだけど、

​「第5列」の紹介記事から、


​​laquintacolumna(翻訳)

乳酸菌は、さまざまな遺伝的背景の下で正常な腸透過性を維持することにより、酸化グラフェンの毒性から線虫を保護します​ 
公開: 2015年11月27日 www-nature-com. (Google
翻訳)抜粋

概要
乳酸菌(LAB)は安全で、食品や飼料の発酵に役立ちます。

Caenorhabditis elegans(線虫)を使用して、酸化グラフェン(GO)の毒性とその根底にあるメカニズムに対するLAB(Lactobacillus bulgaricusブルガリア乳酸菌)前処理の有益な効果の可能性を調査しました。

LABは、野生型線虫の一次および二次標的器官の両方の機能に対するGO毒性を防止しました。

LABは、野生型線虫の腸透過性を正常に維持することにより、腸バリアを介したGOの二次標的臓器への移行を阻止しました。

さらに、LABは、感受性遺伝子(sod-2、sod-3、gas-1)の突然変異を伴う曝露された線虫において、一次および二次標的器官の両方の機能に対するGO損傷を防止しました。およびaak-2)正常な腸透過性を維持することによりGO毒性も。

LABはまた、野生型線虫と感受性遺伝子の突然変異を伴う線虫の両方で正常な排便行動を維持しました。

したがって、異なる遺伝的背景の下でのGO毒性に対するLABの有益な役割は、腸透過性と排便行動に対する組み合わせ効果に起因する可能性があります。

さらに、GO毒性に対するLABの有益な効果は、哺乳類のFATP4から哺乳類のFATP4に相同なACS-22の機能に依存していた。

私たちの研究は、GOの毒性から腸のバリアを保護するための薬理学的戦略の確立に焦点を当てています。(ここまで)

こと、酸化グラフェンGO対策となると、話は違うみたい、

(実験は人ではなく、線虫を使って成されたものであるが、)
知らずに体内に入っているGOには、

乳製品(乳酸菌)も捨てたものではないかも、と言うことで、​​







最終更新日  2021年08月23日 00時31分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.