25729680 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない(10/20) 九州はやばい火山が多いです。 世界的にも…
tt555@ リーモスさん 「覚醒」って結構込み入っていて、 (個人…
リーモス@ Re:「虚偽はあなたたちを破壊する」(10/20) 「9:11」から始めないと、コロナワクチン…
ソラノアオ@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) いつも拝読させていただいてます。 6歳…
miyako@ Re:ラパルマもVAXも悪魔の所業(10/19) 貴重な情報をありがとうございます。  コロ…
tt555@ 暖簾に腕押しさん DIの記事はウイルスありきで書かれていま…
tt555@ 暖簾に腕押さん 長編ですね、ご苦労様です、 直リンを貼っ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年08月28日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​昨日(​基本に戻る「コロナは電波病」​)紹介された論文、​


https://meridian.allenpress.com/radiation-research/article/195/1/1/446280/Commonalities-Between-COVID-19-and-Radiation
COVID-19と放射線障害の共通点​​​(2020年10月16日)​​​(Google訳)​

​​(この原文はGoogle検索でスキップされる、)​
これ、最後まで読むと、コー言うくだりがある、
​​​(DeepLから)
最後に、放射線とCOVID-19の重なりを最もよく表しているのは、患者の胸部を照射する低線量放射線治療(LDRT/low-dose radiation therapy )が、SARS-CoV-2感染症を含む肺感染症に有効であるという斬新な(そして「昔ながらの」)提案であろう

この概念は、近代的な抗生物質が登場する以前の1900年代初頭に、細菌やウイルスの感染によって生じた肺炎の治療に放射線照射が用いられた研究に基づいている(344 )。

しかし、この治療案には議論がないわけではない。

すでに多くの論説やコメントが発表されており(345-352 )、この治療法をめぐる議論は間違いなく続くであろう。

それにもかかわらず、LDRTは肺への高線量放射線障害を軽減する可能性があるとは考えられていないため、この治療法は一般的に今回のレビューの対象外となる。

COVID-19の治療介入策を模索する上で、感染症、呼吸器、免疫、リウマチ、血液の各分野における医学的専門知識が重要な鍵を握っているが、COVID-19とARSの間には病態が大きく重なっていることから、元々はヒトの放射線障害を軽減するために評価・開発された、容易に移植可能で影響力の大きい薬理学的介入策が存在する可能性がある。

同様に、COVID-19感染症に有効である可能性を考慮して検討されている広範な新規治療法の中には、いつか放射線医療対策として再利用されるものがあるかもしれない。(ここまで)

この話題は懐かしい、

低放射線は健康に良い、


​https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-08-17/iqo13jp/folder/975531/58/24216458/img_0?1334024901​

コロナの正体が(高)放射線被爆であるならば、
そのケアには低放射線照射が良い、

もちろん米国やWHOなど認めるわけもなく、

参考)
ネガティブ報道の効用、あさひクリニック

ブラックジョークか?「福島は日本一の健康ランド」と郡山市の内科病院 2013-08-01 14:00 税金&保険ニュース

福島県郡山市にある「あさひ内科クリニック」がホームページ上で掲載している、放射線被ばくに関する情報がひどいと話題になっている。

低線量被ばくが避けられない同県を「日本一の健康ランド」と評価するなど、ブラックジョークとしか思えない説明が並ぶ。  (中略)

こういったトンデモ説は主に、「放射線ホルミシス効果」と呼ばれる学説を根拠にしている。本来有害な放射線を少量浴びることで抵抗力がつきかえって健康になる、というのがこの学説。

米国やWHOではホルミシス効果を認めておらず、ラドン被ばくについても、できるだけゼロに近いほど健康によい、とする明確な指針を表している。

福島の原発放射線を騒いでも、
ケムトレイルを騒がないのはこれ如何に?

遺言 私が見た原子力と放射能の真実
はじめに―異常気象と貧富の差の拡大がもたらす人類の不幸
第1章 超小型原発は世界を救う―50年温め続けた革新的原発
第2章 闇に葬られた技術―アメリカが教えてくれた乾式再処理と金属燃料
第3章 「パンドラの約束」とは何だったのか―アルゴンヌでの奇蹟と誓い
第4章 原発と放射線に関する誤解―原子力を怖がらせる必要があった
第5章 放射線ホルミシスとは―福島の健康被害など絶対にありえない理由
第6章 神の贈り物としての原子力と日本人の使命―2発の原爆と原発事故を日本が受けた意味
おわりに―神様は人類の幸せを願っている​​
​​
​​
​​
放射線(9)ラドン温泉、ホルモン分泌増(知っ得ワード)
2011/09/04 日本経済新聞
​​
岡山大学病院付属の三朝医療センターのラドン温泉療法に関する研究成果から具体的な例を示します。
​​
ラドンは不活性ガスのため血液に取り込まれ、体全体に運ばれます。脂溶性のため内分泌腺、神経線維などに蓄積しやすいことがわかっています。
​​
ラドンの半減期は物理的には3.8日ですが、体内に入ると代謝などで排せつされるため約25分と短くなります。
​​
ここでのラドン療法は、日本の屋内平均の約100倍に相当するラドン濃度の浴室で1日1回約40分、隔日で3-4週間、合計6-8時間過ごします。被曝線量は合計50-67マイクロシーベルトになります。 
​​
研究結果として、痛みや呼吸、消化機能などを改善する効果がわかっています。例えば、ベータエンドルフィンというモルヒネに似た鎮痛作用を持つホルモンの分泌量は、ラドンを浴びる前に比べて、2-4週間で2倍あまりに増えます。統計的に有意に差がでます。
​​
治療前に比べて過酸化脂質の量が減ることもわかってきました。これらは温熱効果を差し引いても現れます。
​​
海外でも、ラドン療法の効果に関する研究は進み始めています。オーストリアのバドガスタインの施設ではもっと被曝線量が高く合計4-5ミリシーベルトとなりますが、健康被害は報告されていません。(ここまで)
​​
国の基準を当てはめるなら、
全国の放射能温泉はただちに閉鎖しなければならない、

三朝温泉然りで、
ラドン(低放射線)で体が良くなったら、
困る人が世の中には一杯いるみたい、
​​
大自然の仕組み 放射線ホルミシスの話 -身体が身体を治す細胞内自発治癒の時代が来た






最終更新日  2021年08月28日 16時52分18秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.