26621181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

鎌ヶ谷大仏@ Re:イルミナティの首都カザフスタンASTANA(01/22) カザフスタンよりも田布施の方が、イルミ…
ウーテイス@ Re:​ノーマスクは意外と簡単(01/22) 百害あって一利なしのマスクは、NWOの奴隷…
まだなはない@ Re[4]:ケイ素/木の葉/Mg/骨盤立て(12/21) 奈々詩さんへ 生命の起源、海の水、ルネカ…
tt555@ 初心者さん >tapnewswireらしく随分薄弱…
初心者@ さすがtap news wire ジョコビッチがカルトと契約(!?)なる…
イスラエルがテクノロジーと貿易で支配する。@ Re:平和と協調のピラミッドがあるカザフスタンの旧アスタナ市はNWOのHQ(01/20) ブレンドン・オコーネルのYouTubeチャンネ…
生き物の魂が奏でる音楽@ Re:知らないことだらけ(ファーストレディー編)(01/20) 細かいことはさておき 誰か(何か)をいとお…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月01日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update3
Drロバート・ヤングのレポート、


【🔴重要/永久保存版】COVIDワクチン4種に含まれるグラフェン、アルミニウム、セレン化カドミウム、ステンレス鋼、LNP-GOキャプシド、寄生虫、その他の毒素の存在を科学者チームが確認

​スペインとアルゼンチンの医学研究者が電子顕微鏡と分光法を用いて発見したことを見事に裏付けているのを、ラ・キンタ・コルムナ誌が報じました。

Dr.ロバート・ヤングは、生化学者、微生物学者、臨床栄養士であり、『pHミラクル』、『リバース・キャンサー・ナウ』などの著書があり、40年にわたる臨床・医療微生物学の研究、学術、教育に携わってきました。​

彼と研究者チームは、透過型・走査型電子顕微鏡、位相差顕微鏡、X線分光法を用いて、4種類のワクチンすべてに含まれる酸化グラフェンという毒素を特定したと報告しています。

ファイザー社、モデナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の4社のワクチンに含まれる酸化グラフェンという毒素をはじめ、アルミニウム、ステンレス、ビスマス、酸化グラフェンをちりばめた脂質ナノ粒子キャプシド、そして寄生虫のクルーズトリパノソーマなど、さまざまな種類のワクチンに含まれるものを確認しました。(中略)

​​博士曰く、
「ウイルス理論はまだ理論に過ぎず、科学的に証明されたものではない。」

「SARS-COV-2と思われるウイルスは世界のどこにも分離されておらず、COVID-19と呼ばれているものは、より正確には、過去のワクチン(あるいはエアロゾル散布などの他の原因)による酸化グラフェン中毒と4G/5Gの放射線照射が、すでに弱っていたり、病気になっている人体に作用した『化学物質と放射線の毒』に起因する症状の集まりにすぎない。」
(以下略)
​​

このページ(note)を開くと、
以下の警告が出てくる故、

信頼性高し、​

​​本文は長いので、
時間のない方は以下のサマリーを、

悪行の限りを尽くしたワクチン…の可能性
2021-09-01 10:57:32 ma-wind

​​参考)
基本に戻る「コロナは電波病」

更新日  2021年09月01日 14時30分49秒

追記)
第5列のDr.リカルドが注意喚起、


​https://www.orwell.city/2021/08/the-scientists-club.html​

科学者クラブの活動に関する重要なお知らせ
2021年09月01日 Orwellcity 翻訳

La Quinta Columnaがシェアした短いビデオの中で、生物統計学者のRicardo Delgadoは、Pablo Campra博士が所属するThe Scientists' Club(科学者クラブ)の論文に関して、いくつかの明確な説明をしています。

この論文の一部は、他の著者(Drヤング)によって無断で引用され、オリジナルで審査されたソースのクレジットを表示することなく、さまざまなソーシャルネットワークで共有されました。  以下、Orwell Cityでは生物統計学者の言葉を英語にしています。

(リンク ランブル)

リカルド・デルガドです。こんにちは。

とても重要なことをお伝えしたいと思います。

この小さなビデオに共有されているPDFファイルは、カンプラ博士や他のイタリア人などが所属する有名な「科学者クラブ」のオリジナルのものです。


Important information regarding The Scientists' Club work 2021/9/1​​

ある時期に、ロバートヤング博士がその作業に参加して、カンプラ博士の仕事を盗用したのです。

これ(上のPDF)はまさに、オリジナルの作品ということですね。しかも、カンプラ博士自身が若干の修正を加えています。

ヤング博士のリンクに共感されたすべての人のために言います。
よろしくお願いします。

Dr.ロバートヤングは、「科学者クラブ」の論文を盗用!?

ヤング自身が、出典を明らかにすればいい話だけどーー、

読む側にとっては、(裏側の事情以上に、)
現実の理解が進み、助かるが、
ヤッパ、無断引用はよくないね、

更新日  2021年09月02日 21時31分39秒

追記2)
(真)日本の黒い霧さんから、

ワクワク祭、中身が分かればもう安心?

​​+分析者の氏名(ロバート・ヤング氏)やその所属機関(ジョンズ・ホプキンス大学)など取り敢えず必要な情報は添えてありますが、やはり伝聞情報であり、その真偽は一読者にとっては不明のままです。

+ これは私の専門分野の一つでよく分かるのですが、マイナス数十度の低温下で生体を構成するタンパク質などの高分子はその構造を変えます。超低温保存されたワクワク薬内の寄生虫が生体機能を回復させる可能性は極めて低く、そんなものをわざわざ入れるとは考えられません。

更新日2021年09月12日 10時34分34秒

​​​​追記3)
存在しないコールドチェーン

当初から、COVIDワクチンは、-20℃〜-30℃のコールドチェーン を尊重し、特定の条件下で保管しなければ ならないと言われてきました。
しかし、これらの対策は実際には存在しません。彼らに求められているのは、バイアルに含まれる酸化グラフェンが高温で 人に目撃されるのを防ぐことだけなのです。

となると、寄生虫も生存可能!?

と言うところで、こちら、

触手を持つ何かが出てきた(Drマジェ)

​​​ヒドラ

​キャリー・マデイ博士とクリスティーン・ノースラップ博士は、ラリー・パレフスキー博士と一緒にCritically Thinkingに出演し、マデイ博士が2つの別々のワクチンの瓶で観察した、あるはずのない怖いものについて議論しました。

彼女は、モデルナの小瓶の中身に「触手生物」のようなものを見て、それが生きているように見えたと言っていました。

専門家は、その識別のための潜在的な候補として、ヒドラ下流やポリ表彰水水素のどちらかを挙げた。どちらもクニダリアフィラム(刺胞動物門)に属し、サンゴやクラゲの遠い淡水のいとこであり、そのうちのいくつかの種はビッグファーマが関心を持つダイナミックな特性を持っている。

ヒドラは、淡水があるところならどこにでも生息しており、世話をする必要がほとんどないため、実験しやすい生物です。ヒドラは、(形態性)モルフィラキシス(組織再生)の研究に広く使われています。

ヒドラから切り離すと、元のヒドラの小さなバージョンに形成され、切断されたセクションとほぼ同じサイズになります。

組織の「交換」や改造があり、すぐに新しい脚を成長させることができます。ヒドラは老化を受けないことを報告され、これは論争されているが、生物学的に不滅である。​

一生のお付き合い?







最終更新日  2021年10月05日 11時49分37秒
コメント(5) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.