25672268 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 暖簾に腕押しさん DIの記事はウイルスありきで書かれていま…
tt555@ 暖簾に腕押さん 長編ですね、ご苦労様です、 直リンを貼っ…
暖簾に腕押し@ 何かが実際に伝播している説 vs 伝播しているように見えるだけ説 「排出(Shedding)」なる現象は10年以上…
ららら@ Re:続)葉っぱ療法、ロンリネスとソリチュード(10/13) 取り上げて頂いたのですね。有難うござい…
tt555@ ショウさん Going my wayでいいと思います、 こちらは…
ショウ@ Re:接種者から感染する理由(10/14) いつも勉強させてもらっています。 以前…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月15日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​Update​
当時、生存者は6歳の男の子1人だけだった、

イタリア・ケーブルカー事故の奇跡の生存者(6歳)、元IDFのおじいちゃんに「誘拐」され、イスラエルに連れて行かれる 
Sep.13, 2021 5:35PM thedailybeast 翻訳

(イタリアのケーブルカー事故で、唯一の生存者となった6歳の少年は、プライベートジェットでイタリアを脱出しました。)

昨年5月、北イタリアのマッジョーレ湖畔の山頂に向かっていた15人を乗せたケーブルカーが、突然、急降下を始めたとき、誰も助からないのではないかと思われました。


World Miracle Survivor of Italian Cable Car Crash, 6, ‘Kidnapped’ by ex-IDF Grandpa and Taken to Israel

この事故は、技術者が緊急ブレーキを修理せずに再開運転したことが原因とされ、全くの過失によるものだとされています。

しかし、当時5歳だったイタリアとイスラエルの二重国籍者で、両親と弟と一緒にイタリアに住んでいたエイタン・ビラン君は、奇跡と称されるように、ひしゃげたケーブルカーの中から生還しました。


(右下)​(拡大)

昏睡状態から目を覚ますと、両親、そして(COVID後の夏休みに北イタリアの家族を訪ねてきていた)母方の曾祖父母(ひいおじいさんおばあさん)を失ったことを知らされたと言います。

注)*圧倒的に、(イスラエル系の)お母さん方の犠牲が大きい、

子供は大怪我をしましたが、6月下旬にようやく外来のリハビリのために退院しました。

イタリア政府は、父方の叔母でイタリア在住のアヤ・ビラン・ニルコさんに一時的な親権を与えました。

彼女によると、彼女自身の6歳の息子が、負傷した従兄弟を慰めていたそうです。

しかし土曜日、母方の祖父であるシュムリック・ペレグ氏(元イスラエル国防軍IDF将校)は、孫のリハビリのためにイタリアで多くの時間を過ごしていましたが、法定後見人の同意を得ずに孫をイスラエルに連れ帰りました。

注)*この元IDFペレグ氏は自分の父母をこの事故で亡くしたことになる、

この祖父は現在、子供が住んでいたパヴィアの検察官から誘拐の容疑で正式に捜査を受けています。

マリオ・ヴェンディッティ検事によると、共犯者の可能性がある他の人物も捜査されているとのことです。

祖父(元IDF)の話では、イタリア人の健康管理や少年の父方の叔母の家庭環境に不安を感じるようになっていたという。

そこで、彼は子供をスイス国境のルガーノまで車で送りプライベートジェットをチャーターして、週末にイスラエルに連れ帰ったのである。

親の同意なしに未成年者を国外に連れ出すことができた理由は不明だが、イタリア当局から8月30日までに引き渡すように言われ、それを拒否する中、彼は子供のイスラエルのパスポートを保持していたと言われている

男児の父方(イタリア人)の叔母で法定後見人であるアヤ・ビラン・ニルコ氏は、土曜日に祖父(元IDF)との外出から戻らなかった男児が誘拐されたと当局に通報。

月曜日、ペレグ家(元IDF)は、土曜日にエイタン君をルガーノ経由でテルアビブに連れて行ったことを認めました

イスラエルに住む母方の叔母(おば、母の妹)のガリ・ペレグさんは、父方の親族にイタリアでの養育について警告を発していました。亡くなった姉の息子の親権を要求していました。

記録によると、彼女は法的な養子縁組の手続きを始めていたが、孤児の子供がイタリアの市民権を持っていたため、イタリアの管轄になってしまい、ほとんど進展がなかったそうです。

「彼女はイスラエルのラジオ局103FMに「私たちはエイタンを誘拐したのではありません。「彼を家に連れてきたのです。私たちの姿を見たエイタンは、『やっとイスラエルに来れた』と感動の声を上げました。彼はずっと、やっと家族と一緒になれたと言っていました」。

イタリアの病院を退院した6月、(イスラエルの)母方の叔母(妹)が、少年はイタリアにいる父方の叔母によって「誘拐」されたと主張され、ケーブルカーの事故で亡くなった26歳の母親タル・ペレグ=ビランは、少年がユダヤ人でありイスラエル人であるというアイデンティティを維持することを望んでいただろうと、イタリアの新聞「コリエレ・デラ・セラ」は報じている。

母方の祖母(亡くなった母の母)であるエティ・ペレグさんは、イスラエルのラジオインタビューで、イタリアでは子供の健康状態が危うく、彼自身もイスラエルに帰りたがっていると主張した。

母方の祖母(亡くなった母の母)であるエティ・ペレグさんは、イスラエルのラジオインタビューで、イタリアにいる子供の健康状態が危険であり、子供自身がイスラエルに帰りたがっていると主張し、誘拐の疑いを否定した。

「彼はこの国にいることをとても喜んでいます」と語り、心理学的評価を含む完全な医療検査を受けていることを付け加えた。

「4ヶ月後、ようやく(イスラエルの)医師がこの子に何が起こっているのかを見てくれるでしょう。彼(少年)はイタリアの(叔母以外の)医者には会っていない。まるで猫が猫のクリームを守っているようだ。叔母は刑務所の医師に過ぎないのだから」。

しかし、イタリアに戻ると、話は違ってきます。

父方の叔母(おば)であるアヤ・ビラン・ニルコ氏は、(イスラエルの)祖母(母の母)の告発を嘘だと言い、代わりに月曜日に正式な誘拐捜査を開始した地元の検察官を支持すると言っています。

(イタリアの)検察官はThe Daily Beastに、(イスラエルの)祖父母に預けられている少年のことを心配していると語り、夫婦が離婚の手続きをしているときに祖母にDVをしたとして、祖父に20年前に有罪判決が下されていることに言及しました。祖母はその後再婚しています。

​​注)*チョッと複雑だが、要はイスラエルの祖父母のスキャンダルを取り上げ、彼らは信用ならないと言いたいのだろうと思う、

アヤ・ビラン・ニルコ(イタリア人)の弁護士であるアーマンド・シンバリは、The Daily Beast紙に「これは本当の国際的な誘拐だった」と語った。

「祖母(アヤ/イタリア人)は、エイタン(少年)にここでの生活を継続させたいと考えた2つの裁判所から後見人の資格を与えられました。彼は一緒に育った家族と、彼のトラウマをまだ治療している医師たちから奪われたのです。」

少年を誘拐したとされる祖父(元IDF)の代理人であるガッド・ソロモン氏は、(IDFの夫の)元妻のラジオでの発言は「待ち伏せ攻撃」以外の何物でもなく、彼女は「自分がインタビューを受けていることを知らなかった」とThe Daily Beastに語っています。

しかし、元妻の発言を否定することはなく、祖母(母の母/イスラエル人)が子どもの病状を「最悪」と言っていたことを繰り返し述べ、「誘拐はなかった」「子どもの生活環境を調整しただけだ」と主張しました。

今回、イタリアの裁判所が正式に祖父の誘拐容疑の捜査を開始したことで、イタリアにいる法定後見人に返還してもらうためには、幼いエイタンの身柄引き渡しを要求しなければならなくなりました。

(イタリアの)父方の家族は、「誘拐犯」が投獄されるまで、彼を連れ戻す努力を放棄しないと述べ、今回の事件を「エイタンにとってのもう一つの悲劇」と呼んでいます。
(ここまで)

国際結婚では、親権の問題はよくあるが、
ここでは、両親が亡くなり、各々の親族が争うケース、

*追記参照、

特筆は、連れ出したのが、
元IDFのおじいさん(亡くなった母親のお父さん)で、

スパイ大作戦よろしく、
イタリアからスイス国境を超え、
(子供のパスポートが必要だが既に準備済で、)

プライベートジェットでイスラエルへ、

*パスポートと言えば、
911で、瓦礫から出てきたテロリストの新品を思い出すが、

​https://www.911facts.dk/?p=7595&lang=en​

​​元IDFだからな、お手の物なんだろう、キット、​

彼は自分の娘(母親)、父母も失っており、
胸中は察して余りある、

別記事​​JPostの最後のくだり、

イタリアのケーブルカー事故で生き残ったイスラエル人の子供がイスラエルに拉致されたとの報道

イタリアの日刊紙「ラ・スタンパ」が先月報じたところによると、エイタンは、いとこたちも在籍しているファビア市の修道女が運営するカトリック学校「l'istituto delle Canossiane」に入学しており、月曜日には1年生になるはずだった。

元IDFのおじいさんからすると、
今回の機を逃すわけには行かなかった!?

本記事はINLからの​引用​だが、(スティーブンから見ると、)
母国に帰ったのだから、「誘拐」と言う表現は当てはまらないと、
Israeli Child Who Survived Italian Cable car Crash was NOT abducted but rather Returned Home this family in Israel.

日本人の感覚からすると、
国際結婚の取り決めは、今一よくわからないが、

*追記参照、

一方的に犯罪(誘拐)扱いしてしまうのもドーかなと、

それはともかく、​​​奇跡的に九死に一生を得た​エイタン君、
引き続き、神様の守りがありますように、​

追記)
両親は共にイスラエル人みたい、

Time of Israel(翻訳)見ると、


イタリアのケーブルカー事故で生き残った男児の祖父を誘拐調査開始

​5月24日の事故では、ピエモンテ州のモッタローネ山頂に週末の観光客を運ぶ空中トラムのケーブルが切れ、エイタンの父アミット・ビラン(30歳)、母タル・ペレグ=ビラン(26歳)、2歳の弟トム、テルアビブ出身の曾祖父バーバラ(71歳)とイツザック・コーエン(81歳)を含む14人が死亡しました。5人は数日後、イスラエルで埋葬されました。​

家族の友人が日曜日にチャンネル12ニュースに語ったところによると、ビラン家はエイタンを帰国させるためにイタリア当局と協力しているとのことです。

ガリ・ペレグ(母方の妹/イスラエル)は8月、ビラン・ニルコ(父方の姉/イタリア)が少年を誘拐し、"普通の子供時代 "を過ごせないようにしたと非難しました。

ガリ・ペレグの夫であるロン・ペリ氏は、エイタン君はイタリアで育ったが、イスラエル人の両親はエイタン君がイタリアで育つことを望んでおらず、イスラエルでユダヤ教の教育を受けることを望んでいたと主張しました。​

​となると、ますます、誘拐と言う表現は疑問符がつく、​







最終更新日  2021年09月15日 15時02分44秒
コメント(2) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:イタリアケーブルカー事故唯一の生存者がイスラエルへ(09/15)   ViD さん
国際結婚ではなく両親ともイスラエル人ですよ。 (2021年09月15日 09時15分02秒)

ViDさん   tt555 さん
情報ドーもです、

なるほど、
だから、スティーブンは誘拐と言う言葉にクレームをつけたんだ、

(2021年09月15日 14時27分49秒)


© Rakuten Group, Inc.