25769871 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 暖簾に腕押さん New! 信仰の話題で恐縮です、 相手の魂を愛す…
暖簾に腕押し@ Re:頭ではなく魂で対応する(10/28) New! その人の思考をその人自身が考え出してい…
小松直人@ Re:4Gの開始で始まったインフル増大(10/21) シェアさせて頂きますm(_ _)m
はてな@ Re:VAX研究の倫理的問題(10/27) "子供" コドモという存在の何…
はてな@ Re:優れた体を持つ人類を侵略するAI(10/22) セルンが稼働すると多次元のポータルが開…
ダイス@ Re:阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない(10/20) 九州はやばい火山が多いです。 世界的にも…
tt555@ リーモスさん 「覚醒」って結構込み入っていて、 (個人…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月21日
XML
カテゴリ:ミニストリー
プロテスタントにせよカトリックにせよ、

牧師/司教を中心とした教職者制度に未来はない、

大司教は、COVID-19の予防接種を受けないカトリック教徒をミサから締め出す Sep 20, 2021 11:47 am ライフサイトニュース 翻訳


​https://www.lifesitenews.com/news/archbishop-bars-catholics-who-do-not-take-covid-19-jabs-from-mass/​

[ニューブランズウィック州モンクトン]- カナダの大司教は、COVID-19のジャブを受けないカトリック教徒がミサに来るのを禁止した。 

ニューブランズウィック州モンクトンのバレリービエンヌ大司教は金曜日、同大司教区内の教会で行われる宗教的な集会に出席する12歳以上の人は、COVID-19に対する「二回の予防接種を受けなければならない」という指示を出しました。

ビエンヌ氏は、モンクトン大司教区のカトリック教徒に宛てた手紙の中で、
「...9月22日(水)から、私たちの監督下にある教会、牧師館、コミュニティ・センター内で行われる集会では、出席者は二回ワクチンを接種しなければなりません。」
と書いている。

大司教は、そのような集まりには、
「宗教的なお祝い(日曜日や毎週のミサ、祈りの会、洗礼、冠婚葬祭、堅信、初の和解、初聖体)、教区や司牧の会、受洗クラスの会、管理職の会、会議、ワークショップ、友愛や社交の会、ビンゴ、カードゲームなど」
が含まれると規定しています。

ビエンヌ氏は、12歳以下の子供はCOVID-19の「現在予防接種を受けることができない」ため、参加するためにジャブを受ける必要はないとしています。

世界中の多くの人々がCOVID-19の接種に消極的であるのは、接種後に何千人もの死亡者と何百万人もの傷害を伴う副作用が記録されているからです。

また、多くのカトリック教徒や他のキリスト教徒も、この医療薬(VAX)の治験に、中絶された赤ちゃんから採取された細胞が使用されていることを理由に、接種に反対しています。

一方、カトリック教徒は通常、毎週日曜日とカナダではクリスマスと元旦に、病気や病気の子供の世話をしていたり、旅行などで物理的に行けない場合を除いて、直接ミサに出席する義務があります。

この義務を果たさないことは重大な罪であり、ミサに参加することは忠実なカトリック教徒の精神生活の中心であると考えられています

破門されて聖餐式を受けられないカトリック教徒でも、日曜日の礼拝に参加することが奨励されています。

予防接種を受けていないカトリック教徒のミサへの参加を禁止するきっかけとなったのは、州政府でした。

大司教は、ニューブランズウィック州のドロシー・シェパード保健大臣が、「パンデミックに関する新しい対策の発表を受けて、州内の宗教指導者と会談した」こと、また、宗教者の集まりでのワクチン接種の証明は義務付けられていないが、シェパード氏は、「人々の安全を守るために、また、ワクチン未接種者のためのインセンティブとして、完全にワクチンを接種した人々の集まりを希望している」ことを紹介しました。

ビエンヌ氏は、子供の「First Reconciliation」(最初の告解)に来た親には注射が必要になると述べたが、信者が自ら懺悔の秘跡を受けるために二回接種をしなければならないとは規定していない。

今後数週間の間に、大司教は、"数人のボランティアが各教会の門前に立ち、参拝者にワクチン接種の証明を求め、ワクチンを接種した人の名前をリストに記すことが期待される"と発表しました。

教区民がリストに追加された後は、事後的に証明書を提出する必要はありません。しかし、新しい教区民や訪問者は、ワクチン接種の証明書を提出する必要があります。

ビエンヌ氏は、葬儀に関して、"葬儀社のスタッフ"に "教会に来る家族や愛する人には2回ワクチンを接種するように"と伝えるべきだと述べています。

また、保健大臣からは、"稀な"医療上の免除を受けた人だけが、ワクチン接種の証明なしに教会の施設に入ることができると聞いているという。

大司教区の職員は、予防接種を受けていなくても仕事を続けることができますが、マスクを着用し、COVIDの検査を頻繁に受けることが義務付けられています。

ニューブランズウィック州は9月15日、明日21日から新たなワクチン・パスポート規制を実施すると発表しました

この発表によると、以下のような特定のサービスやビジネス、イベントに参加する際には、ワクチン接種の証明書の提示が必要となります。

「屋内でのフェスティバル、パフォーミング・アート、スポーツ・イベント
レストラン、パブ、バーでの屋内外での飲食、
映画館、ナイトクラブ、アミューズメント施設、プールホール、ボウリング場、カジノ、スポーツジム、屋内プール、屋内レクリエーション施設、冠婚葬祭、パーティー(個人宅を除く)、会議、屋内組織的集会、グループのレクリエーション・スポーツ、介護施設の訪問、」

ニューブランズウィック州のガイドラインは、ニューブランズウィック州の住民が冠婚葬祭以外の宗教行事に参加するためにワクチン接種の証明書を提出しなければならないとは指示していません。

ライフサイトニュースでは、大司教区にコメントを求めましたが、まだ回答は得られていません。
(ここまで)

信徒に2回接種の強制、そしてVAXパスへと続く、

フランシス法王率いるカトリックゆえ、今さらな話題だけどーー、


バチカンはサタニズムの総本山

日本でも、
教会組織が政府の認可(宗教法人・非課税)であるゆえ、
マスク/間隔/消毒がスタンダード、​

VAXも信徒/教職者共々、フツーに接種してんじゃないかしら?

​卑近な例で恐縮ながら、​
ヨメさんとこの礼拝​
案内見ると、

感染予防対策のため、礼拝に来られる際、マスクの着用をお願いします。(中略)コロナウイルスも共にさんびするものとされ、全地に主の願いが成りますように。」

コロナウイルスも共に賛美するのはいいのだが、
そもそも、ウイルスとは生物ではなく

コロナウイルス(病原菌)など存在しないこと
をご存知か?

今週9/19の週報拝見すると、

Aさんの証「全人類が一斉に主を褒め称える」で、
目を引いたのが編集者の最後のくだり、

「本部スタッフのAさんが2021年9月12日、天に召されました。神様を愛し、さんびを愛し続けたAさんの愛と信仰は永遠です。これからはますます天で愛する主をさんびし、私たちと共に主を礼拝し続けることと思います。天と地にキリスト・イエス様をたたえるさんびが満ちますように。」

Aさんが証を書いたのが9/1、召されたのが9/12、

憶測になるので、これ以上は書けないが、
時期が時期だけに、気なるところ、

それはソーと、エバンジェリカル(福音派)は、
現状のイスラエルの姿を見て、


それはイスラエルから始まった

もう、そろそろ、目を覚まさないといけないのでは、

さもなくば、滅びの憂き目に会いかねない、

参考)
"Marching to Zion" Full Movie with 日本語(2019年08月08日)

福音派への神の裁き(2021年02月23日)

コロナが神の裁きなら希望がある(2021年03月04日)

さばきは神の家から(2021年04月22日)

20周年を迎えた911(2021年09月11日)

更新日  2021年09月21日 23時37分05秒







最終更新日  2021年09月25日 10時02分17秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.