25769087 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 暖簾に腕押さん New! 信仰の話題で恐縮です、 相手の魂を愛す…
暖簾に腕押し@ Re:頭ではなく魂で対応する(10/28) New! その人の思考をその人自身が考え出してい…
小松直人@ Re:4Gの開始で始まったインフル増大(10/21) シェアさせて頂きますm(_ _)m
はてな@ Re:VAX研究の倫理的問題(10/27) "子供" コドモという存在の何…
はてな@ Re:優れた体を持つ人類を侵略するAI(10/22) セルンが稼働すると多次元のポータルが開…
ダイス@ Re:阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない(10/20) 九州はやばい火山が多いです。 世界的にも…
tt555@ リーモスさん 「覚醒」って結構込み入っていて、 (個人…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月23日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​ラポポートから、

パンデミックはテレビで演出される
「ネットワーク」:ニュースについての最後の素晴らしい映画
2021/09/23 (木) 0:31 by Jon Rappoport

科学的な根拠がないにもかかわらず、新たな疫病が発生し、宣伝されると、それはテレビ画面にジャックされ、映像が流れ始めるーー。

コロナの公式シナリオ(日を追うごとにインチキ度を増しているが)は、テレビで発信されています。これは決定的な事実です。テレビニュースという不条理は、『NETWORK』(1976年)という映画で描かれています。

Pandemics are staged on Television

如何にメディアによって世間が作られているかで、
45年前の映画を紹介、(当時から何も変っていない!?)

​実際、メディアは、恐怖と不安を煽る記事で満ちている、

それはエリートによる人心コントロールのためだが、
では一体誰が支配の中心にいるのか、

またどのように組織が形成されているのか、

7月のOrwellCityから、

ライターのエミリオ・カリージョさんが、エリートの構成とメンバー募集について解説します 2021年07月01日 

オーウェルシティが読者のために翻訳し、字幕を付けた以下のビデオでは、スペイン人作家のエミリオ・カリージョが、人類を支配する非常に強力な権力サークル(一般にエリート、ディープ・ステート、シャドー・ガバメントと呼ばれる)のネットワークについて説明しています。

​https://www.orwell.city/2021/07/emilio-carrillo-elite.html​

経済、社会、政治、社会経済システムは、エリートによって管理されています。エリートは完璧に組織化されていて、その組織には一連のサークルがあります。

第1のサークル、第2のサークル、第3のサークルがあり、そのサークルを通じて、経済、政治、制度、社会のすべてのメカニズムを管理しています。

参考)

コアであるサークル1では、そこにいる存在は人間ではありません

サークル2では人間ですが、サークル1は人間ではありません。第1の円の中には、人間ではない存在があるのです。

その人間ではない存在とは何者なのか。

霊的な力は、この点に関して非常に重要な手がかりを与えてくれています。

何が起こっているかというと、彼ら自身の操作の中で、彼らは匿名で名前を伏せて行動しようとしているからです。(中略)

そして、そこにはパラドックスが生まれます。

(それは、テキストを読み、テキストに書かれていることをすべて信じる人々がいるという証左ですが、)それには次のような理由があります。

どういうことかというと、この世には、この世のものではなく、人間でもない存在がいて、その存在が人類を支配していて、私たちに自分たちが神であると信じさせているという事実です

彼らは宗教を作り、精神的な人物を作り、そして何よりも、この社会を支配しているのです。

長い間、彼らは直接それをすることができないので、それをしてくれる人間を探していました

人間たちをひれ伏させるような存在(ドンとか権力者の類)です。(イエスはそのような存在ではありせんでした。)そのような人間がいたのです。

人間以外のサークル1も、人間のサークル2も、ひれ伏した人間は彼等が誰だかわかりません。

どんな苗字を持っていても、サークル1にもサークル2にも入っていません。

円1では人間ではないゆえに、円2では人間であるがゆえに、絶対的な匿名性があるのです。(レプと黒幕は名前が出てこない!)

3つ目のサークルは、匿名性を守るために、人の立場ではなく、組織の立場でなされています。人を勧誘(リクルート)する秘密組織です。

これらの組織には複数の形態があり、固定されているわけではありません。

世界中に多数の組織があり、自分のサークルで使用するために人がどの程度まで有効かをチェックするために使用されます。

4人目、5人目、6人目...。そして、彼らが自分の役割を果たせるように、適切な担当者を配置するのです。

このような組織で誰かを採用するとき、誰かをこのような場所に配置するとき、どのようなプロフィールが求められるのでしょうか?

まず第一に、非常に自己中心的なプロフィールです

富、権力、成功、知名度、名声など、自分のエゴイズムを満たすことを強く求めている人たちです。そして、他の人間を非常に軽蔑しています。これが重要です。

サークル1、サークル2を始めとするエリートは、人類は愚かな群れであり、支配され、操られ、自分たちに奉仕することにしか価値がないと考えているからです。(ゴイム/家畜、ユダヤ教の発想!)

リクルートされた者は、そのような人間観を持っていることが重要です。ある意味、仲間を軽蔑し、人間は愚かで、自分が賢いと考えているのです

エリートが採用するときの特徴的な要素です。

このようにして、エリートは形成されていきます。

さまざまなサークル、エリート、サブエリート、つまり現在社会経済システムの管理を担当している人たちです。

そして、もちろん、巨大な操作を実践しています。巨大に、そして継続的にです。(コロナ、911、他)

人を操るための要素(どれが基本的な要素かはもうよくわかっていると思いますが)、人を操る方法はたくさんあります。

最も使われ、そして今も使われ続けているテクニックがあります。

主なものは、恐怖不安です

彼らは、恐れているとき、不安なときの人間は、恐れていない人間や安定した立場にある人間よりも、簡単に操られ、簡単にコントロールされることを知っています。

彼らが継続的に行っていることは、人々に恐怖心を抱かせ、不確実性や不安感の中で生活させることを目的としたメッセージを送ることです。

これを確認するのはとても簡単ですテレビを見てください。新聞を開いてみてください今日のメッセージは何でしょう?

恐怖と不安しかないのではありませんか。

これは何度も考えたことがあるのではないでしょうか。
ー>なぜ、いつも同じようなことが報道されているのだろう?

世の中には美しく、楽しく、愛に満ちたものがたくさんあるのに、なぜいつも同じことが報道されるのでしょうか?

単純な理由です。

それは、ネットワークや大手メディアがエリートのものであり、エリートが恐怖や不安を伝えるという目的のためにそれらを利用しているからです
(byエミリオ・カリージョ)

人を牛耳っている元締めは人ではない、

*その下の連中も名前が出てこない、
(憶測では存在するけど、)

​スピリットの存在であるため、
この世で活動するために、人が必要で、
リクルート活動は継続して成されている、

誰でもと言うわけではなく、
利己心が強く、人を軽蔑する性質が求められる、

*支配階級にサイコパス、ユダヤ教徒が多いのはこのせい、

彼らに組織を作らせ、体系的に管理する、

​大衆操作の要は、
悪意とプロパガンダで満ちるメディア(TV/新聞/ネット)、

改めて、メディアは距離を置いた方がいい、​

更新日  2021年09月23日 03時36分07秒







最終更新日  2021年09月25日 22時33分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.