26062207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

鎌ヶ谷大仏@ Re[1]:メディア信仰から卒業すべし(11/28) New! +ロイ+さんへ 結局、こういうことです。 …
tt555@ 暖簾に腕押しさん New! Dアイクを推すのであれば、それはそれでい…
tt555@ 暖簾に腕押さん New! これに限ったことではありませんが、最後…
暖簾に腕押し@ Re:メーソンは両陣営にコマを置く(反Vaxerたち)(11/07) New! >これを覆す唯一のケースは、 >チャイル…
暖簾に腕押し@ Re:キャタピラーの意味(11/29) いや、流石にこれは、こじつけすぎだと思…
tt555@ +ロイ+さん TV新聞を見なければ大丈夫、 <small> <a …
+ロイ+@ Re:メディア信仰から卒業すべし(11/28) B.1.1.529ことオミクロン変異株により世界…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月26日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​​​注射器接種が頭打ちになってきたところで、出てきた、​

3Dプリンターで作られたワクチンパッチは、注射をせずにワクチンを接種することができ、針によるジャブよりも免疫力を高めることができます
2021年9月25日 By ノースカロライナ大学チャペルヒル校

https://scitechdaily.com/3d-printed-vaccine-patch-offers-vaccination-without-a-shot-outperforms-needle-jab-in-boosting-immunity/
​3Dプリントされたマイクロニードル・ワクチン・パッチ​

ノースカロライナ大学チャペルヒル校とスタンフォード大学の科学者たちが、3Dプリンターを使って、皮膚に溶けて免疫力を高めるマイクロニードルワクチンパッチを開発/製造しました。

一般的なワクチン注射よりも高い免疫力を持ちます。

ワクチンパッチを皮膚に直接貼ると、皮膚にはワクチンが標的とする免疫細胞がたくさんあります。

動物を使った研究では、このワクチンパッチによる免疫反応は、腕の筋肉に針で刺したワクチンの10倍以上であったと、科学アカデミー紀要に発表されています。

3Dプリンターで作られたマイクロニードルは、ポリマーパッチの上に並べられており、ワクチンを投与するために皮膚に到達するのに十分な長さを持っています。

スタンフォード大学のトランスレーショナル・メディシンと化学工学の教授であり、国連大学チャペルヒル校の名誉教授でもあるジョセフ・M・デシモーン氏は、「この技術を開発することで、痛みや不安のない方法で、より低用量のワクチンを世界的に迅速に開発するための基盤を築くことができると期待しています」と述べています。

ワクチンパッチの手軽さと有効性は、痛みを伴わず、針で打つよりも侵襲性が低く、自己投与が可能な新しいワクチン投与方法の方向性を示しています。

研究結果によると、ワクチンパッチは、皮下注射に比べて50倍以上のT細胞反応と抗原特異的抗体反応を示しました。

この免疫反応の高まりは、針と注射器を使って投与するワクチンと同様の免疫反応を、マイクロニードル型ワクチンパッチではより少ない投与量で起こすことができ、投与量の節約につながる可能性があります。

マイクロニードルパッチは何十年も前から研究されていますが、カロライナ大学とスタンフォード大学の研究では、過去の課題を克服しています。

3Dプリントにより、マイクロニードルを簡単にカスタマイズして、インフルエンザ、麻疹、肝炎、COVID-19ワクチンなど、さまざまなワクチンパッチを開発することができます。
(ここまで)

​このマイクロニードルアレーは、​元々、本命と言われていた、

​マイクロニードルアレー​

なんと言っても、自分で打てる、

マイクロニードルをベースにしたワクチンは、コールド(冷凍)チェーンの外に保管することができ誰でも自己投与することができるため、熟練した医師の必要性を排除することができます。

これは、特に発展途上国において、必要としているすべての人々にワクチンを届けるための重要な利点となっています。

COVID-19ワクチンの緊急需要性の中で、マイクロニードルはゲームチェンジャーとなり、標準的な非経口注射に取って代わる可能性があります。

この幅広い特許群(patent WO2013166162)は、米国、欧州、日本、中国、カナダなどで多数の出願中の特許や付与された特許で構成されています。

*図AおよびBは、活性成分がマイクロニードルの先端部に集中している先端装填型マイクロニードルアレイを示す。

​https://www.knowmade.com/microneedle-patch-in-the-race-for-covid-19-vaccine/

このマイクロニードルアレイは、完全に溶解可能であり、ワクチンを含む広範囲の活性成分の効果的な送達を可能にするユニークなマイクロニードル形状を有する。

アンソニーが指摘していたが、
ニードルアレーはこれ、

https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/201911300000/

創世記3-15にも、蛇が(かかとに)噛み付くシーンがある、

サーペントとそのなかまたち​​

バチカンホールも、

​噛まれたら終わり、

アンソニーの予想を再掲、

ワクチン展開スケジュールから見るその対策(2020/11/10)抜粋​​

ワクチンは開発段階にあるが、
コンタクトトレーシングシステムと共に、
供給体制が整うと、今後、4段階で進む(と予想)、

1-3段階は、注射タイプで、これはおそらく失敗する、

最終4段階目は、マイクロニードルが登場で普及促進、

そもそも、mRNAワクチンは問題のあるワクチンで、
打てば打つほど、トラブルが予想される

最大の欠点は冷凍保存が要求されること

即ち、品質保持が難しく、劣化が予想される、
​https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201025/k10012680611000.html
​​アメリカの製薬大手ファイザーのワクチンは一定期間以上保存しようとするとマイナス60度から80度の冷凍保存が、またアメリカのモデルナのワクチンもマイナス20度での保存が必要とされています。専門家によりますといずれのワクチンにも「mRNA」という傷みやすい成分が入っているためで、適切な温度管理ができないと、接種しても効果が失われるおそれがあるということです。​

*今では自明のことながら、酸化グラフェンの磁性問題だな、

これを背景に、4段階目で冷凍不要のマイクロニードルが登場、

​​これを個別宅配で全員に届けると、
トレーシング機能発動で、打たないと社会生活が困難に!?
(ここまで)


​​現在、月末で非常事態宣言解除とか、
EUでは来月、VAX接種を止めるとか、
チラホラ聞こえてきているが、安閑としない方がいいかも、

新しい段階に入っている可能性がある、
(要は打たない人向けの対策発動!?)

簡便だからとか、誘いに乗らないこと、
体に入れた段階でご臨終となるゆえ、
(死ぬと言う意味ではなく、シープル化するの意、)

​​
いずれにせよ、後になればなるほど、
計画が崩れる可能性が高くなる、

*プランデミックは神の裁きと言う側面を持つゆえ、






最終更新日  2021年09月26日 02時13分06秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.