26149520 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

リーモス@ Re:政府のサイン「アベノマスクは災害用に」(12/07) New! >アベノマスクは災害用に 役に立つの…
+ロイ+@ Re:政府のサイン「アベノマスクは災害用に」(12/07) New! 東電 電力使用率が一時97% <small> <a h…
豊岳正彦@ 【ワクチンアレルギー診断書を書かぬ医者は医師法違反暴行傷害殺人犯である。】 全ての医師に告ぐ。 【ワクチンアレルギー…
鎌ヶ谷大仏@ SARS-COV-2ウイルスの塩基には、T(チミン)はあるが、U(ウラジル)が無い ラパルマと全く違うネタで申し訳ありませ…
tt555@ リーモスさん >ワク接種希望者のうちの7割が2回接種完…
ななしのもの@ Re[2]:マグネシウムオイルその後(11/20) tt555さんへ 本当です、塗ったそばからあ…
tt555@ 名乗るほどの名はござんせんさん >みるみるクマが薄れていきました クマ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年09月28日
XML
カテゴリ:健康
​​酸化グラフェン(​​​GO)を体内に宿した環境下で、

激しい運動と不整脈の関係について2つの話題をUp、​

まず、最近のスポーツ選手の事故事例から、

バッドコンボ、ワクチンとスポーツは相性が悪い
2021年9月22日 OrwellCity

La Quinta Columnaは、多くの人が「ワクチン」と呼ぶ物質によって引き起こされる心臓系の副作用について、再び言及しました。

この機会に、スペインのデュオは、アスリートが接種の結果、心血管の後遺症に苦しんだり、死亡したりしたニュースをまとめた短いビデオを用意しました。

これに関連して、ホセ・ルイス・セビラノ博士は、酸化グラフェンがどのように心臓に様々な影響を与えるかを、オーウェルシティが英語で紹介している以下のビデオで教訓的に説明しています。

​https://www.orwell.city/2021/09/bad-combo.html​

リカルド・デルガド:
それでは、スポーツとワクチンがどのように相互作用するのか、具体的に見ていきましょう。

ホセ・ルイスさん、昨日、グラフェンという流行の素材を使って、光子や電磁場を通じて心臓の細胞が遠隔で刺激され、パルスが3倍にされるという科学論文を読んだことを覚えていますか? 酸化グラフェンです。

​参考)非電離ではなく電離放射線が存在する事実​から、​

酸化グラフェンによる放射線の周波数増幅作用:


赤外光を可視光に、グラフェンの新特性が判明​​​​​​

その結果、スポーツ選手や、ある一定の頻度でスポーツをしている人は、命を落としたり、重症化したりすることがわかってきました。

私たちは、この話題について簡単なレポートを用意しました。今からそれをお見せします。

まずイントロ(序章)で、情報紹介です。

ワクチンによるアスリートの死亡・重症化、
体内のグラフェンが人を殺す!

関連する記事のタイトルは、

+13時に接種して夜中に死亡:ヤロスラブリ地方でワクチン接種後に死亡したスポーツ選手。

+予防接種を受けてスペインに行く:ジムのインストラクターが心臓発作で死亡。

+マラソンランナーのアレクセイダ・ゲデスが心臓発作で死亡。

+カラボボのランナーAlexaida Guédezの悲劇的な死はスポーツ界を震撼させた。​

+ペドロ・オビアン(29歳のプロサッカー選手)がCOVID-19ワクチン接種後に心筋炎を発症し、キャリア終了の可能性。

+サイクリストがフエルテベントゥーラでサイクリング中に心臓発作で死亡。

​+MLKトレイルのランナーがレース中に心臓発作を起こし、一命を取り留める。​

+バイエルンで活躍、ワールドカップでの歴代得点王、ミロスラフ・クローゼが血栓症を患い、マネジメントができなくなる。

+バレーボール選手が、ワクチンが原因で心臓病に。

+カール・ルイスの名付け子であるトラックスター、キャメロン・バレルが26歳で悲劇的に亡くなる。

+イタリアのオビアンがワクチン接種後に心筋炎を発症し、半年間しかプレーできない。

​+パロメラで開催されたトライアスロンの参加者(46歳)が死亡。​

+キングスレイ・コマンが心臓病のために手術を受けた。

+マリリオ・コスタ・レイテさん(46歳)がファイザー社のワクチンを摂取して死亡。

+ロバート・リマは友人とサッカーをしているときに心停止で死亡。

​+オーストラリアの水泳金メダリスト、マディソン・ウィルソン(27歳)は、完全にワクチンを接種したにもかかわらず、息ができない状態で病院のICUに入院しました。​
​​
細胞を自在に動かす -

サフチェンコの説明によると、グラフェンをベースにした最適な製剤を特定するのに時間がかかったという。そして、最適な光源と、その光をグラフェンセルシステムに届ける方法を見つけなければなりませんでした。

最終的には、グラフェンに照射する光の強さを変えることで、グラフェンが発電する量を正確にコントロールする方法を見つけました。

アウトロ(最終章)です。

グラフェンは、心臓の電流に親和性があり、
遠隔の外部の電磁場からも作用(励起)する。

​​
リカルド・デルガド:
人は偶然だと思うかもしれませんが、私たちはその裏に何かがあると思っています。もし、本当にグラフェンが入っているとしたら、ドーなるでしょう...。

セビリヤーノ博士:
問題のモデルがいくつかありますね。一般的には、心臓には3つの要素があると言われています。それは工事のようなものです。

建設現場では、石造りの構造体電気配線配管があります。

配管とは、冠状の配線のことです。(血管?)

配線は、心室と心房のすべての質量の分極を発生させるもので、一定のリズムと順序を持っています。(神経網?)

そして、は、家の壁のようなものです。(心臓の筋肉?)

グラフェンは、自然な生体電気活性を持つものをすべて探し出すので、壁はダメージを受けます。それに加えて、それは強力でパワフルです。

すべての細胞はそれを持っていますが、この細胞は常に脱分極と分極を繰り返しています。

そして、他の組織に比べて誇張された活動をしています。

そこでグラフェンは盲目になってしまうのです。盲目的にその種の組織を探しているのです。自分の得意な場所に落ち着きます。

良い場所であれば、そこに留まります。

あらゆる場所に入り込み、伝導組織や電気ネットワークのケーブルの中に入り込み、壁に入り込み、壁に浸透し続けます。

動脈を通って内部にも入っていく。そうですね。

そして、動脈にダメージを与えます。

そうすると、ダメージは3つのレベルで受けることになる
(心筋(心筋炎)、血管(血栓)、神経)

すべての突然死は、伝導組織が原因なのです。
ほぼ間違いありません。

筋組織が損なわれていることと、自発的に電流を発生させていることとの間で、通常はインパルスを「生成」する構造体から指令される脱分極によって、インパルスが減速されるということが起こります。

グラフェンが励起されると、別の種類の電流や異常な脱分極が発生するのは確かです。

つまり、それは確実に、電磁場にさらされた瞬間に傷ついているということです。確実にね。

それから、心筋細胞、つまり心臓の筋肉にダメージを与える心筋炎も加えなければなりません。

そこでは、グラフェンが細胞ごとに確実に浸潤しています

浸透し始めると、すぐに筋繊維にダメージを与え始めます。筋繊維の一部は死に始め、組織の炎症が始まります。

冠状動脈は、年を取って多少なりとも障害がある場合には、要注意。
鉄板(金属)などに近づくと、すぐに大きな血栓ができてしまいます。

要するに、循環器内科医は心筋炎を見るのが嫌(苦手)なんですね

彼らが何も言わないのは、「そうだが、ウイルスによるダメージの方が大きいのだ」というマスターアンサー(錦の御旗)を持っているからです。

それが彼らの言うことです。彼らはいろいろなことが起こっているのを見ていますが、ワクチンがお粗末だと言ったり、ワクチン接種をやめたりはしません。

彼らは「ウイルスの方がダメージが大きい」というマスターアンサーに固執しています。(ここまで)

心臓は心筋、血管、神経からなり、
各々、電気的な挙動をする、

グラフェンがあると、
励起により、3つの(電気的)伝導の働きを阻害する、

多くのスポーツ選手(VAX済み)が突然死するのは、
これら3つ(心筋炎/血栓など)の障害による不整脈が原因、

次、2番目の話題、(ややダブルが、)

酸化グラフェンが入った体で、(電波があるところに赴き、)
激しい運動をすると、不整脈で突然死する!?

ホセ・ルイス・セビリャーノ博士が酸化グラフェンが不整脈を誘発する仕組みを解明 2021年9月26日 Orwellcity

ホセ・ルイス・セビラノ博士は、酸化グラフェンが心筋組織の電場に介入し、最終的に不整脈を発生させる仕組みを説明しました。

特に、アスリートや、激しいスポーツを長時間行う人に多いと。

また、電磁場(タワーのそばとか)の存在が状況を悪化させ、突然死を引き起こす可能性があることも述べています。

オーウェルシティーが英語にした解説の詳細は以下の通りです。

​https://www.orwell.city/2021/09/arrhythmias.html

リカルド・デルガド:
ホセ・ルイスさん、こんばんは。

セビリャーノ博士:
こんばんは。

リカルド・デルガド:
私たちはイントロ(1番目の話題)で、これまでにイロイロ見てきた...と言いました。La Quinta Columnaのプログラムは、残念なことに、一連の訃報のリストで満ちています。

今日、私たちは少なくとも9人、年齢的に40歳、21歳、24歳のサイクリストのニュースを読みましたが、その中にはプロもいればアマチュアもいます。

それらは突然死したアスリートのニュースです。その中には、環境説を具体的に裏付けるものもいくつかあります。

アンテナの目の前で亡くなったというケースですね

このように、スポーツは心臓を悪くするとか言う事を正当化しようとしている人がいるのも理解できます。

心筋梗塞には都合のいい解釈でした。

いくつかのスポーツを練習すると、やりすぎでない限り、心肺機能が鍛えられ、安静時の心拍数を下げることができる、それが私たちの知っていることです。

しかし、私たちが正確だと知っていた小さな科学を、彼らは変えようとしているようです。

彼らは、自分たちの利益のために科学を変えようとしています。
(スポーツは体に悪い!と)

セビリャーノ博士:
それは間違いないでしょう。

私は、心臓の伝導組織にあるグラフェンが不整脈の引き金になっていると感じています。

まるで、奇妙なペースメーカーを持っているかのように、スポーツをするときにグラフェンを興奮させると、グラフェンが放出できるエネルギーが増えます

そして、最後には致命的な不整脈を発生させてしまうのです

それが、スポーツ選手におけるグラフェンの役割です。

心臓のスピードを上げると、グラフェンが興奮して、より多くのインパルスを発生させるのです
(->心筋の電位が高まる、即ち、高エネルギー状態になり、それがGOを励起させる、)

つまり、心臓のどの部分であっても、不整脈が発生するような場所を作っているのです。これが若いスポーツ選手の命取りになっているのです。

これは心臓発作ではありません。(それもあるかもしれませんが)すでにいくつかの(X線)画像を見ました。

 一般的には、胸の痛みやそれを告げるものがない突然の死は、不整脈です

そして、グラフェンが心臓伝導組織や心筋組織に含浸していることが原因であることは間違いありません

つまり、心臓の論理的構造を通して自然が課したリズムを尊重する代わりに、不整脈の病巣を発生させているに違いないのです

グラフェンを励起した瞬間に、活動が始まります。

体温が上昇し始めます。

さらに、電気レベルでの心臓内の活動、心筋細胞の分極、伝導組織の脱分極も増加します。

エネルギーを増加させると、グラフェンが励起され、今度は異常なインパルスが発生し、ある時点で正常なインパルスから引き継ぐことになります。

それが人を殺しているのです。

だから、「気をつけろ。スポーツはするな。」と言うわけです。

「スポーツをしてはいけない」というのは、スポーツをしている人は突然死する可能性があるということに(彼らは)気づいているからです。

そして、あまりにも多くのケースが発生すると、人々が騒ぐようになります。

だから、「スポーツをするな。じっとしていろ」と言うわけです。それを隠すために言っているのです。

彼らが望んでいないのは、あなたが原因を探すことです。なぜなら、探せば見つかるものだからです。

リカルド・デルガド:
ホセ・ルイス、サイクリングやマラソンなどの持久系スポーツは、心血管の活動が活発なスポーツです。

セビリャーノ博士:
心臓を動かす時間が長ければ長いほど、グラフェンの影響を受ける可能性が高くなります

マラソンランナーや自転車競技の選手は、長時間活動しています。

自転車に乗ったり、長時間走ったりします。

体を動かしている時間が長ければ長いほど、不整脈が発生しやすくなるのです。

しかし、別の人も不整脈を起こす可能性があります。道を普通のペースで歩いている別の人が。

リカルド・デルガド:
それは私が言おうとしていたことです。70歳の人がスポーツをするには、朝のウォーキングが必要です。

セビリャーノ博士:
朝の散歩ですね。その通りです。

心に留めておいてほしいのは... このような人たちには... 活動量が増えたときの心臓の熱量や電気的活動に、例えばアンテナの前を通るという事実を加味することを覚えておいてください。

さらに増加するというのは... これはエネルギー増加の問題です。

グラフェンがそれを倍増させるのです。

運動して体温を上げ、電気活動を活発にすると、1秒間に発生するインパルスの数が増えます。

解剖学的構造において、より多くのエネルギー容量を生み出しているのです。そして、グラフェンはそのエネルギーをすべて受け取ります。

さらにアンテナを追加すると、エネルギーが蓄積されると、それを放出します。

グラフェンは何も残しません。グラフェンは何も保持せず、受けて送り出すだけです。

運動してエネルギーを生み出す能力を高めたり、アンテナの近くにいたりすれば、エネルギーはどこかに出てきます。

問題は、運動時に、心臓からエネルギーが出てくると、心臓が不整脈を起こしてしまうことです

普段、心臓は不整脈を起こさないようにスタンバイしていますが、電磁毒素(酸化グラフェン)を加えてしまうと、さようならです。

心臓の構造全体は、特定のリズムでリズミカルな電気インパルスを発生させる伝導組織が適切に機能するかどうかにかかっており、1つが故障しても別の組織が(その故障を)引き継ぐ構造になっています。

最終的に、問題ない場合は、毎秒40回のインパルスを発生させる心臓に引き継がれます。

心臓とは... つまり、心筋、即ち筋肉のかたまりだと言うことです。

毒物(酸化グラフェン)を加えれば... 毒物が他の場所よりも多く蓄積された箇所では、そこに(異常な)インパルスが発生します。

そして、それが障害や災害、つまり死の不整脈を引き起こすのです。
(ここまで)

​心臓の活動は、電気的であり、
活動が活発になると、
高エネルギー状態になる、

体内に酸化グラフェン(GO)が蓄積されているケースで、

1)激しい運動をすると、心臓が高エネルギー状態になり、
GOがそのエネルギーを受け、励起され、不整脈を起こす、

2)電波環境(繁華街/駅/ビル/タワー近辺)に近づくと、
同様にGOが励起され、不整脈を起こす、

最悪ケースを作ってみると、

酸化グラフェンを宿す(VAX済み)高齢アスリートが、
電波飛び交う場所で、
​​ハイピッチでジョギングしている、
​​

自分も不整脈は経験があって、
自分なりに分析し、

呼吸とは肋骨を動かす筋肉運動

​​固くなった筋肉が、(筋肉を貫通する血管の)血流を妨げ、
心臓の動きを阻害する、と結論付けた、​

それゆえ、体の柔軟性保持が重要だと、

今日は、それに付け加えなければならない、

「心臓の電位(エネルギー)を高める(乱す)状況は避ける」

そのために、

+激しい動きはしない
+電波の強いところは避ける
+酸化グラフェン(GO)の排出

GO入りVAXなどもっての外だが、
環境中(ケムなど)からのGOのデトックスも考慮を、

それと、GOの放射線増幅作用は認識を改めなければ、


​​単層グラフェンで、室温でのテラヘルツの高次高調波発生に成功(ドイツ)

​高い導電率を持つグラフェンは、現在のシリコンベースのエレクトロニクスとの互換性から、将来のナノエレクトロニクス材料として注目されている。印加した電磁場をより高い周波数に効率よく変換できる「非線形」材料で、理論的には現在より1000倍速いテラヘルツ領域のクロックレートが可能だとされる。

放射線増幅器(GO)を身に着けていたら、そりゃ怖いわ、​​







最終更新日  2021年09月28日 13時31分30秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.