26093580 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) New! まあ、明治維新以降の皇族なんて、全部偽…
鎌ヶ谷大仏@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) この愛子様別人にしか見えませんけどねw
Santoshi Maharaji@ Re:現場のチラシは語る(12/01) 水酸化グラフェンのナノのカミソリが原因…
鎌ヶ谷大仏@ Re[1]:メディア信仰から卒業すべし(11/28) +ロイ+さんへ 結局、こういうことです。 …
tt555@ 暖簾に腕押しさん Dアイクを推すのであれば、それはそれでい…
tt555@ 暖簾に腕押さん これに限ったことではありませんが、最後…
暖簾に腕押し@ Re:メーソンは両陣営にコマを置く(反Vaxerたち)(11/07) >これを覆す唯一のケースは、 >チャイル…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年10月01日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update
Drマジェのインタビュー、


​​Dr. Carrie Madej: First U.S. Lab Examines "Vaccine" Vials, HORRIFIC Findings Revealed​​

​キャリー・マジェ博士:米国の研究機関で初めて「ワクチン」の小瓶を検査したところ、恐ろしい結果が明らかになりました
2021/9/30 forbiddenknowledgetv (​英文文字起こし)​

キャリー・マジェ博士がスチュワード・ピーターズに加わり、モデナとジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンの3つの異なるバッチの小瓶の中身を顕微鏡で見たときに発見した、信じられないほど不気味なものについて説明します。

マジェ博士は、自己組織化した合成生物のようなものや、感覚を持っているかのようなおぞましい微小な触角生物、グラフェンのような構造体から発せられる鮮やかな色などについて説明しています。

もしワクチンの中身が超伝導であるならば、アトランタで招待された怪しげな「経営者」の会合で彼女が聞いた話や、ビル・ゲイツが西アフリカでGAVI、マスターカード、AIを使った生体認証会社のトラストスタンプを通じて現在指揮を執っているプロジェクトなどが浮かびます。

アフリカの被験者は、デジタルIDとマスターカードを通じてしかお金を得ることができず、現金は完全に廃止されているそうです。

アフリカでこのシステムを完成させてから、彼らは世界に向けて発信するのでしょう。

彼女が参加したアトランタでの会議では、パブロフ流の社会的信用システムや「Predictive Policing」と組み合わせて、民衆の行動を監視・制御できる技術を秘密裏に導入する意図がはっきりと述べられていましたが、まさにこのビル・ゲイツのプロジェクトがそれを実現しているのです。

トランスクリプト(簡潔)にするために軽く編集しています。

(ここから)

最初はただの半透明でしたが、時間が経つにつれ、2時間以上経過すると、色が現れました。

こんなものは見たことがありません。化学反応が起きたわけではありません。鮮やかなブルーやロイヤルパープル、イエロー、時にはグリーンのような色でした。それが何なのか、私にはわかりませんでした。

さらに調べてみると、超電導体であれば、白い光を照射しても同じことができます。超電導素材とは、いわば "注射挿入可なコンピューター"のようなものです。

とにかく、この繊維がどんどん出てきました。

中には立方体の構造をしたものもありましたし、金属片も入っていました

私が見慣れている金属片ではありませんでした。エキゾチックなものでした。とても不透明で...。

すべての微粒子、すべての色が端に移動し始め、自己組織化が起こっていました。

合成されたもののように見えたのですが、ある特殊な物体というか生物というか...何と呼べばいいのかわかりませんが、触手が生えていて、スライドグラスから自分を持ち上げることができたのです

ステュー:「生きていたのですか?」

「生きているように見えました、ええ、」と彼女は答えます。

自己認識したり、成長したり、空間を移動したりしていたようです。

私が言えるのは、これは医学部では教えてくれないことだということです。

私の研究室にも、これまでに見たことのないものはありませんでしたし、他の研究者にも見せましたが、彼らもこれが何なのか分かりませんでした。

最初にこれを見たとき、私は何度も何度も繰り返し見ていました。同僚も一緒に見ていたのですが、私たちが見ていることを認識しているかのように、ソー、まるで自己認識しているかのようだと思いました。

ただ、これは私の直感に過ぎないのですが、非常に動揺してしまい、2時間半後にはすべてが破壊されてしまいました。

私は、あれはある意味で偶然だったのかもしれないと思いました。あれはある意味で偶然だったのかもしれない。

そして、つい最近、研究室はさらに別の小瓶を手に入れることができました。メーカーは同じですが、もちろん別のバッチです。

複合顕微鏡で同じように見てみると、触手のような構造物がもう1つ現れました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの小瓶の中身を見てみると、確かにグラフェンのような物質がありました。どれもグラフェンのような構造物が入っていました。

グラフェンであるかどうかは、このラボではテストできませんが、そのように見えました。

どちらにもハイドロゲルと思われる粘着性のある接着剤のような脂肪分が含まれていました。

つまり、彼らは嘘をついているということです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンには、ナノ脂質粒子やそのような物質が含まれていないと嘘をついていますが、実際には含まれています。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソンには色がついていました。その色は違っていました。蛍光性のパステルカラーのような色でした。

ここにも合成構造が多く含まれています。ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、球状のリング構造が多く見られました。

私が見たものを説明していますが、このようなものは今まで見たことがありません。ワクチンと称している注射の中には、本来入っていないはずのものが入っています。

これで誰かに何をしようとしているのでしょうか?
子供に何をしようとしているのでしょうか?

顕微鏡で2回目に見たときには、涙が出てきました。どうなるんだろうと。

Stew:「もし私が健康と安全を促進するはずのものを顕微鏡で見ているときに、意識のある触手を持った生物が動き出したら、私はおそらく研究室から逃げ出すでしょう。それは私だけかもしれませんが。

私はあまり怖くないのですが、一般市民の血液の中に入っているものは怖いと思いますし、あなたの言うとおり、彼らはこれを私たちの子供に押し付けようとしているのです」。

Drマジェ:これは400倍程度の倍率でした。これ以上の情報はありませんが、人々は本当に、本当に、本当に立ち止まって、今起きていることを考えてみる必要があります。意味がないなら、後悔するような決断を急いではいけません。

この世は何かがおかしい、それは誰もが知っていることだと思いますが、私にとっては間違いなく霊的戦いのレベルです。

顕微鏡で見ていると、絶対に私の背中を押してくれている気になりますし、このようなビデオをもっと作りたいと思うようになりました。

そうすれば、私たちがやっていることを実際に見ることができ、「はい、これは起きています。これは私たちが見ているものです」という証拠を得ることができます。

Stew:ガラスから自分自身を持ち上げた意識のある何かの話を始める前に、注入可能なコンピューティングシステムの話をしましたね。それをどう思いますか?

Drマジェ:溶液の中に色が現れたとき、つまり色がないか、ほとんどないときに、突然、最も鮮やかな青、最も鮮やかな黄色、鮮やかな紫が現れ、時間をかけてどんどん増えていきました。

化学反応のために別の基質を加えた場合以外に、このようなことができるものは見たことがありません。

つまり、何かと反応しなければならないのです。そんなことができるものを私は知らなかった。

そこで、ナノテク技術者や遺伝子工学者に話を聞いてみたところ、彼らが知っている限りでは、白い光だけがそれを可能にすると教えてくれました。

顕微鏡には白色光がついています。「白色光」は、時間をかけて超伝導体上で反応を起こします。超電導体は、注入可能なコンピューティングシステムのようなものです。

このようにして、電子部品が白色光の下で見えるようになり、どこにあるかがわかるようになるのです。

「人間の中にOSを入れている」という証拠になるわけです。

これは、私たちが観察したモデルナ社とジョンソン・エンド・ジョンソン社の両方のサンプルで起こりました。

これは、トランスヒューマニズムの始まり、あるいは出現であり、ビル・ゲイツが西アフリカで今やっていると言っているように、人々を監視し、スパイすることができるようになる始まり、あるいは出現であるという、非常に不吉な結末を示しています。

ゲイツ財団、少なくともビル・ゲイツとGAVIという会社が、マスターカードとTrustStampという人工知能プログラムと協力して、西アフリカの人々にCOVIDワクチン(注射)を投与してテストし、彼らにデジタルIDを与えていることを忘れてはいけません。

彼らはデジタルIDとマスターカードを通してのみ金銭を受け取ることができ、それ以外の方法では現金を受け取ることはできません。

そして、すべての医療記録、つまりすべての情報が体内のデジタルフォーマットにダウンロードされるのです。

このプログラムは、彼らが人々に行っている研究実験です。彼らは、もしこの物質が人々の中にあるなら、このハイドロゲル物質を、監視や予測警察に利用してはどうかと言いました。

そうです!今から西アフリカの人々の監視と予測警察に使うのです。

彼らは2020年7月からこれを行っており、完成したらすべての先進国にお披露目したいと言っています。

彼らはそれを何と呼んでいるのでしょう?
ワクチンパスポートとも呼ばれる『ウェルネスパス』です。

どうやってやるんでしょう、シチュー?

体内に何かを入れて、あなたをモニターし、あなたがしていることをすべて知ります。

だから、人々は目を覚ます必要があります。

そのためには何を体内に入れればいいのか?
どうやってやるのか?

ゲイツはすでに、自分がどうやっているのか、どうしたいのかを認めていると思います。

どれくらいかかるのか?私にはわかりません。

ただ、私はこの目でこれらのことを見ています。意味をなさないこと、それは...人間の体の中で人工知能の何かを始めるということのようです。

また、担当者がまったく信用できないこともわかっています。

彼らが我々に何度も嘘をつき、メーカーが我々に何度も嘘をついてきたことも知っている。

だからこそ、今こそ...もう我慢できない。このような弾圧や抑圧には耐えられません。

私たちはそれよりも優れています。私たちは神の子なのですから。私は、このようなことに我慢できません。

Drマジェは、時間ができたらStewの番組に戻ってくることを約束しました。
(ここまで)

​いやはや、グラフェンだけではなかった、

触手を持ったモノって、さすが製薬会社、


ワクチンのおさらい

自分達の権化じゃないの?

相手は人間ではない、

人類を支配する非常に強力な権力サークル​

言われるままにしていたら、やられてしまう、

世の支配構造

​​マジェの「白い光だけがそれを可能(顕わ)にする」に注目、

光はやみの中に輝いている。
そして、やみはこれに勝たなかった。(
ヨハネ1:5

更新日  2021年10月01日 16時36分33秒

​追記)
​ヒドラ
2021年10月05日 メモ・独り言のblog

​キャリー・マデイ博士とクリスティーン・ノースラップ博士は、ラリー・パレフスキー博士と一緒にCritically Thinkingに出演し、マデイ博士が2つの別々のワクチンの瓶で観察した、あるはずのない怖いものについて議論しました。

彼女は、モデルナの小瓶の中身に「触手生物」のようなものを見て、それが生きているように見えたと言っていました。

専門家は、その識別のための潜在的な候補として、ヒドラ下流やポリ表彰水水素のどちらかを挙げた。どちらもクニダリアフィラム(刺胞動物門)に属し、サンゴやクラゲの遠い淡水のいとこであり、そのうちのいくつかの種はビッグファーマが関心を持つダイナミックな特性を持っている。

ヒドラは、淡水があるところならどこにでも生息しており、世話をする必要がほとんどないため、実験しやすい生物です。ヒドラは、(形態性)モルフィラキシス(組織再生)の研究に広く使われています。

ヒドラから切り離すと、元のヒドラの小さなバージョンに形成され、切断されたセクションとほぼ同じサイズになります。

組織の「交換」や改造があり、すぐに新しい脚を成長させることができます。ヒドラは老化を受けないことを報告され、これは論争されているが、生物学的に不滅である。​

​​ヒドラと一生のお付き合い?​







最終更新日  2021年10月05日 11時56分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.