26080516 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

鎌ヶ谷大仏@ Re[1]:メディア信仰から卒業すべし(11/28) +ロイ+さんへ 結局、こういうことです。 …
tt555@ 暖簾に腕押しさん Dアイクを推すのであれば、それはそれでい…
tt555@ 暖簾に腕押さん これに限ったことではありませんが、最後…
暖簾に腕押し@ Re:メーソンは両陣営にコマを置く(反Vaxerたち)(11/07) >これを覆す唯一のケースは、 >チャイル…
暖簾に腕押し@ Re:キャタピラーの意味(11/29) いや、流石にこれは、こじつけすぎだと思…
tt555@ +ロイ+さん TV新聞を見なければ大丈夫、 <small> <a …
+ロイ+@ Re:メディア信仰から卒業すべし(11/28) B.1.1.529ことオミクロン変異株により世界…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年10月17日
XML
カテゴリ:ミニストリー
酸化グラフェン対策(NACなど)が注目を集めているが、

忘れてならないのは、
ケムの成分のアルミと除草剤中のグリホサート

​​Geoengineering Watch Global Alert News
October 16, 2021 抜粋

世界中の沈殿物検査で、アルミニウムのナノ粒子が検出されています。

モンサント社の「ラウンドアップ」に含まれるグリホサートは、私たちの食べ物にも含まれています。

アルミニウムとグリホサートの組み合わせが人体に入ると、相乗的な毒性を発揮し、下流の病気を引き起こす可能性があることが、専門家による科学的研究で明らかになっています。

この2つの要素への恒常的な曝露を避けることがほぼ不可能になったのは、単なる偶然なのでしょうか?

空中散布のアルミと食品中のグリホサートは、計画的環境毒、

これに電磁波で(アルミをアンテナに)、放射線被爆効果を出す、

+Drクリングハルトが警告しています。


ドキュメンタリー「Dimming」が示すコロナより怖い気象操作の現実

​ナノアルミニウム中毒が私たちの健康にどのように影響するか。

特に、ほとんどの食品に含まれる除草剤グリホサートと、スマートメーター、携帯電話、Wi-Fiルーター、およびセルタワーからのマイクロ波放射との組み合わせです。

+クリングハート博士によると、ジェット機によって上層大気に噴霧されているケムトレイルの成分には、バリウム、ストロンチウム、水銀、プラスチック、その他のさまざまなものとともに、アルミニウムのナノ粒子が含まれています。ライム病の嚢胞や他の生物学的物質でさえ、空から落ちてくるナノ粒子の塵の中に発見されます。

​+クリングハート博士は、アメリカ人の健康を破壊している2つの強力な要因を特定しています。それは、さまざまな有毒金属グリホサートの相互作用による環境毒性、およびマイクロ波使用の電磁波放射による環境曝露です。
​​
​+クリングハート博士が直面する大きな問題の1つは、ナノアルミニウムを測定および検出できるラボが世界に非常に少ないことでした。
しかし、The Dimmingのフィルム映像では、ウィギントンは、高高度の空気サンプルを収集、これらのナノ粒子が大気中に存在することを確認し、地上の雨水から採取したサンプルと一致させることができました。
​​
​​有毒金属はイロイロあるが、代表格がアルミ、
​​
酸化グラフェンもソーだが、
環境的に強制摂取が不可避となっているゆえ、
日常のデトックスが欠かせない、​

​​
ケイ素アルミを吸着/排出、
グリシングリホサートのデトックスに、
*電磁波対策はそれなりに、






最終更新日  2021年10月18日 00時34分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.