26123819 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

X

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ リーモスさん New! >ワク接種希望者のうちの7割が2回接種完…
ななしのもの@ Re[2]:マグネシウムオイルその後(11/20) New! tt555さんへ 本当です、塗ったそばからあ…
tt555@ 名乗るほどの名はござんせんさん New! >みるみるクマが薄れていきました クマ…
リーモス@ Re:ファイザーと地震(12/05) New! 国民全体の内7割が接種済み、ではなく、 …
名乗るほどの名はござんせん@ Re:マグネシウムオイルその後(11/20) New! 試してみました、抜け毛が減りました、耳…
ダイス@ Re:M4.8富士五湖(他2回)(12/03) JAL123便墜落事故に倣っての、発生日時が1…
ダイス@ Re:続)Xサイン(愛子様)(12/01) まあ、明治維新以降の皇族なんて、全部偽…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2021年10月23日
XML
カテゴリ:災害
​先日の阿蘇の噴火は、​


阿蘇の中岳はカルデラ内五岳の一つに過ぎない

強力な水蒸気爆発だった、


阿蘇山 2016年10月8日 の噴火は 「マグマ水蒸気爆発」か

海底での噴火では、(伊東沖噴火を例に、)


マグマ水蒸気噴火と水蒸気噴火(PDF)

​メカニズムがやや異なるが、​(原理解説図で示すと、)

マグマが海水に触れ、
先端部で瞬間的に気化、爆発する、

マグマ爆発と言うより、水蒸気爆発の様相が強く、
マグマ水蒸気爆発となる、

​8月の海底火山/福徳岡の場の爆発噴火では、​


海底火山福徳岡ノ場噴火と富士山

その規模から、おそらく、
海底マグマ域内に、海水が侵入、

海水の高温/過圧状態が一定時間続いた中で、
(何らかの原因で気密状態の解放が起こり、)
一気にマグマ水蒸気爆発となったと推定される、

さて、ラパルマでは、M4.8と最大地震が更新、


ラパルマ島:2021年9月の噴火-更新

​噴火口のベントが5箇所に増え、


​​政府は大規模地震と地すべりに備えるよう市民に警告(10/21ハルターナー)

溶岩域が拡大、​


​https://twitter.com/CopernicusEMS/status/1451440639682490404/photo/1​

噴火活動が衰える気配がない、​

​ハルターナーから抜粋で、

今回の警告は、政府が活火山に地下水が侵入しているという反論の余地のない証拠を得たために出されたものです

地震計は、文字通り「ピン」とした測定値を示しています。

ラパルマ島での出来事を分析している科学者たちは、超臨界流体が減圧している可能性について話しています。

そうだとは言いませんが、もしそうだとしたら、大規模な、つまり巨大な爆発が起こるでしょう。

水は過熱すると急激に蒸気になりますが、巨大な圧力がかかっていると(封じ込められた状態では)蒸気にはなりません。

水の膨張率は1700:1なので、1ガロンの水を加熱して蒸気にすると、1700ガロンの蒸気が発生します。

さて、マグマに侵入した水が圧力を受けたまま蒸気にならない場合、圧力が解放されるまで圧力はどんどん高まっていきます

そして、その圧力が抜けた時に、すべての水が瞬時に蒸気に変わります

もし、海水がマグマシャフトに入り込んでいるとしたら、(議論のために、1立方キロの海水が圧力下でマグマシャフトに入り込んでいると仮定すると)圧力が解放されると、その1立方キロの海洋水は、たちまち1700立方キロの超高温の蒸気に変わります。

今、懸念されているのは、マグマ溜まり全体が一度の大きな爆発で空になってしまうことです。

このケースで島自体が生き残る可能性は低いでしょう。
(ここまで)

VolcanoDiscoveryの解説、(抜粋)


ベントによって活動が異なる理由(2021年10月20日)

Volcanes de Canarias(ツイッターへのリンク)は、噴火現場における現在の噴出口の配置を簡略化したスケッチを発表し、各噴出口での活動の違いをよりよく理解できるようにしました。

最終的には、マグマの中に気泡として存在するガスや、マグマの中でまだ溶液として存在するガスが、地表に上昇する際に液体のマグマ柱からどのように分離し、システム内で異なる体制を形成するかということになります。

例えば、ガスの泡がマグマ柱の中である種の導管を形成し、特定の場所に集まった場合、液体が少なく灰が多いガスジェットとして噴出する可能性が高く、これは上部の噴出口でよく見られる現象です。

一方、マグマ柱の縁の部分では、ほとんど脱ガスされている可能性があり、液体は出ますが、噴出量は少なく、完全に噴出する噴出口を形成します。

もう1つの重要な要因は、外部からの水(地下水系)がマグマとどの程度相互作用するかです。

水がどれだけ存在し、マグマと相互作用できるかによって、この相互作用が一部の(あるいはすべての)噴出孔での活動のダイナミクスを完全に変えることができます。

水は多くのエネルギーを吸収することができますが、マグマと接触した場合、通常は蒸気に変化し、体積は1000倍になります。

生成された蒸気が容易に放出されない場合、蒸気には過剰な圧力がかかり、この圧力が周囲の圧力を上回ると、マグマ水蒸気爆発と呼ばれる激しい爆発が起こります。

マグマ水蒸気爆発は、中心部から最も離れた噴出孔で起こりやすく、マグマが水を含んでいる可能性のある古い岩石層や帯水層とつながっている場所で発生します。
(ここまで)

マグマ水蒸気爆発の要因を、
後者では(ベントによる噴火活動の違いの説明で)、
地下水を想定して
解説

ターナーは(災害の観点から)海水を想定、

​​如何せん、ラパルマは海底火山の隆起でできた島、


ラパルマ島の山体崩壊(津波)が米東海岸を壊滅させる

マグマ域が海面下であろうことから、
状況としては、海底火山の噴火、
ソー、岡の場の噴火爆発に近いケースが充分考えられるのでは、

海底火山福徳岡ノ場噴火と富士山​​







最終更新日  2021年10月23日 04時50分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[災害] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.