27851454 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

chiara0130@ Re[1]:さる痘&パンデミック条約の対処の仕方(05/22) New! 心理戦?さんへ おっしゃられているとお…
ジョシィー@ Re:MMS(二酸化塩素水)と次亜塩素酸水(05/26) MMS2の方は常備薬として持っています。 乳…
tt555@ れいれいさん 情報ドーもです、 MMSを最初に購入したの…
さくら@ Re:マスク不要を言い出したワケ(05/24) いつも記事を拝見しVAX未摂取です。映画館…
心理戦?@ Re:さる痘&パンデミック条約の対処の仕方(05/22) ただの心理戦ならいいのだが、連中はそん…
れいれい@ Re:MMS(二酸化塩素水)と次亜塩素水(05/26) いつも投稿楽しみに読んでいます。興味深…
リーモス@ 謝罪します 調子に乗ってどうでもいい意見を書き込ん…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年01月15日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update
この話題、時節柄、コロナ脳を対象にしているわけだが、

今週のジオエンジニアリングウォッチでも取り上げていて、


Geoengineering Watch Global Alert News, January 8, 2022, ( Dane Wigington )

別の教授による同じ話題とは奇遇な!?で、印象に残った項目、

マス・サイコシスとは、
支配層のプロパガンダ(恐怖・不安)による洗脳の成果、
とも言える、

特に日本人は、調和を重んじると言われるが、


​調和の中で生きる日本人​

日本人の思考・言動が欧米人にとって不可解なのは、
根本にある行動規範が以下の2点に立脚しているからだ。 
・他人から受けた施しをどう返すかという「恩」 
他人からどう見られるかという「恥」​

「私は日本に戻りたくない」
「なぜなら調和の中で生きる能力がないから」

​​​マス・サイコシス(大衆精神病)と言う視点から見ると、
単に支配層にいいように操られているだけでは?と、

forbiddenknowledgetvから、
Greg Reeseの動画文字起こしをDeepLで、

*動画は6分ゆえ、訳を見た後、見るとわかりやすい、

The Truth About Mass Psychosis/大衆精神病の真実
January 12, 2022 forbiddenknowledgetv


The Truth About Mass Psychosis(January 12, 2022)forbiddenknowledgetv

マス・サイコシス/大衆精神病は、集団心理、群集心理、大衆心理とも呼ばれています。

近代文明以前、私たちは群れで生活し、群れの中で生き残るために、群れに順応していたのです。

これが、マス・サイコシスのすべての起源です。

大衆精神病を説明する最も一般的な例は、怒った暴徒や暴力的な暴動ですが、これらは単なる最終的な結果に過ぎません。

大衆精神病は、個人の心が、何らかの統一的な要因に基づいて、集団の一員であると認識し始めたときに始まります。

その統一的な要因には意味がある必要はありません。

多くの人にとって、一体感を感じるだけで十分なのです

私たちのエゴ意識は、生来、受け入れられることを切望しており、デフォルトで、多数派と認識されるどんなグループにも本能的に順応します

集団にうまく適合するためには個人的な直感を捨て、集団の導きに従わなければなりません

このため、人は非常にコントロールしやすくなり、精神的にも個人が抑圧されるため、さらに集団に受け入れられることを切望するようになります。

人間の集団精神病の気質は、何千年も前から、とりわけ古代の経典や哲学の中で書かれてきました。

そして、反省しようがしまいが、私たちは皆、人間としてこれを経験しているのです。

プラトンは、集団心理の性質上、民主主義は、常に専制と被支配につながると主張しました。

彼の関心は、優れたリーダーシップの欠如にあり、これを解決する方法を哲学したのです。

1895年、ギュスターヴ・ル・ボンは「群衆」を出版し、大衆精神病を育成するための重要なプロセスを説明しました。

匿名性、伝染性、暗示性(Anonymity, Contagion and Suggestibility)です。

この作品は、世界の指導者、企業、暴君に影響を与えたことが知られており、その倫理観については何十年も前から書かれています。

しかし、AP通信やロイター通信は、大衆精神病は存在しないと主張しています。

実際には、彼らが属する企業メディア機構が、メディアは決して嘘をつかないと信じている人々に対して心理戦を仕掛け、このすべてを可能にしているのです。

SNIPPITS AND SNAPPITS:Monday, 21 December 2020

「集団心理」や「群集心理」よりも「大衆(集団)精神病」という言葉の方が間違いなく良いのは、このためです

意識の場に変化が生じます。

それは神の霊感で生きる世界から、支配層が導く(文明社会にふさわしくない原始的な退化した)世界への変化です。


人類の退化

そして、まさしく、私たちはそこにいるのです。

大衆精神病がなければ、今日の指導者たちは何の権力も持たないでしょう。

広告と同じように、政治に関するすべてのことは大衆精神病を育成することなのです

個人の幸福の追求が、美と革新をもたらすのに対し、

大衆(集団)の創造と支配は、すべての歴史において、地球上で最大の権力行使の結果であり、ほとんどの場合、死と破壊につながります

しかし今日、裕福なエリートが私たちを奴隷にするために利用しているメディアは、大衆(集団)精神病など存在しないと言っています。

大衆精神病は、人類が克服しなければならない重荷です。

かような状況ですから、私たちは2つの悪のうち、より小さい方を受け入れざるを得ないのです。


Mass Psychosis is humanity’s burden to outgrow.
It is why we accept the lesser of two evils.

私たちの多くは、人間や文明世界の弱さをよく知っています。

偉大な心理学者であるカール・ユングの世界に対する警告は、個人は自分自身の影(恐れを促す存在)と向き合わなければならない、と言うものでした。

そのためには、(影響を受ける)集団から自らを解き放たなければなりません

私たちの多くがそうしない限り、社会は暴君と無知な群衆に導かれ続けるだけです。

追記)
Need to knowでも紹介、(これで3つ目!)


​​コロナウイルス「集団形成精神病」を人口コントロールの道具として政府が使用
2022年1月11日(抜粋)
​​

互いに切り離され、意味をなさない不安でいっぱいの社会があるとしたら、どうでしょう。そして、指導者や一連の出来事によって、まるで催眠術のように、ある小さな一点に注意が向けられたら。

文字通り催眠術にかかり、どこにでも導かれるようになるのです。

英国政府はパンデミック時の行動をコントロールするために、人々に恐怖を植え付ける「非倫理的」かつ「全体主義的」な方法を使用したことを認めました。

​カナダ軍も、COVID-19の制限と命令に従うように国民を操作するために、自国民に対して心理作戦キャンペーンを開始したことを認めました。

政府が使う常套手段は「恐怖」、

参考)
​TV(新聞)は世間操作の要(2021/9/23)​

人を操る方法はたくさんありますが、最も使われ、そして今も使われ続けているテクニックがあります。恐怖不安です。

これを確認するのはとても簡単です。テレビを見てください。新聞を開いて見てください。今日のメッセージは何でしょう?

恐怖と不安しかないのではありませんか。

参考2)
あと、デマも、

露骨過ぎて、好感が持てる!?






最終更新日  2022年01月15日 20時39分26秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:マス・サイコシス/大衆(集団)精神病(01/15)   リーモス さん

コロナ脳の弟は身体が大きくて怒ると怖いので逆らえません。
我々陰謀論派はか弱い少数民族なんですねえ。 (2022年01月15日 10時26分37秒)


© Rakuten Group, Inc.