27749597 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ダイス@ Re:宇宙詐欺「地球外生命体」(05/16) New! 間違いなくブルービームでしょうね。なん…
チョコちゃんです。@ Re:宇宙詐欺「地球外生命体」(05/16) New! 痒いところに手が届く。いつも共感できる…
Aus@ Re:Ausさん(05/08) tt555 さん、 仰ったようなものは ひとつ…
miyako@ Re:増え続けるVAX被害者(05/12) ビル・ゲイツがコロナワクチンを接種していたとは考…
鎌ヶ谷大仏@ Re:マスク着用エトセトラ(05/13) 日本人のコロナ脳は深刻なんで、いくら法…
サザエ@ Re:マスク着用エトセトラ(05/13) 私もノーマスクです。医院とドコモではマ…
さんごーろく@ Re[4]:マスク着用エトセトラ(05/13) アンチマスク派さんへ ありがとうござい…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年01月16日
XML
カテゴリ:災害
​Update3
オイオイ、津波警報って、日本かよ、

奄美群島とトカラ列島に津波警報 北海道~沖縄にも注意報
2022年1月16日 1時11分 NHK

南太平洋のトンガの火山島で日本時間の15日午後、大規模な噴火が発生し、気象庁は16日午前0時15分、津波警報を鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に発表しました。


津波警報

予想される津波の高さは3メートルです。津波が沿岸に到達しています。決して油断せず避難を続けてください。

気象庁によりますと、日本時間の15日午後1時10分ごろ、トンガ諸島の火山島「フンガ・トンガ□フンガ・ハアパイ」で大規模な噴火が発生しました。

この噴火でトンガで最大で80センチの津波が観測されたということで、気象庁は日本への津波の影響について、15日夜7時すぎ「日本では多少の潮位の変化があるかもしれないものの被害の心配はない」と発表しました。

​しかしその後、16日午前0時15分、津波警報を鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に発表しました。(以下略)

気象庁、仕事してくれよ、

トンガ諸島の海底噴火、首都に1.2メートルの津波 周辺国も警戒
2022年1月15日 19時58分 ​Asahi​

南太平洋のトンガ諸島で15日午後1時10分ごろ(日本時間)、大規模な火山噴火が起きた。

トンガ気象庁によると、噴火したのは首都ヌクアロファから北に60キロ余り離れた海底火山。同庁は噴火直後に、約170の島からなるトンガ全域に津波警報を発令した。

オーストラリア気象局によると、ヌクアロファでは日本時間の15日午後1時半ごろ、約1・2メートルの津波を観測した。現地からの映像によると、市内に水が流れ込み、銀行などの建物の1階が水につかった。だが、現地は大規模に停電しているとの情報もあり、15日夜の時点では詳しい被害などは分かっていない。

Massive eruption at Hunga Tonga-Hunga Ha'apai produces huge shockwave and 1.2 m high tsunami, Tonga(1hour ago)
フンガトンガでの大規模な噴火-フンガハアパイは巨大な衝撃波と1.2メートルの高さの津波を発生
  2022年1月15日14:38UTC  Watchers

ウェリントンVAAC火山灰勧告によると、噴火する雲は海抜15.2 km(50 000フィート)以上の高度に達しています。


噴火の様子(拡大)

首都が位置するトンガの本島トンガタプの住民は、何千人もの人々が高台に避難し始めたため、長い交通渋滞に直面しました。


​フィジーのモーセ島、モアラ島、カダブ島、タベウニ島、サモア島、クック諸島は低レベルの津波に見舞われ、洪水が発生しました。​

​注)トンガ自体は島の集合体で、
​​
火山の詳細見ると、4箇所(赤字)あって、​


Hunga Tonga-Hunga Ha'apai

フンガトンガとフンガハアパイは、南に位置し、
それぞれ海抜149 mと128 mの高さ、​​

​​​浅瀬で海底全体がカルデラ、(巨大海底火山!)


​図13.2014年12月20日にフンガトンガ・ハアパイ火山で
蒸気が発生した位置
(オレンジ色の三角)を示す(上が北)。

カルデラの中心から北にフンガトンガ島、西にフンガハアパイ島があり、
2つの島は各々長さ約2kmで、海底のカルデラの縁に位置しています。

赤丸で囲った部分は、後(2015年以降)に急成長し、
新しい島を形成した噴出口の位置です。​

​(続きで)
オーストラリア気象局(BOM)は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、ロードハウ島、ノーフォーク島、マッコーリー島など、オーストラリアの東海岸の一部に津波警報を発令しました。

​​噴火はフィジー、サモア、バヌアツ、クック諸島まで聞こえ、フィジーとバヌアツの住民は、地面と建物が何時間も揺れていると言いました。​

これは、アレだろ、​​


ジョコビッチ選手 再び拘束・隔離施設へ(15日16:52)
16日午前7時30分から連邦裁判所でジョコビッチ選手の審理開始。全豪オープンは17日開幕。

堪忍袋の緒が切れた!?


​​

​追記)
噴火爆発の箇所は、
フンガトンガ
とフンガハアパイの中間にあった新島部

ビフォー(2022/1/2)、
​​

​https://twitter.com/RaphaelGrandin/status/1482406697520017410
​アフター(2022/1/15)、​

​https://twitter.com/RaphaelGrandin/status/1482405936874627072
​元に戻っただけ、と言えばそれまでだが、​
怖いのは、カルデラの状況から察するに、
​​

​​https://twitter.com/SmithsonianGVP/status/1482407072788590592
​Measured on this quick Google Earth overlay, the diameter of the caldera rim is ~6 km. Recent eruptions have been on the N and NE sides. Red is 2009 vent.​
​カルデラの直径は概ね6kmで、今回の噴火は北部で起きた、
​​
トンガ/ハアパイの噴火口、
部は2009年の噴火口、
南部でも2014年に噴気確認で、噴火口だらけ、
​​
即ち、これで終わりではないであろうこと!?​
​​
追記2)
噴火の解説記事、


Why the volcanic eruption in Tonga was so violent, and what to expect next January 15, 2022 8.04pm 
by ​​Shane Cronin /Professor of Earth Sciences, University of Auckland
トンガの火山噴火はなぜ激しかったのか、そして次に何が起こるか
​​
この火山は、普段はあまり見かけない。トンガの首都ヌクアロファの北65kmにあるフンガ-ハアパイ島とフンガ-トンガ島の2つの小さな無人島からなり、海抜約100mに突き出ている。
​​
しかし、波の下に隠れているのは、高さ約1800m、幅約20kmの巨大な火山である。(下のカルデラ図は火山の頂上部に過ぎない!)
​​

​https://theconversation.com/why-the-volcanic-eruption-in-tonga-was-so-violent-and-what-to-expect-next-175035
フンガトンガ・ハアパイ火山は、過去数十年にわたり定期的に噴火を繰り返している。
​​
2009年と2014/15年の噴火では、マグマと蒸気の熱い噴流が波間を縫って爆発した。しかし、これらの噴火は2022年1月の噴火に比べると規模が小さい。

海水でマグマが冷やされるはずの火山で、なぜこれほどまでに爆発的な噴火が起こるのか?

マグマが海水中にゆっくりと上昇すると、1200℃程度の温度でも、マグマと水の間に薄い水蒸気の膜ができます。これが断熱材となり、マグマの外側を冷やすことができる。
​​
しかし、火山ガスが充満した地中からマグマが吹き出すとこのプロセスはうまくいかない
​​
マグマが水中に急激に入り込むと、水蒸気層がすぐに破壊され、高温のマグマが冷たい水に直接触れてしまう。

火山研究者はこれを「燃料-冷却材相互作用」(fuel-coolant interaction)と呼び、兵器級の化学爆発に近いものがある。
​​
非常に激しい爆風がマグマを引き裂く。そして、新たなマグマの破片が高温の内部表面を水にさらすという連鎖反応が始まり、爆発を繰り返し、最終的には火山粒子を噴出させ、超音速の爆風を引き起こすのである。
​​
2014/15年の噴火では火山円錐ができ、2つの旧フンガ島が合体して長さ約5kmの島が誕生した。
​​
私たちは2016年に訪れ、これらの歴史的噴火はメインイベントの幕開けに過ぎないことを発見した。
​​
海底をマッピングしたところ、波の下150mに隠れた「カルデラ」を発見した。
​​
​​
カルデラは、5kmほどの大きさのクレーター状の窪地です。
​​
小さな噴火(2009年や2014/15年など)は主にカルデラの縁で起こる​​
が、非常に大きな噴火はカルデラ自体から起こる。
​​
このような大きな噴火は、噴出したマグマの上部が内側に崩れ落ち、カルデラが深くなっていく。

​​
過去の噴火の化学的性質を調べると、小さな噴火は、マグマシステムが大きな噴火に備えてゆっくりと充電しているのだと考えられている

また、フンガ・カルデラで過去に起きた2回の巨大噴火の痕跡が、古い島々の堆積物から見つかった。
​​
さらに、放射性炭素年代測定法を用いて、カルデラの大噴火は約1000年ごとに起こっており、最後の噴火はAD1100年であることが明らかになった。

これらの知見から、1月15日の噴火はまさに「ビッグワン」の予定通りであったようだ。
​​
現在、島は灰の雲に覆われており、連続した大きな噴火の途中でもあり、多くの側面が不明なままである。
​​
2021年12月20日と2022年1月13日の2回の噴火は、中程度の規模であった。(ここは注目、直前に中規模の噴火が起きていた!)
​​
それらは標高17kmまでの雲を発生させ、2014/15年の合体島に新しい陸地を追加した。
​​
が、最新の噴火は、規模を拡大、灰の噴煙はすでに約20kmの高さになっている。
​​
最も注目すべきは、火山から約130kmの距離でほぼ同心円状に広がり、風で歪む前に直径260kmの噴煙を作り出したことだ。
​​
​​
これは、マグマと水の相互作用だけでは説明できない、大きな爆発力を示している。
​​
これは、マグマと水の相互作用だけでは説明できない大きな爆発力を示しており、カルデラから大量の新鮮なガスを帯びたマグマが噴出したことを示している。

​​
この噴火は、トンガ、フィジー、サモアの各地に津波をもたらした。
​​
衝撃波は数千キロメートルを横断し、宇宙からも見られ、約2000キロメートル離れたニュージーランドでも記録された。
​​
噴火が始まって間もなく、トンガタプ島では空が遮られ、火山灰が降り始めた。

​​
これらの兆候は、フンガの巨大なカルデラが目覚めたことを示唆している。
​​
津波は、爆発時の大気と海洋の衝撃波の結合によって発生するが、海底地滑りやカルデラの崩壊によっても容易に発生する。

​​
これが噴火のクライマックスかどうかはまだ不明で、マグマの圧力が大きく解放され、システムが落ち着く可能性もある。
​​
しかし、過去の噴火で堆積した地層は、警告を発している。
​​
1000年に一度のカルデラ大噴火は、多くの爆発的噴火を繰り返してきたことが、この複雑なシーケンスからわかる。

​​
したがって、フンガ-トンガ-フンガ-ハアパイ火山は、数週間から数年にわたる大規模な火山性噴火を起こす可能性がある。
​​
トンガの人々のためにも、私はそうならないことを望むのだが。

追記3)
噴火の爆風で化けの皮が剥がれた!?
​​
ジョコビッチは悪魔的カルトと契約(2022年1月16日)tapnews
​​
スポーツイベントを壊し、VAXERと反VAXERを分断(&統治)するための、すべて事前に計画されたメディア劇場のように見えます。そしてオーストラリアの評判を下げるために。
​​
所詮、パンとサーカスの世界、
コートだけがプレーの場ではない!?






最終更新日  2022年01月17日 00時59分17秒
コメント(5) | コメントを書く
[災害] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:トンガ海底火山噴火(01/16)   鎌ヶ谷大仏 さん
最初はこんな報道だったんですよね。意図的なのか観測用のブイが無くなったのを誤魔化すためなのかは分かりませんが。

トンガで海底火山大規模噴火、津波 気象庁「日本への影響ない」
https://mainichi.jp/articles/20220115/k00/00m/030/167000c.amp (2022年01月16日 09時35分29秒)

Re:トンガ海底火山噴火(01/16)   ダイス さん
これ、一部ではマグニチュード8クラスとか、そんなレベルの津波で、しかも氣象庁自体はずっと同じことを言っている時点で極めて怪しく、津波じゃなくて謎の海面上昇で避難を促していたようです。

まあ、クソHKの記事時間とかがゾロ目の時点でわざとくさいんですけどね。氣省庁自体は話を聞いてないから本氣で困ってるのかもしれませんけどもー。
前にあったaice zukiと同じで、いくぜCIAじゃないのか?と言われてるぐらい、前と同じところがやった可能性も考えた方がいいかもしれませんね。
新年1発目で張り切りすぎてこれとか。 (2022年01月16日 09時58分02秒)

Re:トンガ海底火山噴火(01/16)   通りすがり さん
https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/e3e9c8be552c781b1792d39f6127d809
面白い仮説です。 (2022年01月17日 00時09分17秒)

さすがtap news wire   初心者 さん
ジョコビッチがカルトと契約(!?)なる刺激的なタイトルの記事を引用されてるので、どれほどの根拠があるのかリンクの機械翻訳そのままで読んでみたが、tapnewswireらしく随分薄弱な内容で肩透かし。

根拠といえそうなのは片目覆う御馴染みの写真だけで、こんなの本人がやったのかカメラマンが採らせたポーズかも判らない。流行りのポーズなら誰でも真似する事だってありうる。それ以外の根拠を見たいのに、祖父母が云々ザガールが云々と憶測をつづるだけで、ジョコビッチ本人がサタニズムカルトと契約したというタイトルにふさわしい情報など微塵もありゃしない。

分断だのオーストラリアの地位低下などと取って付けたようなことを著者は述べているが、そんなのジョコビッチ事件の遥か以前から吹き出てたことでしょうに。それにアスリートの日々の努力を鑑みず、全てが政治力や出自で決まっているかのような一方的な見方も安易。
こんな飛ばし記事見ると、tapの評価をbeforeits並みに下げるしかないな。 (2022年01月21日 15時20分19秒)

初心者さん   tt555 さん
>tapnewswireらしく随分薄弱な内容、

期待しちゃダメ、最後は自分、

>片目覆う御馴染みの写真だけで、

写真は決定的、

反VAXERが正義の味方とは限らない、

「ジョコビッチ、バイオ企業を買収 コロナ治療法の開発目的で」
https://news.livedoor.com/article/detail/21538446/

(2022年01月21日 17時39分25秒)


© Rakuten Group, Inc.