27777901 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

人生は暇つぶし娯楽!!@ Re:生命活動の基本常態は睡眠にある(02/24) 日中の活動は、すべて「睡眠のため」 素…
ダイス@ Re:宇宙詐欺「地球外生命体」(05/16) 間違いなくブルービームでしょうね。なん…
チョコちゃんです。@ Re:宇宙詐欺「地球外生命体」(05/16) 痒いところに手が届く。いつも共感できる…
Aus@ Re:Ausさん(05/08) tt555 さん、 仰ったようなものは ひとつ…
miyako@ Re:増え続けるVAX被害者(05/12) ビル・ゲイツがコロナワクチンを接種していたとは考…
鎌ヶ谷大仏@ Re:マスク着用エトセトラ(05/13) 日本人のコロナ脳は深刻なんで、いくら法…
サザエ@ Re:マスク着用エトセトラ(05/13) 私もノーマスクです。医院とドコモではマ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年01月22日
XML
カテゴリ:ミニストリー

​アスタナの実態を知る人はあまりいない(と思う)、


拡大

​フェニックス・ライジング​、


Astana - architecture, myth, and destiny

​悲惨な労働キャンプ、強制的な集団化、秘密核実験、環境破壊に近い状態から一世紀を経て、カザフスタンは世界で最も戦略的に重要な国のひとつに浮上しました。

カザフスタンの首都にある最も重要な建造物が、文明の発展と人類一族の平和的共存に関する普遍的な物語の基盤を形成していることを発見してください。

名称の変更、

2008年、カザフスタン議会はアスタナの名称をヌルスルタン・ナザルバエフにちなんだ「ヌルスルタン」に改名することを提議したが、ナザルバエフが辞退した。なお、この名称変更は2019年にナザルバエフが大統領を辞任した際にも再度提案され、カザフスタン議会が全会一致で承認した。(Wiki

​​The Illuminati Capital ASTANA Kazakhstan
イルミナティ首都ASTANA カザフスタン 
2013年8月9日 soulask.com

*オリジナルは2009年のVigilant Citizen、
Sinister Sites – Nur-Sultan, Khazakhstan

アスタナは、21世紀に建設された最初の首都であり、世界が向かうべき方向を完璧に表している。

これは一人の男(カザフスタンの大統領、ヌルスルタン・ナザルバエフ)のビジョンである。

数十億ドルの石油を投入し、アジアの草原地帯の人里離れた砂漠地帯に、ゼロから都市を建設しているのである。

新世界秩序を受け入れると同時に、人類が知る最も古い宗教である太陽崇拝を賛美する、未来のオカルト都市だ。

この都市はまだ巨大な建設現場だが、すでに完成している建物は、ナザルバエフのオカルトビジョンを集約している。

英国で最も多作な建築家、ノーマン・フォースター卿が構想したこの巨大なピラミッドは、アジアの草原の真ん中で異様な存在感を放っている。


Palace of Peace and Reconciliation

この建物は「暴力の放棄」と「世界の宗教の結集」に捧げられている。

ノーマン・フォスターは、この建物には宗教的なシンボルはなく、宗派の調和を可能にすると述べている。

実際には、このピラミッドはオカルト主義者の唯一の真正宗教(太陽礼拝)のための寺院である。この建物の内部への旅は、まさに象徴的なものである。それは、人間一人ひとりの光への道を表している。

ピラミッド型、


Novus Ordo Seclorum = 時代のための新しい秩序

「理想的な象徴として、入門者たちはピラミッドの形を受け入れた」 -マンリー P. ホール、「あらゆる時代の秘伝の教え」から、

マンリーが述べたように、ピラミッドは古代文明の神秘を表す究極のシンボルである。

その単純さの中に崇高さがあり、その比率の中に神々しさがあり、照明された者が持つ神聖な知識と大衆の戸惑いの両方を体現している。

オカルトに入門した今日のエリートたちは、この古代の知恵を受け継ぎ、現代社会で権力の象徴としてピラミッドを利用している。

光り輝く/浮き上がる/欠けたキャップストーンは、宇宙と人間の中に存在する神の原理を表している。

また、欠けたキャップストーンは、新世界秩序の未完成を象徴している。

大ピラミッドのキャップストーンは、この長年のプロジェクトが実現したときに復活すると言われている。

このほかにも、エリートが大衆を支配するピラミッドが世界中に出現。

メンフィス・アリーナ

ルクソールホテル、ラスベガス

​ラッフルズホテル、ドバイ​

市内にあるメーソニックピラー、

2本の柱とその間に1本(大統領官邸)、メーソンの象徴。

カザフスタンの孤立した地域、リサコフスク市の西側(座標+52° 28′ 47.14″, +62° 11′ 8.38″)で巨大な五芒星がグーグルマップで発見された。

この円の円周は1000フィート以上の幅があり、明確に定義された数学的に正しい五芒星が含まれている。

ペンタクル(円の中の五芒星)は儀式的な魔術で、逆五芒星は黒魔術で使われる。

悪魔教会のロゴマークである「バフォメットの紋章」は、逆ペンタクルにメンデスの山羊をあしらったものである。

数日前まで、Google Mapで五芒星を拡大すると、「アダム」と「ルシファー」という名の奇妙な場所が2つ出てきた。しかし、この話がウェブ上に出て以来、これらの場所は消え、五芒星へのズームは無効になった。

フリーメイソン33階級でオカルト象徴学の専門家であるマンリー・P・ホールが、直立と倒立の五芒星について書いた文章がある。

「象徴主義において、逆さの図形は常に倒錯した力を意味する。」

オカルト研究者はこのシンボルに真の力があると信じている。

​別記事から、他の建造物、


https://vigilantcitizen.com/sinistersites/sinister-sites-astana-khazakhstan/







最終更新日  2022年01月22日 03時48分35秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.