27844919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ジョシィー@ Re:MMS(二酸化塩素水)と次亜塩素酸水(05/26) New! MMS2の方は常備薬として持っています。 乳…
tt555@ れいれいさん 情報ドーもです、 MMSを最初に購入したの…
さくら@ Re:マスク不要を言い出したワケ(05/24) いつも記事を拝見しVAX未摂取です。映画館…
心理戦?@ Re:さる痘&パンデミック条約の対処の仕方(05/22) ただの心理戦ならいいのだが、連中はそん…
れいれい@ Re:MMS(二酸化塩素水)と次亜塩素水(05/26) いつも投稿楽しみに読んでいます。興味深…
リーモス@ 謝罪します 調子に乗ってどうでもいい意見を書き込ん…
鎌ヶ谷大仏@ Re:マスク不要を言い出したワケ(05/24) インバウンド再開するからみたいですね。…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年01月27日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​​科学者たちが首をひねっている、

トンガの巨大な大気波の驚くべき到達範囲
2022年1月21日 EOS
  (抜粋​で)

​世界中の科学者による予備分析によると、トンガの南太平洋の火山からの爆風は、大気を地表から電離層まで揺さぶるのに十分な強さでした。

火山から始まり、世界中を伝わる波を示す一連の画像
 NASA Worldview / NOAA / NESDIS / STAR

 「これは、20年間のAIRSデータでは見たことがないものです」と、爆発後の数日間にNASAのAqua衛星からの大気赤外サウンダ(AIRS)測定値を分析したドイツのユーリッヒスーパーコンピューティングセンターのラースホフマンは述べています。

爆発の日、マサチューセッツ州のバーロウ教授は高解像度でオンラインでアクセスできるNOAAのGOES-West衛星からのデータに目を向けました。

写真で噴火を示したトゥルーカラーの衛星画像とは異なり、彼が最も興味を持った画像は、大気中の雲を見るのに最適な電磁波長を示していました。

​バーロウが画像をつなぎ合わせたとき、彼は波が大気中を数時間のうちに世界中を駆け巡るのを見ました。

火山から始まり、世界中を伝わる波を示す一連の画像
噴火に対する最初の大気応答は、NOAAのGOES-West衛星赤外線放射データ(バンド13)を使用してMathewBarlowによってキャプチャされました。この シーケンスは、10分間隔で撮影された画像に基づいており、色は各タイムステップ間の赤外線放射の違いを示しています。クレジット:Mathew Barlow / University of Massachusetts Lowell

ドイツのハンブルク大学の大気力学者であるNedjeljkaŽagar(女性)は、巨大な初期波は、英国の数学者ホーレス・ラムにちなんで名付けられた特別なタイプの波であるラム波であると信じています。噴火は「楽器のように、ラム波の音で全体の雰囲気を振動させるのに十分な強さでした」と彼女は言いました。​

球上の波は噴火から外側に伝わり、ループバックします。
NedjeljkaŽagarは、最初の24時間の噴火によって引き起こされた大気応答のシミュレーションを作成しました。波の色は成層圏の高さの摂動を表しています(正は赤、負は青)。信号は、地球の表面で見られる圧力の摂動に比例します。シミュレーションは、ハンブルク大学の大気ダイナミクスと予測可能性グループのTIGAR(過渡慣性-重力とロスビー)モデルによって実行されました。

​アラスカ州フェアバンクスにある地球物理学研究所のDavidFee研究教授によると、このサイズの波は、地球の大気中で爆発する核爆発、巨大な噴火、または隕石から発生します。NASAの科学者たちは、トンガの噴火は日本の広島に投下された核爆弾の500倍の強さであると推定しました。

賢明な観察者は、局所的な圧力の摂動にも気づきました。「世界中の多くの場所で、波信号が少なくとも6回戻ってきたと報告されています」とŽagar氏は述べています。​

英国では、オックスフォードの気候物理学者ライトは、NASAのアクア衛星からの画像に目を向けました。

これらの画像は、ホフマンによってオンラインで自動的に処理および投稿されました。噴火の翌日、池の波紋のように、火山から一連の大きな同心波が放射されました。

トンガ上空で見られる気温の波紋
火山の上の成層圏の温度の波紋は、音速のすぐ下を伝わる音響重力波であると考えられています。

1つの画像は、成層圏の波を示しています。成層圏は、民間旅客機の上限からジェットの巡航高度の5倍まで伸びています。波は、波によって引き起こされる気温の低さと高さを表しています。

なぞが残る

科学者たちはトンガの噴火からの波を理解する上で大きな進歩を遂げましたが、いくつかの後遺症はまだ説明できません。 

「私を含む人々は、アラスカで約10,000 km離れた場所でこの噴火を聞いたが、これは注目に値する」とフィー氏は述べた。「音源からこんなに長い距離でどのように可聴音が発生するのか、よく理解できていないと思います。」

ホフマンは、高解像度の大気モデルがそのようなイベントを再現できるかどうか疑問に思います。モデルは現在、火山の噴火をシミュレートしていません。

実際、アレクサンダーは、「このイベントのさまざまな側面とその世界的な広がりを観察した豊富な測定値のために、何年にもわたって研究が続く可能性が高い」と述べた。

参考)
トンガ海底火山噴火(2022年01月16日)



衝撃波による津波とは上には上があるものだ(2022年01月17日)

で思ったのだが、
世界中を席巻した今回の噴火の衝撃波による津波、

あの311も凄かったが、
同じ
津波でも規模、メカニズムが全く異なるわけで、
これは創造主によるNWOへの当てつけじゃなかったのかって、

「お前ら、ここまで出来ないだろ!」みたいな、

再噴火はなぜ隠蔽されたのか?(2022年01月18日)

創造主の業を否定して、
​何とかして、面目を保ちたい輩たち、

人工噴火に見せるべく、爆弾のせいにする、
(再噴火があったら、爆弾説が成立しなくなっちゃう、)







最終更新日  2022年01月27日 02時52分13秒
コメント(6) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.