28109352 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポジジィ@ 大変失礼いたしました。機械は苦手なので New! 検索してください何て言ってすいません。…
DNA情報のていしゅつ。@ Re:アレクサにご用心(06/25) New! 血液や唾液から、その人固有のDNA情報を抽…
リーモス改めポジジィ@ 神の遺伝子 〜コロナワクチンにスピリチュアルな意味合いがあるのか?〜 New! すいません!m(_ _)mこのサイトの動画はUR…
暖簾に腕押し@ 試訳: 動画が既に消されているので文脈がよくわ…
ダイス@ Re:ADHD(注意欠如多動症)を作ることが教育のゴール(06/24) 今の子供に多動性とかが出ているのはマグ…
鎌ヶ谷大仏@ Re:ノーマスク時代のキーワード「デトックス体質」(06/22) ノーマスクへの道のりは、まだまだ険しい…
れいれい@ Re:虚しいこの世を生きる目的は何か(06/20) タイトルの「生きる目的」との言葉。 こ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年05月12日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​​昨日のゲイツのツイッター、​​


Someone get this man a ventilator!(誰かこいつに人工呼吸器をつけろ!)

「検査で陽性になりました。症状はマイルドです。
専門家のアドバイスに従い、
健康になるまで1人きりでいます。」

イロイロ出てきていて、​


https://gab.com/hmakow

​​3回接種したステファンコルベートが陽性、
接種したはずのゲイツも上記の通り陽性で隔離、

ナダルは豪州オープンで接種を受け、その後、プレー不可(現在も)、
歌手セリーヌディオーヌは接種後、筋肉痙攣、
バンドFooFighterのドラマー/テイラーホーキンスは接種後死亡、

接種後の障害/死亡は拡大しているがメディアは過少報道、
もしくは報道拒否、

​​深刻な健康問題のため、vaxされた15人のテニスプレーヤーがマイアミオープンから撤退 2022年5月11日 thetruthseeker(Google訳)


接種されたテニススターのニコロズ・バシラシビリが胸の痛みで全豪オープン途中棄権

世界のトップアスリートの中には、フィールド/コートで倒れ、プレイできない人がいます。

例えば、マイアミオープンでは、15人の接種された選手が競技中に撤退し、観客を困惑させました。

スペインのポーラ・バドサやイタリアのヤニック・シナーなど、観客のお気に入りの何人かはトーナメントを早々に離れなければなりませんでした。

ラファエルナダルは、インディアンウェルズ決勝でテイラーフリッツとの試合中に胸痛を経験した後、治療のためにコートを離れなければなりませんでした。

3人のプレーヤー全員が2021年に全豪オープンによって課された武漢コロナウイルス(COVID-19)VAXの義務に屈していました。

それ以来、彼らの健康は明らかに悪化しています。

VAX未接種の選手のスポーツを禁止したのは全豪オープンでした。

男子ナンバーワンのノバク・ジョコビッチは、この強力な実験に参加しないことを選択したことで差別に直面しました。

ジョコビッチは迫害されましたが、少なくとも彼の心臓、脳、免疫系は正常に機能しています。

誹謗中傷され、差別されているにもかかわらず、彼は尊厳を持ってテニスをすることができ、健康と身体の自律性に対する権威を保持しています。

企業メディアでさえ、医学的異常について報道しています。

Yahoo Sportsは、「何が起こっているのか?」というタイトルの記事を公開しました。

『テニスの世界は、マイアミオープンの大虐殺の後で激震が起こりました。

マイアミオープンでは、5人のvaxされた男性は撤退しなければなりませんでした。

それらには、Matt Moraing(ドイツ)、Holger Rune(デンマーク)、Jan-Lennard Struff(ドイツ)、Reilly Opelka(米国)、Sinnerが含まれます。 

撤退しなければならなかった合計10人の女性(これも完全にvaxxed)がいました。

それらには、Maryna Zanevska(ベルギー)、Caroline Garcia(フランス)、Clara Tauson(デンマーク)、Dalma Galfi(ハンガリー)、Anna Kalinskaya(ロシア)、Karolina Muchova(チェコ共和国)、Katerina Siniakova(チェコ共和国)、Victoria Azarenka(ベラルーシ)、Anhelina Kalinina(ベルギー)およびBadosaが含まれます。』

これらの生物兵器VAXを投与された後、胸痛、心筋炎、脳卒中、失神、息切れを経験しているのはテニス選手だけではありません。

完全にバクシングされたサイクリストとスイマーも崩壊しています。

ツールドフランスは2,068マイルに及び、世界最高のサイクリストを迎えています。その118年の歴史の中で、健康上の理由でコース上で突然倒れたサイクリストは1人だけでした。

2022年に、3人のプロのサイクリストが心臓イベントで突然倒れたため、すべて変わりました。

サイクリストのうち2人が死亡しました。

致命的な影響を受けた最初の人物は、2022年3月9日に亡くなったジョンポール(スコットランド)でした。

2011年にジュニアスプリントチャンピオンになった後、ポールは2010年と2014年のコモンウェルスゲームズでスコットランドの代表となりました。彼は28歳で他界しました。

影響を受けた2番目のプロのサイクリストはCedricBaekeland(ベルギー)でした。

彼はスペインのマヨルカ島で彼のチームとトレーニングした後、胸の不快感を訴えました。彼は2022年3月14日に28歳で亡くなりました。

3番目のイベントは、スペインのボルタ・ア・カタルーニャのフィニッシュラインを通過した後に突然の心臓病に苦しんだソニー・コルブレッリ(イタリア)でした。

イタリアのサイクリストは除細動器で救われましたが、永続的な心血管損傷のために二度とプレーすることはできません。

ルーマニア出身の23歳の水球選手も同様の運命をたどりました。

ゲーム中に、Andrei ghiciは突然プールを離れ、心臓発作を起こしました。すべての蘇生努力は失敗し、1時間後、彼は死を宣告されました。

多くの接種を受けた人々が地獄を通り抜けているので、公式のCOVIDのストーリーは消えつつあります。

いわゆるVAXが血栓と心臓の炎症を引き起こすため、若くて健康な人々は心臓発作で崩壊しています。

「自由な世界」のリーダーと米国議会の数人のメンバーは、明らかに失敗した危険な接種プログラムの4回目と、それに続く5回目の投与を推進しています。

人道に対するこれらの犯罪は終わらせなければなりません。


​​接種後アスリート1001人の心停止/深刻な問題、649人の死亡 (2022/5/4まで)​​

​追記)
フォローのTwitter、
*ゲイツの隔離は、これを言うため、​


​​https://twitter.com/BillGates/status/1524142712290627584

私は接種を受け、追加の接種も受け、
さらに検査後のメディカルケア(隔離)も受けられ、幸せです。

ゲイツ財団が2年ぶりに今日来てくれました。
私はかようなチームにいて幸運です。
彼らのハードワークに感謝します。

誰も再びパンデミックの被害にあわないよう
私達はパートナーと共にできる限りの努力をしていきます。







最終更新日  2022年05月12日 03時25分53秒
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.