28186320 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ ん2Cさん New! ウワッ、レシートに、モーさわれなくなっ…
ん2C@ Re:ポリカーボネートボトル(BPA含有)にご注意(06/28) New! 興味深い記事ありがとうございます。 BPA…
イスラエルがテクノロジーと貿易で世界を支配する?@ Re:さよならイスラエル(07/03) New! キッシンジャーが2012年に語ったと言われ…
JJS@ Re:葉っぱのない生活は考えられない(07/01) こんにちは。いつも更新ありがとうござい…
鎌ヶ谷大仏@ Re:チベット高気圧の正体(07/01) KDDIの大規模通信障害も今回のHAARPによる…
50代男性@ Re:葉っぱのない生活は考えられない(07/01) 興味深い記事ありがとうございます。 はっ…
NO ORDER@ Re:NWO支配対抗策としての非IT生活の勧め(06/30) その道の奥義を極めたマスターを知ってい…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年05月17日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​Update
宇宙詐欺「地球外生命体」では、

P.ブルービームが醸し出す宇宙人ネタは詐欺だったが、
UFOは詐欺ではない、

UFOは次元間移動乗り物であり、
これなくして、高次元に存在する彼らは、
タイムスケールの異なるこの世(地球)へのアクセス不可である、


多次元の存在、次元間移動に慣れること(2017/8/11)

UFO現象を突き詰めていくと、
必ず、次元間移動(多次元の存在が基となる)、
と言う領域にたどり着く、

*次元の壁はエネルギーであり、
物理的に光速を超えると、異次元へ侵入、
CERNのLHCは量子衝突(ナノ秒ピコ秒)でこれを実現する、

​目撃情報は、年々、増えている、

UFOも落ち着かない!?

フロリダ上空で目撃された2機の光るUFO​(​​​https://sptnkne.ws/GgcD)
08:51 GMT 03.05.2021 スプートニク

米国では昨年、UFOの目撃情報が約1,000件急増し、空に浮かぶ謎の物体を報告する人が増えている。全米UFO報告センター(NUFORC)によると、昨年のアメリカでの目撃情報は7,200件だったそうです。
フロリダ州パームコーストの上空を移動する2つの光り輝く物体が目撃されました。その様子を撮影したウィリアム・フエンテス氏は、その物体を高速で飛行する2つの光の球体と表現した。​


​UFO目撃情報、All Time High !​

少し前のデータだが、10年単位のカウントで、
「2011/1/1-2020/12/31」は5万件を超えた、​

*​National UFO Reporting Centre​では世界中のデータをカウント​、​

AI専門家のサイラス・パルサ氏の警告、​

Q:なぜUFOとETが存在するのか、

A:かの次元は体(物理的存在)がないから、

この次元(物理的3次元の世界)に来るには、
リアルの乗り物(UFO)が必要、

体を持たないET(レプ)にはボディースーツが必要、

霊の次元の輩からは、
優れた体を有する人類に羨望のまなざしが向けられる、

*人に憑依したがるのもさもありなん、

ここが原点、

神の被造物である人類を大量殺戮に導き、残りは支配下へ、
(これがコロナで今進んでいること、)

このため、グラフェン(通信チップ)入りVAX接種、
及び、5Gの展開で支配網を構築、

さらに、彼らの住処とすべく新しい(人)種を作る、

それがAIロボット

*AIの基本はアルゴリズムで、Yes/Noの繰り返しで絞る、
その際、膨大なデータからの組合せとパターンで解析、
(世界中の個人から得られるキーの打込みデータは貴重なソース、)
データ解析で活躍するのがDWaveたる量子コンピュータ、
リアルタイムで解(確率)を出すため、あたかも会話をするが如く、

サイラス氏のHP、


The AI Organization(サイラス氏のHP)

著書、「人類に危険なAI」

​​
ARTIFICIAL INTELLIGENCE Dangers to Humanity

AI、米国、中国、ビッグテックと、顔認識、生体計測、ドローン、スマートフォン、スマートシティ、IoT、VR、複合現実、5G、ロボット、サイバネティックス、バイオデジタル・ソーシャルプログラミングの世界での使用との間には、どのような相互関係があるのでしょうか?

暗殺に使われる技術や、AIバイオデジタルソーシャルプログラミングなしで自由に形成された思考を持つ人間の能力をコントロールする技術など、ビッグテックによる人工知能の現在、未来の脅威を取り上げます。

この本では、サイボーグ、超知能、そしてそれがどのように形成されるのか、また、インターネットや人間のバイオデジタルネットワークに接続されているAIグローバルネットワークを介して、どのような方法で探知されずに移動できるのかを取り上げ、ファーウェイ、フェイスブック、グーグル、50以上の企業が説明され、中国との相互関係が説明されます。

中国は、ファーウェイを通じて、5Gネットワークを介してAI、機械、ロボットを展開するための基礎を築いており、オーウェル的な監視国家によって人類の奴隷化を画策中です。

この本では、人工知能とは何かをわかりやすく説明し、平均的な読者が難しい概念をシンプルに理解できるよう、段階的に説明しています。

すでに、イロイロ出ている、


ジョーディーが次に行った会社


デジドッグデビュー


既に始まっているAI殺人


死体花開花(Alexa)

​ちなみに、日本は、ロボット生産大国だが、

AIロボット兵士が29人を殺害-2017年、日本
October 14, 2018

2017年8月、日本最大のロボット制作会社で大きな事故があったそうです。

実験室で働いていた人間29人が、暴走した軍用に制作中の人工知能ロボット、”AIロボット兵士”に弾丸を打ち込まれて殺害されたそうです。

暴走した四台のロボットの内2台は直ぐに人間が停止できましたが、驚くべきことに一台のロボットが自分自身で周回衛星にアクセスして、衛星から自分を回復させる情報をダウンロードし始めたそうです。それも、更に自分を強くさせる情報を取り始めたとのことです。

その知人曰く、「この事件は決してニュースになることは無いだろうよ。何故ならば、ロボットを作っている会社にとっては致命的な事故だし、それに何よりも政府がAIロボット兵士を欲しがっているからね。」と言っていたそうです。

最大の会社とは、
-->​​産業用ロボットの大きなシェアを占める5つの企業​

今後は、AIロボットで先端を行くというのは、
少し考えた方がいいかも、​

入りたくて、うずうずしている輩がいるから、

参考)
ハリウッドはAIの登場を既に予告していた、
現実になる!?「AI vs 人類」を描いた映画8選
1. ターミネーター(1984年公開)
2. マトリックス(1999年公開)
3. バイオハザード(2002年公開)
4. アイ,ロボット(2004年公開)<--お奨め
5. イーグル・アイ(2008年公開)
6. サマーウォーズ(2009年公開)
7. トランセンデンス(2014年公開)
8. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年公開)

追記)
新しいロボット登場、


​​世の中から孤独をなくす 2022年5月17日 5:13 [Nikkei有料会員限定]

​あなたに寄り添う分身ロボット、

これ、普及するんじゃないの、







最終更新日  2022年05月17日 14時03分11秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.