28129071 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

ポジジィ@ 大変失礼いたしました。機械は苦手なので 検索してください何て言ってすいません。…
DNA情報のていしゅつ。@ Re:アレクサにご用心(06/25) 血液や唾液から、その人固有のDNA情報を抽…
リーモス改めポジジィ@ 神の遺伝子 〜コロナワクチンにスピリチュアルな意味合いがあるのか?〜 すいません!m(_ _)mこのサイトの動画はUR…
暖簾に腕押し@ 試訳: 動画が既に消されているので文脈がよくわ…
ダイス@ Re:ADHD(注意欠如多動症)を作ることが教育のゴール(06/24) 今の子供に多動性とかが出ているのはマグ…
鎌ヶ谷大仏@ Re:ノーマスク時代のキーワード「デトックス体質」(06/22) ノーマスクへの道のりは、まだまだ険しい…
れいれい@ Re:虚しいこの世を生きる目的は何か(06/20) タイトルの「生きる目的」との言葉。 こ…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年05月24日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​ニュルンベルク綱領とは、​

第二次世界大戦後、​​ナチスの非人道的な人体実験の結果できた、人間を被験者とする研究に関する一連の倫理原則です。​

​​​​経緯、​

ニュルンベルク綱領の起源は第二次世界大戦前のドイツの政治、特に1930年代と1940年代に始まったと言える。

戦前のドイツ医師会は、ドイツの労働者に対する国民皆保険に関する法律など、公衆衛生に大きな関心を抱く進歩的で民主的な団体であると考えられていた。

しかしドイツの医師達は、その非倫理的な医療行為について大衆と医学界から非難されつつも、そのほとんどが1920年代半ばに始まる人種衛生学の支持者であった。

そして人種衛生学は、アーリア人の「支配人種(master race)」を作り出し、彼らの基準に合わなかった人々を根絶する、という目的の為にドイツ政府によって支援された

人種衛生学の過激派は、ナチスのイデオロギーの中核的概念である「人種的純血」という彼らの目標を達成するために生物学の利用を促進するべく、国民社会主義(ナチズム)と一体化した。(​Wiki

代表綱領、​”第6条第3項”​、

https://twitter.com/yuko_candida/status/1528605359748751360

『政府は、個人の同意なしに医療行為を義務付けたり、
強制したりすることはできません。』
***
​​​『被験者の自発的な同意は絶対に不可欠である。
実験は、社会の利益のために、
実りある結果を生み出すようなものであるべきであり、

他の方法や研究手段では実行不可能なものに限り、
また無作為でも本質的に不要なものであってはならない。』​
***
​​*ニュルンベルク綱領が尊重されない場合、
そしてそれが最終的にワクチン強制接種をもたらすものである場合、
この社会は無法地帯になります。
人体の尊厳と不可侵性はもはや存在しません。
それが起こった場合、人類に災いをもたらします。

社会は​まさに無法地帯、

綱領のサマリー、

ニュルンベルク綱領における10の要点

1)被験者の自発的な同意は絶対に不可欠なものである。

2)実験は、社会の利益のために実りある結果を生み出すようなものであるべきであり、他の方法や研究手段では実行不可能なものに限り、また無作為でも本質的に不要なものであってはならない。

3)実験は、動物実験の結果、及び病気の自然な過程についての知識、研究中の他の問題についての知識、に基づき設計され、予想される結果が実験を正当化させるものでなければならない

4)実験は、すべての不必要な肉体的および精神的な苦痛や怪我を避けるものであるべきである。

5)死亡または身体障害を負う傷害が発生すると信じうる先験的な理由がある場合、実験を実施してはならない。ただし、場合によっては、実験医が自ら被験者としての役割も果たしている実験は除く。

6)起きうるリスクの程度は、実験によって解決されるべき問題の人道的重要性によって決定されるものを超えてはならない。

7)被験者を、わずかな怪我や障害の可能性から守るために、適切な準備と、適切な設備のもとで行われるべきである。

8)実験は科学的に資格のある人によってのみ行われるべきである。実験を行う者、または参加する者は、その実験のすべての段階を通して、最高度の技術と注意が要求されるべきである。

9)実験の過程で、被験者が実験の継続が不可能であると思われる肉体的または精神的状態に達した場合、実験を終了する自由を被験者に与えるべきである。

10)実験の過程で、責任者たる科学者は、その立場で求められる誠実さ、優れた技能、注意深い判断力、に基づいて、万一被験者に傷害、身体障害、または死をもたらす可能性がある場合には、いつでも実験を終了できるよう、備えをしておかなければならない。

なんだか、絵空事を読んでいるような、







最終更新日  2022年05月24日 02時27分21秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.