28531877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ ポジジィさん New! それは人工低気圧の初期の姿でしょ、 <sm…
tt555@ やすむさん New! 情報ドーモです、 90秒静止、早速イロイ…
ポジジィ@ Re:暑さ(イルミナティ)の対処法は徹底的に無視すること(08/03) New! 今までの台風🌪って、渦巻きになってるの…
toshichan-man@ Re:世の宗教団体の元締めは誰なのか?(08/02) New! <small> <a href="https://ameblo.jp/mom…
やすむ@ Re:とにかく止まらないこと(08/13) New! どうもこんにちは。 いつもホェ~とか言い…
wikipedia『篠原信一』@ Re:今に生きるは誰の引用にせよやっぱりいいよね(08/10) かつて柔道家銀メダリストの篠原氏が誤審…
tt555@ ミオールさん 記事の訳は、 偽老子の名言 もしあなたが…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2022年06月30日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​ 現在進行中のイベントは、

イスラエルを軸にするとわかりやすい、​

​イスラエルの徹底したIT戦略、​

​タルピオットプログラム​

タルピオットプログラムは、科学とリーダーシップの可能性において卓越した学力を発揮した新兵を対象とした、エリートイスラエル国防軍(IDF)のトレーニングプログラムです。卒業生は軍隊に勤務している間、2倍の高等教育を受け、彼らの専門知識を使用して、IDFの研究開発を促進します。このプログラムは1979年に開始されました。

​​ビビの力の入れようが違う!​


イスラエルはなぜセキュリティ業界で世界2位なのか



​世界政府の首都エルサレム

彼の強調点、

ビッグデータAI接続性が小国を大国にするのです。​

クラウド運用で、世界中のデータを独占!


​​​量子コンピューター、クラウドで利用可能に アマゾン(Nikkei)

AIとロボット/量子コンピュータは急速に拡大中、


デジドッグデビュー


既に始まっているAI殺人


グラフェンスマートホーム


CERNの長期メンテナンスの理由

接続性で大事なのが、
(5G、光ファイバー網羅も大事ながら、)
​イスラエルが目論む世界戦略、一帯一路、​

​分割される米国

​クローバーリーフ理論の活用で、​
(3大陸の中心に位置するエルサレム、)​

​クローバーリーフの地図とイスラエル


拡大図(イスラエルではなくエルサレム!)

中国主導の​一帯一路の中心に位置するのはイスラエル、

​敵対関係も策のうち、

中国/イラン/ロシア/イスラエルは密月の仲、​

自分達(偽ユダヤ)のガードも欠かせない、

イスラエルが放つ”ユダヤヘイト詐欺作戦”、

https://twitter.com/Ian56789/status/1099067372177117184
​前イスラエル内閣の一閣僚サラミアロン女史いわく、​

​「反ユダヤ主義はイスラエルのトリックよ、

欧州で、誰かがイスラエルを批判すれば、
我々(ユダヤ人)はホロコースト(被害者!)を持ち出す、
*ホロコーストはもちろん捏造、

米国で、誰かがイスラエルを批判すれば、
お前は反ユダヤ主義者だと、人種差別として糾弾する、」

*​日本語でまとまった解説は(やや古いが)これがいいかな、

​​と前置きしておいて、
オコーネルの動画(30分)の文字お越しが出てきたので、
メモで掲載、

彼の動画は圧倒的に映像でアピールしているので、
文字だけではわかりにくい、

一覧後、時間あれば30分のお付き合いを、


C-19: Israel, China and the Belt & Road Project
June 27, 2022 forbiddenknowledgetv

C-19: イスラエル、中国、一帯一路(Belt & Road)プロジェクト
2022年6月27日 forbiddenknowledgetv DeepL訳

このビデオは、オコーネルが2020年3月に発表した、中央アジアと中東からの米国の撤退で何が起きているのか、その大局的なアウトラインと呼ぶべきものです。

オコーネルは、前世紀の大半を銀行家(ロスチャイルド、ロンドンシティ、東インド商会)の世界金融帝国の首都としてきた米国が、イスラエルを中心とした汎ユーラシア超大国貿易ブロックの「多極世界秩序」に取って代わろうとしていると主張しています。

中国の一帯一路構想(BRI)の危険性を警告する声があるのをご存知でしょうか。

中央アジアの孤立した国々に貿易をもたらし、世界最大の製造国・中国から世界最大の消費市場・ヨーロッパへの輸送時間を大幅に短縮するインフラ整備計画のどこに問題があるのか、と問いかけたのだろう?

イスラエルは中国に技術を供給しているが、その技術の多くは米国から組織的に盗んだものである。2008年のウォール街救済の5兆ドルはBRIの資金調達に使われたとさえ言っています。

イスラエルはヨーロッパ、南北アジア、アフリカを横断する光ファイバーケーブルのデータ収集地点として中心的な役割を果たし、これが将来の人工知能にとっていかに重要であるか、つまり、10年後には、生物兵器と経済崩壊からなんとか逃れたはぐれ者を絶滅させるために配備される自律型ボストンダイナミクスロボットとタコ足歩行機のように-つまり、我々がこの計画を止めない限り-だと言っているのです。

この動画はもともと2020年3月に投稿されたものですが、その後、オコーネル氏のチャンネルは停止されました。

彼はYouTubeを訴え、チャンネルは復活するも、動画は理由も告げられず、復活しませんでした。

その後、彼は今後のストライキや脱プラットフォームを避けるために、大規模な再編集を行いました。

BRENDON O'CONNELL:「この映像が、全体像を理解する上でいかに重要であるかを理解してください

もしあなたが全体像を理解することができれば、進行中の合衆国解体、まずサイバースペースで、そして物理的に、自分自身で詳細を解決することができるようになるのです。

これから15分間、楽しんでお聞きください。この情報を理解することは極めて重要です。

"コロナウイルスを理解するには、まずこの出来事が起こっている地政学的な背景を理解する必要があり、それは中国とイスラエルに関わるものです。その前に、背景を説明します。"

(ドキュメンタリー「Deadly Enemies」-2004年のクリップを再生、VECTORで働いたソ連の生物兵器学者で、1992年に西側に亡命したSergei Popovへのインタビューを含む)。

"中国とイスラエルについて話そう。ここで紹介する素晴らしいビデオのパート6で説明されているように、米国経済の停止と厳格な人口移動制御措置が見られるのです。5分抜粋。

ご覧ください。このビデオは、私たちが今日目にする展開の直前に、2020年1月5日に公開されたものです。"

(彼の1-5-2020ビデオ「トランプ vs コロナ: 2020 & the Forced Economic Collapse of America」からのクリップを再生)

オコーネルは、ドルに対する信頼が崩壊することで、先物市場の暴騰と買い占め、世界貿易の混乱、農産物の物理的不足が起こり、IMFがグローバルな解決策、すなわち米国財務省のシステムに代わるESDDLRT(電子主権引き出し権分散台帳技術)で介入してくると予測。彼は、これにはビットコインも含まれると言っています。

彼は、世界中の金利が暴落し、中流階級に残っているものが一掃されると言っています。ユニバーサル・クレジットが開始され、「気候変動」から「地球を救う」®ための世界的な課税と、国連のスマートシティプログラムによるコミュニタリアニズムの時代が始まる。これは国連の「アジェンダ21」と世界経済フォーラムの「グレート・リセット」の計画です。

オコーネルは、「果てしない大量ハッキングと何億もの暗号の窃盗について、不思議に思ったことはありませんか」と問いかけます。誰も捕まらないし、誰もどうやるのか知らないようだ。私は彼らのやり方を知っていますよ。(笑)

"匿名"があなたを救う?
Torが救ってくれるのでしょうか?

ハードウェアや電子機器にはすべてシリアルナンバーが振られ、いずれにせよあなたに紐づいているのです。

このバックドアにはインテル・イスラエルが、携帯電話やアップルのA12にはAMDやクアルコムのSnapdragonが使われており、台湾セミコンダクターに感謝しなければなりません。

"中国は今、サーバーCPUだけでなく、スマホのCPUやOSも自前で作っています

イスラエルさん、ありがとうございます。

Microsoftイスラエルは、もちろんWindowsマシンで支援します。

インテルの深く埋め込まれたコアや、独自の独立したLinuxベースのオペレーティングシステムを実行するデッキは、重要な人々が必要とする完全なアクセスを提供します。

"クリストファー・ドマス "と "ゴッド・モード・アンロック "に聞く。すべてのハードウェアは、このようにバックドアされています。

C-19: Israel, China and the Belt & Road Project
June 27, 2022

This video is O’Connell’s March 2020 presentation of what he calls the big picture outline of what is going on with the withdrawal of the United States from Central Asia and the Middle East.

O’Connell claims that the US, which has been the capital of the banksters’ (Rothschild, City of London, East India Trading Company) global financial empire for much of the past century is now being replaced by the “Multipolar World Order” of the pan-Eurasian superstate trading block of Russia and China, with Israel at the center of it.

You may have heard some people warning of the dangers of China’s Belt and Road Initiative (BRI) and you may have asked yourself what’s the problem with an infrastructure development plan that will bring trade to the isolated countries of Central Asia and which will drastically reduce shipping times from the world’s largest manufacturer, China to the world’s largest consumer market, Europe?

O’Connell claims that China is not leading the BRI, Israel is; Israel is supplying China with the technology, much of which it has systematically stolen from the US. He even suggests that the $5 trillion from the 2008 Wall Street bailout was used to finance the BRI.

He says that the entire COVID-19 psyop is a distraction from this emerging “Multipolar World Order”, with Israel’s central role as the data collection point for the fiber optic cables that will cross from Europe, North and South Asia and Africa and how vital this will be for the future of Artificial Intelligence – as in, the autonomous Boston Dynamics robots and octocopters that, in ten years’ time, will be deployed to exterminate any stragglers who manage to survive the biowarfare and economic collapse – that is, unless we stop these plans.

This video was originally posted in March of 2020 but then, O’Connell’s channel was suspended. He sued YouTube and his channel was reinstated, however the video was not restored, with no reason given. He then extensively re-edited it to avoid any future strikes or de-platformings.

BRENDON O’CONNELL: “Please understand how important this video is in understanding the big picture. If you can understand the big picture you can work out the details for yourself, including the ongoing breaking-up of the United States, first in cyberspace, then physically. Please enjoy and take in the next 15 minutes. It is vital you understand this information.

“To understand coronaviruses, you must first understand the geopolitical context in which the event is happening and it’s all about China and Israel. But first, some background.”

(Plays clip from documentary, ‘Deadly Enemies’ – 2004, including an interview with Sergei Popov, Soviet bioweaponeer who worked at VECTOR, who defected to the West in 1992).

“Let’s talk China and Israel. We are seeing the shutting down of the US economy and strict population movement control measures, as described in Part 6 of this excellent video, shown here. 5-minute extract. Watch. This video was released on January 5th, 2020 just before the unfolding events we see today.”

(Plays clip from his 1-5-2020 video, ‘Trump vs Corona: 2020 & the Forced Economic Collapse of America’)

O’Connell predicts how collapsing confidence in the US dollar will lead to a futures market spike and hoarding, world trade dislocation, physical shortage of produce and how the IMF will step in with a global solution: the ESDRDLT or Electronic Sovereign Drawing Rights Distributed Ledger Technology to replace the US Treasury system. He says this includes Bitcoin.

He says global rates everywhere will crater, wiping out what is left of the middle class. Universal Credit will be launched, as well as global taxation to “Save the Planet”® from “Climate Change” and the Age of Communitarianism will begin, with the UN’s Smart Cities program. This is the plan of the UN’s Agenda 21 and of the World Economic Forum’s Great Reset.

O’Connell asks, “Ever wonder about the endless mass-hacking and theft of hundreds of millions in crypto? No one is ever caught and no one seems to know how they do it. I know how they do it! (Laughs)

“Anonymity going to save you? Tor gonna save you? No. Every bit of hardware and your electronic device is serial-numbered and tied to you, one way or the other. You can thank Intel Israel for the backdoors and Taiwan Semiconductor, if you use AMD or Qualcomm Snapdragon in your phone or Apple’s A12.

“China is making its own phone CPUs and operating system now, as well as server CPUs. Thank you, Israel. Microsoft Israel will assist on Windows machines, of course. Intel’s deeply-embedded core or deck running its own independent Linux-based operating system gives the people that matter the full access they need.

“Ask Christopher Domas and God Mode Unlocked. All hardware is backdoored in this manner.

"新型のロボットやドローンが、まだ銃器を愛しているアメリカ人を一掃するために押し寄せるでしょう。ヒントヒント:あなたのバレット50はあなたを救うことはできません。ジャングルへようこそ。

「私たちは、通貨リセットと、スイス国際決済銀行の電子主権引出権分散型台帳技術暗号トークンへのロールオーバーの時代にあり、まもなく米国連邦準備制度と米ドルの覇権に取って代わるでしょう。

「このESDRDLTトークンが、新しい惑星規模の電子暗号システムを管理するために効果的に使用される前に、世界のすべての通貨が平行になる必要があります。つまり、アメリカによる地球支配、より正確には、シオニストに支配されたアメリカ経由の地球支配がなくなるということです。

「それは、ロンドン東インド貿易会社のシティの新しい出張所とロスチャイルドの3人の私生児に移っています。ベンジャミン・ネタニヤフ、ウラジミール・プーチン、習近平の3人です。

「もっと知りたければ、ロシア参謀本部のブリーファーであるアレクサンドル・ドゥーギン(父親はGRUの将軍、ロシア軍情報部の将軍)に相談するといいでしょう。

彼は1990年代半ばから、ソ連時代の積極策、非対称、小規模、運動、大規模なプロパガンダ戦争を使って、どうやってアメリカを崩壊させるかについて本を書いています。その方法の詳細については、KGB亡命者のユーリ・ベズメノフを参照してください。

"イスラエル、ロシア、中国がベルト・アンド・ロード開発で完全に一緒に組み込まれた今、ドナルド・トランプ政権が中東から撤退する理由がすべて明らかになりました。

"撤退が停滞している間、米軍と情報機関がペンタゴンと米国務省のイスラエル・ファースト派のネズミと格闘していた。[YouTubeのデプラを避けるために内容を削除しました]。

"しかし、ホワイトハウスの二重スパイ、ジャレッド・クシュナーがアメリカ大統領、ベンジャミン・ネタニヤフから命令を受けた後、彼はすぐにやって来ました[content deleted to avoid YouTube de-platforming]"。

"2016年10月のこの忌まわしい記事、バンティングの地図と中国の新シルクロード上のイスラエルを読んだ後、この記事を理解すれば、現在すべてが展開されている、グランドチェスボードの文脈が理解できるでしょう。"

   イスラエル系アメリカ人の政治学者で、GIS/Defense & Foreign Affairs DailyのシニアエディターであるYossef Bodanskyは、その9月号で、中国のアフロ・ユーラシア統合プロジェクトとBuntingのクローバーの葉のような世界地図の収束に関して洞察に満ちた記事を書いています。

    ハインリッヒ・バンティングはドイツのプロテスタントの牧師、神学者、地図製作者で、1581年に出版した代表作『聖典旅行記』では、重要な世界はヨーロッパ、アジア、アフリカの3大陸からなり、それぞれがクローバーリーフとして描かれている。 それらはエルサレムに集約され、それ以外の世界は関係ないとしました。

    ボダンスキーは「The History of What's Next」と題する論文で、バンティング地図は21世紀の世界の地政学的構造を最もよく表していると論じています。

 アラブ近代国家の終焉と「アラブの春」後のサイクス・ピコによって、「リビア、イラク、シリア、レバノンはもうないし、ヨルダンやイエメンもそう遠くはない。むしろ、生じているのは、大中東と再認識されたマッキンダー的世界秩序という大枠の融合である。 そして、エルサレムを中心としたクローバーリーフの世界は、中国の一帯一路プロジェクトに収斂していく。

中国の新シルクロードの重要な拠点としてのイスラエル
    中東におけるサラフィー・ジハード主義の台頭が中国の海外市民と資産、特にスエズ運河を経由する海上貿易をますます脅かす中、イスラエルは中国の新シルクロードの南回廊の戦略拠点として浮上しつつあります。

    世界最大の貿易国であり、世界貿易の95%以上を海上貿易が占める北京は、最大の輸出市場であるヨーロッパに到達するためにスエズ運河に大きく依存しており、その貿易額は2015年に521億ユーロに達しています。また、中東は中国が原油の半分以上を輸入している場所でもあるため、地理的な問題もあります。

    しかし、シナイ半島にはISISやアルカイダなどのイスラム過激派が存在し、中国の海上貿易を脅かしています。そのため、中国はスエズを迂回して紅海と地中海を結ぶイスラエル経由の地中海紅鉄の「鋼鉄運河」を建設中です。

    特に、2013年にアルカイダ系のアル・フルークン旅団が、北欧に向かうスエズ運河で、中国のCOSCOのコンテナ船をロケット推進手榴弾(RPG)を発射して攻撃した事件がきっかけです。

 スエズ運河での軍事行動と船舶検査の増加に伴い、海上保険会社のロイズ・リスト社は、喜望峰を回る6000マイル(約9700キロメートル)の長大なルートを取るよう船舶に勧告しており、アフリカ大陸全体を回り込むことになります。

“All these newfangled robots and drones will pour out to clean up any Americans still in love with their firearms. Hint, hint: your Barrett 50 will not save you. Welcome to the jungle.

“We are in the age of the Currency Reset and rollover into the Swiss Bank of International Settlements’ Electronics Sovereign Drawing Rights Distributed Ledger Technology crypto token, soon to replace the US Federal Reserve and US dollar hegemony.

“Before this ESDRDLT token can be used effectively to manage the new planetary-wide electronic crypto system, all the world’s currencies must be brought to parity. That means no US domination of the planet – or more precisely, no more Zionist-controlled domination of the planet via the US.

“That has moved on to the new sub-offices and Rothschild in the City of London East India Trading Company three bastard sons: Benjamin Netanyahu, Vladimir Putin and Xi Jinping.

“If you want to know more, consult Alexandr Dugin, briefer of the Russian General Staff, whose father was a GRU general or Russian military intelligence general. He’s been writing books since the mid-1990s on how to bring down the United States using Soviet Era active measures, asymmetrical, small-scale, kinetic- and large-scale propaganda warfare. I refer you to KGB defector, Yuri Bezmenov for the details on how that works.

“Now that Israel, Russia and China are fully embedded together on the Belt and Road development, it all becomes clear why the administration of Donald Trump is pulling out of the Middle East.

“While the pull-out was stalled, as the US military and Intelligence Community grappled with the Israeli-firster rats in the Pentagon and the US State Department [content deleted to avoid YouTube de-platforming].

“But he soon came around after the White House mole, Jared Kushner got his orders from President of the United States, Benjamin Netanyahu [content deleted to avoid YouTube de-platforming].

“After we have read this damning article from October 2016, Bunting’s map and Israel on China’s New Silk Road, understand this article and you will understand the Grand Chessboard context, in which all is currently unfolding.”

    Yossef Bodansky, an Israeli-American political scientist and senior editor of GIS/Defense & Foreign Affairs Daily, wrote an insightful article in their September issue regarding the convergence of China’s Afro-Eurasian integration project and Bunting’s map of the world as a clover leaf.

    Heinrich Bunting was a German Protestant pastor, theologist and cartographer, and in his masterpiece Itinerarium Sacrae Scripturae (Travel Through Holy Scripture) in 1581, he portrayed the world that mattered was comprised of the three continents of Europe, Asia, and Africa, with each depicted as a cloverleaf.  They converged in Jerusalem, and the rest of the world was irrelevant.

    In his article entitled “The History of What’s Next”, Bodansky argued that the Bunting map is likely the best depiction of the unfolding global geopolitical architecture of the 21st century.  With the demise of the Arab modern state and Sykes-Picot post-Arab Spring, “Libya, Iraq, Syria and Lebanon are no more, and Jordan and Yemen are not far behind.”

    Instead, what is arising is the merging of the greater Middle East and the greater framework of the reawakened Mackinderian world order.  And, the clover leaf world centred on Jerusalem is converging with China’s One Belt, One Road project.

    Israel as key node on China’s New Silk Road

    With the rise of Salafi-jihadism in the Middle East increasingly threatening China’s overseas citizens and assets, especially to their maritime trade via the Suez Canal, Israel is emerging as a strategic node on China’s southern corridor on the New Silk Road.

    As the worlds’ largest trading nation and with over 95% of global trade still being seaborne, Beijing is heavily dependent on the Canal to reach its largest export market in Europe—with trade volume at €521 billion in 2015. Geography matters, and the Middle East is also where China imports more than half of its crude oil.

    However, the presence of ISIS, Al Qaeda and other Islamic extremist groups in the Sinai are threatening China’s maritime trade. As such, China is building a “steel canal” of the Med-Red Railway through Israel to connect the Red Sea to the Mediterranean Sea that bypasses the Suez.

    This was especially prompted by an incident in 2013 when Al Furqun Brigade, an Al Qaeda affiliate, attacked China’s COSCO container ship by firing Rocket Propelled Grenades (RPGs) while it was in the Suez Canal en route to northern Europe. With increased military activity and ship inspections in the Suez, maritime insurance company Lloyd’s List recommended that ships take the 6,000-mile (almost 9,700 kilometers) longer route around the Cape of Good Hope—essentially around the entire African continent.

    こうした海運の遅れやリスクプレミアムは、中国にとって大きな代償となる。北京は、ユーラシア大陸を横断するシルクロード経済ベルト計画の一環として、鉄道や高速道路の陸上ネットワークを構築していますが、これらのルートは、重要な海上輸送回廊の代替ではなく、多様化のためのものなのです。

(サイバーテック2019」カンファレンスで講演するベンジャミン・ネタニヤフの映像に切り替わります。)

BENJAMIN NETANYAHU:「そしてそれは何かというと、基本的にはビッグデータ、IT、コネクティビティの出会いの場なのです。このネクサスからすべてが動かされているのです。すべてが!?ビッグデータAI接続性が小国を大国にするのです。

ビッグデータの接続性と人工知能AIの交差点 - そしてそれがロボット工学や遺伝学、その他おっしゃったすべての分野で行うこと - すべてが、我々の世界を急速に、次々と変えていき、未来はこの変化をつかめる人のものなのですから。私たちは、まさにこの変化の尖端、中心に位置しているのです。

"私たちはそれを受け止めることができる-そして私たちはそうしている。

この変化は、私たちを変え、かつてないほどのパワーと能力を与えてくれます。

しかし、私たちは今、サイバー分野で夢見た以上のものを補うことができる立場にあるのです。サイバーは真のパワーの領域です。

”イスラエルは今、サイバーパワーであり、水パワーであり、ソーラーパワーであり、農業パワーであり、ミルクパワーであることを想像できますか?

これは、イスラエルを非常に強力なものにしています。以前にはなかったような力と手腕を発揮しているのです。

しかし、私たちは今、私たちが夢見た以上のものを補う立場にあり、未来はこの変化をつかめる人たちのものなのです。

私たちは、この変化のまさに頂点に、この変化のまさに中心に位置しています。私たちはそれを手に入れることができるのです。
(ネタニヤフ講演ここまで)

記事の続きです。

地域大国としてのイスラエル

    このように、中国のシルクロード大戦略の主要拠点としてのイスラエルの台頭は、中国の戦略計算においてエルサレムを格上げするだけでなく、レッドチーム分析学会のジャン・ミシェル・バランタンが論じたように、米国の「保護国」から独自の「統合地域大国」というイスラエルの新しい地位を示し、「保護国」を求めるイスラエルの従来の物語を、パートナーを求める物語へと変化させるものでもあるのです。

    地中海のエネルギー・プレーヤーとしてのイスラエルの出現、不安定で弱体化したアラブ諸国がひしめく周辺地域での安定と強大な軍事力の継続、トルコやエジプトとともに中国主導の上海協力機構に加盟しての東半球への働きかけは、このように中東諸国と中英の間で利害を共有する新しい地域・国際システムをゆっくりと構築しています。

    しかし、シリアは、イスラエルと中国、そしてロシアやインドとの間でも、これらの国々のジハード主義者からなる反対派をエルサレムが支援していることから、依然として茨の道です。

    8月30日、シリアのイドリブにあるトルキスタン・イスラム党(TIP/ETIM)が、アル・ヌスラJabhat Fatah al-Sham(JFS)から資金提供を受け、トルコから調整した中国大使館へのテロ攻撃は、シリアにおけるテロの巣がいかに中国のエネルギー、海洋、人間の安全をますます脅かすようになっているかを物語っています。

    ロシア、中国、インドが現在、征服の軍隊でユーラシアの過激派と戦うのを助けているシリア政府への支援を強化している一方で、イスラエルは当然、サウジアラビア、トルコ、カタールに味方して彼らを支援しているが、これはエルサレムとユーラシアの新興勢力との間に誤解と誤算を生む危険性をはらんでいます。

    特に、中国の軍事顧問が現地に駐在し、ダマスカスとの最近の軍事協定によってその足跡が増える可能性が高い現在、イスラエルにとっては、ロシアと同様に、シリアに関する中国との牽制と危機管理のための協力基盤を確立することが重要です。

    イスラエルが、アンクル・サムの伝統的な「保護領」としての地位と、新たなパートナーとの「地域大国」としての軌道のバランスを取り、米国の利益だけでなく中国やロシアといった中東の新たなアクターの正当な利益をも考慮できれば、大中東が中国のアフロ・ユーラシア統合プロジェクトと融合し続ける中で移行を管理し比較的安定を保つのに役立つだでしょう。

そして、それとともに、バンティングのクローバーリーフの世界が復活し、歴史に戻ることになるかもしれません。

BRENDON O'CONNELL:「これでイスラエルと一帯一路プロジェクトの中心的な役割を理解いただけたと思います。中国が主導しているわけではありません。イスラエルが主導しているのです。イスラエルは中国に技術を供給しています。

「中国は、まず米国で勉強するか、イスラエルから手渡されることなしに、便座を革新することはできない。中国は技術革新者ではなく、深い不安の問題に苦しむトラウマを抱えた集団社会病質者の奴隷労働キャンプであり、命令に応じて大量のデータを吐き出すことができるのです。

    These shipping delays and risk premiums are costly for China. Although Beijing is building overland networks of railroads and highways as part of the planned Silk Road economic belt across Eurasia, these routes are a diversification, not replacement, of important maritime transport corridors.

Cut to video of Benjamin Netanyahu speaking at the Cybertech 2019 conference:

BENJAMIN NETANYAHU: “And what it is, is basically the meeting ground between Big Data, IT and connectivity. Everything is being driven from this nexus. Everything! Big Data, AI and connectivity is allowing small countries to be big countries, because the intersection of Big Data connectivity and Artificial Intelligence – and what it does in robotics and genetics and all the other fields that you mentioned – everything – that is changing our world in rapid, rapid succession and the future belongs to those who can seize this change. We are positioned right at the cusp of this change, right at the center of this change.

“We can take it – and we are. It’s changing us it’s giving us powers and prowess that we never had before. But we’re in a position now to compensate beyond anything that we dreamed of in cyber. Cyber is a real domain of power.

“Israel now is a cyber power, it’s a water power, it’s a solar power, it’s an agricultural power – it’s a milk power, can you imagine? This makes Israel very powerful. It’s giving us powers and prowess that we never had before. But we’re in a position now to compensate beyond anything that we dreamed of and the future belongs to those who can seize this change. We are positioned right at the cusp of this change, right at the center of this change. We can take it – and we are.”

Continuing from the article:

    Israel as a regional power

    Thus the rise of Israel as a key node in China’s Silk Road grand strategy not only elevates Jerusalem in China’s strategic calculus, but as Jean Michel Valantin of The Red Team Analysis Society argued, also presents a new status of Israel from a “protected power” of the US to an “integrated regional power” in its own right, transforming Israel’s traditional narrative of seeking “protectors” to one of seeking partners.

    The emergence of Israel as a Mediterranean energy player, its continued stability and robust military power in a neighborhood of unstable and weakening Arab states, and outreach to the eastern hemisphere by joining Turkey and Egypt in their applications to the China-led Shanghai Cooperation Organization, is thus slowly creating a new regional and international systems of shared interest between Mideast countries and the Middle Kingdom.

    Nonetheless, Syria remains a thorny issue between Israel and China as well as with Russia and India, due to Jerusalem’s support for the opposition that consists of jihadists from these countries.

    The August 30 terrorist attack on China’s embassy in Kyrgyzstan by Turkistan Islamic Party (TIP/ETIM) in Idlib, Syria, financed by the re-branded al Nusra Jabhat Fatah al-Sham (JFS) and coordinated from Turkey, demonstrates how terrorist haven in Syria is increasingly threatening China’s energy, maritime, and human security.

    With Russia, China and India now increasing support for the Syrian government that is helping them fight Eurasian militants in the Army of Conquest, while Israel understandably sides with Saudi Arabia, Turkey and Qatar to back them, this risks misunderstanding and miscalculation between Jerusalem and rising Eurasian powers.

    As such it is important for Israel to establish a cooperative platform for deconfliction and crisis management with China regarding Syria, as it has done with Russia, especially now that Chinese military advisors are on the ground and will likely increase its footprint with the recent military agreement with Damascus.

    If Israel could balance its status as a traditional “protectorate” of Uncle Sam and its emerging trajectory as a “regional power” with additional partners, and take stock not only of US interests but also legitimate interests of new Mideast actors such as China and Russia, it could help manage the transition and maintain relative stability as the greater middle east continues to converge with China’s Afro-Eurasian integration project.  And along with this, perhaps a resurrection of Bunting’s Cloverleaf world and a return to history.

BRENDON O’CONNELL: “Now you understand the central role of Israel and the Belt and Road project. China is not leading this. Israel is. Israel is supplying China the technology.

“China could not innovate a toilet seat without first studying in the US or having it handed to them by Israel. China is not a technology innovator, it’s a slave labor camp of traumatized collective sociopaths suffering deep anxiety issues, able to regurgitate large amounts of data on command.

"世界中の美しい中国人に悪気はなく、中には私が友人と呼ぶ人もいるが、彼らは中国に住んでいないし、中国で働いていない。彼らはあなたにすべてを教えてくれるでしょう。

"イランのソレイマニ将軍が暗殺された理由がわかったかもしれない。ロシアと中国の両方を憎んでいる男だ。「イラクでサウジ高官との会談に向かったと言う話も 筋が通る」 「彼はイランが汎アラブ民族主義やイスラエルの国境拡張に対する 抵抗勢力を叩き潰すのに利用されると知っていたのです。

"彼の事件は、コロナウイルスの前兆であり、スイスとドイツの銀行家が認めたダボスのドゥボーイ、ルハニとザリフの下支えでした。

私のチャンネルをご覧になれば-必ず-、聖書が予言する大イスラエルへのイスラエルの国境拡大が急務であることがおわかりいただけるでしょう。

私のチャンネルを見れば、"サイバー・テクノロジー・ジャガーノート "と呼ばれるイスラエルの重要な役割を理解できるでしょう。

私のチャンネルを見れば、ヨーロッパ、南北アジア、アフリカを横断する光ファイバーケーブルのデータ収集地点としてのイスラエルの中心的な役割を理解できるでしょう。

そして、私のチャンネルを見ていただければ、そのデータが人工知能やロボット工学の未来にとっていかに重要であるかがお分かりいただけると思います。

"中東"は、もうエネルギーの地政学的な重要ポイントではありません

そのシステムは今まさに解体されつつある。中東は新しいオイルの重要なポイントです。

即ち、データ、すべてを変えるAI量子スーパーコンピュータに供給するリアルタイムのデータです

私たちにできることは?まあ、何もできないでしょう。

私たちは皆、コロナと金融危機で死ぬでしょう。そして、ゾンビがやってきて、私たちを殺すでしょう。

だから何をするにしても、何も考えるな、何も計画するな。

同志諸君は受動状態から抜け出せず、国家公認の政府機関からの指示を待つのみです。

"彼らにはロボットとドローンが必要です人間は彼らのシステムの重要な脆弱点であり、彼らは目を覚まし、服を着て家を出ている。

目覚めただけでは不十分です、家を出なければならないのです。

今、目が覚めて、まだベッドの中にいる。着替えて、健康的な朝食をとって、さっさと家を出なさい!

"時間はあるけれど、なにも直せない。私たちには力がない、と自分に言い聞かせてしまえば、何かを解決することはできません。私たちには十分な力があり、重要な場所には多くの支援者がいるのです。

「私の話を知っている人なら、もし権力者たちが私を後押しし、ウインクしたりしてくれなかったら、私はまだ生きていたと思いますか?

彼らは私にこう言い続けました。君の仕事は簡単だ。今話したことを理解し、表現することだ」。

「イスラエルとロンドン東インド貿易会社とそのシンクタンクの代理人が、アメリカで政策を練っています。大イスラエルのために中東を平定し、マッキンダー世界島をロスチャイルドの私生児、ビビ(ネタニヤフ)、ブラド(プ-チン)、習に渡すための政策です。

「かつて我々はそれを共産主義と呼んでいました。今、それは『コミュニタリアニズム』と呼ばれています。新しいミレニアムのために、このイデオロギーのねじれを理解する必要があります。古い時代遅れのイデオロギーと同じように、新しい世代のために自らをドレスアップする必要があるのです。

「作られた危機を利用して、米国とその憲法を破壊することを理解せよ。

米国を自由にすれば、世界を自由にできることを理解せよ。

「銀行家は敵です。2008年に米国経済から5兆ドルを盗み、自分たちにボーナスを支払った、捕食的で国際的な、国境のない高利貸しです。

「その5兆ドルはどこに行ったのか?その疑問をぶつけてみよう。どこに行ったんだ?消えたんじゃない。消えたのではなく、移動したのだ。一帯一路の代償は何だと思う?

「我々は社会経済的崩壊から米国を守る必要があるアメリカの軍産複合体のハイテク部門を強くする必要があります。イスラエル、ロシア、中国をハイテクから切り離す必要がありますイスラエルは常に米国からハイテクを盗んでいます

「米国の製造業や重工業は(アジア、特に中国に移転したように、)米国からイスラエルに移転している技術分野です。

「サプライチェーンをメキシコや中南米に移さなければなりません。貨幣を印刷したり暗号を発行したりする権限を、透明な政府政策に基づく客観的な経済データに戻さなければなりません。

「我々は、米国の同盟国をロスチャイルドの私生児(3人)から守らなければなりません。我々は、政治的な意思決定プロセスへの市民の参加を奨励し、さらに要求する新しい社会政策を作成する必要があります。

「複雑な専制的ビッグブラザー監視システムのもとで、地球全体を奴隷にするための偉大な陰謀的銀行オカルトプログラムの本当の歴史を教える学校カリキュラムを発行しなければなりません。

“No offense to beautiful Chinese people all over the world, some of which I call my friends but they don’t live and work in China. They’ll tell you all about it.

“Now you might understand why Iranian General Soleimani was assassinated: a man who hates both Russia and China. The story that he was heading to a meeting with Saudi officials in Iraq makes sense, as he realized Iran was being used to smash pan-Arab nationalism and resistance to the expansion of Israel’s borders.

“His take-out was the precursor to coronavirus and the propping-up of the Swiss- and German banker-approved Davos doughboys, Rouhani and Zarif. If you watch my channel – and you must – you will understand the urgent need for the expansion of Israel’s borders into the Biblically-prophesied Greater Israel.

“If you watch my channel, you will understand Israel’s key role as a quote ‘cyber technology juggernaut’.

“If you watch my channel, you will understand the central role of Israel as a data collection point for the fibre optic cables that will cross from Europe, North and South Asia and Africa.

“And if you watch my channel, you will understand how vital that data is for the future of Artificial Intelligence and robotics.

“The Middle East is not a vital geopolitical point for energy anymore. That system is being dismantled right now. The Middle East is a vital point for the new oil: data, real-time data to feed the AI quantum supercomputer that is going to change everything.

“And what can we do? Well, nothing. We’re all going to die from corona and financial doom and the zombies will come and finish us off, apparently.

“So whatever you do, don’t think and don’t plan. Stay stuck in your hyper-vigilant passive state and await instructions from your relevant state-approved government body, comrades one and all.

“They need robots and drones. Human beings are the key vulnerability in the system and they are waking up and they’re getting dressed and getting out of the house. Being woke is not enough, you have to leave the house, for God’s sake. You’ve woken up but you’re still in bed. Get dressed, have a healthy breakfast and get the hell out of the house!

“We have time but we can’t fix what we can’t name. We can’t fix what we cannot articulate and plan for and we cannot fix something, if we keep telling ourselves we have no power. We have plenty of power and we have plenty of supporters in all the right places that matter.

“If you know my story, do you think I would still be alive and kicking, if powerful people did not give me a nudge and a wink from the sidelines? They kept telling me, ‘These things are handled quietly, Brendon. Your job is simple. Understand and articulate the subjects just discussed:

“Israel and the City of London East India Trading Company and their think tank proxies that are formulating policy in the US; policy that is designed to make the Middle East safe for Greater Israel and hand the Mackinder World Island to Rothschild’s bastard sons, Bibi, Vlad and Xi.

“We used to call it Communism. Now it’s being called ‘Communitarianism’ and you need to understand this ideological twist for the new millennium. Like any old out-of-date ideology, it has to dress itself up for the new generation.

“Understand the subversion of the United States and its Constitution, using manufactured crises.

“Understand if we free the United States, we free the world.

“The bankers are the enemy. The predatory international, borderless loan sharks; the people who stole $5 trillion from the US economy and paid themselves bonuses, back in 2008.

“Where did that $5 trillion go? Ask the damn question. Where did it go? It didn’t disappear. It was transferred. What do you think is paying for the Belt and Road?

“We need to protect the United States from socioeconomic implosion. We need to keep the US military-industrial complex high-tech sector strong. We need to cut off Israel, Russia and China from high technology; high technology that Israel is constantly stealing out of the United States.

“A technology sector that is being transferred from the US to Israel, just as US manufacturing and heavy industry was transferred to Asia and in particular, China.

“We must bring the supply chain to Mexico, Central and South America. We must return the power to print money or issue crypto to the objective economic data based on transparent government policy.

“We must protect the allies of the United States from Rothschild’s bastard sons. We must create new social policies that encourage and even demand citizen participation in the political decision-making process.

“We must issue new school curriculums that teach real history: the history of the great conspiratorial banking occult program to enslave the entire planet under a highly complex tyrannical Big Brother surveillance system.

「人間の希望、夢、生存権を考慮し、技術革新のスピードを制限するような政策をとらなければなりません。

人工知能とロボットという貨物列車は、確固たる政策と合理的なコミュニティーの議論によって、直ちに鈍化(廃止)させなければなりません。

「そして、最後にもうひとつ。占領下のパレスチナに2個海兵隊を直ちに上陸させ、ユダヤ人過激派入植者運動をすべてロシアに追い出し、イスラエル国家を武装解除して、ユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒が平等に代表する世俗政府を作り、イスラエルの軍産複合体とハイテク分野を解体して、すべて米国に輸送するのです。

彼らに議論を誘導させるのはやめよう。私たちを支援してくれる人は、もっと高いところにいる。彼らは大衆の気分次第で静かに行動し、動く。だから、適切な方法で、適切な場所で、機運を盛り上げましょう。

「情報エネルギーを、銃とそれを使う合法的な権限を持つアメリカ軍に集中させるのです。

「路上で自律型殺人マシンに出会うまであと10年です。今、動き出しましょう。

***

あとがき(forbiddenknowledgetv)

オーストラリア人のブレンドン・オコーネルは、ショッピングモールでパレスチナの旗を掲げてデモを行い、その結果、シオニストと口論になった動画を投稿し、3年間収監されました。

彼の行動が不愉快で扇動的であったとしても、私は彼が3年どころか刑務所に入るに値するとは到底思えません。

彼は、ニュージーランドに亡命を試みた後、再び収監されました。それ以来、彼はイラン、マレーシア、そして最近ではメキシコで逃亡を続けています。

私は反ユダヤ主義を軽蔑しており、私のウェブサイトではそれを許しません。彼の最近のビデオを見る限り、オコネルが反ユダヤ主義者であるとは私には見えません。

彼は、ある者が「6000年前の死のカルト」と呼ぶもの、あるいは他の者が「ハザリアン・マフィア」と呼ぶもの、すなわち敵を反ユダヤ主義者として非難する犯罪的銀行家悪魔主義者の犯罪に反対しているのです。

“We must instigate policies that limit the speed of technological innovation to take into account human beings; their hopes, their dreams, their right to exist.

“The freight train rushing towards us of Artificial Intelligence and robotics must be immediately blunted with firm policy and rational community discussion.

“And one final thing. Sounds a bit extreme but I’m being deadly serious: immediately land two marine divisions in Occupied Palestine, eject all of the Jewish extremist settler movement back to Russia, disarm the Israeli state and create a secular government with equal representation for Jews, Christians and Muslims, dismantle the Israeli military industrial complex and high technology sector and transport it all back to the United States.

“Let’s cease letting them direct the debate. There are people in higher places supporting us. They will act and move quietly, according to the public mood, so get moody in all the right ways and in all the right places.

“Focus your information energies on the United States Military, the men and women with the guns and the lawful authority to use them.
“We have 10 years before we face autonomous killing machines on our streets. Let’s get moving.”

***
AFTERWORD

Australian Brendon McConnell was imprisoned for three years after demonstrating with a Palestinian flag in a shopping mall and posting a video of the resulting altercation that he had with Zionists there. As obnoxious and inciteful as his actions may have been, I have a hard time believing that he deserved to go to prison, let alone for three years. He was jailed again after attempting to seek asylum in New Zealand. Since then, he’s been on the lam in Iran, Malaysia and most recently, in Mexico.

I despise anti-Semitism and I do not allow it on my website. From his recent videos, it does not appear to me that O’Connell is an anti-Semite, he is against the crimes of what some call the “6,000 year-old death cult” or what others would call the “Khazarian Mafia”, i.e., criminal bankster Satanists who accuse their enemies of anti-Semitism.

刻々と、AI(と様々なロボット)が支配網を拡大している、

​​我々は覚醒だけでは不十分で、
表に出て、覚醒したことを顕わにしていく必要がある、

周りは、未だにベッドの中に居る人が多いゆえ、

となるわけだが、思ったのは、
近未来は(AIとかロボットとか)、
ドー見ても、殺風景な風景しか浮かんでこない、

で、創造性の世界に生きると言うのは、
実は、最大の攻撃になるのではと、

生命活動の基本常態は睡眠にある

日中の活動は、すべて「睡眠のため」に目覚めると、
単調なパターンにもこだわらなくなる、
何をしていてもいいのだ、目的は熟睡のため、

​見えない世界が見える世界を創っている​
魂がすべてであり、
生命に思考と肉体を与えるものです。
身体に創造する力はありません。
この錯覚が、多くのフラストレーションの原因です。
身体は、純粋な結果であり、
原因となったり創造する力もないのです。

即ち、​​NWOが仕掛けてくるAI戦略の対策の極意は、
何はともあれ、ITから離れ
何もせず、安眠をむさぼり、怠惰に過ごす、
でいいんじゃないの、







最終更新日  2022年06月30日 10時10分15秒
コメント(1) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:NWO支配対抗策としての非IT生活の勧め(06/30)   NO ORDER さん
その道の奥義を極めたマスターを知っています

猫様です

常に訳わからない意味不明な動きで
人間の理性を撹乱し我が道を行き
テキトーに寝そべって寛いでおられます

社会に過剰適応して媚を売ることで生活の安泰を図る生き物である人類を小馬鹿にした態度
用があるときだけ擦り寄ってくる
礼儀というモノをわきまえない
お金も持たず服も着ていない
あのふにゃふにゃした 
例の連中です

人類の存亡をかけた生き残りの為
我々は 
奴らに教えを請うべきでしょうか?
弟子入りすべきでしょうか?

https://m.youtube.com/watch?v=gpaxdsv_3AY& ;t=23s&pp=2AEXkAIB

https://m.youtube.com/watch?v=Dy43J76bIwE& ;t=24s&pp=2AEYkAIB

https://m.youtube.com/watch?v=TR6D89JSgTM (2022年06月30日 07時46分55秒)


© Rakuten Group, Inc.