2020年11月28日

ネット遮断が近づいている

カテゴリ:ミニストリー
詐欺国家イスラエルの欺瞞暴露で有名な​チャックボールドウィン


​https://libertyfellowshipmt.com/store​
​シオニズムのレンズを外したら by Chuck Baldwin

その彼の今週のメッセージ、


​​​Thanksgiving In America Is The Heart Of America​​(動画)

元々、米国の建国前に神に感謝を捧げる日が定められていた、

その感謝デーは1676年6月29日である、

今では七面鳥を食べる日に変ってしまったが、
本来の感謝の日にもどらなければならないと、

今回のコロナ禍、彼のいるモンタナ州も大変で、
教会の礼拝出席者が途絶え、他教会では、
次々に閉鎖を余儀なくされているらしい、
(もっとも彼によれば、サタンの攻撃に屈した結果だと、)

で、気になったのがこの話題、​

サイバーアタックがあるだろうと、

ボールドウィンの教会のアウトリーチの9割は外部で、
献金収入も9割が外部、

即ち、実質、オンラインチャーチとなっており、
コロナ禍でも強靭さを発揮している、

その彼が警戒/警告するのがネット遮断で、
非常に敏感になっている(と思われ)、

おそらく、ブラックスカイや、

​次のイベント「ブラックスカイ」​

ダークウィンター、


​暗い冬

グレートリセット、


​次のクライシスはコロナよりもでかい​

を踏まえての発言であろう(と思う)、

現在、オンライン(アマゾン)では、
反シオ二ズム神学書が次々削除されている、
(Drコワンの感染神話など、発売前に消された!?)

マシューヘンリーのコメンタリー然りで、
現在、アマゾンで扱わなくなった書籍は教会で扱っているが、
日々、サイト攻撃が増してきて、それも難しくなりつつある、

これまでも、デボラとかの情報が入っていたが、
サタンの霊的性格の攻撃が、イスラエルを糾弾する教会へ、
ネット遮断としても行われようとしているわけで、

コロナが佳境に入って混乱している現在、
Kシュワブが強調するサイバー攻撃(停電)は現実味を増す、

今日はこれを聞いて、思わず保存食を買ってきてしまった、






TWITTER

最終更新日  2020年11月28日 02時05分54秒
コメント(0) | コメントを書く