2020年11月30日

「感染神話」の訳本

カテゴリ:ミニストリー

目次だけでもお母さんにメールしておこう、

https://twitter.com/jimakudaio/status/1332931103032700929 
The Contagion Myth目次

パート1:細菌理論を暴く

第1章:伝染
ピンポン玉と壁:コッホ原則、
リバース原則、
ルイ・パスツールがいかにインチキをしたか、

第2章:電気と病気
初期の電気実験、
世界的電気化とインフルエンザ、
世界的ラジオ波とスペイン風邪、
スペイン風邪は伝染性ではない、
携帯と増加する死亡、
5Gの実装とCOVID19の蔓延、
電気感受性の症状、
ミリ波テクノロジーによる害の証拠、

第3章:パンデミック
彗星と黒死病、
虫毒と環境毒、
ドクター・チャールズ・キャンベルが天然痘の謎を解く、
蚊に対するコウモリ、
ロベルト・コッホが結核についていかにインチキをしたか、
ウエスタン・プライスによる結核の観察、
ポリオとDDT、
ワクチンによる麻痺、
ネイティブ・アメリカンの病気、
ステファン・ランカとはしかウイルス(ドイツ最高裁判決)、

第4章:エイズからCOVIDへ
ガンとの戦いからエイズとの戦いへ、
エイズの本当の原因、
エイズ患者へのAZT(アジドチミジン:抗エイズ薬)、
武漢のCOVID流行、
中国研究はウイルスを見出していない、

第5章:検査詐欺
コロナウイルス検査の不思議の国のアリス、
ステファン・ランカの話、
コロナウイルスの失敗した狩り、
PCR検査とゴールドスタンダード、
抗体検査、

第6章:エクソソーム
ルイ・パスツールと感染理論、
社会的ダーウィニズム、
顕微鏡と微生物、
エクソソームはウイルスである、
恐れとストレスがエクソソームを作り出す、
協力的事業としての自然(の性質)、

第7章:共鳴(Resonance)
ウイルス学と分岐点(分かれ道)、
生命の本質、
共鳴の発見、
共鳴と小児疾患、
共鳴と進化、

パート2:病気の原因は何か

第8章:水
ジェラルド・ポラックとギルバート・リングの仕事、
水の4つの相、
細胞内における水と電気的プロセス、
命を授ける水の特徴、

第9章:食物
ベジタブルオイル、
動物性脂肪と細胞膜の一貫性、
5Gとナイアシン不足、
現代商業における食物の置き換え、
植物ベースの食事、
生ミルク、骨スープ、発酵食品、塩、電子レンジ、

第10章:毒物
古代世界での毒物、
現代の毒物、
食物中の毒、
現代の薬剤、
グリホサートと生物燃料、
アルミの時代、
ワクチン中の毒物、

第11章:心、身体、恐れの役割
現代社会において最も蔓延する毒物、
我々の意識を超えて世界を作る、
いかに恐れとウソが病気に導くか、

パート3:選択

第12章:COVIDに疑問を持つ
COVIDは低く見積もり過ぎ?高く見積もり過ぎ?、
警告的症状、
治療/処置、
マスク、
ソーシャル・ディスタンス、
5Gと感染の現われ

第13章:COVID19ワクチン
ジェンナーと天然痘ワクチン、
パスツールと狂犬病ワクチン、
免疫のドクトリン、
現代のワクチン製造法、
ワクチンの問題点、
新たなエチケット、
電気スモッグのクリーンアップ

第14章:5Gと人間の未来
人間とは何か?
5Gと地球の未来、

エピローグ
付録A:水
付録B:バイオジオメトリとEMF(電磁波環境)緩和
付録C:何を食べるべきか​​

追加)
オンラインブックから最初の巻頭言の訳

​​by共著者サリー・ファロン・モレル(抜粋)

最近の歴史の中で最も致命的な伝染の例である1918年のスペイン風邪の大流行の間、医師はこの病気の世界的な広がりを説明するのに苦労しました。

それは推定5億人(地球の人口の約3分の1)を病気にし、2000万から5000万人を殺しました。

それは世界のさまざまな地域で自発的に現れ、多くのアメリカの軍人を含む若くて健康な人々を襲いました。

一部のコミュニティは、学校、企業、劇場を閉鎖しました。

人々は、伝染を止めるために、マスクを着用し、握手を控えるように命じられました。

しかし、それは伝染性でしたでしょうか?

当時の保健当局は、スペイン風邪の原因はファイファー菌と呼ばれる微生物であると信じており、この微生物がどのようにして急速に広がるのかという問題に関心を持っていました。

その質問に答えるために、米国公衆衛生局の医師は、病気の人の鼻、喉、上気道から粘液分泌物を収集することにより、18歳から25歳までの100人の健康なボランティアに感染させようとしました。

彼らはこれらの分泌物を志願者の鼻、口、肺に移しましたが、そのうちの1人も感染しませんでした。

病気のドナーの血液がボランティアの血液に注入されましたが、彼らは頑なに健康を保っていました。

最後に、彼らは咳で苦しんでいる人々に健康なボランティアに咳をするように指示しましたが、結果は同じでした。

即ち、スペイン風邪は伝染性ではなく、医師は細菌に責任を負わせることができませんでした。

パスツールは、健康な人体は無菌であり、バクテリアが侵入したときにのみ病気になると信じていました。

これは、1世紀以上にわたって医療の実践を支配していた見解です。(中略)

今日、コロナウイルスは伝染性があり、病気を引き起こす可能性があるという前提は、国家全体を封鎖し、世界経済を破壊し、何十万人もの人々を失業させる正当な理由となっています。

しかし、コロナウイルスは伝染するのでしょうか?

一人の人間がコロナウイルスを他の人に感染させて病気にすることができるのでしょうか?

それとも何か他の何か、外部からの影響で、弱者の病気を引き起こしているのでしょうか?

これらの疑問・質問は、公衆衛生関係者を不安にさせ、怒らせます。

なぜなら、現代医学の基本は、感染可能な微生物が病気を引き起こすという前提に基づいているからです。

私は『栄養ある伝統』やその他の著作の中で、低温殺菌(パスツールの細菌説がもたらす負のダメージ)が牛乳の良さを破壊してしまうこと、生の全乳は本来安全で治癒的なものであること、特に成長期の子供たちにとって重要であるという革新的な考えを提示しました。

私たちの食生活は、動物性脂肪を欠くべきであり、子供たちは処理されたスキムミルクで育つべきであり、5歳になる前に何十回もワクチンを接種するのは問題ない等々の考え方の結果は、私たちの子供たちへの計り知れない苦しみ、大人の慢性疾患の流行、および私たちの食糧供給の質の深刻な低下をもたらしました。(中略)

同僚のトム・コーワンと一緒に、微生物が病気を引き起こし、咳、くしゃみ、キス、抱擁によってこれらの病気が人から人へと広がる可能性があるという現代医学の神話への反論を提示できることを嬉しく思います。(以下略)

このイントロだけでもためになる、

感染神話はもうだいぶ慣れてきたが、これは驚き、

ミルクは牛の飲み物だから体に良くない神話!?

実は低温殺菌(細菌説に基づく処置)こそが本当の問題で、
生ミルクは滋養によいと、

ドッヒェー!

これだから、ネット情報は鵜呑みに出来ないのだ、

参考)
​​【思いやりファームの生乳】牛乳とは違う”生乳(セイニュウ)”を絶対に飲みたくなる話  2020年5月30日(https://yun-chan.com/blog/omoiyarifarm1/)​​






TWITTER

最終更新日  2020年11月30日 20時17分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[ミニストリー] カテゴリの最新記事