853092 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大型高級魚専用 nogumagu水産

PR

Freepage List

Free Space

Recent Posts

Favorite Blog

本日のカレー カツ… New! aibopapaさん

激しい New! チャップままさん

キノコ ジョンリーフッカーさん

しょーこのヘボヘボ… しょーこ0819さん
釣りおやじどっと混む ターチさん
開運千社札 Leadcoreさん
釣り広場 スミ王さん
みぃさんのお部屋 ☆みぃー☆さん
panfish diary panfishさん
料理の別人 む〜さん63さん

Category

Aug 29, 2006
XML
カテゴリ:魚の見分け方
相模湾にも青物の季節がやってきた!こないだはソーダガツオがいっぱい釣れたよ。

ソーダガツオ?宗田節と聞けばピンと来たあなたはラーメン通かも知れませんね。最近はこだわりラーメンのダシにも使われてますなぁ。四国ではヒメカツオ、三浦、湘南ではマンダラなんて呼ばれています。このソーダにはヒラソーダとマルソーダの2種類がいるんだ。大型のものなら名前のとうり体型で区別が付くのだが小型のものはわかり難い。ポイントは側線部分!

上がヒラ 側線が尾にかけてキュンと絞られ細くなっている。
下がマル 側線が尾にかけてだんだんと細くなっている。

ソーダ

なぜ見分ける必要があるかというとマルソーダは生食では消化不良を起こすことがあるのであまりお勧めできないんだ。一方ヒラソーダは脂が乗っているとカツオにも勝る美味な刺身が味わえる。
加熱する料理法ではカツオ同様に角煮、そぼろ、そして漁師がよくやるシンギリという塩漬けもおいしいからマルソーダでも試してみてください。

青物全般に鮮度落ちがし易いのでクーラーは氷を張った海水氷できっちり絞めて持ち帰える事をお忘れなく。一説によるとカツオが暴れると体内の温度は30℃を超えるそうだ、ひどい場合はその熱により黄色く身が黄変することもある。暴れる前にナイフで〆たり、氷水に突っ込んだりして急速に温度を下げるのがおいしく持ち帰るコツ。漁師は落とすことも暴れて鮮度が落ちるから嫌うらしい。釣れてから海水汲んでるようじゃおいしいカツオは食えないよ。






Last updated  Aug 30, 2006 12:49:02 AM
コメント(12) | コメントを書く
[魚の見分け方] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.