2019年09月23日

Move. 2ndAlbum Mirror リリース記念 東北ツアー at Modernjazz&snack KABO 2019.9.22

カテゴリ:JazzLive


Moveと名乗るギタートリオそのベーシストがバイソン片山さん繋がり
ギタリストはお付き合いあるマスターの紹介から大村亘さん繋がりを知る
でもってもう一人ドラマーは未ですがトリオになくてはならない”絆”(^^♪
箱がカーボときては色んな繋がりがあって台風雨荒波の日曜日ですが
メンバー中唯一一度聴いている永見寿久さんの熱意ある
来月また足を運んでいただけたら嬉しいですと告知宣伝に
やっぱりここは聴いてみようかと思うのでありました。。
Move. 2ndAlbum Mirror リリース記念 東北ツアー
at Modernjazz&snack KABO

2019年9月22日 sun start 20:15
Move
池戸祐太 g
永見寿久 b
河村 亮 ds
Modernjazz&snack KABO
〒980-0811
仙台市青葉区一番町四丁目5-17
TEL:022-261-3792
FAX:022-267-5259
│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌
└└└└└└└└└└└└key-san♪


早めにカーボ到着でしたがもう既にお客さんはテーブル席に
この日はいつものカウンターへすんなりと着席です!
あゆじさんも見えては”そうかバイソンさんの時にセッションしてた”なあと
オンタイムなのか早めなのかメンバーステージに立ってスタートです。



永見さんがMC担当のようでオープニングは”僕の”とタイトルも言っては
ベースを弾きだすイントロがベースです!まあそうでしょう(^^♪
いつの間にかと言うかそのままテーマまで弾き切ってるかなと
ギターとドラムはバッキングですがしっかり此処にいるよと言った感じにOK
ベースが鳴りを潜めて行ってはギターの池戸さんが
足元で切り返してはシングルトーンがコンテンポラリーな感じに響かせる!
フリージャズとはいかないまでもスタンダードな感じはありません音符きらきら
ドラムはギターとバースでソロをかな?
いやギターとドラムがバトルしてくる白熱がビシバシと(^^♪
そんな熱演もエンディングではベースがテーマを弾きだしてはエンディング
何と言うかやっぱりコンテンポラリーなスタイルのトリオです!!



セットリストはメンバーのオリジナルをとの事です!
続いては池戸さんのオリジナルで♪ミラー~
イントロからテーマと聴いていくうちにもうギターがどこまでも行く!
ベースとドラムはシュアーなリズムでがっちりボトムを支えています。
池戸さんはエフェクター駆使してはナチュラルなリヴァーブを重ねたり
変幻自在にフレーズを繰り出してはとアバンギャルドな奏法かな!?
途中ベースソロも芯のある音で力強く美しい響きを放っては
永見寿久インプロヴィゼーションを感じさせるのです!
バッキングしていたギターが入れ替わる様にメロを弾いていっては
トリオアンサンブル的なニュアンスでエンディングへと行くのでした🎶



3曲目には河村さんが登場です(^^♪そうです曲がです(^^♪
シングルトーンのギターが旋律を響かしてはテーマを
ソロへはベースが一気に入るにけどミディアムに緩やかに音を爪弾く音符きらきら
ギターもメロを紡ぎだす様にそして足元のエフェクターも色んなトーンを音符きらきら
ドラムのソロは無かったけど河村さんは二人のソロとしっかりシンクロOKNEW



先ずは3人おオリジナルを演奏してはスタンダードをと
♪ザ・ニアネス・オブ・ユー~ギターのイントロが正に・・・。。
テーマのギターを聴いては実にスタンダードです(^^♪
ソロに入って行ってはしっかり聴かせるスタンダードです!!
一音一音が癖のないナチュラルな響きを広げていきますいい感じに🎵
ベースのソロとて実にスタンダードです(^^♪
ドラムのブラシもシュワシュワサクサクと実にスタンダードです(^^♪
聴かせてくれる♪ザ・ニアネス・オブ・ユー~に感謝の気持ちが・・・。



ラストとなっては永見さんのベースがブルンブルン震わすインから
三者が一体に聴かせる音圧がハイテンションで心地よくです!!
ギターソロからもハイテンションコンテンポラリーの音たちが
そこにはベースとドラムのパッセージのあるスリリングなラインが解き放たれる!
ギターソロが終わっては河村さんの独断場のソロが展開!!
なんとも歯切れ良く抜けのいいダイナミックなドラムソロに圧倒です🎶
永見さんのソロでの見せ場はなかったけどギターとドラムへ
グイグイプッシュして煽ってるかなの面白さも見え隠れのベース!?



1stセットリスト
♪ウォーク・オン・リバーサイド~永見寿久
♪ミラー~池戸祐太
♪ナイト・ウォッチ~河村 亮
♪ザ・ニアネス・オブ・ユー~Hoagy Carmichael
♪ハイ・ファイブ~永見寿久
2ndセットリスト
♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♪~池戸祐太
♪リペント~?
♪パッセージ~河村 亮
♪8.14~池戸祐太
♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♪~河村 亮
enc♪モーメンツ・ノーティス~John Coltrane



2ndセットも当然ですがオリジナルナンバーがです。
1曲目に池戸さんの曲をと言ってはシンバルが一発強打からのイン(^^♪
バシャーンと鳴り響いてはスタートの合図だったのか?
三人が揃ってスタートはもうグイグイと走って行く!
どう展開して行くのかと思う頃にベースがソロを弾き始めては
ドラムが結構大胆に絡んでいくバトル合戦の様相・・・。
そこへギターも参戦して行ってはなり潜むようにギターの音色だけが音符
池戸さんここでも強烈なビブラートを効かせては変幻自在のフレーズを
これでもかと言った具合に繰り出して来ては圧倒的な高まりを見せます上向き矢印
池戸さんのギターはそのままにエンディングまで弾き響かせるのでした🎶



次も何方の曲だったかは?ですがオリジナルで♪リペント~
ギターのエフェクター使ってはふんわかトーンが広がってのイン
ここも池戸さんのギターフィーチャーでしょう?きっと!
最初から最後までトリオアンサンブル的な曲調でした!?
3曲目に河村さんのナンバーで♪パッセージ~と言ったかな?
1stで聴いた同じようなミドルテンポの曲調です
今ちょっとまさしくコンテンポラリーでこのナンバーも三位一体!
誰彼がも無くMoveとしてのサウンドをアバンギャルドな味をです(^^♪
続いては”新曲です”と永見さん言っては
池戸さんが8月14日に出来た曲でタイトルはどうなのか・・・?
ギターとベースがガチンコでバトルしてはグイグイのベースソロから
ギターソロとなってはエフェクター駆使のソロが繰り広がれていく
演奏終わっては永見さんが”♪リバーシブ~でした”と一言・・・。



ラストには河村さんのと言ったかタイトルは??
ベースがテーマを弾いてはギターとドラムはいい塩梅にバッキング
そのままソロ突入しては張り詰めた弦を強力く弾いては息詰まるベース!!
ギターソロへと渡って池戸さんもそこはもう次第に熱く展開し
力感溢れるピッチカートに圧倒されます!
ここではドラムは何故かソロはないのですがベースとギターのソロの時には
グイグイプッシュしては”絆”の尊いそして面白コンビネーションがです(^^♪
エンディングとなっては拍手とイエイの声援が飛びアンコールの拍手もOK
アンコールにはジョン・コルトレーンの♪モーメンツ・ノーティス~
テーマからソロへとテナーサックスは居ないけどMoveギタートリオ
オリジナルナンバー以外も当然しっかり演って聴かせます(^^♪
Move. 2ndAlbum Mirror リリース記念 東北ツアー at Modernjazz&snack KABO





TWITTER

最終更新日  2019年10月18日 16時00分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[JazzLive] カテゴリの最新記事