1400422 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

タイガース非公式サイト

PR

Profile


タイガース非公式サイト

Calendar

Category

Comments

 とらきーちゃん@ Re:日産シーマが消える(11/05)  おはようございます ペコちゃん情報です…
 タイガース非公式サイト@ Re[1]:徳井はもう許されないだろう(10/29) クラッチハニーさんへ お久しぶりですね。…
 クラッチハニー@ Re:徳井はもう許されないだろう(10/29) 非公式さんへ おはようございます ご無…
 タイガース非公式サイト@ Re[1]:まだ諦めないでほしいが・・・(10/25) チビX2さんへ 高校時代から見て来たので、…
 チビX2@ Re:まだ諦めないでほしいが・・・(10/25) こんにちは😃 肩や肘は治っても一時的かも…
 タイガース非公式サイト@ Re[1]:中身のない会見(10/19) ヒロくん2010さんへ こんにちは。 4〜5…
 ヒロくん2010@ Re:中身のない会見(10/19) コメントいただき有難うございました。 …
 タイガース非公式サイト@ Re[1]:5年ぶりCSファイナル進出(10/07) ヒロくん2010さんへ おはようございます。…

Favorite Blog

ここどこ??(苦笑) New! とらきーちゃんさん

(一)カラーコーン… New! YOSHIYU機さん

西武鉄道ウォーキン… New! ヒロくん2010さん

昨日の料理と歩数 … New! パピー殿さん

流れ星に願いを✨ New! チビX2さん

巨額に二年契約? New! チョーサン8278さん

コロの散歩と高齢者… New! クレオパトラ22世さん

切腹最中・半分青い花 New! じじくさい電気屋さん

Headline News

Freepage List

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

球界ご意見番「もの申す」

2016.09.13
XML
近づくシーズンオフ
 ちょっと前に来季構想外となりそうな選手たちについて書きました。やや関連する話として、今日はドラフト1位選手の動向について見てみます。鳥谷選手が入団した2003年以降を振り返っていきます。
 なお、年月日はドラフト会議が実施された日で、通算記録の数字は2015年までのものです。黒字はタイガースで現役、青地はトレード等で他球団で現役、赤字はNPBを去った選手です。
 過去13年間ですが、1位ともなると、簡単にやめさせられないこともあって、現役でいる選手が多いです。それでも、すでに去った人、かなり厳しくなってる人もいます。
 
2003年11月19日
 自由獲得枠があり2名まで逆指名出来た。大学生2名を選択。
鳥谷 敬 早稲田大学 内野手

1688試合6199打数1766安打719打点126本塁打 率.285

 通算数字は別格。2016年も現役。1年目から100試合以上出場を継続。ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞4回、最高出塁率など受賞多数。
 2015年から5年契約。長くショートの不動のレギュラーを譲らなかったが、2016年は不振で連続フルイニング出場も途絶え、連続出場のみを継続しながらスタメン落ちやサード守備など屈辱的だが、まだまだやれる。
筒井和也 愛知学院大学 投手

220試合8勝6敗3セーブ29H 215奪三振 防3.85
 2016年も現役、初勝利は2009年。中継ぎが主で、徐々に頭角を現し、2012年は58試合で18ホールドと主力に。その後は登板数が減り続け、2015年6試合で、今季は一軍での登板なし。戦力外濃厚か。
 
2004年11月17日
 この年も自由獲得枠で社会人2名を選択。
能見篤史 大阪ガス 投手

264試合84勝70敗0セーブ12H 1143奪三振 防3.24

 2016年も現役。1年目に4勝、2009年13勝で初の二けた勝利。三振の取れるサウスポーで10勝以上が5度ある。
 2014年から負け数が勝ち数を上回り、信頼感が薄れてきている。2016年は9月9日現在で8勝10敗。投球術を磨けばまだやれる。
岡崎太一 松下電器 捕手

41試合29打数6安打1打点0本塁打 率.207

 2009年に公式戦初出場。2016年はキャンプから評価されて開幕1軍、過去最高の38試合に出ているが、力不足を露呈し、原口の台頭でファームへ。戦力外の危機。
 
2005年10月3日(高)11月18日(大・社)
 この年から高校生と大学・社会人に分けて、2回の会議が行われた。

鶴 直人 近畿大付属高 投手 高校

115試合9勝8敗0セーブ6H 126三振 防3.75

 少年野球時代、マエケンが憧れ目標にしたほどの選手。2008年に初登板。2010年には期待されて12試合に先発するも2勝。
 以降中継ぎへ転向し2012年の43試合ピークに、その後は毎年登板数が減り、2016年はわずか2試合。戦力外の危機。
岩田 稔 関西大学 投手 大・社

156試合53勝67敗0セーブ0H 711奪三振 防3.08

 2006年、ルーキーで一軍初登板。2008年に初勝利すると、一気に10勝を挙げるが、二けた勝利はこの1回のみ。
 昨年まで156試合のうち154試合が先発で、毎年8勝程度が期待できたのに2016年はここまで5試合に投げて0勝3敗で防御率8.55。危機感漂う。
 
2006年9月25日(高)11月21日(大・社)
 前年に続き、高校生と大学社会人に分けて実施。

野原将志 長崎日大高校 内野手 高校

15試合25打数3安打0打点0本塁打 率.120

 堂上直倫(中日)の外れ1位。 2011年初出場。大型内野手としてファームで順調に育っていたが、一軍では結果が出ず、通算でもわずか3安打。
 2013年オフに戦力外。2014年から社会人三菱重工長崎に所属。
小嶋達也 大阪ガス 投手 大・社

64試合4勝9敗0セーブ5H 117奪三振 防5.33

  ルーキーイヤーの2007年に5試合に先発し2勝している。2011年には中継ぎに転向して36試合1勝2敗5Hと働いた。
  その後の4年間は毎年一桁の登板に終わっている。2016年も現役だが、今のところ一軍登録なし。相当厳しい。
 
2007年10月3日(高)11月19日(大・社)
 高校と大学・社会人に分かれて3年目。

高濱卓也 横浜高校 内野手 高校

 タイガースでは1軍公式戦出場無し。
 2011年春のキャンプでブレイクしたところに目を付けられ、FAコバヒロの人的補償でロッテに移籍。2015年まで5年間で96試合。
 2016年もロッテで現役。開幕スタメンなど、9月9日時点で53試合出場、ホームラン3本。徐々に出場が増えている。
白仁田寛和 福岡大学 投手 大・社

6試合1勝0敗0セーブ1H 4奪三振 防3.00
 2011年初登板、2013年に初勝利するがタイガースではこの1勝のみ。
 2014年オフ、桑原謙太朗とのトレードでオリックスへ移籍。2015年は中継ぎで43試合に投げ2勝2敗。2016年も現役ながら9月9日時点で7試合登板と激減。
 
2008年10月30日
 高校と大学・社会人の区別なく一本化。希望枠無し、2巡目以降は完全ウェーバー、育成枠指名の新設など大きく変わった。

蕭 一傑 奈良産業大学 投手

2試合0勝1敗0セーブ0H 7奪三振 防2.14

 台湾出身だが、留学して日南学園~奈良産大と在籍したので年数により日本人扱い。2009年、2010年は一軍に登録されたこともあったが、登板機会はなかった。
 2011年、2試合に先発し0勝2敗と結果が残せず、2012年は登板がなくオフに戦力外。2013年はソフトバンクの育成選手となったが、一軍に上がることなくオフに自由契約。
 2014年から台湾プロ野球へ。
 
2009年10月29日
二神一人 法政大学 投手 

27試合0勝3敗0セーブ0H 37奪三振 防5.31

 高知高校から法政大に進み、6大学公式戦で9勝7敗。
 2010年のオープン戦で怪我をしたことが祟って、2年間ファーム調整。2012年に一軍初登板を果たしたが4試合0勝1敗に終わる。2013年には上手投げからサイドハンド気味に変えることで1年を費やし、一軍には上がれなかった。
 2014年は11試合、2015年も12試合、一軍で投げたが、未だプロ初勝利が記録できない。2016年も現役だが、今のところ一度も一軍に呼ばれていない。
 入団時にはエースナンバー18をもらったが、2014年から66番になっており、厳しい状況だ。

2010年10月28日
榎田大樹 東京ガス 投手

158試合12勝16敗3セーブ56H 236奪三振 防3.90

 ルーキーイヤーの2011年、いきなりセットアッパーでブレイク。1年目は62試合3勝3敗1セーブ33ホールドと大活躍し、新人でオールスターにも選ばれた。
 2012年のシーズン半ばにひじを痛め、オフに手術。2013年はチーム事情もあって先発に転向、16試合で4勝9敗。
 手術以降、伸びのあるボールが投げられず、2014年の半ばに中継ぎに戻る。2015年はわずか8試合。2016年は復活し、ここまで35試合で1勝1敗3ホールドと頑張っている。
 
2011年10月27日
伊藤隼太 慶應義塾大学 外野手

167試合370打数86安打33打点6本塁打 率.232

 慶大キャプテンというエリートを一本釣り。1年目の2012年は22試合に出場し、シーズン終盤に満塁ホームランで初打点も記録。
しかし2013年は30試合と伸び悩む。
 2014年は掛布DCの指導を受けて成長し、52試合、打率.294を記録。2015年には63試合と、徐々にレギュラーに近づいたかに見えた。
 ところが2016年は女性スキャンダル報道、キャンプでの右肩の怪我などもあり、29試合にとどまっている。守備に難があり、エラーとして記録されないが致命的なミスが多く、レギュラーへの道を妨げている。来季が正念場か。
 
2012年10月25日
藤浪晋太郎 大阪桐蔭高校 投手

77試合35勝21敗0セーブ0H 519奪三振 防2.86

 4球団競合のくじに勝っての獲得。
 2013年、ルーキーで10勝。2014年11勝、2015年は14勝、221奪三振でタイトルも獲得する。
 しかし、2015年はシーズン半ばから右肩痛に悩まされており、オフには投げ込み不足が懸念された。その影響もあってか2016年は壁に当たり、ここまで6勝11敗と大きく負け越している。来季は藤浪の復活がタイガースの上位浮上への鍵を握る。
 
2013年10月24日
岩貞祐太 横浜商科大学 投手

11試合2勝5敗0セーブ0H 32奪三振 防4.50

 入団時は能見2世と期待されたが、ルーキーイヤーの2014年はキャンプで左肘痛を起こし、一軍デビューは8月。6試合で1勝4敗に終わる。2015年も伸び悩み5試合で1勝1敗。
 ところが2016年、初登板した4月2日のDeNA戦で12奪三振、9日の広島戦でも12、16日の中日戦で10と3試合連続の二桁奪三振で突如ブレイク。5月27日の読売線初登板では1-0で完封して、左のエース格に。オールスターにも選出され、ここまで7勝9敗、136奪三振、防3.28の成績を残している。
 
2014年10月23日
横山雄哉 新日鐵住金鹿島 投手

4試合0勝2敗0セーブ0H 12奪三振 防6.75

 1年目の2015年は、故障などもあって4試合にとどまった。秋季キャンプでは足指を骨折するなど不運も続いた。2016年5月4日の中日戦でプロ初勝利するが肩痛で抹消。その後復活し、現在まで3試合で2勝0敗、防2.93と来季を期待させる。
 
2015年10月22日
高山 俊 明治大学 外野手

 高橋純平に人気が集まる中、ヤクルトが単独と思われた高山を強行指名し、抽選の末獲得。
 131安打で東京六大学の新記録を作った柔らかい打撃で、1年目からレギュラーをつかむ。
ここまで123試合、125安打58打点5本塁打、率.278で、新人王の最有力候補になっている。チャンスでも気負わず冷静で、得点圏打率リーグトップという勝負強さは、今までのタイガースにいないタイプの選手。
 
 全部で18人を紹介しましたが、すでに4名がタイガースにいません。残っている14選手の中でも、筒井、岡崎、鶴、小嶋、二神の5人はかなり危ないと思います。岩田、伊藤隼の2人も安穏とはいかないでしょうね。
 ある程度面倒見てもらえる1位の選手ですらこれですから、2位以下の選手で近年、結果が出せていない選手はかなりの覚悟が必要でしょう。 
 






Last updated  2016.09.13 12:30:21
コメント(8) | コメントを書く
2016.05.12
昨日の怒り冷めやらず
 セ初コリジョンに泣いた…虎・金本監督、憤り「ちゃんと説明して」(1)
 もともとアマチュア野球では、ボールを保持していない捕手がブロックすることは禁止されていました。3年前には走者によるタックルも禁止されました。
 
 プロではMLBが、クロスプレーで走者が大けがをしたことがきっかけで2014年からコリジョンを導入しています。
 そもそも本塁上で起こる危険なプレーは走者側に原因があることが多いです。 アウトやセーフかを度外視して走路をゆがめてまで捕手に体当たりするマートンのようなタックルですね。
 
 一方、かつては捕球体勢に入ったときにすでにガッチリ左足でホームベースを隠しているのが良しとされた時代もありました。古田なんかよくやってましたよ。そうなるとランナーは足を入れるスペースさえないので、回り込むか突進かということになります。
 こうしたことを防ぐためにNPBでも「ランナーへのタックルの禁止」、「走者にタッチに行く際のブロックの禁止」、「捕手は本塁をまたがず走路を開けておく」などが定められ2016年から適用されています。 
 
 ボールを持たない捕手がベースをブロックするのは論外で、これはその時点でオブストラクションでいいと思います。これをさらに、送球を待つ状態でもベースをまたがず走路を開けておき、ボールを受けてタッチする時もブロックしてはいけないと拡大したのが、守備側に課せられたコリジョンルールと理解しています。
 昨日の原口選手は、このうちの「またいでいた」という部分か「走路上に立っていた」というのに引っかかったようですね。ただし、原口選手のこの動作が危険なプレーに結びつくというものには見えなかった。タッチの際もわざわざ足を引いて、ブロックしないように細心の注意をしている形跡がはっきりわかります。
 
 そもそもクロスプレーは本塁上だけで起こるものではありません。セカンドでもサードでも起こり得ます。野手が送球を受けるときベースをまたいでいるなんて普通の姿。スパイクされることもしばしばです。
 本塁だけに適用ということ自体納得できない。また送球を待つ時点でベースをまたぐという行為が走路妨害やブロックに匹敵する危険な行為なのかも疑問です。またぐのとブロックするのでは明らかに違いがあるわけだしね。
 送球が三塁側にそれたりすれば、それを捕ろうとすると自然に走路に入っていまうけど、これならコリジョンは適用しないと言ってはいます。でも、どこまで判別してもらえるのやら・・・審判によって差が出るのが普通でしょうね。見極めや判断がつきにくい曖昧な部分にまでルールを拡大するのが悪い! 
 セ初コリジョンに泣いた…虎・金本監督、憤り「ちゃんと説明して」(7)
 昨日の原口選手の動きがコリジョンルールに抵触するというのであれば、こんなルールは即刻廃止していただきたい。少なくともこのルールが言うところの、捕手の動きを制約する部分について、範囲内だったか範囲を逸脱してたのか、自分には到底判別できないね。他球団も「あの程度で危険を招く動きと言われるのか?」と戦々恐々だと思いますよ。
 
タックルとブロックを禁止するだけでいいと思います! 







Last updated  2016.05.12 14:17:23
コメント(6) | コメントを書く
2016.03.09
読売また激震
 腐った体質が明らかになったねえ
 
 昨年発覚した野球賭博問題で、新たに読売の高木京介投手の関与が明らかになり、ナベツネ最高顧問、白石オーナー、桃井会長らが引責辞任するという。
 
 4人目が出てきてしまったわけだけど、報道されている関与の仕方から見てると、昨年ほかの3人が問題になったときから、一緒にわかっていたのではないかと思われるんですよね。
 
 高木は昨年も中継ぎで33試合に投げて防御率も2.20。41イニングで43三振を奪う貴重な戦力で、2016年も当然構想に入る投手ですから、前回はかばったんだろうね。笠原は主犯みたいなもんだから避けられないし、福田と松本はある意味、辞めてもらってもあまり戦力にダメージがなかったから、この3人で幕を引きたかったんじゃないかな?
 
 こうした汚い悪あがきをするから、後になって追加で暴露されて恥の上塗りになってしまいます。膿を全部出すとか言っていたのが、実は都合のいい幕引きをしていたことまでバレてしまいました。お粗末すぎだし、大人の汚い面を見せられた感じがして非常に不愉快です。
 
 
 こうして隠していた事実が新たに発覚すると、「まだいるんじゃないか?」とか「本当に読売だけなのか?」とか、球界にとってあらぬ疑惑を持たれて、まじめにやってる関係者は迷惑そのもの。
 読売の体質が原因ならば、チームそのものが1年間の謹慎でもいいくらいですよ。 辞任するというけど、ナベツネなんてこれからも死ぬまで影響力を持ち続けるんだと思うしね。キヨの問題もあるし、正力松太郎氏が草葉の陰で泣いてるよ!まじめな読売ファンだって怒ってると思う。こんな話題ばっかりで由伸監督も気の毒だよね。
 巨人粛正…選手はコンビニ以外外出禁止 「燦燦会」総会なども中止に
 
 そもそも、プロ野球ファンをなめている! 
読売よ!
謙虚かつ真面目にやれ!






Last updated  2016.03.09 11:09:56
コメント(4) | コメントを書く
2015.10.01

 

本当に復活できるかはこれからだ

 9月29日、オリンピック組織委員会は、開催都市が提案できる追加種目を5競技18種目に決定し、IOCへ提案することになりました。

 

5輪追加.jpg

 

 まず、IOCが正式に決定するのは来年8月の総会なので、それまでは候補に過ぎないこと。さらに、IOCの規定は「一つ又は複数の種目を追加提案できる」ですから、提案したからといってすべてが採用されるとは限りません。

 空手はテコンドーとかぶるし、ローラーボード、クライミング、サーフィンがオリンピック種目にふさわしいかは詳しくないのでわかりませんが、野球、ソフトボールは以前正式種目だったので可能性は高いとは思えます。

 それに、IOCは野球の出場国数を提案の8カ国から6カ国にするよう指示してきているらしいですから、これに応じれば復帰は確実なのかなと考えられます。

 それにしても問題は山積みです。東京五輪の開催期間はは2020年7月24日から8月9日まで。プロ野球ならオールスター明けくらいの時期になります。高校野球は7月末まで地区予選、今年の夏の選手権は8月6日が開幕でしたからかぶります。

 こうしたシーズンたけなわの時、試合場をどこにするかも難しいですしね。コンパクトな大会にすると言ってますが、東京周辺だけでいいのかどうかも議論が出てくるでしょう。アジア予選なども開催していかなければならないし、選手や関係者が多い競技なので宿泊場所や移動なども配慮しないといけません。

 こうした運営部分を、来年8月のIOC総会までに合理的に組み立てられなければ、落選というケースもあり得ますから、これからが勝負です。

 ひとりの野球ファンとして、世界的なスポーツとしてもっともっと普及してほしいし、日本で行われるオリンピックでの復活は全面的に賛成です。そのためにも組織委員会は責任をもって、しっかりした運営プランを構築していただきたい。

 今の組織委には不安を感じます。森というのはやめさせられんのかね?

 



にほんブログ村

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 







Last updated  2015.10.01 11:33:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.04

中村GM続投決定的
早過ぎるんじゃない?

 阪神タイガースのゼネラルマネージャー中村勝広氏の続投がほぼ決定的であることがわかりました。ソースは8月4日サンスポですが、記事によれば球団首脳の談として「今のところ機能している。変えることは考えていない。来季もお願いしたいと思っている。」と紹介されています。

阪神・中村GM続投決定!球団首脳「今のところ、機能している」

 もともと、GMというポストが必要かどうかも疑問に思うのですが、中村GMはそれほどの功績があったのかどうか。内部事情ですから外野には判断できないけど、よほど球団幹部はGMを信頼してるのかなあ・・・

 非公式サイトは、掛布さんの復帰の根回し的な一環で迎えられたと考えていました。しかし、どうもそうではなく、球団内にシンパがいて居座ってしまった感じがあります。掛布監督という流れも出来てきた様子はないし。

 今シーズンにしても、現時点で団子状態のセントラルの優勝の行方は全く不透明ですし、タイガースがAクラスで終われる保証もなにもないのに、この段階で続投を決めることができるか疑問です。昨年の監督問題でもありましたけど、成績次第で白紙に戻すような失態を繰り返すのはやめてほしいものです。

サンスポの紹介する中村GMの履歴

★2013年 米球界から福留、西岡の獲得に成功したが、新外国では自身のスイッチヒッター好みもあり、コンラッドを選択したが、大失敗。本塁打、打点ともに「0」のまま退団する最悪の結果に
★14年 呉昇桓、ゴメスの獲得に尽力。G砲は109打点をたたきだし、来日1年目で打点王に
★15年 オフのFA補強は全滅。また7月31日まで他球団とトレードを図るも、最後まで折り合わなかった

c4743.jpg

現役時代は割と好きな選手だったんですが・・・

人気ブログランキングへ 

http://professor-mino.blogspot.com/







Last updated  2015.08.04 11:47:05
コメント(6) | コメントを書く
2015.02.03

 統一球の導入以来、自分が感じていたことを掛布さんが言ってくれました。この3年ほど、プロ野球が面白くなくなったと思える原因について、思い当たるのはホームランの減少。確かにバレンティンは大記録を作りましたが、実力にプラスして本拠地神宮に恵まれたもので、プロ野球全体のホームラン数は激減しています。などとダラダラ書くより、掛布さんのコラムを引用したほうが良さそうなので以下のとおり。

掛布雅之

甲子園にラッキーゾーン復活を

 ソフトバンクの本拠地・福岡ヤフオクドームに今季から「ホームランテラス」というフィールドシートが設置されることになりました。右中間、左中間がホームから最大で約5メートル短くなり、フェンスも低くなります。「ホームランをもっと見たい」という孫正義オーナーの号令で、改修に乗り出したということです。

AS20141227000245_commL.jpg

 12年オフには楽天の本拠地のコボスタ宮城もフェンスを前にせり出し、客席を設置しました。球場の適度な「縮小化の流れ」には賛成です。やはりホームランというのは「野球の華」ですから。

 日本では80年以降に造られた球場は「拡大路線の流れ」で造られました。MLBの本拠地にも負けない広いグラウンドとなり、日本のプロ野球は外野の守備と走塁面が飛躍的に進化したのです。

 広い球場は大きな恩恵をもたらしましたが、中にはあまりにもホームランが出にくい球場もあります。11年に統一球が導入されるまでは、各球団がボールの性能で調整することも可能でしたが、今は反発係数が定められています。

 私は甲子園も91年のシーズンまで採用されたラッキーゾーンの復活を検討するべきだと思っています。14年の1試合当たりのホームラン数は1.05本で、12球団の本拠地ではナゴヤドームに次ぐ低さでした。

 確かに1-0で決着するような試合は緊張感がありますが、投手戦というより、貧打戦と言えるケースも多いのです。今は甲子園のゲームで3点差がワンチャンスと思えないのです。ホームランなしの連打だけで3点はなかなか奪えません。ファンが目を離せない試合を増やし、ドラマが起きる確率を高めたほうがいいのではないでしょうか。

 甲子園の場合は、特に左打者にホームランが出にくい環境です。右翼から左翼への逆風となる強い「浜風」のせいです。私も現役時代に会心の一撃が風に押し戻されるのを嫌というほど経験しましたが、本当に左打者泣かせの球場です。

img_0.jpg

 例えば巨人・阿部の甲子園での本塁打数を調べると、昨季は0本で、過去5年で見ても55試合で4本しか打てていません。東京ドームなら看板直撃の当たりでさえ、スタンドまで届かないことがあるのです。この理不尽さを解消するため、右翼側だけにラッキーゾーンを復活しても、おもしろいと思います。

 アメリカではむしろ左右非対称の球場のほうが一般的で、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークは特に有名です。左翼にだけグリーンモンスターと呼ばれる高い壁(約11.3メートル)がそびえ立ちます。日本でも09年に開場したマツダスタジアムは左翼101メートル、右翼100メートルと左右非対称で、スタンドもメジャー風にくふうを凝らし、最近のカープ人気に一役買っています。

 ラッキーゾーンを撤去した92年以降、阪神で30本塁打以上をマークしたのは金本だけです。生え抜き選手では、私と岡田がともに記録した85年まで遡らないといません。甲子園は高校野球の聖地でもあり、高野連とも話し合う必要があるなど難しい面があるのもわかります。ただ、ファンがときめく新しいスターを作るためにも、真剣に検討したい問題です。

非公式サイトの私見

 統一球が導入され、ブラゼルのホームランが47本から16本に激減した年、自分も同じような気持ちを抱きました。とにかく試合がつまらない。一発逆転の期待感やハラハラ感がない。単調な投手戦(というよりは貧打戦)で完封負けが増えた。ピッチャーの防御率は上がりましたが、それほど奪三振が増えたわけではない。要は観戦する上で盛り上がりや緊張感にかけることが多くなった現実があると思うのですね。

 非公式サイト個人としては、ラッキーゾーンの復活には賛成です。タイガースファンの皆さんはどう考えますか?


人気ブログランキングへ 

http://professor-mino.blogspot.com/

 







Last updated  2015.02.03 10:29:24
コメント(4) | コメントを書く
2013.03.21

日本ハム大谷翔平選手が二刀流でデビューしましたね

大谷投.jpg

 投手としては超一流の器ですよね。MAX157キロ、殆どの球が150キロ超。スピードはもちろん凄いし、自らの牽制悪送球やワイルドピッチにも動じる様子がなく、淡々と投げ込む心臓の強さは末恐ろしいものがあります。

 投球フォームもゆったりと安定感もあり、大谷に比べると藤浪のフォームはまだギクシャクして完成されていない粗削りさを感じてしまいます。確かにメジャーを目指す器なのは間違いないでしょう。

大谷打.jpg

 バッティングについても柔らかいフォームから鋭いスイングが出来る好打者の印象があります。ただし、ファーストへの強烈なゴロで、一塁に駆け込んだ時は捻挫でもしないかとヒヤッとさせる印象でした。走塁などはまだ高校レベルです。外野の守備にもつきましたが打球は来ませんでした。

  ミスタータイガース藤村さんも投手で通算76試合に登板し、34勝11敗の成績を残しています。ベーブルースに至っては、163試合に投げ、94勝46敗というすごい数字が残っています。でも時代も違うしねぇ。結局二人とも野手として名を残しているし。 

 大谷選手について自分の感想としては、投手としては性格も向いてるし、高いレベルで完成されていると思いました。二刀流では走塁や守備で怪我をする怖さがあり、投手に専念させてあげたいなと感じます。どっちも一流にというのは望み過ぎじゃないかなあ。栗山監督の本気度と、大谷自身がどう思っているのかはわかりませんけど、単なる客寄せのパフォーマンスであるとしたら、怪我をする前に即刻投手の道を進ませてあげるべきだと思いますね。

人気ブログランキングへ

 

http://professor-mino.blogspot.com/







Last updated  2013.03.22 02:16:33
コメント(6) | コメントを書く
2013.03.07

導入効果みられず

 プロ野球の実行委員会は7日、東京都内で開かれ、東日本大震災後の節電対策として導入していた「試合開始から3時間半を超えて新しい延長回に入らない」という特別ルールを29日の今季開幕戦から撤廃することを決めた。

 長時間試合を防ぐことで節電効果を見込んでいたが、試合時間の大幅な短縮はみられず、延長12回制に戻す。

 日本野球機構の下田邦夫事務局長は「電力事情は好転しているわけではないが、引き分けがあまりにも多くなってファンの興味をそいでいる」と撤廃理由を説明。各球場、球団で節電に努め、審判、監督、選手がこれまで以上に試合のスピードアップを目指すことを確認した。再び電力事情が悪化すれば、すぐに会議を開いて対応するとしている。

 震災後、「プロ野球も社会貢献しなくては」と導入された3時間半ルールでしたが、確かに面白みを削いだ感は否めないし、姑息な時間稼ぎなど、見苦しさが目立ちました。

イニングの交代、選手交代などの時間短縮は努力次第である程度はできるはずです。高校野球をお手本に、チンタラしたゲームをなくす努力で解決してほしいと思いますね。

人気ブログランキングへ

 

http://professor-mino.blogspot.com/







Last updated  2013.03.07 23:59:53
コメント(10) | コメントを書く
2012.06.22

6月21日発売の週刊文春

原監督

 原監督の記事には驚愕しました。古い話なので、不倫関係については今更あげつらっても仕方ないことかとは思います。家庭内の問題だし・・・

 文春の報道の趣旨は、恐喝され、それに応じて現金1億円を支払ったことの方に問題の焦点があるようです。
 恐喝してきた相手が、元暴力団関係者で有るというのを最も問題視しています。ただし報道が事実かどうかは、原監督側と話が食い違っていますので、まだはっきりしないですよね。

 こうした中、読売新聞社及び巨人軍は、情報を漏えいしたのが清武元代表と決めつけて攻撃することで、脅しに乗って1億円を払ったことから一般の目をそらさせようとしているみたいです。

 一般常識からみると、1億円恐喝する方もする方ですが、払う方も軽率だったと言われても仕方がない。

1億ですよ1億円!

 そんな要求をする奴がまともな奴とは思えないです。元暴力団関係者というのも決してうがった見方ではないのかもしれないです。どう決着するか分かりませんが、こんなことが仕事である野球に影響するのであれば、原監督は十分反省しないといけないでしょうね。

人気ブログランキングへ

 

http://professor-mino.blogspot.com/







Last updated  2012.06.22 20:07:11
コメント(8) | コメントを書く
2012.05.24

九州は怖いぞ!

西武ライオンズのW投手がチームに迷惑をかけてます。

フライデー1

フライデーの報道を見ると 

とても恥ずかしい内容です

写真を見る限り、はめられたか、罠にかかった感じがしますよね。

あまりにもスキャンダル化を意識したよう写真が撮られている。

引っかかった方も愚かなんですが・・・

プロ野球選手なんていいカモとして常に狙われています。

阪神は中洲に出入り禁止にしろ!

 人気ブログランキングへ

 

http://professor-mino.blogspot.com/

 







Last updated  2012.05.24 19:44:01
コメント(10) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.