2013.12.25

緑ってどう?

(4)

 阪神 来季サードユニホームは緑色 

 阪神が来季のサードユニホームとして緑色を用意したことが24日、分かった。甲子園球場が開場から90周年を迎えることで、イメージされた色を使用。伝統のタテジマ、敵地でのブラックに加え、斬新な"メモリアルカラー"で勝負することになった。

 緑の猛虎戦士が芝生の上で躍動する。阪神が「グリーンタイガース」で甲子園を祝うことになった。既にデザインは固まっており、球団関係者は「メジャーリーグのアスレチックスのような感じになる」と明かした。黄色と黒の印象が強い中、伝統のタテジマに加え、インパクト大の戦闘服で戦うことになった。

 理由ある「緑」だ。世界に誇る本拠地、甲子園球場は1924年(大13)8月1日に開場されており、来年で90歳になる。球団は聖地の節目を、ユニホームで表現しようと検討した。甲子園のイメージ...丁寧に整備が行き届き、常に青々としている外野の芝生が真っ先に浮かんだ。球場を覆っていた蔦やフェンス、スタンドも同じ色。自慢のホームグラウンドへ敬意を表した形になった。

 今季は楽天とヤクルトが期間限定で緑色のユニホームを使用した。海外ではアスレチックス、関西では南海(現ソフトバンク)のイメージも強く残る。濃淡によりガラリと印象が変わる色だが、猛虎バーションは関係者が「青信号のようなエメラルド」と言う明るい緑になりそうだ。

 来年の8月1日はDeNA戦が行われる。緑の虎は"誕生日"だけでなく随時、披露していく予定だ。球団幹部が「胸の文字などもレトロなつくり。なかなかかっこいいですよ」という自信作。甲子園では今季28勝29敗3分けと黒星が先行した。大歓声を受けながら、2年連続で負け越し中。メモリアルイヤーに勝たなきゃ、聖地も怒る。エメラルドグリーンに身を包み、甲子園の「卒寿」を胴上げで祝いたいところだ。

なんかイメージ湧かへんけど、たまにはええか・・・

外野の芝生でカメレオンみたいに保護色になるかも・・・って意味ないか(笑)

 

人気ブログランキングへ

 

http://professor-mino.blogspot.com/






TWITTER

Last updated  2013.12.26 00:56:54
コメント(4) | コメントを書く
[タイガース時事報告] カテゴリの最新記事