2774675 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アッシュ君の部屋

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

ニュイ・サン・ジョルジュ

2011年08月10日
XML
連休
今日はアームストロング氏と高台寺茶寮に行きました。 昨夜に斡旋で呼び出し参加です。
アームストロング氏が09ラルロに興味があるとの事でセッティング。

まずはビール
P1000383.JPG
付け出し
P1000384.JPG
吸い物 鱧、胡麻豆腐
P1000386.JPG
P1000387.JPG
お造り  サーモンの胡麻掛けは驚きました。 造りで鱧はココでは初めて出る 
P1000388.JPG
八寸  右上の鱧っこが激ウマでした。 舌のコーンのかき揚げと一口鯛寿しもグッド
P1000389.JPG
炊きもの??  茄子です。 普段は茄子は食べないのですが、コレは美味しかった。
P1000390.JPG
焼き物?  この中に鴨の網焼きが入ってます。 旨い!!
P1000394.JPG
P1000391.JPG
お楽しみ土鍋御飯  本日は鯛飯
美味しすぎてみなさんがおかわりして即に完食
P1000396.JPG
甘味ではなくデセール ブランマンジュでした。

ビーズのサヴィニは熟成に入る寸前の状態。 ホロ甘い香りですが、味わいはまだまだ若い。
ラルロは還元香が40分持続。飲んでみると還元香のイメージとはうらはらにイチゴ風味。
還元香が抜けてから癒しの展開。
前回飲んだ時より還元香が強い。

いやいや・・・ 腹一杯で満足な食事会でした♪






最終更新日  2011年08月10日 23時31分16秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年07月06日
絹は11:30-22:58
昼の前半に団体
夜は前半に募集団体2件と後半に募集団体1件

疲れました・・・・

どうも最近の勤務は厳しすぎる。ESが下がってきますね・・・

こんな気分で飲むワインはコレしかない!
P1000357.JPG

ラルロ ニュイ・サン・ジョルジュ・プティ・アルロ[2009]750ml

クロ・デ・ラルロはお高い。且つ、寝かせても私の趣向に合わないと思う。
ラルロ来日セミナーで古酒を試飲いたしましたが感銘いたしませんでした。
白はかなり感動した記憶があります。

ですからラルロは私のスタンスでは早飲みで楽しむワイン。
ニュイ・ヴィラージュとあまり変わらない価格で買えたのでためしてみます。

初めから梅、紫蘇・・・、和な出汁香。
味わいもラルロの癒し系薄ウマ。
今飲んで美味しいワイン。 熟成させるとどうなるか??
私は3~5年で飲みきるべきだと思う。
いかんせん、ラルロの古酒でいいイメージがないので。
09なので今飲んで分析。 とりあえずもう1本を寝かしてみるべくストック買い。

クロ・デ・ラルロ09はやり過ぎみたいな価格、ならばセカンドを2本買う。

これは俺流でしょうか・・・






最終更新日  2011年07月07日 01時53分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月12日
面白そうなので購入してみました。
P1010726.JPG
【リジェ・ベレール】ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・レ・サン・ジョルジュ[2001](赤)【YDKG-t】

長年ワインを飲んできましたが、レ・サン・ジョルジュは未経験。飲む機会に遭遇してませんでした。

コルクは『アントナン・ロデ』。リジェ・ベレールのネゴ部門が瓶買いしたキュベのようです。
大事に蔵で寝かせていたようで香りは若いブルの黒果実香。それにチョイ熟成香が出始めた状態。
味わいはそこそここなれ、出始めは熟成の鉄を感じましたが、すぐに鉄は滅失。当初は短いフィネスに疑問でしたが、温度が上がり、フィネスに腰が出てくる。
寒い部屋で飲んでいるので温度が合わなかったのでしょうね。

飲み進めていくうちに、まだまだ伸びる気配を感ずる。

到着したての古酒でワインが荒れています。 もうすこし休めて飲めばクリーンなワインとなるはず。










最終更新日  2011年01月12日 23時13分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月27日
公休日です。 爆睡するつもりが早朝の寒さで何回も目覚めるぷー
無理やり寝ても限界は9時。 今年度の一番の冷え込みだそうですね。

昼から小用で門戸厄神に出向く。 道中、梅田でカメラショップに行きました。

[3年保険付特価]OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm F3.5-5.6標準ズームレンズ『納期1週間ほど』

中古で ¥16800(税込) を買っちゃいましたスマイルスマイルスマイル

そして門戸厄神。 その後にP師範に用事が出来て心斎橋に立ち寄りです。

帰宅する頃には夕食タイム。
鍋です。 この寒さで帰宅していたのでグッド
ビールビールと進みワイングラス
P1010453.JPG
ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン"ラ・ジェルボット"[2008] ラルロ



今日の写真はさっそくズイコーレンズです♪

ワインです。
トロピカルな香と少しシナモンスパイス・・・
ここちいフルーツコンポートの香がグッド
味わいもフレッシュなフルーツの甘味。かなり余韻は長い。口中がトロピカルです。

時間経過で香りは草原、ミネラル、ちょいとカラメル、クールな香料、ちょいとメントール、・・・
複雑に香が広がる。

味わいもさらに口中にまとわりつくようにフルーツゼリーの甘味でいっぽいです。

06で試飲会で飲んだインスピレーションが甦りました。
ゆっくりと自宅で飲めてグッドグッド






最終更新日  2010年10月27日 20時29分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月26日
公休日でした。 午前中はオヤジの通院の為の自宅待機。
オヤジが戻ってきてから家を出る。飲み会前にパチンコです♪

いつもの『あしたのジョー』です。
4Kでチャンピオンモード(今までに1回しか出てなく、この時はスカ)から上段のホセが選択されて初当たりに至る。3連荘でしたが、連荘終了後の68回転で夜景からの発展で13連荘。嬉しくてこの時に記念写真
P1000985.JPG
写真を撮ってから打ち続けるも54回転パンクわからん
終了後に87回転で引き戻しで当たり、2連荘。その後137回転で当たり、9連荘。その後90回転で5連荘。ここでヤメました。
トータルで31回の当たりで △103400 とマルボロ1カートン 
マルボロ1カートンは夜の飲み会の会場のMGにお土産の為の戦利品です。

さて第5回李芳ナイトです
P1000987.JPG
P1000988.JPG
前菜の蒸し鶏は絶品です♪ 葱がいい塩梅です。
P1000989.JPG
アワビです。 柔らかく煮込んでおり、かなり美味しかった。
P1000990.JPG
フカヒレです。 これも素晴らしい。
P1000992.JPG
P1000993.JPG
北京ダックです。スタッフのNさんが巻いてくれました。さすがに綺麗に仕上げされてます。

ここからがオーダーバイキングメニューとなる。
P1000995.JPG
P1000996.JPG
私がチョイスした カニ玉チリソース
P1000997.JPG
同僚のソムリエがチョイスの ハタハタの黒豆ソース
P1000998.JPG
P1000999.JPG
みなで決めた アワビ エビ クリーム煮
P1010001.JPG
一息入れるために私がチョイスした 小籠包 春巻
P1010002.JPG
この88のニュイ・サンは旨い。ヤバイですね・・・
P1010003.JPG
牛肉 山椒風味
P1010004.JPG
酢豚
チンジャオロースは写真を撮る前にみんなががっついて撮り損ねてます。
P1010005.JPG
鳥唐揚げ
P1010006.JPG
コート・ロティですが、かなり還元香があり厳しい展開。
P1010007.JPG
P1010008.JPG
マーボー豆腐とチャーハンをオーダーしてました。みんなががっついて単体写真を撮ってなく、手元でマーボー丼にしての写真。
P1010009.JPG
マンゴープリン

いつもならワインが足りないぐらいですが、今回は食事が充実しすぎてワインが量で2本分ぐらいが飲み残りです。 ギャラリーに持ち帰っていただきました。
かなり腹いっぱいでした。

パチンコで勝ってましたので、参加者4名に手土産でケーキ(5個入り)を手配して配りました。

解散後にカラオケで2次会。 これも余分に支払しました。
『勝てば官軍』とは今日のような日です。」






最終更新日  2010年05月27日 01時29分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月10日
試飲会の後、同僚といったん帰宅。
その後にレストラン むとうに行きました。

ロックはガチガチに閉じて、最後まで開きませんでした。おもっきし振り回し続けても厳しかったです。05のレ・クルは美しく開いたのに??? このキュベは難しいですね。
P1000030.JPG
P1000031.JPG
P1000032.JPG
P1000033.JPG
P1000034.JPG
P1000035.JPG
P1000039.JPG
P1000040.JPG
さすがに腹いっぱいでした。 食べすぎでしゃっくりがとまらなくなりました。
2人でこの量はやりすぎましたね失敗






最終更新日  2009年10月10日 08時37分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年05月18日
今宵は久々にニュイ・サンでも・・・

ニュイ・サン・ジョルジュ [2005] ピエール・ティベールNuits Saint Georges Domaine Pierre ...
楽天では05があります。06はみつかりません。

前回の公休日に飲もうとして冷蔵庫に入れっぱなしでした失敗
早めに冷蔵庫から出して温度をあげようとしましたが、キンキンに冷えすぎてなかなか温度が適温になりません。
少し冷えた状態から飲みはじめました。 ジャミーな香がオーケー
ほっこりと果実のうまみがここちいです。 フレッシュな果実味の旨さでグイグイと飲み進めてしまいます。 ただガツンとくる趣きに欠け、熟成させるより早飲みのほうが向いている気がします。なにかが足りない印象です。 しかし、この状態でおいしいので◎


追記
先程のスイスのリストでのオーダーでルーミエのボンヌ・マール 2、ユベールリニエのロッシュ 2、これらが確保できましたオーケー
フランスリストでルーミエを取るのは至難ですが、スイスでは楽勝のようです。






最終更新日  2009年05月18日 21時35分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月20日
公休日です。
いつもどおりの時間に起床。いろいろ諸作業で忙しかったです。

合間にネットサーフィンしてみると

ジュブレ・シャンベルタン クロサンジャック[2006] 750ml【ドメーヌ アルマン・ルソー】
があります。06はさすがにルソーといえど2トップは人気でもクロ・サン・ジャックがこの価格では人気ないようです。 意外にもリュショットは売り切れてますね。


夕食後に落ち着いたのでワインでも飲みます。

ニュイ・サン・ジョルジュ ブラン [2006] ロベール・シュヴィヨン

ニュイ・サン・ジョルジュ ブランはこないだラルロで飲んで美味しかったのでトライ。
ラルロのヴィオニエちっくな香とは全く違います。尖ったミネラル、柑橘系フルーツ、・・・
味わいはグレープフルーツ、コンポート、マスクメロン・・・
なかなか旨いです。 

ゆっくり楽しみながら『神の雫』を見たいのですが、始まるまでに飲み干しそうです。






最終更新日  2009年01月20日 21時23分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月11日
103_0365.JPG
公休日にちょうどワインセミナーがありました。
ニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌ、ラルローの来日セミナーでした。出されたワインは
・Nuits Saint Georges Clos de L'Arlot [2004]
・Nuits Saint Georges Clos des Forets St Georges [2004]
・Nuits Saint Georges Clos des Forets St Georges [2001]
・Nuits Saint Georges 1Cru [1999]
・Nuits Saint Georges Clos des Forets St Georges [1999]
・Nuits Saint Georges Blanc la Gerbottes [2006]
でした。

白がトロピカルなワインで驚きました。赤は5番目が良かったです。
会の詳細、状況をコメントすると私の正体が明らかになるので省略。

アフターでいつものvrai de vraiで打ち上げ飲み会です。
103_0371.JPG
103_0367.JPG103_0368.JPG
103_0369.JPG103_0372.JPG
ワインは
ピュリニー・モンラッシェ [2006] ルフレーヴ
ニュイ・サン・ジョルジュ・ダモード [2006] レシュノー/a>
ジュヴレ・シャンベルタン・レ・カズティエ [2006]ドメーヌ・デュポン・ティスランド
ラルロのアフターでレシュノーでニュイ・サン・ジョルジュを分析でした。

アフターで知人のシャンパンバーで〆です。












最終更新日  2008年11月12日 01時48分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月30日
勤務は11:30-23:30
夜が大噴火でクタクタです。

帰宅すると先日のコンプレの代替ワインが1件到着してました。
スショーの件です。 同じスショーを送ってきてました。しかしこれも液漏れしてますわからん
もうじゃまくさいのでクレームはやめます。このショップの大量オークションのアイテムは状態がよくないのでしょう。

さて本日のワインです。私はけっこう新しい物好きです。ついつい興味深く購入してしまいます。
本日は
ニュイ・サン・ジョルジュ 1Cru クロ・ド・ラ・マレシャル【2004】ジャック・フレデリック・ミュニエ

フェヴレから畑を返還されて初のリリースです。

さて検証です。
温度が低い為に香の起ちが弱い。
フローラルな香がします。真にイチジク香。スワリングしてダークチェリー。
シルキーな舌触りで入り、ピュアな酸とともに旨みが広がる。
ニュイ・サン・ジョルジュとは言え、ミュニエ節が光ります。
ただこの銘柄、フェブレからミュニエに換わり価格も1.5倍程に跳ねてます。人気はどうなるでしょうか??







最終更新日  2006年12月31日 01時46分24秒
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

サイド自由欄



お友達リンク
naoのぷかぷか漂流記 私の鉄道写真の師範です
harryのたわごと 
よろしおすJNR
電影寫眞帳 双子の実弟
播但の父

プロフィール


musigny0209

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.