2843643 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アッシュ君の部屋

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

コート・ド・ニュイ

2015年12月24日
XML
1450948591660.jpg

クリスマスなので自分へのご褒美がてら飲みました。
ユベール・リニエは伝説のロマン・リニエが若くして亡くなってからお家騒動でややこしくなっています。
今回は本元のロマンの親父が復権してからの作品をテェイスティングです。

抜栓コルクのチェックでコルク臭を嗅いでみると不思議な香りで『こらアカンな・・・』との
イメージが沸き立つ。

口に含むとかなり濃いのですが輸入直後の荒れた状態で方向性が判りにくい。
時間をかけて飲み進めますが肉厚が強くて若いブルゴーニュのシルキーな舌触りが感じません。
味わいもベリーや無糖ヨーグルト風乳酸菌的苦味など感ずることが出来ません。
3ヵ月は落ち着かせないと判断出来ませんね。

クリスマスプレゼントに381系クモヤサンドが吹田から後藤に配給がありますが今夜は鉄道写真ではなくのんびりとワインでクリスマス。






最終更新日  2015年12月24日 21時01分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月05日
1.JPG

2月3日は例会『近江牛ナイト』でした。いつもの3名での開催でした。

2.JPG
3.JPG
本日は鍋&すき焼きのパワフルな例会でした。

5.JPG
鍋用具材料です。 つくね鍋

4.JPG
鍋、すき焼き用具材料です。 近江牛です。

6.JPG
鍋をつつきながら右奥に写っている 鴨塩焼き をも食べる。

7.JPG
節分でしたので一人1本の恵方巻きが出てきました。

8.JPG
さらに一人1個のグラタンが出されます。

9.JPG
最後に雑炊で〆ました。どんだけ食べるねん、って勢いでした。









最終更新日  2014年02月06日 07時06分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月28日
連休でした。
家の家電の入れ替え作業の日でした。

夜は弟家族と鍋  寒いと鍋が続きます。

ビールアフターでワイングラス
P1010469.JPG
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ"クロ・デ・シャポー"[2008] ラルロ




これはすごいですグッド
毎年、リリース直後に飲んでますが、ファジーでつかみどころがない曖昧さです。
08はイチゴの甘味で満開。 いつもより果実味が綺麗に表現されております。 いつも6月リリースです。輸入元の都合上遅れて入ったので4ヶ月で落ち着いた酒質と考えるべきなのでしょうか・・・






最終更新日  2010年10月28日 18時54分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月03日
勤務は11:30-21:45
昼は暇。 ですが、人件費削減でギリの人数で戦う。
夜は団体が一本ありました。
こんな状況なので、みんなで全力で店じまいしての終業。

帰宅して即にビール。それから温泉
そしてアテをつまみながら飲むワイングラスをチョイス。
1987 001.jpg


【新入荷】[1987] コート・ド・ニュイ ヴィラージュ 赤 ディディエ・フォルネロールCote de ...

P師範が絶賛していたので慌てて購入して落ちつかせていたワイングラスです。

コルクはどうも数年前に打ち代えたようなイメージ。
香りは健全に熟成したブル古酒。 AOCが上位ランクではないので、パワフルな勢いはない。 ほっこりと、またこじんまりとした古酒香。 微塵にポルト香、ヒネ香。
味わいはホロ甘い古酒。  グラスを放置し続けてブログってるとマデラ風味に落ちる。

グラスに注いでからの命は12~15分。 
さすがにこのアイテムはバキュバンをこまめに装填しながら飲んでいます。

価格的にはグッドでしょう。 






最終更新日  2009年09月04日 00時45分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月23日
公休日 
午前中は親父の通院日なので自宅待機。 昼から家の諸事情で出かける。
帰宅は19時すぎ。

この実家事情の合間に競艇結果を調べる。 
結果は 1-5-6 で6千弱の配当。
おしい・・・。5と1が変わり身していれば・・・。 裏も押さえるべきでしたが、私は今垣のファンです。 艇券を取るのは頭で今垣。 2着に来た今垣にエネルギーをいただきました。
艇券的には残念ですが、今垣のドリーム2着で元気がでました。

病院で診療を終え、小腹がすいたので母親とソバを食して帰宅。
帰宅後にビールビール

今度は父親が事故る。 こないだ段からひっくり返って右脚を負傷。 今日はふくらはぎ、足の甲が尋常でない腫れぐあいです。 病院に行こうとしない親父を説得するために弟を召還しました。今日の通院の時についでに見てもらうように言ってたのですがムカッ

弟を召還しての説得タイムです。 弟も飲まんとやっとれん事態なのでチカラ水で

人気急上昇中!注目ラルロの新ヴィンテージ入荷[2007]コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ・クロ...
を闘魂注入です。 弟はパワフルなワインが好みですが、この局面でパワフル系を注入すると世界に入ってしまいそうなのでフルーティー計をチョイス。
明日、私が仕事を私欠して病院に搬送するつもりが、明後日に必ず病院に行くとの事で収まる。
これで公休日も3連続でワヤです。

ラルロの07、悪くないですねースマイル。ラルロの上のクラスでは価格のわりにたよりないイメージがあるのですが、スソモンなら納得出来る酒質です。
即に飲み干してビールビールとアル中な終焉ですスマイル






最終更新日  2009年06月23日 23時15分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年10月15日
昨日は11:30-22:00勤務。
平凡すぎて日記更新しませんでした。

本日は公休日。
しかしキャッシャーの練習でホテルに行きました。夕食は館内で取る。
おすすめ寿司コースをたべました。
ワインは
・ブルゴーニュ [2006] ギュファン・エナン
・クロ・ド・ラ・ロッシュ [1998] リニエ・ミシュロ
・アリオン [1995]
突然に飲み会で写真がありません。

ミシュロはかなりおいしかったです。シルキーでまだまだ若い。和食とも相性がよかったです。
アリオンも意外と熟成が進んでおり、和食と合うぐらいのボディでした。かなりおいしく愉しみました。








最終更新日  2008年10月15日 23時23分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月01日
2次回は部屋で行われました。
2次回の始まりは
102_0217.JPG
メニル・レゼルヴ[1990] アラン・ロベール
でした。旨いです。 メニル・トラディションなら飲み頃までまだまだだったと思います。

102_0219.JPG
シャサーニュモンラッシェ モルジュ [2004] ベルナール・デュガ・ピィ
超レアなコレは初めて飲みました。 味わいのベクトルはラモネですね。

102_0220.JPG
クロ・ヴージョ・ミュジニ [2000] グロ・フレール・エ・スール
102_0222.JPG
エジラン・ジャイエ クロ・ド・ヴージョ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [1997] 
とクロ・ヴジョ2連発です。
エジラン・ジャイエは軽いブショネでした。 これはしばらく放置んぐして復活を願う。
のち程に、気にならない程度に蘇えり古典的なブルを楽しめました。

102_0223.JPG
シャトー・ラフルール [1997]
これは素晴らしい!! 97とは思えません。まだまだ若いポムロル。
カフェオレ、ミルクキャラメルの風味です。98のポムロルを飲んでいるみたいです。さすがラフルールです。

102_0224.JPG
シャトー・ラグランジュ [1986]

ちょいと酒がはいりはじめたので私は露天で酒抜きにいきました。
天上露天はかなりふぶいており、一気に脳が冷えました。寒すぎです。
戻るときにフラフラになり、宴席に戻らずに、自分の部屋にいって倒れこみ、そのまま他界してしまいました・・・。








最終更新日  2008年01月01日 09時19分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年11月26日
勤務は11:30-22:30
連休最終日の昨日も忙しかったですが、今日も終日多忙。

最近日記更新も雑になってきています。帰宅して極限に疲れていますしょんぼり

明日が公休日なので今日は久々にちゃんと日記してみます(といってもショボイワイングラスですが・・・)。

Cote de Nuits Villages Montagne [2005] J・J Confuronを検証です。

香は薫香、トースト、ベリー、ハーブ・・・
ぼやけたファジーな香。芯に黒ベリー。スモーク系のちょいと高級感ある香です。

味わいは甘苦いタイプ。タンニンのレベルが果実味の甘さより勝っており、1~2年の時間が必要にも思えます。 フィネスはそこそこ長い部類。

今飲むと他のACブルよりも見劣りする印象を与えがちだが、これはそんな安いレベルではない(ACブルよりもです)。
デュポン・ティスランドを思い浮かべる薫香、余韻の展開です。

ボルドー派でも楽しめるタイプ。薫香、スモーク香、鼻に抜ける香は逞しく、酒肉ののったワイン。









最終更新日  2007年11月27日 01時27分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月27日
勤務は 7:00-16:00
昼に大爆発の状況なので私は朝は合間を見て、昼の仕込みをする。
私は昼はいつもバイキングエリアの料理補充なんですが、今日はレストランエリアの団体41名のフルコースの料理係です。 しかも今日はスタッフが少ないので2人でこの団体の担当です。
朝から勤務しても忙しくて休憩はこの団体が抜けた後でした。

忙しい昼でしたが、朝食出勤なので夜を迎えることなく終業です。

帰りに気になるワインドメーヌ・オーディフレッドを買ってみた。
昨日の敗北で金欠ですが、ツレに私のストックのブルゴーニュ・ブラン[2004]を転売して補填します。 

帰宅して飯を食っていると目がショボショボになり、早起き(4時起床)の疲れが出てきました。 食後に2時間半の仮眠を取りました。 そのまま寝ても良かったのですが、どうしても気になるワインを飲んでみないと・・・。

本日のワインは

オーディフレッド コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ 
です。

香は一瞬だけ還元香があり、気になりましたが、すぐに還元香は消える。
香は弱く捕らえにくい。 閉じているのでしょうか?? 『新着の閉じる前の果実香』は沸き起ちません。 逝ってしまったシャソルネのように、97辺りのビオにさえ思えるスタイル。

少し残念な気分で試飲してみます。
味わいは薄味系です。 クランベリー、梅紫蘇。
ルフレーブを手放してまで購入して割りに合わない気分ですねー失敗

梅紫蘇系は嫌いではないのですが、もう少し新着時でのパカレぐらいの妖艶さ、濃さは欲しいです。







最終更新日  2007年02月27日 23時16分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月16日
本日は希望公休。
堀 晶代さんの出版記念パーティーでラ・トォルトゥーガに行ってきました。

101_0157.JPG
泡はレストランのモノでディアボロ・ヴァロワでしたが、後は出版されて本に登場するワインでした。
料理は卓BU形式です。
101_0158.JPG
101_0159.JPG
101_0160.JPG
はじめに先付けで一枚目の写真の3皿が出ています。
ここから2枚目の料理まで長いです。やっと出てきたのがこのサラダ。
青っぽくて厳しいです。ニンジンもナマで丸ごとでております。
野菜嫌いな私はスルーです。
さらに3皿目が出るまで長い。
出てきた皿にキッシュやパテなどオードブルと肉系の盛り合わせです。
さんざん待ってコレはないでしょう。
メインは肉系のみであるべきです。

まぁ、本日は暴れる空気ではありません。耐えましょう。
しかしデセール、キャフェがないのは寂しい。

料理が物足りなく、空腹で帰宅です。本日は京阪電車で参加したので帰路にラーメン屋もココイチもなく自宅に生還。

本日で印象に残る美味しいワインはヴォルネ01でした。

帰宅してブログを更新しつつビールです。
空腹なので今から『UFO』でも食います。






最終更新日  2007年02月17日 00時48分22秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

サイド自由欄



お友達リンク
naoのぷかぷか漂流記 私の鉄道写真の師範です
harryのたわごと 
よろしおすJNR
電影寫眞帳 双子の実弟
播但の父

プロフィール


musigny0209

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.