2761262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シュタイナーから読み解く神秘学入門

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

なぜ武蔵野市にヘイ… New! 佐原さん

日々随想 天真9879さん
そうだ坊主になろう… ヒロ伊藤さん
カフェ・ヒラカワ店… hirakawamaruさん
がんは感謝すべき細… 健康かむかむさん

Calendar

Comments

波動人@ 十字架の三つの実践 New! 十字架の三つの 実践、 ネッツミサを、 こ…
波動人@ エデンの園と乳と蜜の国 New! 善悪の知識の木の 境地である ソフィアの …
波動人@ カバラの位置付け再考 New! カバラの 位置付け再考。 善悪の知識の木…
波動人@ 心とは何か New! 心とは何か。 価値観の総体、 価値宇宙が …
波動人@ ヘーゲルの境地 New! 現代科学者ですら ヘーゲルより 進歩して…

Headline News

2021年01月09日
XML
カテゴリ:神秘体験空間
忙中少し時間ができたので、媚っと騒動のなかで、人類全体がどのような運命に向かっているのか、考えてみるために、シュタイナーの「地球年代記」を読んでみた。

 目から鱗が落ちる。

 知とは何か? 

 ソクラテスの説いた無知の知を、現代人は真に理解していないことがわかる。

 現代人の知とは、主に視覚域を元にした物質的同定法を、脳で解析処理したものである。

 つまり、視覚域上で似たものを同一視し結びつけ、言語などの記号に置き換え、数学的に演繹および帰納し、発展させた認識力である。

 シュタイナーは、この知性を悟性=外見知と呼び、本質を知る霊知と区別している。

 いわゆる現代人は物質知で満足している、のである。

 対照的に、古代人の知は、精神的に一致をみる、いわゆる霊知で、現代人の物質知では到達できない認識力を意味している。テレパシーというのも、物質的な距離を不問にした認識力の1つである。

 例えば、現代人の認識力では、万物は素粒子よりつくられる、というのが限界で、それはハイゼンベルグの不確定性関係で数式化されているが、これは視覚を元にした脳の解析処理の限界をも示しているわけである。
 
 現代人は、古代人からみれば、皮相的な思考の持ち主といわねばならないだろう。

 現代人は、みすぼらしい外見から、愚かであると判断しがちで、古代人からすれば、粗くて、近視眼的な思考にみえるだろう。

 さて、古代人の思考、つまり霊知を、シュタイナーは、3つの段階で解説している。イマジネーション、インスピレーション、インティションと名付けているが、それぞれ、肉体の可視域を超える認識力、可聴域を超える認識力、非物質性のエネルギー認識力を意味している。

 これらの霊知の思考を、イメージ思考と呼んで、現代人の物質知、つまり悟性による認識力と区別している。

 イメージ思考を簡単に説明するのは困難だが、物質の構造や、万物の設計図が浮かびあがり、展開していくような動画のような思考といえる。脳のなかに、光がやってきて、閃くような感じといえる。

 脳はスパークし、記録する。熱や火、エネルギーが思考の実体である。だから古代人は、雷は自然が思考していると言った。

 現代人の母国語に置き換えて、概念を論理的に積み上げていき、静止画を抜き出していくようなのとは、対照的である。この現代人の思考は、安定性の基盤の上に可能なのである。

 周囲に固体があるからこそ、論理的な思考が現代人に可能となったわけで、固体に筆記し、記録し、残すことを可能にしているが、比較的に安定的な固体、物質がなくなってしまうと、何一つ残すことはできないのである。

 現代人の大きな間違いは、脳が思考していると錯覚している点にあるという。脳は、思考の結果を映しとっているだけで、思考の残骸であるらしい。それは脳と腸の形態が似ていることからもわかるだろう。腸は物質から栄養分を抜き取って、残骸を排出する。

 つまり、物質というのは、霊の残骸にすぎない、というわけである。現代的思考でいうなら、霊とは、熱やエネルギーというべきだろう。単純にいえば生命の原型である。物質の形態から、熱やエネルギーの認識はできない。少なくとも、物質が生じる前の非物質的段階に言及できなければ無理だからである。

 だから、ソクラテスは、無知の知を説いたわけである。現代的思考では、未来を予見することは不可能なのである。物質というものが、霊、つまり生命の運動の結果生まれたものだから、死体から死因はわかっても、その生命の活動目的がわからないのと同じである。

 人類がどこに向かっているのか、地球の運命を知るべきだろう。

 地球の生命を感じ、意志に共鳴しなければならない。

 映画「天気の子」をみて、地球が再び、死の固体から液体の生命になっていく姿が予見された。






Last updated  2021年01月09日 22時56分38秒
コメント(5) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


だるまさんが転んだ、   もうりさんがこわれた。 さん
>地球の生命を感じ、意志に共鳴しなければならない。

もうりさんが壊れた。
書き込みの題だけで
わかった。 (2021年01月25日 17時39分39秒)

だるまさんシリーズ   もうりさんがこわれた。 さん
>だから、ソクラテスは、無知の知を説いたわけである。現代的思考では、未来を予見することは不可能なのである。物質というものが、霊、つまり生命の運動の結果生まれたものだから、死体から死因はわかっても、その生命の活動目的がわからないのと同じである。

 人類がどこに向かっているのか、地球の運命を知るべきだろう。



反論とも違う。

わからないから、いいんじゃ、ないか。
(トラ君だって、混乱のためでしょ)

わからないから

なんか、みんなで熱くなっているわけだし・・
(トラ君が勝つまで がんばるンだろうか?)

答えがわかっていても、ワカラナイふり・・ していたいンだろうね
 だって、ヤル事無い ンだろうから。

あまり綺麗な熱量(熱源)
じゃ、なさそうだけれど、集めて、燃やしちゃいたいな。

余ってると言うか・腐っていそうなって、言うか
汚らしいエネルギーは地球から消えてほしい。


>その生命の活動目的がわからないのと同じである。

ほんとうに、汚れちまった・ね。
哀しい。
もっと、マシな、ヤル事、デキル事 探す気にならんのか (2021年01月25日 21時50分07秒)

Re:だるまさんを・・・   もうりさんの・・・ さん
もうりさんへ

https://www.youtube.com/watch?v=XWtfZC3Lwyg

>地球の生命を感じ、意志に共鳴しなければならない。

共鳴 地球のイノチの私達 忘れちゃったみたい、なの ミンナ ・・・ (2021年01月25日 22時31分38秒)

Re[1]:だるまさんを・・・(01/09)   モウリさん さん
もうりさんの・・・さんへ


2021/02/12 23:40   KBC九州朝日放送
そして~
2021/0213

君(キ ミ)
567

576です。

太宰府市の歴史観光資源が12日夜、デジタル映像となって復活しました。

客館跡史跡広場に設けられた縦15メートル、横30メートルの巨大スクリーンに映し出されているのは、デジタル映像で復元された「大宰府政庁南門」です。

大宰府政庁は、7世紀後半に外国との交渉の窓口とされていました。

このイベント「万葉の大宰府政庁をデジタル映像で体験する時の旅」は、太宰府の歴史観光資源を広く発信していこうと、一般社団法人福岡デザインアクションと太宰府市が連携して行っている「太宰府トキタビプロジェクト」の一つとして開催されました。


(2021年02月13日 12時20分22秒)

Re:ネット情報の活用法   モウリさん さん
これらの記事を
誰も読んでいなくとも
それゆえに
神に捧げることになるので
むしろ意味がある。
誰も読まなければ
読まないほど、
人間の目にとって
無意味になればなるほど
より純粋な行為となり
神に捧げることになる。
意味の世界と
無意味の世界、
ちゃんと区別しよう。 (2021年04月08日 07時38分11秒)



良かったですね。
考えるきっかけがあったから・・・

そんなふうに
何気ない日常のたわいのない会話がきっかけになったり、

友人知人親族、めおとを通して
リアル世界で困難にぶつかった時こそミタマ磨き
時として
身をけずり 身をやつしてこそ。

何処か、ブログ書き込みが可能なうちは、余裕があるのです。

ネット情報さえ見ることが出来ず、家族のために身を差し出す行為。
これは
尊いのです。

賢さより尊いのです。
バカ正直に愛すること、バカならではの尊さなのです。

賢くない人をバカにせず
尊さとは何か。

次はぜひ
尊い人々をご自分で見つける目を育ててください。 (2021年04月08日 17時56分01秒)


© Rakuten Group, Inc.