058069 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ジャズの情報サイト 【Five Spot】

ジャズの情報サイト 【Five Spot】

PR

プロフィール

hamuoさん

hamuoさん

フリーページ

新しいBlogのサイトを作りました!!更新は新しい方で行いますので、そちらをご覧下さい。
こちら



ジャズ同様、何ものにもとらわれず、自由奔放に生きたジャコ・パストリアス。
彼に出会わなければ、僕はジャズを聴くことはなかったし、このページも生まれなかった。
ジャコが導いてくれたすばらしい出会いを、多くの人に伝えるサイト。
jaco3



2003年09月15日
XML
テーマ:Jazz
カテゴリ:カテゴリ未分類
 気を抜くとすぐにご無沙汰になってしまいますが、久しぶりの更新。今日も相変わらずピアノトリオのアルバムなのだけれど、これが久々にビビらされたすごいアルバム。マーシャル・ソラールの”NY-1”。

 僕もソラールのピアノって明示的に聴いたのはこのアルバムがはじめてだったのだけども、凄いぞこの親父って感じでした。このアルバムを録音した時点で御歳75歳ということなのだけれども、その音楽的な創造力は本当にすばらしい。アルバムには、スタンダートとオリジナルが3曲、4曲とそれぞれバランスよく入っている。勿論オリジナル曲もとてもよいのだけれども、彼のセンスをより良く聴けるのは、スタンダードの曲であると思う(もっと一杯聴きこめばオリジナルのよさがもっと分かると思うんだけれど)。

僕が特に気に入ったのは、6曲目の”Softly As In A Morning Sunrise”。MJQやコルトレーン、ロリンズ等、数々の巨人が演奏してきたこの曲を、ピアノトリオで真正面から取り上げているのだけれども、その凄みに圧倒された。1曲の中でも、スピード、パワーが自在に変化し、ソラールのピアノが本当に縦横無尽に響き渡る演奏である。本当に凄い。

 ちなみに、このアルバムはNYのVillage Vanguardで録音されたものだが、メンバーもすばらしく、特にドラムのビル・スチュアートは本当にすばらしい。彼はメセニーのピアノトリオの録音を聴いたときも、ソロイストを繊細かつ大胆に煽りまくる格好いいドラムだと思っていたけれども、このアルバムを聴いて、その思いを再認識した。

 それにしても、ソラールをはじめて聴いて、本当に久しぶりに衝撃を受けた。最近思うのは、本当に好きなことをやって生きてきたジジイの作るものって本当にすばらしいということだ(この前ピカソの絵を見ていて心からそう思った)。ソラールも75歳。自分が同じ歳になったら何をしているのだろうとつくづく真剣に考えさせられてしまう今日この頃である。
ViVa 爺さん!!

マーシャル・ソラール






最終更新日  2003年09月15日 23時18分45秒
コメント(94) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ジャズの広場 ホーリー7さん
Bassist "SEO TAKASH… SEO TAKASHIさん
JAZZかに合戦 BIG MAMAさん

コメント新着

腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
どぴゅ@ みんなホントにオナ鑑だけなの? 相互オナって約束だったけど、いざとなる…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/b878v9p/ 今…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…

© Rakuten Group, Inc.