000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由と余裕の投資生活 ~日記編~

PR

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

March 16, 2009
XML
カテゴリ:ボート

boat


boat


boat


boat


boat







Last updated  March 17, 2009 10:19:31 PM


August 3, 2007
カテゴリ:音楽
明日は久々のスタジオだぁ~!

学生時代に一応プロを目指していた、バンドメンバーとの久々のスタジオセッションを3時間
行う予定。

QUEEN他何曲かコピー曲も決めて練習しているが、なんといっても楽しみは当時のオリジナル曲。
9曲入りのカセットテープが手元にあり、デジタル化してCDに落とす方法を、ネットで色々と苦労して調べながら、CD化に成功。

これで、劣化を免れるぞ。
といっても、20年以上前のだから、既に相当劣化しているが。

全くといっていいほど、曲を忘れてしまっていたが、数回聞くとかなり鮮明に思い出し、
十分歌えるようになった。
しかし、ケツの青い学生時代に書いた歌詞は、かなり恥ずかしい・・・


スタジオの後、東京組の他のバンドメンバーや、その家族も合流して、うちのバルコニーで十数名でバーベキューの予定。

さらにその次の日は、そのメンバーの一人が神戸に建てた、スタジオ付き自宅にお邪魔して、またまたセッションの予定。最近結構音楽づいてきた。

明日も、その次も楽しみだ。






Last updated  August 4, 2007 12:58:45 AM
July 6, 2007
カテゴリ:音楽

近々、大学時代のメンバーなどと、何十年ぶりかにバンドをやろうという話になった。
そこで、ヴォイス・トレーニングを兼ねて、久しぶりのカラオケに、家族を付き合わせて出かけた。

2時間の間、歌うのは殆ど自分だけで、家族には飯を食わせたり、持参の任天堂DSをさせたり・・・たまに娘用の「ぞうさん」や「パンダ、うさぎ、コアラ」を何度か入れるが、曲が短いので、そう影響ない。

一応彼らに気を遣って、音量かなり小さめ。

最近車に殆ど乗らない → 大声で歌わない → 声が退化している。
という訳で、全然声も通らないし、声量もないし、ハイトーンですぐにかすれる。

このままではよろしくないので、明日からしばらくせっせと車に乗って、声のトレーニングするとしよう。

ちなみに、学生時代によく歌っていたBOOWYとかDavid Bowieなんかは、最近ではキーが低すぎて、全く歌いづらい。
もう少し鍛えて本調子になれば、課題曲の某女性ボーカルの曲や、Queenはなんとかなりそう。

PS)
BassのK君も、久々に楽器引っ張りだしてきて、かなり苦戦している模様。







Last updated  July 6, 2007 11:29:00 PM
June 28, 2007
カテゴリ:音楽

今日は久々にランチ時から、お気に入りのスパークリング・ワインを飲み、気持ち良ぉ~く酔っ払った。

酔うと、仕事モードから離れ、気持ちが楽しいことに向かおうとする。
ピアノやギターを弾いたり、カラオケ行こうと思ったり、昼間から温泉入りに行こうと思ったりする。

今日はは計画したものの、結局温泉には行けなかったが、ピアノは弾いた。
これまで、酔ってると思うように指が動かず、イライラすることが多かったが、先日書いたように、今日も感覚に任せて楽しく弾いたら、気持ちよく弾けた。

たまに、細かいフレーズを忘れた部分を、リピートして思い出そうとすると、また以前のようなイライラ状態に戻る。細かいことを気にせず、乗り乗りで弾くと、また上手く弾ける。

それに、同じ曲を何度か繰り返すと飽きてきて、弾けなくなる。
別の曲を新鮮な気持ちで弾くと、また上手く、楽しく弾ける。

う~ん、やっぱりそなんものなのかな~・・・
酔ってるから、上手く弾けてる気分だけだったりして・・・orz。


ところで、ピアノはギターやボーカルよりも難しい部分がある。
それは、実はリズム楽器の一種だということに起因する。

例えば、乗りのいいロックンロールナンバーで、ボーカルが多少リズムを外しても、まあそう影響ない。しかし、ピアノの左手がリズムを外したり、乗りが上手く出せないと、これは致命的だ。しかも、力が弱いほうの左手だ。

ピアノはコードやメロディだけでなく、ベースやドラムと同じく、リズムセクションの一部を担っているところに、その奥深さと難しさがあると感じる今日この頃であった。

 







Last updated  June 28, 2007 11:16:22 PM
June 23, 2007
カテゴリ:音楽

しばらくの間エレピが故障していたのだが、忙しくて修理する暇がなかった。
昨日やっとメーカーのサービスセンターに電話して来てもらい、簡単な故障だったので、その場で直った。

それで昨日、一月以上ぶりにピアノを弾いたところ、だいぶ忘れてて、指も思うように動かない。
そしてまた今日は、仕事の合間の息抜きとして、CDでBohemian Rhapsodyを流しながら、一緒に合わせて弾いた。

そしたら、一気に記憶が甦ってきたのか、気持ちよぉ~く弾けた。

どこかのブログに書いていたが、気合いを入れて弾くのではなく、練習でもなんでも、感覚の赴くままに、気持ちよく弾くのがコツだそうだ。そうすれば、上達も相当早いらしいが、そんなものなのかな。


ところで、コワモテ氏がmixiでラルク(L'Arc~en~Ciel)のコミュニティに入っており、オフでカラオケとかやってるようで、なかなか楽しそうだ。しかし平均年齢が20代前半らしく、コワモテ氏が最年長らしい。

ラルクならキー的にも十分歌えそうなので、このコミュニティに参加してみたい気もするが、そうなると僕が最年長になる。

やっぱQueenか何かの、コミュニティ探そうっと・・・。
しかし、それなら逆に平均年齢はすごく高過ぎるかもしれんなぁ。去年か一昨年、ライブに行った時の、観客の平均年齢の高さには驚いたからなぁ。


また話は変わるが、昨日コワモテ氏と飲んでる時、僕がこう言った。
「ラルクもGLAYも、80年頃当時のUKものの『ニュー・ウェーブ』とか呼ばれてた系列、『Duran Duran』や『David Bowie』なんかの影響をバリバリ受けてる」と。

そしたら、もう一人のラルク好きのタロウ君と同時に、間髪入れずに、「GLAYとラルクは違う!GLAYは単なるポップスや!」と言われた。

う~ん・・・ラルクもポップスやと思うけどなぁ~。その違いはよう解らん。







Last updated  June 24, 2007 01:54:08 AM
June 21, 2007
カテゴリ:日記

朝食も、ビュッフェ・洋食・和食・ラウンジ・ルームサービスと、どれでも選べるのだが、「和食」を選択。

0019

 

関西オープンセミナーの時にも、皆さんとお茶を飲んだカフェラウンジ

0020

 

敷地内に蛍のいる人口の川や滝があったり、田んぼ、写真の庭なども人工的に作っており、昆虫や蛙なども成育しているので、子供たちは大喜び。

0021

 

最後にスカイビルを見上げて・・・

0022

とにかく、価値>>>>>価格 の、大満足なホテルライフだった。







Last updated  June 21, 2007 12:22:36 AM
June 20, 2007
カテゴリ:日記

レストランの雰囲気

0014

子供もいるので、メインダイニングではなく、カジュアルレストランで夕食。

フィレやオマール海老などの、好きなメインを一品選択。
それにスープ + パン or ライス + コーヒーなどのドリンク。

0015

しかし圧巻は、オードブル + サラダ + デザート の食べ放題ビュッフェ。
新鮮なサーモンや平目、タラバなどのシーフードはじめ、生ハムやサラミなどのハム・ソーセージ類・・・それだけで満腹で、もうメイン要らないぐらい。

それだけのメニューで、税・サ込み6000円/人。
さらに「えぐぜかてぃぶ」特典で、ワイン・フルボトル1本無料。

しかもウェスティンの洋食ビュッフェは、ウェスティンホテル淡路もそうだったが、美味い。
色々な一流と言われるホテルでも、美味いと思えるビュッフェはあまりない。


食後はえぐぜかてぶ・らうんじで寛ぐ。

0016

ここでもコーヒーやオードブルがサービス(腹一杯で食えないけど)。


さらにサービスの酒棚  当然もう酔ってて飲めない。

ラウンジ2.jpg

 

ラウンジ全体の雰囲気

0017



ラウンジのソファ

0018

 

「こうして、夜は更けていくのでした・・・」 ← 旅番組風で。







Last updated  June 21, 2007 12:08:31 AM
June 19, 2007
カテゴリ:日記
部屋からの夜景1  大阪駅を見下ろす(東方面)。

0008



部屋からの夜景2  福島、中之島(南方面)。

0009



寝室

寝室.jpg



クローゼット  余裕たっぷり。

0010



バスルーム1  左側にはシャワーブース。

0010



バスルーム2  TVがあるが、ジャグジー動かすとうるさくて音が聞こえない。

浴室1.jpg



バスルーム3  2ボウルの洗面

洗面.jpg



この続きは後日「えぐぜかてぶ・らうんじ」とレストラン等紹介します。






Last updated  June 20, 2007 01:15:24 AM
カテゴリ:日記

エントランス  これだけでも、ビジネスホテルのシングルぐらいの広さ。

エントランス



書斎コーナー  背後のスペースも十分な余裕。

書斎



書斎からリビングを臨む

リビング1



リビング全体

リビング4



リビングのソファ  適度に硬くて、座り心地いい。

リビング2



リビングから書斎方面を臨む

リビング3


とにかくこの部屋が2万円/人なんて、ありえない安さだった。
続きの写真紹介(夜景、寝室、バスルーム、ラウンジ、レストラン他)はまた次回に。







Last updated  June 20, 2007 01:19:56 AM
June 16, 2007
カテゴリ:日記
えぐぜかてぶ・すいーとだが、有り得ないぐらい最高に、価値>価格だった。
「だった」というか、まだ今その部屋で朝陽を浴びながら書いている(笑)

結構これまで、色々なホテルには泊まったが、12年前に泊まったジャマイカ(ニューヨーカー御用達の高級リゾート)の ROUNDHILL 以来の感動。

また詳細については、追って色々紹介したいと思います。






Last updated  June 21, 2007 09:38:28 PM

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.