028642 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由と余裕の投資生活 ~日記編~

PR

Profile


bigapple39

Category

カテゴリ未分類

(0)

株式投資

(0)

ボート

(2)

ダイエット

(2)

DVD・映画

(1)

日記

(10)

サッカー

(1)

音楽

(4)

Calendar

Archives

May , 2022
April , 2022
March , 2022
February , 2022
January , 2022

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

 司令@ 総員第一種戦闘配置!! 今電車ーw 教えてもらったサイトでアポ…
 リーヅ@ 別に・・・ 金いっぱい貰っておきながら自由すぎる俺…
 もまぐ@ コチョコチョコチョ☆ キララちゃんとこちょばし合いしてたら、…
 さい8@ ちょちょちょ(^^; 見せて見せてっていうからチャック開けて…
 家電男@ 良い意味でため息w 欲しい家電買い揃えるためにはやっぱ稼が…

Headline News

Freepage List

May 25, 2007
XML
カテゴリ:ダイエット

僕は体質的に太りやすく、ちょっと油断をするとすぐに脂肪がついてしまう。
しかし、僕の「特技」のひとつは、「ダイエット」であり、体脂肪率は、大体8%台だ。

うちの体脂肪計は多少、他より少なめに出るようだが、それでも10%を大きく
超えていることはなさそうだ。

よく、どうやればダイエットに成功するのか、そのコツを教えて欲しいと聞かれるが、
その方法、理論は単純明快である。

要するに、「摂取カロリー」以上に「消費」すればいい訳である。
まあしかし、これが一般的には実行するのが、難しいようだが。

ではそれを実行するコツを書くとする。

まず第一に重要なのは「摂取カロリー」の方である。
このコントロールにより、ダイエットの成否は8~9割方決まると言っていい。

よく、ガムシャラに運動に走る人がいるが、それは今一効果がない。

体脂肪1Kgに対応する摂取カロリーは7000Kcalと聞いたことがある。
では、それを120m/分のジョギングで消費しようと思えば、体格や年齢、性別にも
よるが、小柄な女性などでは、22時間以上必要だ。
http://www.j-diet.co.jp/htm/diet/diet_main30.htm

一日30分としても、44日以上かかる計算になる。

それに、その44日間に、必要以上のカロリーを取ってしまうことは、非常に簡単で、
誰にでも間違いなく有り得るだろう。だからそれでは、ダイエットは成功しない。

ほぼ毎日の適度な運動、これは確かに必須条件である。
これは体の「インシュリン感受性」を高めることにより、脂肪を燃焼しやすくし、また 筋肉を造ることにもなるからだ。

その上で、「摂取カロリー」を劇的に減らすのだ。
上記数値を見ればわかる通り、ファイナンスでいう「資本コスト」のように、「摂取カロリー」
はダイエットに大きく効いてくる「パラメーター」なのだ。

一概にはいえないが、例えば摂取カロリーを60%に落として、毎日適度な運動をすれば、 みるみる体脂肪は落ちていくだろう。

それを実際に行う場合、実は面倒なカロリー計算はいらない。
感覚に頼って行うことが可能だ。

それは「空腹感」だ。

「餓鬼」という言葉があるように、考えてみれば子供の頃、普通に3食食べていても
いつも腹が減ってなかっただろうか。学生の頃、まだ入社したての頃はどうだったろうか。
僕は、普通に食べていても、「空腹」だと感じる時間が、結構長かったように思う。

だから全く太っていなかった。

それが、年齢を重ねるに従い、同じように食べていても、「空腹」を感じる時間が殆ど
なくなった。それが問題であり、だから脂肪が付き出した。

痩せたいと思っている皆さんは、もし以前痩せていたとしたら、その時と現在の
「空腹」を感じる時間に差がないか思い出してみてほしい。

超簡単にできるダイエット方法、それは、以下の2つを実行すること。
そうすれば、ジムに行って必死で汗を流すより遥かに効果的だろう。

1.ほぼ毎日適度な運動を行う
2.「空腹」と感じる時間をできるだけ長く取る

たったこれだけである。


PS)
世の中は案外単純で、

・ダイエットしたければ、消費カロリー>摂取カロリー
・お金を貯めたければ、キャッシュイン>キャツシュアウト
・企業価値を上げたければ、ROIC>WACC

とすればいいのだ。







Last updated  May 25, 2007 01:32:00 PM
[ダイエット] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.