000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自由と余裕の投資生活 ~日記編~

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

ダイエット

June 9, 2007
XML
カテゴリ:ダイエット

全然ダメ!
はっきり言って、インチキ広告確定。

今話題の ビリーズ・ブートキャンプ ですが、昨日初めてマトモに長時間、ショップチャンネルの紹介・販売番組を見た。

色々な知人のブログで、「見てると欲しくなる」とか、マーケティングの上手さの分析とか、「買って試したらシーツが破れた」とか・・・紹介されている。

でも少なくとも僕は「欲しくなる」どころか、胡散臭いなぁという感想しか持たなかった。

理由1.
出てくるモニターの人たちが、「劇的」に痩せ、すごく筋肉もついているが、どれだけハードにやっても、7日や2週間であんなに筋肉がつく訳がないし、減った体重の数値や、減ったウェストの数値がどう考えても大きすぎる。

理由2.
その証拠に、「※個人的な感想であり効果に差があります」と、しっかり予防線を張っている。

理由3.
そもそも従来のエアロビなどと、本質的には変わりないエクササイズなのに、たった7日間で日替わりに近いメニューを用意する必然性が不明。
 → 意図的にDVDの枚数を増やすためとしか考えられない。

理由4.
7日間で当然効果は出ないと思える上、ハードすぎて続かない。コレ続く人なら、とっくの昔にダイエット成功してますよ。


まあそんなとこだが、モニターに登場してる人たちは、最低2~3ヶ月は「バリバリに」筋トレやって、相当に鍛え上げたとしか思えない。


この手のものを見ていつも思うのだが、こういうものに手を出して、「頼ろう」としている時点で、そのダイエットは失敗なんだよね。

これまで「○○ダイエット」と名の付く方法が、「○日で、○Kg痩せた!」というお決まりのコピーとともに、ゴマンと出てきては消えていった。(○年で○億円儲けたと全く同じ)

これからもそうだけど、その都度必ずカモになって、ボッタくられる人がいる。


もう一つ言うと、TVなんかで紹介される方法もそうなのだが、
「一日15分で楽して・・・」とか
「誰でもできる軽い運動・・・」とか。

で、見てると楽そうなんだけど、実際やってみるとすごくハードで全然楽じゃない。
15分運動するって結構キツイし、それを毎日続けるのはかなりの意志が要求される。
(ビリーズ・・・は見てるだけでもキツイけど)

そんな続きもしないことやるより、極端な話運動なんて毎日しっかりやれば、一日3分とか1分で十分である。道具を使う必要もなければ、ジムやプールに行く必要もなく、自宅で十分可能。

嘘だと思うなら、「腕立て伏せ」でも「腹筋」でも「スクワット」でもいいから、3分間猛スピードかつ全力でやってみれはわかる。3分できる人は皆無のはず。


前にも書いたけど、要するにみんな単に「食いすぎてる」だけで、ダイエットなんて非常にシンプルで簡単なものなのだ。

しつこいようだけど、楽しようとか、何か真新しいものに頼ろうとか、そう考えた時点でそのダイエットは失敗で、物事は全て「強い意志」をもって、「王道」をしっかり歩むべきなのだ。

それはダイエットに限らず、禁煙、ビジネス、投資・・・全てに言えることで、「邪道」は必ず失敗すると思う。


PS)
ダイエットの常識に、「有酸素運動をある程度長い時間」行う必要性について、よく言われているが、あれは嘘っぱちだと思っている。
詳しくはまた書こうと思うが、エネルギーを消費する以上、「筋力トレーニングを短時間」でも全然問題ないと思うし、これはルック・スルーで考えれば当たり前のことだ。







Last updated  June 9, 2007 10:06:18 AM


May 25, 2007
カテゴリ:ダイエット

僕は体質的に太りやすく、ちょっと油断をするとすぐに脂肪がついてしまう。
しかし、僕の「特技」のひとつは、「ダイエット」であり、体脂肪率は、大体8%台だ。

うちの体脂肪計は多少、他より少なめに出るようだが、それでも10%を大きく
超えていることはなさそうだ。

よく、どうやればダイエットに成功するのか、そのコツを教えて欲しいと聞かれるが、
その方法、理論は単純明快である。

要するに、「摂取カロリー」以上に「消費」すればいい訳である。
まあしかし、これが一般的には実行するのが、難しいようだが。

ではそれを実行するコツを書くとする。

まず第一に重要なのは「摂取カロリー」の方である。
このコントロールにより、ダイエットの成否は8~9割方決まると言っていい。

よく、ガムシャラに運動に走る人がいるが、それは今一効果がない。

体脂肪1Kgに対応する摂取カロリーは7000Kcalと聞いたことがある。
では、それを120m/分のジョギングで消費しようと思えば、体格や年齢、性別にも
よるが、小柄な女性などでは、22時間以上必要だ。
http://www.j-diet.co.jp/htm/diet/diet_main30.htm

一日30分としても、44日以上かかる計算になる。

それに、その44日間に、必要以上のカロリーを取ってしまうことは、非常に簡単で、
誰にでも間違いなく有り得るだろう。だからそれでは、ダイエットは成功しない。

ほぼ毎日の適度な運動、これは確かに必須条件である。
これは体の「インシュリン感受性」を高めることにより、脂肪を燃焼しやすくし、また 筋肉を造ることにもなるからだ。

その上で、「摂取カロリー」を劇的に減らすのだ。
上記数値を見ればわかる通り、ファイナンスでいう「資本コスト」のように、「摂取カロリー」
はダイエットに大きく効いてくる「パラメーター」なのだ。

一概にはいえないが、例えば摂取カロリーを60%に落として、毎日適度な運動をすれば、 みるみる体脂肪は落ちていくだろう。

それを実際に行う場合、実は面倒なカロリー計算はいらない。
感覚に頼って行うことが可能だ。

それは「空腹感」だ。

「餓鬼」という言葉があるように、考えてみれば子供の頃、普通に3食食べていても
いつも腹が減ってなかっただろうか。学生の頃、まだ入社したての頃はどうだったろうか。
僕は、普通に食べていても、「空腹」だと感じる時間が、結構長かったように思う。

だから全く太っていなかった。

それが、年齢を重ねるに従い、同じように食べていても、「空腹」を感じる時間が殆ど
なくなった。それが問題であり、だから脂肪が付き出した。

痩せたいと思っている皆さんは、もし以前痩せていたとしたら、その時と現在の
「空腹」を感じる時間に差がないか思い出してみてほしい。

超簡単にできるダイエット方法、それは、以下の2つを実行すること。
そうすれば、ジムに行って必死で汗を流すより遥かに効果的だろう。

1.ほぼ毎日適度な運動を行う
2.「空腹」と感じる時間をできるだけ長く取る

たったこれだけである。


PS)
世の中は案外単純で、

・ダイエットしたければ、消費カロリー>摂取カロリー
・お金を貯めたければ、キャッシュイン>キャツシュアウト
・企業価値を上げたければ、ROIC>WACC

とすればいいのだ。







Last updated  May 25, 2007 01:32:00 PM

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.