119325 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

トッタ四季

時には読み返したい言葉(その2)

「マインドフルネス」を・・




☆  「世の中は 気楽に暮せ何事も 思えば思う 思わねばこそ」・・後水尾天皇

☆ 汝自当知 ( にょじとうち )➡「なんじ みずからまさに知るべし」
目は限りなく外に向いている・・
常にわが身の内実に深く目を向けることが大切です。

☆ 「諸行無常」➡万物衆縁和合し無常であり思うようにならず、
    そのうえ私のものはない➡
「色即是空」➡私たちは、言葉や文字にあやつられ、老いを恐れ、
死を恐れ来世を想像して悩み苦しみ迷っている➡「一切空」
とみれば心は安らぐ。

☆ 「それ浄土というも、地獄というも外には候わず、ただ我等が胸の間にあり」 
      日蓮
☆  「過去を追わざれ、未来を願がわざれ、今なすべきことをなせ」 
(マッジマ・ニカーヤ)

★ 人間の心は放っておくと、九割は否定的方向に傾いてしまいます。
だからつねに肯定的思考を身につけなければなりません。
                    ジョセフ・マーフィー(思想家)
☆ ふと浮かびふと浮かびまたふと浮かぶ心の姿正しくあれや     
  高橋正雄
☆「何ごとも夢まぼろしと思い知る 身にはうれいもよろこびもなし」足利義政

☆「忘れるということで、私たちは生きていける」(瀬戸内 寂聴)

☆「変えられないのは他人と過去、変えられるのは自分と未来」

☆ 「人生は死ぬまでの暇つぶしやから。暇つぶしには仕事が一番ええ」
                            がばいばあちゃん
☆「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」
                            米沢藩主の上杉鷹山
☆ 精神一到何事か成らざらん

☆子曰く、吾 十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず。

☆ 怠け心をなくす方法は、背筋を伸ばすだけです。
背筋を伸ばしていると怠け心が起きないのです   アルボムッレ・スマナサーラ

☆ 冒険しないと、つまらない人生になってしまう。
(ジム・ロジャーズ)

☆ どんなときでも、より劇的でありたい。
つまらないと感じることは最大の不幸だと思うから。
(尾崎豊)

☆大人が一年間ムキになってやれば、たいていのことは、
りっぱな専門家になれます。 (城山三郎)



徹底した楽観主義、プラス思考を常に意識する事



ホームへ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.