132072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ポポくんのワインカフェ

ワインを採点する !?

ポポくんのワインカフェ【HOME】>ワインを楽しむ基礎知識
おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは こころなりけり 名言ですね。大事なのはなにをするべきかではなく、なにがしたいかです。心の持ちようで世界はかわる?魅力的で感動のあるワインがそばにあると、豊かな人生のたしになると信じています。恋人をさがすがごとくワインを探す…ロマンですね。
~ ポポくんのワインカフェ (Popo's Wine Cafe ) へようこそ !! ~

~ ワインを採点する !? ~ 【 ワイン日記の採点基準の見方 】 

最初に・・・『 ワインは個性をもった飲み物であり、それぞれの個性を、客観的な数値で評価すること自体、馬鹿げている。』という考え方があります。
たしかに正論ですね。ワインは、好きなものを、好きなように楽しめばいいと思います。

このブログであえて、採点・評価法をとったのは、”記憶の整理用”です。
楽しんだワインを、記憶をたどり表現するのは大変です。実際、分類分けして点数をつける方法をとってみると、曖昧さが減り、かなりワインを思い出すことが可能になりました。
再度、購入したいときなどの参考に便利ですね。

それと、分類して点数づけするようになってから、気づいたことがあります。
前より、ワインがさらに好きになりました。ワインを点数で評価するとき、よりワインを理解しなければ・・・と意識が働くせいでしょうか?

前置きが長くなりましたが、以下がワインの採点基準の内訳です。

1)ワインの基準点 (50点)

すべてのワインに,50点を基礎点とし付与します。(有名なロバート・パーカーやワイン・スペクテイター誌と同様です。)後、五つの要素で加点(加点方式)し、満点は100点とします。(実際は50点満点ですね。)

2)加点要素と配分 (50点)

加点要素の内容と配分が、有名なロバート・パーカーやワイン・スペクテイター誌とPopo's Wine Cafe版では、まるで異なります。
そのワインの飲んだとき”現在の感想・評価”を強く意識しました。

特に特徴的なのは"5の項目"です。お値打ち度?で、ワインを購入することを前提としました。

当然ながら、評価は個人的な感想の領域で、個人の好みです。点数にしても個々のワインの「品質」を表しているわけではありません。

1.香・外観 (10/10点)

ワインの重要な要素、アロマ(葡萄由来の香)とブーケ(熟成香)などを表します。外観をチェックしたり、ワインの色を見たりもここで評価しています。

2.味わい(風味) (10/10点)

ワインの骨格(ボディ)となる、甘み・果実味・ヴォリューム・ミネラル感の特徴や、酸味、タンニン、アルコールの強さ、調和などを評価しています。口中香もここで評価。 

3.余韻 (後味) (10/10点)

ワインの後味の内容や、余韻の長さなどを評価しています。余韻の内容はそのワインのボディの尺度になりますね。

4.フィネス (10/10点)

そのワインの全体的な、総合的な品質のレベルを評価しています。個性的、魅力的も評価。当然ながら尺度となるワインが存在しますが、ここでは割愛します。素晴しいワインがどうしても基準となるため、デイリークラスでは不利ではあります。 

5.CP【コストパフォーマンス】 (10/10点)

対価格相対比。簡単に述べると、お値打ち感です。デイリークラスはここでの評価が重要です。これだけ特殊指標にしています。
例) 8点・・・価格相当。 10点・・・価格の1・5倍以上の価値。 12点・・・価格の2倍以上の価値。
14点・・・価格の2・5倍以上の価値。 16点・・・価格の3倍以上の価値。

3)評価点の目安 

1. 別 格 (96~100)Extraordinary

文字通り、別格。特別な、偉大なワインにたいする評価です。最高級の賛辞であり、ほとんどでることはありません。蛇足ですが、個人的にいままでその評価は、わずか5本のみ。その5本いずれもですが、悲しいことに、現在手を出せる価格ではありません・・・。

2. 傑 出 (90~95) Outstanding

現実的に、最大限の評価と思っていただいて結構です。これもほとんど出ません。魅力的なワインで、絶対のお勧めです。

3. 極 良 (87~89) Extremely good

優秀な、きわめて良いワイン。自信を持ってお勧めです。very.松。

4. 優 良 (84~86) Quite good

優れた、とても良いワイン。お勧めです。better.竹。

5. 良   (80~83) Above average

良いワインです。買って損はありません。good.梅。

6. 中 級 (70~79) Average

それなりに楽しめるワイン。言葉は悪いですが並。

7. 下 級 (50~69) Below average to poor)

はっきりいうとお勧めしません。魅力より欠点が多い感じのワイン。
最新の日記NEW ワインの雑学 こだわりグッズ 旬なワインNEW

ポポくんのワインカフェ (Popo's Wine Cafe )HOME

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.