702205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

80’s バイク

PR

Calendar

Profile


MORI @ ブラボー!

Category

Freepage List

80’S お仲間BIKE紹介


お仲間 FZ400R


バイク イラスト集


「公道仕様YZR500」 潜入捜査!!


Mr. Fredの イギリスのバイク情報


Mr. Fredのイギリスバイク事情


DT125R オフへの道


DT125 納車だぁぁぁ~!


DT125 メンテ進行中!


DT125で通勤GO!GO!


DT125R  初オフ走行!


DT125R スポーク調整


DT125R 動画集


DT125R YPVS調整


愛犬ミニチュアダックスの”てんてん”


”こんなウルトラマンが見てみたい”


はじめに


ウルトラマンZERO


ZEROタイプ


ZEROファイタータイプ


主人公


ヒロイン


隊長


隊員A


隊員B


女性隊員C


白衣の女史 


大地の聖霊


FZ400R メンテ過去ログ編


キャブ


バルブクリアランス


ヘッドライト


足まわり改


イグニッション・コイル


ラジエター改


インナーのメッキ


ハブベアリング


発電しない


電装系トラブル


スピードメータートラブル


燃費


フロントフォーク


なっとうまきダンナの46Xメンテログ


アイドリング調整


社外マフラー


フロントの暴れ


ステアリングダンパー


車検


バックステップ


スクリーン


オーバーフロー


リアサスOH


プラグトラブル


ガソリンコック


インシュレーター


エアークリーナー


Fブレーキトラブル


バイクメインのお絵かき掲示板


オクさん 作品集2


こんな、ぶぁいく漫画描きたい


鈴鹿8耐


2009 8耐


ロードレーサー画像集


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

GSX-Rミーティング … New! しけ゛さん

紺8と銀Gと白猫の… たけさん33号さん
酒井大作選手の応援… みひろ(管理人)さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん
よしあき ヨシ2426さん
2009年12月13日
XML
カテゴリ:鈴鹿8耐
1985年、鈴鹿8時間耐久は開催前から異常な盛り上がりをみせていた。

画像 085_300.jpg

1983年にフレディー・スペンサーと壮絶なワールドグランプリのチャンピオン争いの後、引退した通称”キング”ことケニー・ロバーツが鈴鹿8時間耐久にやってくるという。
しかもペアライダーは全日本500ccクラスで2連覇を達成している平忠彦という布陣である。
人気、実力とも申し分ない夢のコンビが夏の鈴鹿で実現した。



しかも彼らの乗るマシンはライトパープルに塗られ、
当時はまだサーキットに存在していなかった3人のハイレグ姿のキャンペンガールに囲まれていた。
これに対して多くのレース関係者が顔をしかめた。
”あの”キング”ケニーがこんな色のマシンに乗るのか・・。”




しかし、鈴鹿を訪れたファンにはこの異色コラボは斬新に映った。




彼らのチームのスポンサーは化粧品会社、資生堂であった。

男性化粧品の新ブランド、"TECH21"のイメージに”スピーディさ”があった。
これが当時、全日本ロードレースの頂点で活躍し、
世界グランプリに向けて羽ばたこうとしていた平忠彦と重なった。
甘いマスクが女性ファンを惹きつけ、身長180センチ、体重70キロ、モデルとしても申し分なかった。






”ヤマハが俺を必要とするなら喜んで出るよ。”
引退して2年以上たったケニー・ロバーツは現役当時の体を作って、真夏の鈴鹿サーキットに現れた。


マシンは当時発売されて間もない水冷FZ750エンジンをベースとしたヤマハワークス製FZR750。
ライトパープルの車体にライト周りはいわゆる”水中メガネ”のカウル、そして黒ゼッケンに白文字の”21”。
優勝候補の筆頭に挙げられた。

画像 054.jpg







初めての鈴鹿、2年のブランク・・
キングケニーはナーバスになるどころか、こう言い放つ。
”全てのセッテングは平に合わせてくれ。”













公式予選、当初の予想を裏切る事もなく、ケニー・ロバーツ&平忠彦の資生堂ヤマハ"TECH21"チームはホンダワークスのエースチーム ワイン・ガードナー&徳野政樹組より1秒近く速いレコードタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得。














15万6千人もの観客をも呑み込んで、午前11時30分、カウントダウンとともに1985年鈴鹿8時間耐久のスタートが切られる。
ル・マン式スタートにより一斉にライダーがマシンに駆け寄る。


スタートを切って、わずか数秒で観客達の期待は悲鳴にかわる・・。
ゼッケン21、”キングケニー”の乗る資生堂ヤマハ"TECH21"チームに火が入らない・・。



"TECH21"ヤマハワークス製FZR750がその咆哮を轟かせたのはほぼ最後尾になってからであった。











1ラップ目 35位でグランドスタンド前に戻ってきたケニー・ロバーツ。
何故、この男は”キング”と呼ばれているのか・・。
その答えはここから読み取る事が出来る。


2ラップ目 28位
5ラップ目 12位
8ラップ目 7位
13ラップ目 4位
18ラップ目 3位
20ラップ目 2位


わずか20ラップあまりで50台ものマシンをゴボウ抜きしたケニー・ロバーツ、現役を退いてもなお”キング”の走りを真夏の鈴鹿で披露する。














約1時間後ケニーはピットイン、全日本の若きエース平忠彦にバトンを渡す。



”キングケニー”のペアライダー平忠彦も1時間後40秒あったガードナー&徳野組の差をつめてゆく。
ガードナー仕様のマシンに苦しむ徳野を2~4秒上回るペースで周回、38周目、ついにトップに躍り出る。

6時間目には同一周回するマシンはなく、2位、ガードナー&徳野組をも遥か後方を走行している。




レースも残り1時間、ケニーからタイラにライダー交代。
夕闇の鈴鹿をゼッケン21資生堂ヤマハ"TECH21"チーム 平忠彦、安定した走りをみせゴールを目指す。

この時、多くの観客が”ケニー&タイラ”の資生堂ヤマハ"TECH21"チーム勝利の姿を思い描いたに違いなかった。











午後7時すぎ、残り29分、181ラップ目 鈴鹿の魔物が突然、牙を剥く。


”タイラのマシンが帰ってこない。。”
平の乗る”TECH21”FZR750が突然のスローダウン。


走行ラインを右に寄せ、何度もリア周りに視線を落とす平忠彦。
マシンの状態を確認するようにスロー走行で平忠彦がホームストレートに戻ってくる。

コンクリートウォールにマシンを傾け、”TECH21”チームの仲間達の顔を力なく見上げる平忠彦。








”ケニー&タイラ”の資生堂ヤマハ"TECH21"の8時間耐久レースはここで終わった。









午後7味30分、1分以上離されても最後までレース諦めなかったホンダのワイン・ガードナー&徳野政樹組がトップでチェッカーを受けた。






1985年の鈴鹿8時間耐久レースで見せた”ケニー&タイラ”の走りは現在でも伝説としてファンの間で語り告がれている。

IMG_3093.JPG







ニッカンスポーツ”1985FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース”

INTO THE ZONE ~あの領域へ~

YOU TUBE 1985年鈴鹿8時間耐久"TECH21"その1
YOU TUBE 1985年鈴鹿8時間耐久"TECH21"その2









FZR750(OW74)1985










Last updated  2009年12月13日 22時42分52秒
[鈴鹿8耐] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.