696955 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

80’s バイク

PR

Calendar

Profile


MORI @ ブラボー!

Category

Freepage List

80’S お仲間BIKE紹介


お仲間 FZ400R


バイク イラスト集


「公道仕様YZR500」 潜入捜査!!


Mr. Fredの イギリスのバイク情報


Mr. Fredのイギリスバイク事情


DT125R オフへの道


DT125 納車だぁぁぁ~!


DT125 メンテ進行中!


DT125で通勤GO!GO!


DT125R  初オフ走行!


DT125R スポーク調整


DT125R 動画集


DT125R YPVS調整


愛犬ミニチュアダックスの”てんてん”


”こんなウルトラマンが見てみたい”


はじめに


ウルトラマンZERO


ZEROタイプ


ZEROファイタータイプ


主人公


ヒロイン


隊長


隊員A


隊員B


女性隊員C


白衣の女史 


大地の聖霊


FZ400R メンテ過去ログ編


キャブ


バルブクリアランス


ヘッドライト


足まわり改


イグニッション・コイル


ラジエター改


インナーのメッキ


ハブベアリング


発電しない


電装系トラブル


スピードメータートラブル


燃費


フロントフォーク


なっとうまきダンナの46Xメンテログ


アイドリング調整


社外マフラー


フロントの暴れ


ステアリングダンパー


車検


バックステップ


スクリーン


オーバーフロー


リアサスOH


プラグトラブル


ガソリンコック


インシュレーター


エアークリーナー


Fブレーキトラブル


バイクメインのお絵かき掲示板


オクさん 作品集2


こんな、ぶぁいく漫画描きたい


鈴鹿8耐


2009 8耐


ロードレーサー画像集


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

岡山国際サーキット… しけ゛さん

紺8と銀Gと白猫の… たけさん33号さん
酒井大作選手の応援… みひろ(管理人)さん
おもちゃのくるま ネコしゃんさん
よしあき ヨシ2426さん

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

鈴鹿8耐

2010年05月13日
XML
カテゴリ:鈴鹿8耐
IMG_2874 (2) (500x261).jpg

正直、参加してみたもの・・会場内では当初、気分はブルーだったんですが、手弁当で会場を盛り上げて下さった皆様の”明るく楽しくおくろう”という気持ちに救われました。



IMG_2887 (2) (293x300).jpg
学ちゃんは良い仲間に恵まれていたんだなぁ。。




IMG_2893 (2) (500x286).jpg
2003年鈴鹿8耐、鎌田選手とペアを組んだ生見選手。

バイクのセッティングは生見選手が主導権を握ったとのコト、理由は・・
”同じサーキットにいても学はRC211Vや250に乗っていて(当時、学ちゃんはホンダのマシン開発を担当していた。)、8耐マシンは乗る事もなく、コッチにまかせっきりだったから。”

”ただブレーキレバーの位置だけはモメたな・・。これだけはどーしても意見が食い違い、最後は2人でジャンケン。”

ブレーキレバーの位置も生見選手の好みになったそうです。
(生見選手ニヤリ・・)






IMG_2857 (2) (500x345).jpg
学ちゃん、ジャンケン弱かったのか??




IMG_2859 (2) (267x300).jpg



IMG_2895 (2) (500x302).jpg
↑CBRのCM

左が生見さんで右が学ちゃんだそうです。
わぉ、8耐優勝コンビ。

かっこいいCMなんだけど・・
黒メットの学ちゃんが下を向いた瞬間にアゴが出るんだよ~~。ほら~~。
これには会場、大爆笑。



要確認デス↓
CBRのCM








そうそう・・
会場には世界で活躍している高橋ユーキ選手も目立たぬように参加されいてました。








IMG_2876 (2) (500x375).jpg

とても気持ちの良い”送る会”でした。
学ちゃんも皆さんの笑顔が見れて、きっと空の上で喜んでいるでしょうネ。









Last updated  2010年05月13日 23時12分56秒
カテゴリ:鈴鹿8耐
松下ヨシナリさんのブログより”多くの皆さんに来て欲しい、学ちゃんとのお別れ会。”


今から大江戸博物館(正式名称は違う・・ナ。。← 江戸東京博物館だったっけ??)の
”龍馬伝”に行こうと思っています。

”お別れ会”・・どうしよかな。。
結構、くるんだよな。。





悩む・・







ホンダ”2003年鈴鹿8耐”









Last updated  2010年05月13日 12時44分10秒
2009年12月13日
カテゴリ:鈴鹿8耐
1985年、鈴鹿8時間耐久は開催前から異常な盛り上がりをみせていた。

画像 085_300.jpg

1983年にフレディー・スペンサーと壮絶なワールドグランプリのチャンピオン争いの後、引退した通称”キング”ことケニー・ロバーツが鈴鹿8時間耐久にやってくるという。
しかもペアライダーは全日本500ccクラスで2連覇を達成している平忠彦という布陣である。
人気、実力とも申し分ない夢のコンビが夏の鈴鹿で実現した。



しかも彼らの乗るマシンはライトパープルに塗られ、
当時はまだサーキットに存在していなかった3人のハイレグ姿のキャンペンガールに囲まれていた。
これに対して多くのレース関係者が顔をしかめた。
”あの”キング”ケニーがこんな色のマシンに乗るのか・・。”




しかし、鈴鹿を訪れたファンにはこの異色コラボは斬新に映った。




彼らのチームのスポンサーは化粧品会社、資生堂であった。

男性化粧品の新ブランド、"TECH21"のイメージに”スピーディさ”があった。
これが当時、全日本ロードレースの頂点で活躍し、
世界グランプリに向けて羽ばたこうとしていた平忠彦と重なった。
甘いマスクが女性ファンを惹きつけ、身長180センチ、体重70キロ、モデルとしても申し分なかった。






”ヤマハが俺を必要とするなら喜んで出るよ。”
引退して2年以上たったケニー・ロバーツは現役当時の体を作って、真夏の鈴鹿サーキットに現れた。


マシンは当時発売されて間もない水冷FZ750エンジンをベースとしたヤマハワークス製FZR750。
ライトパープルの車体にライト周りはいわゆる”水中メガネ”のカウル、そして黒ゼッケンに白文字の”21”。
優勝候補の筆頭に挙げられた。

画像 054.jpg







初めての鈴鹿、2年のブランク・・
キングケニーはナーバスになるどころか、こう言い放つ。
”全てのセッテングは平に合わせてくれ。”













公式予選、当初の予想を裏切る事もなく、ケニー・ロバーツ&平忠彦の資生堂ヤマハ"TECH21"チームはホンダワークスのエースチーム ワイン・ガードナー&徳野政樹組より1秒近く速いレコードタイムを叩き出し、ポールポジションを獲得。














15万6千人もの観客をも呑み込んで、午前11時30分、カウントダウンとともに1985年鈴鹿8時間耐久のスタートが切られる。
ル・マン式スタートにより一斉にライダーがマシンに駆け寄る。


スタートを切って、わずか数秒で観客達の期待は悲鳴にかわる・・。
ゼッケン21、”キングケニー”の乗る資生堂ヤマハ"TECH21"チームに火が入らない・・。



"TECH21"ヤマハワークス製FZR750がその咆哮を轟かせたのはほぼ最後尾になってからであった。











1ラップ目 35位でグランドスタンド前に戻ってきたケニー・ロバーツ。
何故、この男は”キング”と呼ばれているのか・・。
その答えはここから読み取る事が出来る。


2ラップ目 28位
5ラップ目 12位
8ラップ目 7位
13ラップ目 4位
18ラップ目 3位
20ラップ目 2位


わずか20ラップあまりで50台ものマシンをゴボウ抜きしたケニー・ロバーツ、現役を退いてもなお”キング”の走りを真夏の鈴鹿で披露する。














約1時間後ケニーはピットイン、全日本の若きエース平忠彦にバトンを渡す。



”キングケニー”のペアライダー平忠彦も1時間後40秒あったガードナー&徳野組の差をつめてゆく。
ガードナー仕様のマシンに苦しむ徳野を2~4秒上回るペースで周回、38周目、ついにトップに躍り出る。

6時間目には同一周回するマシンはなく、2位、ガードナー&徳野組をも遥か後方を走行している。




レースも残り1時間、ケニーからタイラにライダー交代。
夕闇の鈴鹿をゼッケン21資生堂ヤマハ"TECH21"チーム 平忠彦、安定した走りをみせゴールを目指す。

この時、多くの観客が”ケニー&タイラ”の資生堂ヤマハ"TECH21"チーム勝利の姿を思い描いたに違いなかった。











午後7時すぎ、残り29分、181ラップ目 鈴鹿の魔物が突然、牙を剥く。


”タイラのマシンが帰ってこない。。”
平の乗る”TECH21”FZR750が突然のスローダウン。


走行ラインを右に寄せ、何度もリア周りに視線を落とす平忠彦。
マシンの状態を確認するようにスロー走行で平忠彦がホームストレートに戻ってくる。

コンクリートウォールにマシンを傾け、”TECH21”チームの仲間達の顔を力なく見上げる平忠彦。








”ケニー&タイラ”の資生堂ヤマハ"TECH21"の8時間耐久レースはここで終わった。









午後7味30分、1分以上離されても最後までレース諦めなかったホンダのワイン・ガードナー&徳野政樹組がトップでチェッカーを受けた。






1985年の鈴鹿8時間耐久レースで見せた”ケニー&タイラ”の走りは現在でも伝説としてファンの間で語り告がれている。

IMG_3093.JPG







ニッカンスポーツ”1985FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦 コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース”

INTO THE ZONE ~あの領域へ~

YOU TUBE 1985年鈴鹿8時間耐久"TECH21"その1
YOU TUBE 1985年鈴鹿8時間耐久"TECH21"その2









FZR750(OW74)1985










Last updated  2009年12月13日 22時42分52秒
2009年08月17日
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐
今年からライスポの速報本なくなり、本誌の別冊となってしまいました。
悔しいので、自分なりにまとめてやろう・・と始めてみたものの・・
あれれ・・??
結構、ネット上にも情報載ってるし・・
でもね。。最後まで意地でやってしまいました。。

間違ったトコロは大きなココロで笑って許して下さい。



国内モータースポーツの衰退が叫ばれる昨今・・
(ヨーロッパでは大ブレイクしてるんですが・・)
鈴鹿8耐の魅力が伝わればいいなぁ。。


            ☆


1.2009 8耐スタート

2.スタートから1時間

3.炎天下の走行

4.桜井ホンダの苦悩

5.スタートから2時間後

6.雨の中の追い上げ

7.スタートから3時間後

8.スタートから4時間後

9.スタートから5時間後

10.スタートから6時間後

11.スタートから7時間後~ゴールへ






Last updated  2009年08月17日 18時50分14秒
2009年08月05日
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐





荒れに荒れたレースも残り1時間、
各チームともピット作業を終え、最後のライダーに襷(タスキ)を預ける。
トップチームの順位に大きな変動はなく残り30分を迎える。


このまま無事にチェッカーを迎えれば・・
モニターに釘付けとなるピットクルー、後はライダーの健闘を祈るだけである。











しかし、残り30分を切った19時05分、
鈴鹿の魔物が3位走行中のゼッケン48 PLOT FARO PANTHERA 出口修に牙を剥く。








19時05分、ゼッケン48 PLOT FARO PANTHERA 出口修 緊急ピットイン。
ピットクルーにマシンの異常を伝えるもの、短時間の確認で原因を見つける事が出来ない。
残り時間が僅かな事から出口選手はそのままのマシンで再度コースインする事に・・。



後に判明したトラブルの原因は異物を踏んだ事でリアタイヤのスローパンク(見た目にな分からない程度で、徐々に空気が抜けていく症状)であった。






ゼッケン48 PLOT FARO PANTHERA 出口修 周を重ねるたびに症状が悪化してゆく。
ストレート以外ずっと暴れるマシン、コーナーでアクセルの開けられない不安定なマシン・・
いつ何が起こってもおかしくないマシン。





PLOT FARO PANTHERA 出口修、
暴れるマシンで濡れた路面を一定の覚悟を持って走り続ける。
( PLOT FARO PANTHERAのサイトより画像 )















残り30分の所まで、その手に掴みかけた表彰台、
無常にもその指の隙間からこぼれ落ちてゆく・・。






















昔からゼッケン12はヨシムラのエースナンバー。
偉大なる先輩ライダー達がゼッケン12を背負い、夏の鈴鹿を闘った。
( ヨシムラのサイトより画像 )






今年から酒井大作はヨシムラのエースとなった。

img8dcb2743zikbzj.jpg


自分でマシンを作って、ムードを盛り上げ、チームをリードしなくてはならない。
勝って当然。
言い訳など・・到底、許されない。

数々の大きなプレッシャーが酒井大作の背中にのしかかる。













178周を重ねた残り10分、サーキットは闇に包まれる。
ウェットの路面に反射したヘッドライトが長いレースの終わりが近いことを告げる。
ピットには続々と人が集まり、闘い抜いたライダーを迎える準備が進む。











ついにラストラップを迎える。
闇の中、安定したライディングをみせるゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO 酒井大作。

モニターを見上げるヨシムラのスタッフ。
あと半周あるもののつい口元がゆるんで、白い歯が見えてしまうヨシムラ3代目監督、加藤陽平監督。
( ヨシムラのサイトより画像 )













午後7時30分、ついにチェッカーの瞬間に訪れた。
終始安定した走りのヨシムラスズキwith JOMOの独走優勝で幕を閉じた。
周回数は183周。

吉村不二雄ヨシムラ社長、数々の重圧を乗り越えて大仕事を終えたヨシムラの新エース、酒井大作を温かく迎える。

( ヨシムラのサイトより画像 )
( ヨシムラのサイトより画像 )
( ヨシムラのサイトより画像 )
















F.C.C.TSR Honda序盤の転倒でトップから10周遅れの最後尾からの追い上げ、最終的に9位までポジションアップを果たした。
ドライ路面では秋吉が2分8秒台のファステストラップを記録。
さらに雨の路面では伊藤真一が他のマシンよりも10秒以上速い超ハイペース次々と他のマシンを抜きさった。
「F.C.C TSR HONDA」、2009年の夏の耐久は残念な結果となった。


しかし・・
”何処まで行けるか我々は挑戦する! ”
そのスピリッツは多くのファンの記憶に残り、語り継がれる事であろう。
( F.C.C. TSR のサイトより画像 )




















ワークスが去り、プライベーターの戦いになった今年の鈴鹿8耐。

スポンサーの撤退、マスコミの注目度の低下。
公表された決勝日当日の観客動員数 54,000人。
モータースポーツ人気の陰りは残念ながら否めない。






しかし、天候に翻弄せれたレースはこれに反し、
各エントラントの熱いスピリッツをまざまざと見せつけられる結果となった。





どんなに時代に翻弄されようともこの熱いスピリッツがあるかぎり、
鈴鹿8時間耐久はこれからも続いてゆく・・
その事をファンの一人として祈るばかりである。

( ヨシムラのサイトより画像 )













●鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝結果

1. #12 ヨシムラスズキwith JOMO 酒井大作/徳留和樹/青木宣篤 スズキ GSX-R1000     Bridgestone 183Lap

2. #5 TRICK☆STAR RACING 井筒仁康/武石伸也/鶴田竜二 カワサキ ZX-10R       Bridgestone 182Lap

3. #2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 高橋巧/亀谷長純 Honda CBR1000RR Dunlop 182Lap

4. #7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM I.ジャーマン/S.マーティン/G.ジャバニ ヤマハ    YZF-R1 Michelin 181Lap

5. #48 PLOT FARO PANTHERA 出口修/寺本幸司 スズキ GSX-R1000 Bridgestone 180Lap


6. #9 BEET RACING 179Lap
7. #44 ウイダーD.D.BOYS with A-STYLE 179Lap
8. #73 TEAM PLUS ONE & TSR 179Lap
9. #1 F.C.C.TSR Honda 178Lap
10. #99 テルル・ハニービーレーシング 178Lap


















Last updated  2009年08月17日 19時19分40秒
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐




17時18分に豪雨の為、3度目のセーフティカーが入り、レースが再び中断。
( ヨシムラのサイトより画像 )




スタートから6時間が経過。






濁流のようなコース・・
矢のような雨粒がシールドに叩きつけられ、視界を塞いでゆく。
冷たい雨がレーシングスーツに滲み込み、容赦なく体温を奪ってゆく・・
そんな中、ライダー達は己を殺したように黙々とセーフティーランを続ける。
















imgaedacbb0zik8zj.jpg












17時37分、レース再開。
空は若干明るくなっているもの弱い雨は降り続き、各チーム我慢の展開。
3度の中断がルーティーンを狂わせ、各チームが事前に立てていた夜間走行の作戦にも微妙な影響が出始めていた。







スタートから約6時間30分が経過し、ゴールまで残り1時間半、
ゼッケン634 MuSASHi RT HARC-PRO、
マシン修復を終え、山口辰也のライディングでレースに復帰。







世界耐久チームのゼッケン7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM、
ゼッケン2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 高橋巧 、
水しぶきを上げながら・・激しいバトルが繰り広げられる。
( 桜井ホンダのサイトより画像 )















再び強い雨が鈴鹿サーキットに降り注ぐ。
17時58分、ついに4度目のセーフティーカーが導入される。

空には稲妻が光り、暗い雲が空を覆い尽くす。
ライダーや関係者、広いスタンドで観戦する観客の安全を考え、8時間を待たずして赤旗提示、レース終了も検討されている。。














順位

1位 ゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO
2位 ゼッケン5 TRICK☆STAR RACING
3位 ゼッケン48 PROT FARO PANTHERA

4位 ゼッケン2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ
5位 ゼッケン7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM














ヨシムラはピットストップを遅らせ様子を見ている。
悪コンデションの中、約1時間半という長いライディングを続けているゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO 徳留和樹。
ひたすら我慢のレースだったが、己の仕事をやり遂げる為、淡々とセーフティーランを続ける。

路面は水が多く残る状態だが、空は次第に明るさを取り戻しつつある。











18時間18分、西コースから日が覗き、ついに約20分間導入されていたセーフティーカーがコースを離れ、レースが再開される。

残り1時間10分、サバイバルレースは続行される事になった。











残り1時間6分、ミス無くやりとげたヨシムラスズキwithJOMO 徳留和樹 ピットイン。
今期、ヨシムラを背負うチームの大黒柱、酒井大作に襷(タスキ)を託す。
( ヨシムラのサイトより画像 )



最悪ともいえるコンデションの中、大仕事を終えた徳留和樹、
ヨシムラのピットでは暖かい拍手が沸き起こる。















波乱の2009年鈴鹿8時間耐久レースもついに残り1時間を迎える。




















転倒して最後尾10ラップ遅れからの再スタート、ゼッケン1 F.C.C.TSR HONDA、
破竹の追い上げでついに10位までその順位を上げていた。。















つづきはコチラ : つづきはコチラ : 11.スタートから7時間後~ゴールへ






Last updated  2009年08月17日 19時20分09秒
2009年08月04日
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐




5時間が経過した段階でトップのヨシムラスズキwith JOMOはすべてのチームを周回遅れにしていた。











スタートから5時間が経過したころ、またもや西コースから大雨が降り始める。





雨の影響で路面のミュー(摩擦係数)が急激に低くなり、スプーンでフロントから転倒するマシンが何台かみられるようになる。
その中に33番手まで追い上げていたゼッケン634 MuSASHi RT HARC-PRO 安田毅史の姿が・・。






どんより重くなった雨雲の影響で16時50分、早くもライトオンのボードが提示される。
200907261704000.jpg








ライトオンの1分後の16時51分、激しさを増した雨の為、再びセーフティカーが導入される。
( 桜井ホンダのサイトより画像 )




ピットクローズに巻き込まれ、ピットレーンの出口で足止めするチームも・・。
またもや天候により勝負の行方が左右される。








約25分後にコースグリーン。
しかし、降り止まない雨は更に強くなり、ホームストレートエンドの1コーナー手前で3台がクラッシュするアクシデント発生。
( 桜井ホンダのサイトより画像 )



翌周には3度目のセーフティーカーがコースに入り、コース上はやがて川のような濁流に・・。











[6時間経過時点]

1. #12 ヨシムラスズキwith JOMO 141Lap
2. #5 TRICK☆STAR RACING 140Lap
3. #48 PLOT FARO PANTHERA 140Lap
4. #7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM 139Lap
5. #2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 139Lap
6. #9 BEET RACING 138Lap
7. #44 ウイダーD.D.BOYS with A-STYLE 137Lap
8. #73 TEAM PLUS ONE & TSR 137Lap
9. #99 テルル・ハニービーレーシング 136Lap
10. #14 BK MACO MOTO RACING TEAM 135Lap

14. #1 F.C.C.TSR Honda 134Lap
















つづきはコチラ : 10.スタートから6時間後













Last updated  2009年08月17日 19時10分08秒
2009年07月31日
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐




レース開始から4時間が経過
天候が落ち着いてきた。。

温度が高いので、路面が所々乾いてくる。











路面状況の急激に変化の為、各チームのラップタイムも周回ごとに変化が激しかったが、ようやく安定してくる。



トップ、ゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO 酒井大作、安定した走りをみせ、確実にゼッケン2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 高橋巧をラップ遅れにする。

これでヨシムラスズキwithJOMOと同一周回を争うのは、PLOT FARO PANTHERA、TRICK☆STAR RACINGの2台のみとなる。











トップを走る、ゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO 酒井大作、103周目にピットイン。
青木宣篤にライダーチェンジ。

各チームもルーティーンのピットイン。
路面はところどころにウェットパッチが残っているが、各チームともスリックタイヤに交換される。
















大きな順位の変動もなく、サーキットの観客席にも暑さと疲労の為か、うとうと居眠りする観客の姿がちらほら見かけられるようになる。。



















しかし・・

再び、西コース上空には黒々とした雷雲が忍び寄っていたのである。。

 


























[5時間経過時点]

1. #12 ヨシムラスズキwith JOMO 124Lap
2. #48 PLOT FARO PANTHERA 123Lap
3. #5 TRICK☆STAR RACING 123Lap
4. #2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 123Lap
5. #99 テルル・ハニービーレーシング 122Lap
6. #7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM 122Lap
7. #9 BEET RACING 121Lap
8. #44 ウイダーD.D.BOYS with A-STYLE 121Lap
9. #73 TEAM PLUS ONE & TSR 120Lap
10. #14 BK MACO MOTO RACING TEAM 119Lap

16. #1 F.C.C.TSR Honda 117Lap
33. #634 MuSASHi RT HARC-PRO. 111Lap















つづきはコチラ : 9.スタートから5時間後






Last updated  2009年08月17日 19時09分08秒
2009年07月29日
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐
レース開始から3時間が経過。




降ったかと思えばすぐに止む雨、つかのま路面の乾きを得たスリックタイヤを履くチーム。。
遅れを挽回しようと路面のドライの箇所を探し出し、懸命にラインをとり走り続ける。










再び雨が降り出し、コース上に水しぶきがあがる中、各チーム、ルーティーンのタイヤ交換。

上位チームのヨシムラスズキwith JOMO、TRICK☆STAR RACING、PLOT FARO PANTHERA、Honda DREAM RT 桜井ホンダらは次々とピットイン。

雨の中、スリックで我慢の走りを続けたチームもやっと状況に合ったレインタイヤを装着してコース上へ復帰してゆく。













トップチームのタイヤ交換ウォーズがひと段落する頃、激しい雨が急に西コースを中心に襲う。
スプーンカーブでは転倒車続出!
( 桜井ホンダのサイトより画像 )














14時33分にセーフティカーが導入、突然の土砂降りにレース中断。

問題はセーフティカーが導入された位置。







豪雨のためにセーフティーカーがコースに入ったのだが、これがちょうど1位 ヨシムラスズキwithJOMO 酒井と2位 TRICK☆STAR RACING 井筒の間で、2人のタイム差が一気に広がる事になってしまった。。。

















3時間21分、82周目でセーフティーカー解除、レースが再開される。

1位、ヨシムラスズキwithJOMO と2位、TRICK☆STAR RACING、一時は約35秒にまで肉薄したタイム差がレース再開直後、1分26秒まで再び大きく離される事に。。

今年もセーフティカー導入がレース内容を左右する。
得したチーム、損したチーム・・・


























その後、雨はすっかり上がる。

気温も高いことから路面の乾きが早く、ライン上は次第にドライになっていく
多くのライダーがレインタイヤのまま走行を続ける。

今度はタイヤの消耗を抑えながら走らなければならない。








トップはかわらずヨシムラスズキwith JOMO 酒井大作。
2位 TRICK☆STAR RACING 井筒 仁康はタイヤに負担をかけない丁寧なライディングを見せるが、PLOT FARO PANTHERAの寺本幸司にかわされ3番手に。






Honda DREAM RT 桜井ホンダの高橋巧、
激変するコンディションの中、亀谷のセッティングされた慣れないマシンをほぼぶっつけ本番で必死にライディングする。
先の展開を見据え、ペースを抑えながら亀谷に無事マシンを渡す事を最優先に考え、若干18歳ながら、クレバーな走りをみせる。

トップ同一周回の4番手と健闘しているが、トップのヨシムラスズキwith JOMOの酒井大作がすでに背後まで迫っていた。
























序盤の転倒で周回遅れとなった・・ゼッケン1 F.C.C. TSR Hondaの秋吉耕佑。

トップチームのマシンの後方より姿をみせ、背後に迫り・・素早く抜き去る。
そして、その視界から消えてゆく・・。

この悪コンデションの中で、異次元ともいえる走行を続けていた。。























[4時間経過時点]

1. #12 ヨシムラスズキwith JOMO 98Lap
2. #48 PLOT FARO PANTHERA 98Lap
3. #5 TRICK☆STAR RACING 98Lap
4. #2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 97Lap
5. #7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM 97Lap
6. #99 テルル・ハニービーレーシング 97Lap
7. #44 ウイダーD.D.BOYS with A-STYLE 96Lap
8. #9 BEET RACING 96Lap
9. #25 HONDA鈴鹿レーシングチーム 95Lap
10. #73 TEAM PLUS ONE & TSR 95Lap

26. #1 F.C.C.TSR Honda 91Lap
40. #634 MuSASHi RT HARC-PRO. 85Lap














つづきはコチラ : 8.スタートから4時間後






Last updated  2009年08月17日 19時08分07秒
テーマ:鈴鹿8耐(78)
カテゴリ:鈴鹿8耐
2時間が経過あたりから降り出した雨がレースを翻弄する。
この雨の中、まさに水を得た魚のごとく上位に肉薄してきたのはゼッケン5、6番手からスタートしたTRICK☆STAR RACINGの武石 伸也だ。














TRICK☆STAR RACING
代表の鶴田竜二は1990年カワサキを駆り、全日本国際A級F-3チャンピオン、TT-F1を経て、ホンダの500を駆る。
1992年にはスクーデリアオクムラ奥村監督のもと8耐に参戦、元世界チャンピオンのフレディー・スペンサーと組み4位入賞を果たす。




ライダーの井筒仁康、カワサキ、ホンダの元エースライダー。
2000年には全日本スーパーバイクのチャンピオンを獲得。
2004年 ホンダワークスより鈴鹿8耐参戦、優勝。
同年 桜井ホンダより全日本JSBに参戦。チャンピオン獲得。

この年を境にプロゴルファーを目指す為、レーシングライダーを引退。
しかし2009年、落ち込んでいる2輪界を引っ張ってゆく為、若いライダーの意識向上の為、復帰を決意。
方向性が一緒だった鶴田竜二のTRICK☆STAR RACINGより全日本フル参戦を開始。





武石伸也
地元、北海道で頭角を表し、名門ブルーフォックスを経て、ホンダ、カワサキのワークスライダーを務める。
2002年、ワールドスーパースポーツを最後に家族を養う為、プロライダーとしての活動にいったんピリオドを打つ。

経営している会社も数年で軌道にのせ、鶴田からの誘いもあり昨年の8耐で鈴鹿に戻ってくる。
昨年の鈴鹿8耐ではブランクを感じさせない走りを披露するも転倒、トラブルが重なり15位で終えている。
昨年のリベンジを胸に再び鈴鹿に乗りこんできた。






今年注目のドリームチームである。
簡単にいうと”現役とガチンコバトル出来るモルツ球団”・・という感じではないでしょうか。。
ロードレースの熱い時代を知るベテラン達が今年の8耐をかきまわす。
( 武石 伸也選手のブログより画像  )
















雨の悪コンデションの中、上位チームが大幅にペースダウン。
ライムグリーンカラーのゼッケン5 TRICK☆STAR RACINGの武石 伸也ベテランらしく冷静にコンディションを読み、極端にペースを落とさずに周回。



周回ごとに順位は上がり、デグナーカーブで3位走行中のPLOT FARO PANTHERA 出口修を捕える。
続けて、ドライ仕様のマシンと格闘している2位走行中のHonda DREAM RT 桜井ホンダ 亀谷長純を抜き去る。



驚いた事にコーナーで桜井ホンダ 亀谷のアウト側から並んだTRICK☆STAR RACING 武石 伸也、亀谷に左手で挨拶する余裕も見せる。
その行動に鈴鹿サーキットに驚愕の声がこだまする。













一部の亀田ファンから大ブーイングを受けた武石であったが、普段からの付き合いから彼にこういう行動をさせたのであろうか・・?
( 謎だ。。 誰かヨ~説明してくれヨ・・。 )
( 亀谷長純選手のブログより微笑ましい??謎画像 )

↑ 左前より TRICK☆STAR RACING 武石 伸也 (41歳 )
  右前 TRICK☆STAR RACING 井筒 仁康 (38歳 )
  左後 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 亀谷長純( 32歳 )
  右後 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 高橋巧( 19歳 )
     
”意志”は世代を超えて受け継がれます。
( 武石 伸也選手のブログより微笑ましい??画像 )












3位、2位をまさにごぼう抜き、一気に2位まで駆け上ったライムグリーンカラーのゼッケン5 TRICK☆STAR RACING 武石 伸也。
我慢の走行でペースの上がらないゼッケン12 ヨシムラスズキwithJOMO 徳留和樹に76周目にその差は約35秒にまで肉薄する。














また、コース上では雨の中、とんでもないタイムで周回するバイクが一台・・
1周目に転倒して、トップから9周遅れ、最後尾からの追い上げスタートしたゼッケン1 F.C.C. TSR Hondaの秋吉耕佑であった。。
















[3時間経過時点]

1. #12 ヨシムラスズキwith JOMO 77Lap
2. #5 TRICK☆STAR RACING 77Lap
3. #48 PLOT FARO PANTHERA 77Lap
4. #2 Honda DREAM RT 桜井ホンダ 77Lap
5. #99 テルル・ハニービーレーシング 77Lap
6. #7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM 76Lap
7. #25 HONDA鈴鹿レーシングチーム 76Lap
8. #44 ウイダーD.D.BOYS with A-STYLE 76Lap
9. #23 鈴鹿コミュニティーレーシングチーム 75Lap
10. #9 BEET RACING 75Lap

37. #1 F.C.C.TSR Honda 70Lap
45. #634 MuSASHi RT HARC-PRO. 65Lap














つづきはコチラ : 7.スタートから3時間後






Last updated  2009年08月17日 19時06分51秒
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.