2822534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のんびりゆっくり - 九州   

活動状況

 2014-0205-916

 活発な火山活動が続く桜島について研究成果を市民に紹介する講演会が,13日、鹿児島市で開かれ,火山の専門家が,桜島の異変を知らせる最新情報に注意するよう呼びかけました。


  この講演会は鹿児島市で開かれている日本地質学会の大会の一環として市民を対象に開かれたものです。ここでの鹿児島大学大学院の小林哲夫教授の講演では, 桜島で100年前に起き、死者、行方不明者があわせて58人に上った大正大噴火について触れ,「現在の桜島は大正噴火が起きた時と同じくらいマグマがたま りつつあると考えられている。今後,大規模な噴火が起きるおそれもある」と指摘しました。

 その上で,「桜島では観測網が整っているが,必ず事前に噴火を予知できるとは言えない」と述べ、火山の異変を知らせるため気象庁などが出す最新の情報への注意を促しました。


>8月31日,爆発的噴火で噴煙3000メートル

2014-0410-taru


   8月31日午後3時すぎ桜島の昭和火口で爆発的な噴火があり、噴煙が火口から3000メートルの高さまで上がった。 桜島の上空では、南からの風が吹い ていて、宮崎県内では9月1日午前0時ごろまでは南部山沿いを中心に火山灰が降るおそれがあると,鹿児島気象台は降灰予報を出して注意を呼びかた。

  鹿児島地方気象台によると,31日午後3時7分に桜島の昭和火口で爆発的な噴火があり、噴煙が火口から3000メートルの高さまで上がった。 桜島の上空では、南からの風が吹いていることから,火山灰は宮崎県内では都城市や小林市など南部山沿いを中心とした地域に降るおそれがある。

 



>>11月4日 桜島爆発的噴火400回に

 鹿児島地方気象台によると,今年の桜島の爆発的噴火の回数が,11月4日,400回に達しました。 鹿児島気象台は爆発的噴火の回数はここ数年に比べ少ないものの活発な火山活動が続いているとして火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に引き続き警戒を呼びかけています。

 桜島の爆発回数は2010年に年間896回観測されて以降、去年まで4年連続800回を越えています。 今年は爆発の回数は減っていますが、噴煙が3000メートル以上に達するような爆発もたびたび起きていて火山活動が活発な状態は続いているということで す。 気象台は「すぐに大規模な噴火につながる兆候は見られないが、今後の火山活動の推移に注意し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒 してほしい」と呼びかけています。

 




毎年人気の列車カレンダー!数量限定!売切次第販売終了です☆お早めにJR九州列車カレンダー 20...
1,000 円







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.