000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

のんびりゆっくり - 九州   

噴火への備え

★楽天市場<全 55,456件>- 防災グッズ セット / 防災グッズ トイレ / 防災用品★


 2014-0927-mi001
 ※御嶽山の噴火直後、国交省中部地方整備局のカメラが捉えた噴煙=27日正午ごろ(同整備局提供)-サンケイ電子版から転載-

  「御嶽山の今後の噴火活動が心配です。御嶽山の噴火以外にも、桜島、阿蘇山,霧島,浅間山,白根山そして富士山と,日本には多数の火山があります。

  もし,富士山が大規模噴火すると山梨県・静岡県はもとより,東京都全域,神奈川県全域,さらには、千葉県・埼玉県の一部にまで火山灰が降るとも予測されています。
 火山の噴火は広範囲に渡る被害をもたらし,混乱も予想されます。いざというとき,あわてないためにも,日頃の備えが必肝心のようです。


   ★★ 火山噴火予知連 「御嶽山 今後も噴火の可能性」 9月28日 20時26分
        http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140928/k10014944311000.html

 御嶽山の噴火活動について、専門家などで作る火山噴火予知連絡会は28日の臨時の会合で、27日の噴火は火砕流を伴う「水蒸気噴火」だったと考えられるとしたうえで、「今後も同じ程度の噴火が発生する可能性がある」という見解をまとめました。
 火山噴火予知連絡会は、「大規模な噴火につながる兆候は今のところ認められないが、火山活動が高まった状態となっており、今後も同程度の噴火が発生し、火砕流を伴う可能性がある」という見解をまとめ、噴石や火砕流に警戒するとともに、火山灰にも注意するよう呼びかけました。

 

>>>原子力規制委:原発周辺の巨大噴火で「基本的な考え方案」

         出典: http://mainichi.jp/select/news/20140903k0000m040087000c.html
               毎日新聞電子版 2014年09月02日 

  原子力規制委員会の検討会が9月2日、原発周辺にある火山の巨大噴火に備えるための「基本的な考え方案」を公表した。

◇巨大噴火に対する基本的考え方案の要旨

火山学上、噴火の時期や規模の予測は困難

・噴火前に何らかの予兆が発生する可能性が高い

・異常を検知した場合、規制委の責任で空振りも覚悟し、巨大噴火を考慮した処置を講じる

・検知のためのモニタリングは事業者が行う

・観測方法の具体化と精度向上、研究は引き続き検討する

   -----------------------------------




 防 塵 マ ス ク
コンパクトに折りたためるので持ち運び楽!防塵マスク PM2.5対応 N95規格PM2.5/大気汚染/火山灰...新型インフルエンザ・鳥インフルエンザ対策用N95マスク/防塵マスクPM2.5対応/大気汚染/火山灰対...PM2.5対応品N95(米国規格)と同等品3M防塵マスク【8205-DS2】 20枚入 使い捨て防じんマスク 〔...安全性と簡便性を合わせもった最軽量の防塵マスク3M製 火山灰マスク ライト 最軽量防塵マス...
5,173 円3,086 円 2,808 円8,748 円




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.