1234850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

86netの南麓日記

全1071件 (1071件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年06月23日
XML
カテゴリ:日本ミツバチ

梅雨も本格的となりそうな気配です、

嫁ぎ先の蜂群はお元気ですか?

大変に重要なことが書かれていますので、

昨年の同時期の日記をアップいたします。

巣箱への干渉は週一回以内です。

これから気温が上がります干渉しすぎると逃げ去ります。

しかし一月も状態を確認しないのもトラブルに気付かず手遅れとなる原因です。

月に最低2回は巣門からコンデジを入れ、巣板の状態を確認し、

蜂数の増減を比較することです。

 

想定される事前の準備と対策はミツバチ飼育にも共通される事です。

過去の出来事を教訓とし、

手遅れとならぬ様早め早めの対策に取り組んでください。

****************************

2016年6月23日の日記から、

嫁ぎ先の皆様へ、

今後の留意点を下記にまとめました。

1.   今の季節の消滅群。

    分蜂取り込み群の中でも約2割は、無王群あるいは女王蜂の交尾が順調に行われず

    この季節に消滅となる群れが見られます。

    特に自然群の見当たらぬ地域にて多く起こり得ることです。

    あまりにも静かとなってしまった群れは内検をこまめにし、

    蜂数の増えるのを確認しましょう。

    ますます減り続ける群れはもう限界ですし、

    少しでも働き蜂が増えてくる群れは弱小群でも真夏を過ぎると復活する可能性は

    あります。

2.   無王群。

    元群で、働き蜂産卵が始まり、無王群となった群れ。

    はっきり分る様になる季節です、

    働き蜂のお尻がテカテカとしてきます、

    一回り小さな雄蜂が晴れた日のお昼頃に舞いだしてきます。

    蜂数が徐々に減りだします。

    新しく巣板を造りませんので,古い茶色の巣屑が巣門に出てきます。
    スムシの糞のような細かい粒粒が数多く落ちてきます。
    非常に狂暴となり、少しの刺激で襲ってる傾向が強くなります。

    いずれは消滅となりますが、早い時期ですと元気な群れに合同する事もできます。

    末期と感じた群れは早めの整理が必要となります。

3.   スムシ対策。

    7月に入りますと梅雨も末期となり、巣虫の繁殖が活発な季節です。

    巣門の掃除、巣門自体の取り替えは早めにいたしましょう。
    分蜂群は取り込みから45~60日後には巣門を交換いたしましよう。

    元気な群れは造巣も活発ですし、巣虫の被害も少ないものです。

    越冬群の継枠は巣門も一緒に交換し、なるたけ作業を一度に済ませるよう心がけます。

    真夏日の続く季節はミツバチに対する干渉をなるたけ少なくしましょう。

4.   孫分蜂。

    今年は孫分蜂が多く報告されています。

    孫分蜂が起きた時は第1は取りこぼしなく捕獲することです。

    交尾済の女王なので逃げられねば育ちます。

    2・3と出る場合もありますが他の巣箱も孫分蜂していれば育つ可能性は大ですが、

    なかなか育ちません。

    少しの雄蜂を見ただけであっという間に分蜂しますし、とにかく高跳びします、

    逃げ去り行動も活発です。

    孫分蜂は元巣と第一分蜂の群れが良く起こします。

    分蜂から約45日~60日過ぎた頃から始まります。

5.   メントール投与。

    高温期に入ります、特に温暖な地域での飼育は巣箱の通気性を上げねばなりません。

    巣箱内の温度が40度近くまで上がりますとメントールが液化し、

    下に漏れていき触れると蜜蜂は死に至りますし、逃げ去りの原因となります。

    巣内温度を測ると良いのですが通常は35度を超えると、
    ミツバチは巣内温度を下げる行動を起こします。
    巣内の横壁に水滴をいっぱい貯めて扇風することで温度を下げます、

    巣内温度は飼育してる地域、環境で参考とならぬ程開きがあります。

    蜂達が前蓋にたくさん出てきて旋風行動を起こすときは危険な時と自覚してください。

    天蓋に通気性を持たせると10度近くは巣内温度が下がります。

    他の対策としてはメントールの投与量を減らす、遮光100%完全に木陰とする。
    巣箱の横方向は完全に吹き抜けとし、風の通りを向上させる。
    よくスダレを横に垂らして日陰としてるのを見かけますが、
    それなら屋根を掛けて、すべてのスダレを上に載せて遮光したほうが通気性は向上します。

    底板を金網にする等ですが、一概にこれが良いとは言えません、

    飼育してる環境に合わせるしかないのです。

6.   蟻酸の投与。

    この時に最適投与とはっきりとは解りません、

    メントールより蟻酸のほうがミツバチは嫌がりませんので、

    異常を感じましたら、早めに投与することです。

    価格的にはメントールの十分の一ですので50%液、20CCを投与してください。

    結果が分かるのは2回目の投与が終った頃ですが、

    5日間をあけて3回は繰り返し投与でワンクールとします。

    明らかに徘徊蜂が見られる末期症状の出てる群れでは2クールは繰り返すことです。

    メントールと共用投与は避けた方が無難です。
    昨年からは蟻酸パテを投与しています、一度の投与でダニは死滅すると信じています。
    ただ高温期の投与は気を付けてください、濃度が高く、過剰投与になりがちです。
    拡散に30日は懸るように上部のフイルムを切るのを調整してください。
    飼育してる地域にて異なります、ご自分で研究するしかないと思います。

7.   真夏の管理。

    6項目の諸々の管理を申し述べましたが、

    どの管理も猛暑日の季節はなるたけ避ける事です。

    地域により巣箱にふれただけで巣落ちとなります。

    3段満タンとなった強群の採蜜も4段目を足して梅雨開ける前に済ますことです。

    もしくはあらかじめ継枠し、9月に入るまで巣箱に触らぬ準備を執りましょう。

    梅雨開ける前、今がチャンス、そう、それは今でしょう。

    必ず、上記を参考に猛暑日が始まる前に各作業を終えて下さい。

    巣落ち程悲惨な事態は経験すると解ると思いますが絶対に避けねばなりません、

    悔いだけが残ります。

 

8.   群れの強・弱。

    長年の飼育する過程でこの季節、すこぶる強群は秋までにトラブル事が多くおきます。

    一つは第一分蜂群が強群となりますし、自然群からの取り込み群もしかりです。

    昨年からの旧女王が多いのかもしれませんし、自然群からはダニ感染が疑われます。

    また今の季節の弱小群も来春の分蜂はあまり望めません。

    冬場の飼育環境を楽にしてあげる事と、給餌することで弱小群は救われます。



結果として、一番多群のいる今の分蜂期の飼育群から、

冬を迎える越冬前までに全群れの四分の一が消滅すると自覚してください。

そして無事越冬し、分蜂を迎える群れはまた四分の一減ります、
それ以上の域まで達成した方は名人です。

大変厳しいとお思いでしょうがそれが自然の摂理です。

まだまだ日本ミツバチは西洋ミツバチのようにコントロールできる昆虫ではありません。

楽しく一年をともに過ごされるよう、
日本ミツバチに遊んで頂けるよう頑張りましょう。

***************************







最終更新日  2017年06月23日 06時56分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月22日
カテゴリ:日本ミツバチ

今年はこの自然群で捕獲は終わりとなりそうです。

総数やっと40群となりました。

自宅分蜂39群、

6群が逃去、&無王となりトラブっています。

自然群はこの1群のみです。



標高1100m、

13年も前から、

毎年数群の捕獲があり、

300mほど離れた、学校寮の倉庫の屋根裏に、

長年営巣していましたが、

昨年消滅してしまい、

今年はほぼ諦めていました。

分家した群れがいずれかで生き延びていたのですね。

生き延びてくれたことに感謝です。


IMG_1948.JPG



トリミングしてみました。


しばらく観察してますが、

花粉をまだ運んでいません、

入居まじかと見ます。


IMG_1946.JPG



こんな場所です。

3箱設置していますが入ったのはこの箱だけです。

元の群れは昨年までの本巣からはだいぶ離れてしまった様子です。


IMG_1950.JPG




途中にて、たくさんのイタチハギが満開です。


IMG_1953.JPG



黄金色の花粉で西洋にようにミツバチが黄色くなっていますが、

訪花してるのは総て日本ミツバチでした。


IMG_1961.JPG




IMG_1962.JPG




IMG_1964.JPG


イタチハギは繁殖力が強く、

法面保護に種を播きますと数年でこのようになります。

確かにイタチの尻尾のような花ですが、

有力な蜜源となります。










最終更新日  2017年06月22日 19時11分27秒
コメント(3) | コメントを書く
2017年06月20日
カテゴリ:日本ミツバチ

毎日の晴天です、

野菜は蒔いても全く目も出さず、

植えた野菜もなかなか育ちません。

元気に育ったのはミツバチだけかも??



2.3日前から雄蓋の出てくる群れがありますが、

今朝はざっと見て200個。


IMG_1941.JPG




5月19日に2女が舞い立ち、

その後に3女が引き継いだ群れです。


IMG_1939.JPG



今朝は息絶えた雄蜂が1匹おりました、

大きな体の正常な雄蜂です。

最後の分蜂からまだひと月しか経過してませんが、

来週には孫分蜂を興しそうです。



IMG_1933.JPG




ウコギの木の下の群れです。


IMG_1937.JPG


総じて、蜂飼いは孫分蜂は嫌います。

第一の群れを捕まえねば2番目からの群れはほかの群れの雄蜂がおりませんので、

育つ確率は大変低くなります。


下手こくと全部消滅となりますし、

高跳びはします、

逃げ去り行動を繰り返します、

取り込んでも次の日の朝にはもぬけの殻は度々で、

育ったとしても確率は2割5分でしょう。


執れるべき対策は、

取り込んだら2キロ以上は必ず離し、

直近で分蜂した群れの蜂場に移動し、

3週間はじっと様子を見るしかないと思います。


それよりまずは捕まえねば、

明日からやっと梅雨らしいお天気となります。


変な分蜂期はまだ続いております。









最終更新日  2017年06月20日 12時52分15秒
コメント(6) | コメントを書く
2017年06月17日
テーマ:南麓の自然(351)
カテゴリ:八ヶ岳の自然

前々回の里山の山野草でタチシオデを教えていただきました。

タチシオデも食べられる山菜のようですが、

真に細く、小さく摘み取れるようなものではありませんでした。

そして花盛りですので芽吹きはだいぶ前の事と推察致しました。



ミータンとの散歩にて近くの山林にて、

ちょうどよい時期のシオデを見つけました。


IMG_6907.JPG



最近はすっかり姿を見なくなりました。

やっと4本見つけました。

さっと湯がいて、

マヨネーズで頂きます。


IMG_6912.JPG


我が家の女性群は食べた事無いので怖がって手を出しません、

私が代表で頂きます。


シオデを食べるのは約30年ぶりでしょうか。

コクがあってアスパラより美味しいのですよ。











最終更新日  2017年06月17日 18時53分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類


長女に初めての女の子が誕生いたしました。

私らにとっては3人目の孫となります。


高齢出産なので少し心配しておりましたが、

昨日午後5時06分に無事誕生しました。


昨日はせっかく駆け付けたのに、

なんとカメラが電池切れ、

私としたことが何としたことか!!!


本日皆さんにやっとお披露目となります。

生後22時間後のベビーです。


IMG_1918.JPG



3900グラム、大きなしっかりした体躯の赤ちゃんです。


お姉ちゃん、ほんとにお疲れ様。


IMG_1924.JPG





IMG_1925.JPG





IMG_1929.JPG



さてどちらに似てるでしょうか?

個性が出て来るのは3か月後です。


IMG_1916.JPG



病院のベヒーベットです。


IMG_1931.JPG





IMG_1932.JPG








最終更新日  2017年06月14日 18時38分21秒
コメント(8) | コメントを書く
2017年06月11日
テーマ:南麓の自然(351)
カテゴリ:


ミツバチの分蜂はやっと終わりました。

1000mを超える待ち箱の掃除に向かい、

里山の山野草を確認しに立ち寄りました。


総てコンデジ撮影ですので、

思うようには撮れていません。


今年は少し遅れていますね、


ジガバチソウです。


IMG_1901.JPG



たぶん20日を過ぎると開花となります。


IMG_1906.JPG




IMG_1908.JPG



?・な花です。

二株しか見当たりません、

今盛りでした。


IMG_1904.JPG



全体像です。


IMG_1902.JPG



ヒトツボクロです。


IMG_1905.JPG



だいぶ花穂が上ってきています。

やはり20日過ぎかな。


IMG_1913.JPG




イチヤクソウはこれから次々と咲きます。


IMG_1911.JPG


花が解らぬほどボケボケでした。


IMG_1912.JPG



奥には数件のペンション通りです。

標高千メートル付近の里山からでした。











最終更新日  2017年06月11日 18時58分55秒
コメント(7) | コメントを書く
2017年06月07日
カテゴリ:分蜂


IMG_6898.JPG


分蜂時に女王蜂がなかなか出て来ず何回も仕切りなおす群れや、

蜂球を取り込んでから女王が遅れてやってくる群れと今までにない経験をしています。

分蜂から30分もすると蜂球となります、

落ち着きがない時に蜂球を良く観察すると女王蜂が自分の臭いを群れに

覚えさせるためにあちこちと蜂球の廻りを巡り歩いております、

この時に女王は分蜂した群れの約半分の群れで確認できます。
すっかり落ち着いて群れが皆上を向く頃にはもう中に潜り込み出てきません。
霧吹きで水を吹きかけて、

すぐには舞い立たないように、

そして群れの足をしっかりと絡ませるよう

2・3回吹きかけてから取り込んでいます。
これをする事で分蜂熱もある程度下がり

巣箱に入れてから熱死することも防げます。


期の取り込み群は皆嫁いでいきますが、
中盤からの群れがぼつぼつ一月を迎えますので

私もメントールを入れる準備をせねばなりません。
分蜂するか否かの群れがまだ2群います。
今年は異常に長い分蜂期となりました。


写真は蜂球と女王蜂です。



IMG_6899.JPG


まだすべての蜂が来ていない時に

女王蜂は見つかります。

上の写真の様な時です。



IMG_6889.JPG



2女です。


IMG_6894.JPG




IMG_6890.JPG



こうなりますともう見つけられません。

整然と整列し、しばらくするとすべて上向いて足を絡めます。


IMG_6904.JPG



タモ網に落として、

巣箱を載せます。


IMG_6905.JPG



タモ網を外し、底板は抜いたままですべての蜂が入るのを待ちます。


IMG_6906.JPG


今年最後の群れとなりそうですので、

取り込み状況をアップいたしました。



皆さんのところはすでに終わっているはずですが

今年の成果は如何でしょうか・???。










最終更新日  2017年06月07日 19時20分05秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月30日
テーマ:南麓の自然(351)
カテゴリ:

だらだらといつまでも続くミツバチの分蜂もやっと最終番です。

田植えの終わった我が家の田圃の淵でみつけました。



ハンショウヅルと思われます。

こんな近くにと、意外でした。


IMG_6874.JPG



最初はこの丸いボンボンは何者かと?



IMG_6872.JPG



藪を透かして見ますと立木に絡みついております。

40個ほどの花を付けていました。


IMG_6875.JPG



花が開いたのはまだ数個です。


IMG_6882.JPG




IMG_6879.JPG


おやまでは森の貴婦人も咲いている頃です。

所要が多くて大変ですが一度訪ねてみます。










最終更新日  2017年05月30日 06時23分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月23日
カテゴリ:日本ミツバチ

嫁ぎ先の皆様へ、29-3  追


早く出た群れはまもなく一月を経過する頃となりました。

今後の飼育する過程でぜひとも守って頂く事項をファイルにまとめましたので、

貼り付けますが一番大事なことは巣門から鏡を使い内検することです。

いつもミツバチの状態を把握するように努め異変を早期に発見するためです。

月に3回、早朝、夕方です、

雨、あるいは曇りの日に作業し、

決して天蓋から陽の光を入れないよう注意は怠らず、

暗くて良く巣板が見えぬ時は懐中電灯で照らして見て下さい。

Excelファイルを貼り付けましたら、

スペースが合わず少し読み憎い文章ですが、ご容赦願います。


 

飼育注意点    平成29年5月


越冬群

1、元(A) -3女   の記号は越冬A群  3女が住んでいるという意味です。
分蜂群
2、(B ) -3   の記号は越冬B群よりの分蜂3番目 2女の住んでいる群れです。

     

越冬元群 1


越冬群に関しては最上部一段を切り取り、下に継枠しております。

メントールは3月半ばに約15グラムを投与してありますので6月半ばまではそのます。
6月半ば、約1か月後には天蓋を開けて、メントールを入れ替えして下さい。
古いメントールは燃えるゴミとして処理し、25グラム新たに投与して下さい。

9月半ばまでは拡散し続けます。


内検は月3回を限度として、下から手鏡で見ます、蜂数を確認し、底板の掃除をします

巣板が巣門部まで下がりましたら継枠して下さい。  私は通年3段以上に増やしてはいません。
3段巣板が満タンとなりましたら真夏日の季節を除き最上部を一段切り取ってください。


スムシ対策として、梅雨が明ける前に巣門部を交換することです。

上記作業総てを月3回の内検を兼ねて行うようにすること。
巣門部だけを年に数回交換することで巣虫に侵されなくなります。
交換=梅雨前、9月採蜜時、越冬入る前11月後半、越冬開ける3月半ば、と年4回は必須です。


分蜂群 2


日付より3週間~1ヶ月経過しましたら、天板を開けてメントール投与します。

最初は15グラムほど入れて4~5日ほど様子を見まして異常なければもう10グラム追加してください。
スノコの上の段ボールを取りトリカルネットに変えてお茶パックに入れたメントールを置きます。
蜜蝋でスノコ天板は枠にくっついていると思いますがずれぬよう気を付けて作業する事です。
内検は越冬群と同じです。月に3回の内検と巣板の状態は絶えず把握しておきます。
巣板が巣門部まで下がりましたら継枠して下さい。
3段巣板が満タンとなりましたら真夏日の季節を除き最上部を一段切り取ってください。
スムシ対策は梅雨明け前に巣門部に巣虫が確認できましたら交換してください。
上記作業総てを月3回の内検を兼ねて行うようにすることです。


すべての群れに共通

9月に入りましたら、天板を開けてメントールの残量を確認し、新たに25グラムを投与します。

冬季は薬剤の拡散が落ちます、3月中旬に確認し10~15グラム追加してください。
越冬に向けて段数の調整をします、越冬は巣門を除き3段以上にはならぬよう採蜜してください。
冬囲いは各地に適した処置で結構です、囲いますと春分蜂が早く始まるのは確認しています。
各作業は曇り、雨の日、あるいは早朝、夕刻に行います、決して天蓋から光を入れてはいけません。


蟻酸投与

内検し、巣板が白く見え始めましたら感染を疑ってください。

普通は蜂の群れで巣板は見えないものです。
早めに前田様に検体を採取し、感染検査を依頼することを勧めます。
蜂数が半分以下となりましたら手遅れとなります。
タイミングを失わずに早めの投与で復活できます。
蟻酸投与は50.6%濃度の蟻酸を20CC、最低3回は5日ごとに繰り返して下さい。
処理後はメントールを入れて様子を見ます。
はっきりと復活が確認できるのは育児最盛期で1.5か月後です。

湿気の多い時、高温の季節には通気性に特に気を付けてください。 温暖な地域では 天蓋を改造し、通気性をよくするよう努めます。


蟻酸の扱いには細心の注意を払い、事故の無いようにお願い致します。
通年メントールを入れていても約2割はアカリンダニの感染が見られます。
疑わしく感じましたら即効蟻酸投与で群れは救われます。


私の飼育環境は標高830メートルの高冷地での飼育です。

嫁ぎ先の飼育環境に合うように考え対応を取りまして無事に来春を迎えますよう。     


上記を参考に飼育地区に遭った対策を講ずると群れは増え続けます。       86net







最終更新日  2017年05月23日 20時25分51秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:日本ミツバチ

大変に遅い分蜂となった今年の分蜂期ですが、

分蜂から3週間過ぎると、

ぼつぼつとアカリンダニの対策に取り掛からねばなりません。


「嫁ぎ先の皆様へ」と題し昨年発信いたした記事を

今年度の「嫁ぎ先の皆様へ、29-3」として再度up致します。



分蜂の早く始まった処は早急に対応してください。

我が家はまだ続いておりますが、

まもなく最終番となります。



1.    巣門の管理、

巣門を早朝観察し、

マイッターの中に雄蜂の死骸が見えましたら、

早朝6時頃までにマイッターをはずしてきれいに片づけて下さい。

特にすぐ上により穴の無い巣箱では外に出られぬ状態となります。

気温が上がますと7時には普通に通勤を始めますのでできる限り早い時間帯です。

マイッターはもとに戻しちゃんと設置してることを確認は必ず怠らずに。


2.   給餌 

逃げ去り行動を起こした群れには給餌をしてみるのも一つの手です。

2.3回と逃げ去り行動を起こしますといかにおなか一杯に蜂蜜を蓄えて出てきても

体力を失います。

1回起こした群れには、早期に200gの白砂糖を200CCのお湯で溶かし、

常温まで冷えましたら、

100CCほどを夕刻にタッパーに入れて、

上に発泡スチロールのトレイを1センチほどに短冊状に切って浮かべます。

3.4本で良いと思います。

その上にさらしを被せます、

さらしは中の幅で長さは1.5倍ほど、

片側をタッパーのふちにかけておきます。

砂糖水が減ったらだんだんと下がるようにしておきます。

中はさらしで覆うほどとして巣門より入れて、

早朝に減り具合を確認します。

夕刻入れて早朝には取り出します。

給餌で逃げ去り行動がなくなる群れもあります。


3.   ハチマイッターの取り扱い

花粉団子を運びこむと逃げ去りはなくなると聞きますが、

運んでいても逃げ去る群れはあります。

一度も逃げ去りを起こさねば分蜂日を含んで4日後の夕刻には、

マイッターをはずしてください。

逃げ去りの行動は分蜂時と同じ時刻です。

強群ほど見ていると非常に巣門が立て込みます。

大変ストレスを感ずると思いますが、

逃げられたら二度と戻りません。

状況をしっかり観察してると逃げる群れ、

逃げない群れが分かるようになりますが

こればかりは経験を重ねるしかありません。

特に定規にて巣門を3.8に調整してるとものすごく立て込んでいると思います。

2日後に外しても逃げぬ群れもあり、こればかりは運です。

ご自身で判断してください。


4.   キンリョウヘン

 お持ちし、設置した巣箱の近くにはキンリョウヘンを置かないでください。

特に逃げ去り行動を起こし、舞い立った群れは巣箱に帰らず、

かなりの数がキンリョウヘンにも群がります、1日巣箱を離れていると、

違う群れと認識し、バトルとなる場合もあります。

最後には女王を巣箱に残し、

見放してしまう場合もでてきます。

逃げる、逃げない、何処で営巣するかを決定しているのは働き蜂です。




尚、わからぬ事は ☎、メールにて問い合わせてください。




蜜蜂に好かれるよう、

蜜蜂の気持ちになる事です。



それではまた、

ごきげんよう。







最終更新日  2017年05月23日 20時18分20秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1071件 (1071件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.