1517631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

86netの南麓日記

全169件 (169件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

2018年04月26日
XML
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:
知らぬ間に花盛りを過ぎていたシロバナイカリソウ。

園芸種なのかな、一株頂いたのが沢山花を付けてます。

紫の自然のイカリソウより早く感じます。








これも頂き物のエビネ、

今年は10本は咲きそうです。









エビネと一緒に頂てきて植えたクマガイソウ、

5本に増えて今年は2個花芽が出て来ました。










そして翁草、2年間植え替えをしないで紫の花は今冬消滅となりました。

しかし昨年種をまいたシロバナの翁草は育っています。

来年は花芽がつくでしょう。






ミツバチに携わっていましたら知らぬ間に、

兎庭も春爛漫です。


もう一月も過ぎますと花巡りが始まります。

今年も貴重な絶滅危惧種を訪ねて、

随時アップしますので宜しくです。






最終更新日  2018年04月26日 10時19分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月13日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:
17年間も自然捕獲をしてきた優良な蜂場を3年前に弟子に譲りました。

巣箱の重しの石を拾いに久しぶりにこの沢を訪ねて驚きです。

鬱蒼とした やぶんど(藪) が綺麗に刈り払われて遊歩道が出来ています。

そして、八ヶ岳南麓 原生花保存会 なる看板が。

そしてところどころに看板が設置されていました。



今までは蜂目でこの沢を見ており、

草花に関しては、カキドウシ、イカリソウ、スミレ、、ミツバツチグリ等が自生しているのは承知です。


今回はアズマイチゲと二輪草の群落が保護されていました。

いきなし蜂目から花目に変換すると、

次々と花が目に入ります。

わが家から車で5分、わずか4キロほどの所にてです。


アズマイチゲ。






今は雑草がはびこらず歩くも見るも最適な環境です。




















花はキクザキイチゲに似ていますがここの花は大きいと思います。

以前見た場所より数段立派な花でした。
































咲き始めたばかりてした。

イカリソウ。


























スミレ、数あり過ぎて私には種類解りません。






ゲンジスミレと書いてありましたが、?

班入りの葉は見当たらず、近くに咲いていたのはミツバツチグリと思われますが?

看板横には確かにスミレの花が。



















カキドウシ。





これでもかと言うほどのカキドウシの畑のように増えています。



















ムラサキケマン。













二輪草。






ロープで囲われ保護されています。





群落花盛りです。



















ヤマエンゴサク。






看板です。




















1本だけ見つけた筆竜胆。



















ヒトリシズカ。

















ウグイスカグラも咲き始めています。






灯台下暗しとはこの事、

魅力ある里山と感じました。

また再度訪ねてみましょう。






最終更新日  2018年04月13日 18時37分19秒
コメント(4) | コメントを書く
2018年04月09日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:
何と今朝は吹雪、

早朝の気温は何と 0 度です。

これではしばらくはミツバチも休み、

先日蜂友S氏と歩いた花巡りをお届けします。



花時期は終わりの

ミツマタ、


















ネコノメソウ、


















キブシ、













キクザキイチゲ、












今年は花が少なめでした。








開き始めたカタクリ、













さて????。





花が開けば?。

せんせい方のコメント待ちましょう。











最終更新日  2018年04月09日 18時35分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年09月15日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

林床の薄暗い中で超目立つものを見つけました。

初めてお目にかかります。


ツチアケビの実です。

総丈40センチ、

赤い実は10センチ近くの大きさです。


IMG_7490.JPG



林道から遠く眼にした時は天狗の面のようにまっかか。

種は鳥に運ばれ増えていくそうですが、

栽培してる方もいる様子。

種を採取するには適期かもしれません。


IMG_7492.JPG



いかに周りを探してもこの二株だけでした。


IMG_7489.JPG



腐生ランの仲間、

来年ここに生えてくる保証はありませんが、

7月初めに花を見たいですね。


IMG_7491.JPG


まだまだ世の中不思議なものに出会えますね、

我が地域では初めて見ました。

調べると薬効があり、

採取している方もいる様子、

採られずに来年出会えるよう願うのみです。









最終更新日  2017年09月15日 17時21分26秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年09月08日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

昨日、Hiroken さんよりフレッシュなアオキランの画像が送られてきました。


今年は群生しています、

4年前に戻ったように咲いている様子です。

昨年ここでは10本見つけるのがようやっとでした。


9月3日撮影

IMG_8943アオキラン-18人衆 (2).JPG


一か所にて18本が密集。

今年はほぼあきらめていたのにです。

Hirokenさん有難うございます。

今年はトラさんは遅れ、

アオさんは進んで同時に開花の様子です。



今日は午前中は歯医者に2時間も要し、

昼近くになって今年発見した、

いかにも自生しそうな場所を目指します。

そこは標高1250m、

余りに低地です。




薄暗い森に入ると確かに出ております、

しかしまだ花は開いておりません。

そして確認できた花芽は9本でした。


IMG_7445.JPG



IMG_7447.JPG



IMG_7456.JPG


トンキチランは低地からだんだんと高度を上げて咲きます。

アオキランも同じと思っていましたら、

何と、高地から咲きだしだんだんと低地に下って来るのですね。

Hirokenさんの画像は3日、標高1600を超えています。

本日撮影の場所は、標高1250近くです。

余りに低地ですが、環境はアオキランのいかにも好ましい場所です。

予想は当たりましたが、

1週間か、10日後に再度たずねる事とします。



そしてこの林道に咲いていたその他の花です。


アケボノソウ。

だいぶシカに食べられていました。

2本だけ花芽が残っています。

IMG_7440.JPG


レンズにキズか!!!


IMG_7441.JPG


大丈夫の様子。



ダイモンジソウ。

IMG_7462.JPG



まさに大の字ですね。


IMG_7464.JPG


やっと咲き始めた様子です。


IMG_7468.JPG



おまけは黄色と赤のツリフネソウ、

そろい踏みです。


IMG_7470.JPG












最終更新日  2017年09月08日 18時07分56秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年08月20日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:


山はまだ夏の花でした。


コオニユリ。


IMG_7374.JPG



オニノヤカラ、

少し遅すぎです。

2本だけ確認できました。


IMG_7316.JPG




IMG_7318.JPG





IMG_7319.JPG



アオテンマかな?。


IMG_7320.JPG




ベニバナイチヤクソウと思いますが?。


IMG_7365.JPG



根元には小さな葉が。


IMG_7366.JPG



手前の沢筋で咲き始めています。

サラシナショウマ。


IMG_7375.JPG



春には花が少なかったので数は少ないですね。

チョウセンゴミシの実。


IMG_7313.JPG



一つだけ見つけた緑のバラの花

イヌコリヤナギシントメタマムシによる虫こぶです。

9月中頃にはたくさん見られます。


IMG_7312.JPG











最終更新日  2017年08月20日 09時20分40秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年08月18日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

大変雨の多い夏です。

山の花は4日~一週間は遅れているように感じております。


今年もたくさん出会える事でしょう、


ミヤマモジズリです。


IMG_7368.JPG




IMG_7369.JPG




IMG_7367.JPG



シロバナが4本に増えたように感じましたが、

もう数日で満開となりますとはっきりしましょう。


IMG_7370.JPG




タカネフタバラン


なかなか咲くまでに時間のかかる花で、

独特の葉は2ヶ月も前から確認できてます。



IMG_7335.JPG



upで見ましたらハエが泊まっています。


IMG_7337.JPG



大変小さく写真映えしない花です。



IMG_7352.JPG




IMG_7346.JPG



どなたか先人が目印を立てています。


IMG_7358.JPG


花巡りもう一日続きます。









最終更新日  2017年08月18日 14時35分26秒
コメント(1) | コメントを書く
2017年08月17日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

今日はやっと少し陽が差しました、

昨日ご先祖様をお送りしてやっと一息ついております。

気になっている森に午後から向かいましたら。


開花1号が待っていてくれました。

トラキチラン、今年初見です。


IMG_7325.JPG



開花はこの1本だけです。


IMG_7328.JPG



反対から見ましたら虫がいました。


IMG_7356.JPG



少し離れて左右に1本づつ、


IMG_7329.JPG



3本目の個体です。


IMG_7330.JPG



道の近くですサークルにしておきます。

このサークルの中に三本が出てきています。


IMG_7331.JPG



4本目の個体です。

合計5本を確認しました、大満足です。


IMG_7332.JPG



昨年の標識の通りに出てきました。

これを見ますとほぼ同じところに咲くのではと思います。


IMG_7334.JPG



5本目の個体、

昨年は訪ねたのが遅く、

ここは大変に踏み荒らされておりました。

今年咲かないかもと心配していましたが、

したたかに芽を出しております。


IMG_7341.JPG



似ているがシャクジョウソウではないかと思います。


IMG_7342.JPG



見られるようになるにはもう10日過ぎと予想します?

今年も間違いなく出合えます。


心配なのはアオさんです、

4年ほど減り続け、昨年は3か所で25本程しか確認できていません。

初めて見た時は1か所に150本近くが咲いており、

群落の塊でしたが1週間後には殆んどの花をシカに食べられてしまいました。

次の年には三分の一となり、

年々減り続け今年は見られるか微妙な感じです。


ひまを見つけて、新たな自生地を探すこととします。


ところがトラさんはシカが食べません、

美味しくないのかな?










最終更新日  2017年08月17日 18時37分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月21日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

最近一ヶ月ほどで出会えたその他の花々です。

 

6月、

 

キバナヤマオダマキ

 

IMG_7145.JPG

 

 

マイヅルソウ

 

IMG_6989.JPG

 

 

ササバギンラン

 

IMG_6982.JPG

 

 

ウスバサイシン

 

IMG_6999.JPG

 

 

訪れるのが一月遅いのに、

一輪だけ待っていてくれました。

ホテイラン

 

IMG_7013.JPG

 

 

クリンソウ

 

IMG_6995.JPG

 

 

ヤグルマソウ

 

IMG_7064.JPG

 

 

番外

イヌコリヤナギシントメハナバエによる昨年のバラ

花ではありません。

 

IMG_6976.JPG

 

 

 

7月。

イケマ

 

IMG_7174.JPG

 

 

葉はカメバヒキオコシに似ているが花が違う、

触るととげが刺さり超痛かった  ???

 

教えて頂きました、ミヤマイラクサ山菜です。

IMG_7186.JPG

 

IMG_7162.JPG

 

 

???
キリンソウではとご連絡いただきました。

 

IMG_7187.JPG

up、

 

IMG_7188.JPG

 

 

 

番外、

カエンダケ、きのこです。

 

IMG_7182.JPG

 

 

 

夏本番となりました、

どなた様も熱中症には充分にお気を付けて下さい。







最終更新日  2017年07月25日 18時55分11秒
コメント(3) | コメントを書く
2017年07月19日
テーマ:南麓の自然(378)
カテゴリ:

今年も出会えたヒメムヨウランです。

年々少なくなっているように感じます。


IMG_7018.JPG




IMG_7020.JPG




IMG_7050.JPG



今年は極端に少ないエゾサカネラン、


IMG_6990.JPG




IMG_6991.JPG




IMG_6993.JPG



腐食植物は今年は発芽が非常に少なく、

光光合成を必要とせず、

環境が合えば出てきます。

毎年同じところに出ては来ないのです。


ひと月後には後に続くランが次々と出てきますが、

果たして巡り合えるのか心配です。


トラさんはたぶん出てきてくれるでしょうが、

アオさんはもっと心配です。








最終更新日  2017年07月20日 04時59分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全169件 (169件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.