2326308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

86netの南麓日記

全10件 (10件中 1-10件目)

1

水晶、パワーストーン

2013年09月26日
XML

だいぶ遅れてのupとなります、

8月31日の最終土曜日、

白州、飯田市、東京、とお付き合いある方々との和気藹々の水晶探索行、

好天に好まれ、またまた行ってきました。

 

最近、訪ねる方が多くなりました、

此方も今後はあえて場所の特定は書き込みません。

 

山の神様に登山の安全を祈願して出発です。

CIMG3042.JPG

 

総勢、9名の大部隊です。

CIMG3044.JPG

100年以上もの間に掘り返されたズリ山、

見事なものはありませんが、

皆さん納得の探索行でした。

 

私は三個だけ、拾ってきました。

今後も続く、年一度の恒例となりそうです。

029.JPG

自分では 気に入っている一つです。

030.JPG

 

20キロ近くの大石を担ぎ下ろした猛者も居たそうな、!

全員無事下山できました。

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

来年もご希望あれば企画いたします。







最終更新日  2013年09月26日 05時38分19秒
コメント(12) | コメントを書く


2011年09月16日

とあるサイトにて大石川源流には巨大(3メートル)もある、

黒曜石の露頭があると記されています。

しかもその黒曜石の岩の上には、

 50センチも太さのある「シラベ」の大木が生えていると。

なんとも興味の湧く事案では無いですか!。

明治大学の黒曜石の記録から大石川源流の

位置を確かめ、探索して見ましたが、

残念ながら無駄足となりました。

 

林道の入り口です。

010.JPG

左手のナナカマドが赤い実を付けていました。

002.JPG

標高2000メートルでは秋は早いですね。

大きくUpしすぎました。

007.JPG

ホシガラスがついばむ程なので食べられるのかな、

林道を15分程進んだ大石川源流です。

013.JPG

半分朽ち果てている木造の橋ですが、

地図ではこの近辺、原生林の中を上流から、

下流へ500メートル程彷徨ましたが見つかりません。

川の中には黒曜石が散らばっています。

この近くにはあるはずですが、徒労となりました。

昼食をはさんで4時間、疲れだけが身体に応えます。

前回と二回の麦草峠の黒曜石、

採取した成果を内緒で載せます。

001.JPG

流紋岩の入った質は悪い黒曜石です。

 

 

なんとか露頭を拝みたいものですが、

最後の手段は「麦草ヒュッテ」の

ご主人に案内を依頼するしかないかな。







最終更新日  2011年09月16日 14時37分27秒
コメント(11) | コメントを書く
2011年09月08日

気になり本日様子見に行きました所、 

台風12号の為、ゲ-ト上の林道が大変荒れております。

とても車通れる状態ではありません。

林道途中も大きな崩壊が起きていますので、

ご予定されていた方には急で大変申し訳ありませんが、

9月11日(日)の水晶探索行、 今回は中止と致します。

復旧には当分架かると思います。

残念ですが自然の力にはかないません。

ご連絡頂いた方々にはメールを送りましたのでご確認ください。

また、機会ありましたら来年企画致しますので、

宜しくご理解下さい。     86net

 

 

 







最終更新日  2011年09月08日 17時48分18秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年08月31日

昨日、パーワーストーン に入るであろう、

黒曜石を探しに麦草峠に行きました。

 

麦草峠は地図に記録されている国道の中では日本第2の標高です。

2、127mの標識は峠の佐久側あり、

おしゃれな山小屋、麦草ヒュッテが、

峠の茅野よりに通年営業しています。

 

佐久側から八千穂を越えて峠を目指しますと、

白駒池の有料駐車場があります。

ここに車を止め国道を300メートル程国道を戻りますと、

黒曜石の露頭が見られる場所があります。

 

国道の右側の露頭です。

010.JPG

自然石に興味ある方で無いと 通り過ぎてしまいます、

風化して、崩れている大きな岩です。

011.JPG

赤く焼けただれた感じがし、簡単に崩れてしまいます。 

012.JPG

左側の露頭です、

少し窪地になっており 、粉々の黒曜石が堆積しています。

014.JPG

 霧ヶ峰の黒曜石から見ると質は落ちますし、

赤く焼けた土と混ざり合わせて大きな固まりはありません。

015.JPG

高熱のマグマの名残が見られます。 

039.JPG

 灰とガラスが融け混ざって冷やされた感じです。

035.JPG

 風化が進んでおり、さわっただけで崩れる物もあります。

037.JPG

上記の魁りは綺麗な方です 、20センチはある塊りです。

記念に少しだけ採取して来ました。

全般に赤く焼けた(土、もしくは灰)が混ざった感じでした。

きっと何処ぞにもう少し綺麗な露頭があると思いますが、

一帯は、樅、ツガ、トウヒ、ダケカンバの混成した原生林、

調べる手立てもありません、

 

文献を調べますと、佐久地方では古代から、

麦草峠で黒曜石を産出していたと記されていますが、

今は苔蒸した原生林の中で静かに眠っています。







最終更新日  2011年08月31日 08時38分35秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年08月18日

今年も水晶探索行を企画致しました。

 

昨年、八幡山鉱山跡地に水晶の採集に行きましたが、

興味を持たれた方から今年も企画をとの声が上がり、

下記日程にて水晶探索、ご案内致します。

御希望の方はホームの左下、

メール、「メッセージを送る」よりご連絡下さい。

 

尚、定員を、約10名と設定させて頂きます、

10名を越えましたら次の機会にお越しください、

ご理解とご協力宜しくお願いいたします。

 

※ 日時    平成23年9月11日(日)   AM8:30 集合

※ 集合場所   塩川ダム湖畔

                   みずがき湖ビジターセンター駐車場

※ 持ち物     お弁当、雨具、クマ鈴、

                   くまで(ズリ山を掘り返す道具)

※ 登山出来る服装でお越しください。 参加は無料です。

   ラジウム鉱泉に入浴の方は700円程かかります。

 

※   尚、雨天の場合は採取は中止と致し、

    東洋一のラジウム鉱泉にご案内いたします。

 

塩川ダムは中央自動車道、須玉インターから

増富ラジウム温泉に向い、約15キロ、30分程です。

 

みずがき湖ビジターセンターです、

左奥に100台は駐車出来ます。

002.JPG

ビジターセンターより車で20分、徒歩で沢登り約1時間で八幡山鉱山跡地に着きます。

昨年の日記9月19日、今年の7月30日の日記を参考になさって下さい。

 

7月30日、の採集した写真を追加します。

014.JPG

2010年9月19日採集 の写真をを追加します。

006.JPG

 

 

採取する道具、百均のくまでを追加します。

素手ではズリ山を掘り返せません

潮干狩りに使う物です。

003.JPG



 







最終更新日  2011年08月19日 07時44分21秒
コメント(12) | コメントを書く
2011年07月30日

「ヒミツのあっこちゃん」さん達と水晶採取に、

お天気もあまり宜しくなく、当初8名が4名となりましたが。

美味しい物は小人数と出かけました。

みずがき湖ビジターセンターです。

001.JPG

途中矢立岩のヤマユリ今年も元気に咲いております。

007.JPG

この断崖絶壁に、

どうして球根を維持しているのか不思議です。

猿も近寄れぬ処だから、

絶えることなく毎年咲き続けられるのか。

008.JPG

山の神に無事帰還をお祈りします。

002.JPG

あいにくの雨空でしたがなんとか採取して下ってます。

参加された皆さん、誠に御苦労さまでした。

005.JPG

良い物はなくなりました。

左の大物は10キロ以上あります。

014.JPG

根気良く探さねば駄目ですね。

015.JPG

こんな物ばかりです。

016.JPG

片面だけでも自然の結晶が解るものを拾って来ました。

017.JPG

今年は再度行かねばならぬ予感がなぜかします。







最終更新日  2011年07月30日 19時16分52秒
コメント(14) | コメントを書く
2010年09月19日

水晶探索の企画に興味を示され、

御参加頂いた皆さん、お疲れさまでした。

好天にも恵まれ、予定より早く下山出来ました。

個々に収穫はあったろうと思います。

今年の夏の小さな一つの思い出として、

のこして頂ければ幸いです。

 

八幡山鉱山入口ゲ‐ト前にて、

眼を輝かせ、宝探しに行く面々。

003.JPG

遠方の方メールに添付して、

少し大きな画像で送ります、

プリントアウトして下さい。

 

ズリ山での採取、

000.JPG

4294967295.JPG

私の獲物、少しですね。

006.JPG

お気に入りです。

007.JPG

遠方よりのご参加に感謝致し、

無事の後帰宅を祈ります。

 

皆さん日本蜜蜂を通じての、

ブログの中でのお付き合いでございましたが

、何年も知っていかたのうちとけようでした。

今後とも86net可愛がり下さいます様、

宜しくお願い致します。







最終更新日  2010年09月19日 17時33分58秒
コメント(38) | コメントを書く
2010年09月17日

水晶採取、2日と迫りました。

現在の申し込み者。 

ヒミツのあっこちゃんさん、8名

どろんこさとちゃんさん、 4名

 須坂のSさん 、     2名

飯山の山猿さん     1名

合計      16名です。

 

各自時間に遅れぬよう、余裕を持って安全運転でお越し下さい。

須玉インターを出て、増富温泉に向うと、

約2キロメートルでコンビニもなくなります。

ご注意ください。

八幡山鉱山入口のゲート前にて、

自己紹介をいたしましょう。

その時、採取後の予定を御話下さい、

 

 

みずがき湖ビジターセンターより、

八幡山入り口ゲ‐トまで車で約30分です。

 

行程表

 みずがき湖ビジターセンター     AM 9.30

増富温泉駐車場               10.00

八幡山入り口ゲ‐ト              10.30

八幡山鉱山入口               11.00  

ここまで車で行けます。

鉱山跡のズリ山 、

昼食、水晶採取      12.00~14.00  徒歩

八幡山入り口ゲ‐ト             15.00

増富温泉                   15.20

須玉インター                 16.00

おおよその時間です、参考になさって下さい。

 







最終更新日  2010年09月17日 21時47分11秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年09月12日

 

水晶採取、4日と迫りました。

現在の申し込み者。 

ヒミツのあっこちゃんさん、8名

どろんこさとちゃんさん、 4名

 須坂のSさん 、     2名

飯山の山猿さん     1名

合計      16名です。

参加人数の変更ありましたらコメント宜しくです。

各自時間に遅れぬよう、余裕を持って安全運転でお越し下さい。

須玉インターを出て、増富温泉に向うと、

約2キロメートルでコンビニもなくなります。

ご注意ください。

八幡山鉱山入口のゲート前にて、

自己紹介をいたしましょう。

須坂のSさんメール確認しました、遠方より御苦労さまです。

安全運転でお越し下さい。

 

 

 

※ 日時    平成22年9月19日   AM9:30 集合

※ 集合場所   塩川ダム湖畔

                   みずがき湖ビジターセンター駐車場

※ 持ち物     お弁当、雨具、クマ鈴、

                   くまで(ズリ山を掘り返す道具)

※ 登山出来る服装でお越しください。 参加は無料です。

 

※   尚、雨天の場合は採取は中止と致し、

    八幡山鉱山跡地の場所、採取物の説明をいたします。

 

塩川ダムは中央自動車道、須玉インターから

増富ラジウム温泉に向い、約15キロ、30分程です。

 







最終更新日  2010年09月15日 19時52分55秒
コメント(24) | コメントを書く
2010年08月16日

昨年の7月蜂友の方々と、

八幡山鉱山跡地に水晶の採集に行きましたが、

興味を持たれた方から今年も企画をとの声が上がり、

下記日程にて水晶探索、ご案内致します。

御希望の方はホームの左下、

「メッセージを送る」よりご連絡下さい。

 

※ 日時    平成22年9月19日   AM9:30 集合

※ 集合場所   塩川ダム湖畔

                   みずがき湖ビジターセンター駐車場

※ 持ち物     お弁当、雨具、クマ鈴、

                   くまで(ズリ山を掘り返す道具)

※ 登山出来る服装でお越しください。 参加は無料です。

 

※   尚、雨天の場合は採取は中止と致し、

    八幡山鉱山跡地の場所、採取物の説明をいたします。

 

塩川ダムは中央自動車道、須玉インターから

増富ラジウム温泉に向い、約15キロ、30分程です。

 

みずがき湖ビジターセンターです、

左奥に100台は駐車出来ます。

002.JPG

ビジターセンターより車で20分、徒歩で沢登り約1時間で八幡山鉱山跡地に着きます。

昨年の日記7月15日、20日のUpを参考になさって下さい。

 

昨年の採集した写真を追加します。

中央下の100円玉と大きさを比較して見てチョ。

008.JPG

 

採取する道具、百均のくまでを追加します。

素手ではズリ山を掘り返せません

潮干狩りに使う物です。

003.JPG







最終更新日  2010年08月19日 17時12分52秒
コメント(22) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.